SIM

格安SIMの乗り換えについて方法や手続きを紹介します!

格安SIMについては理解しているが、乗り換え方法が分からない」「乗り換えるのにどれくらいの手間があるか知りたい」などと思ったことはありませんか?

この記事を書いている筆者も、初めて格安SIMを乗り換えるときには仕組みが分からず四苦八苦した思い出があります。今回はそんな苦労をした経験から乗り換え方法や手続きについて説明します。

この記事を読むことによって、格安SIMを乗り換える手順を理解することができます。ぜひ、参考にしてみてください。

出典:https://pixabay.com/ja/illustrations/%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89-%E3%83%81%E3%83%83%E3%83%97-%E9%9B%BB%E8%A9%B1-sim-3663597/

格安SIMへの乗り換え方法

格安SIMへの乗り換え方法については2つあります。現在使用中の物を使うか、新しい機種に変えるかです。

乗り換え方法
  • 現在使用中のスマホを使う
  • スマホを乗り換える

現在使用中のスマホを使う

現在使用中のスマホを変えたくない場合には、こちらの方法が当てはまります。

電話帳や写真などのデータを引き継ぐ手間が省けますが、機種によってはSIMロックを解除する必要があります。SIMロック解除が必要かどうか確認しておきましょう。

スマホを乗り換える

スマホ自体を変える方法です。引継ぎをする必要がありますが、乗り換える会社がやってくれることもあります。

格安SIMの乗り換え手続きに必要なこと

格安SIMへ乗り換えるためには、手持ちのスマホか新しいスマホを使用する必要があります。

ここではその手続きについて説明していきます。手続きに必要なことは4つです。

乗り換え手続きに必要なこと
  • 現在使用している回線の更新月を調べる
  • MNP予約番号を発行してもらう
  • 本人確認書類を用意する
  • クレジットカード

現在使用中の回線の更新月を調べる

格安SIMを乗り換える場合には、必ず現在使用している回線の更新月を調べておきましょう。

調べる理由としては更新月を知らずに新たに契約してしまうと違約金が発生し、不要なお金を支払うことになるためです。

必要のないお金を払わないためにも、更新月は必ず把握しておくことが大切です。

MNP予約番号を発行してもらう

現在使用している電話番号をそのまま使いたい場合には、MNP予約番号を発行してもらいましょう。

MNPは携帯番号ポータビリティのことで、番号を引き継げるサービスです。

予約するにはショップに行くか、電話で問い合わせるかなどがあります。

ただし、MNPには期限があり15日間までしか使えないので気を付けてください。

本人確認書類を用意する

格安SIMへ乗り換える際には、本人確認書類が必要となります。乗り換える会社によって使える書類は異なります。

運転免許証、健康保険証、パスポート、マイナンバーカード、住民基本台帳カードが当てはまりますが複数用意しておくと良いです。

クレジットカード

格安SIMへ乗り換える際には銀行振替に対応していない会社もあるため、クレジットカードを用意しておくと便利です。

原則として、本人名義のクレジットカードが必要となりますので持っていない場合には事前に準備しておきましょう。

格安SIMの乗り換え手順

格安SIMへの乗り換え手順には、大きく分けて2つの方法があります。

乗り換え手順
  • スマホを新しくする
  • 現在使用中のスマホを使う

スマホを新しくする

現在持っているものから新しいスマホにする場合には、以下の3つの流れとなります。

1、購入する機種の決定・申込

最初に、格安SIM会社が販売しているスマホ本体の中から、購入する機種を決めて申込みます。

2、MNP切替え手続き

申し込みが完了したら、おおよそ1週間程度でスマートフォン本体とSIMカードが届きます。
手元に届いたらMNP切替え手続きをしましょう。古い端末が不要の場合は買い取りサービスを利用するか、大手携帯会社のサービスを利用して処分しましょう。

3、各種設定

SIMカードをスマホ本体に挿入して、各種設定をしていきます。

今使っているスマートフォンを引き続き使用する場合

現在使用中のスマホを使う場合には、以下の4つの流れとなります。

1、SIMロックの解除

大手携帯会社の場合、基本的にSIMロックがかかっているため解除の手続きを行う必要があります。利用中の通信会社に手続きを依頼しましょう。

2、SIMカードの申込

SIMロック解除を済ませたら、一緒にSIMカードを申込みます。

3、MNP切替え手続き

申し込みが完了したら、1週間程度でSIMカードが届くので、MNP切替え手続きをしましょう。

4、各種設定

SIMカードを利用中のスマートフォン本体に挿入し、各種設定を行いましょう。

MNP予約番号の取り方

電話番号を変えずに乗り換えるために必要なMNP予約番号の取り方について、大手携帯会社ごとに説明します。

NTTドコモ

NTTドコモを利用する際のMNP予約番号の取り方は以下の手順となります。

NTTドコモのやり方
  • ドコモショップに行きMNP予約番号を取得する。
  • ドコモインフォメーションセンターに電話
  • 「My docomo」の「ドコモオンライン手続き」からMNP予約番号を取得します。

ソフトバンク

ソフトバンクを利用する際のMNP予約番号の取り方は以下の手順となります。

ソフトバンクのやり方
  • ソフトバンクショップに行きMNP予約番号を取得する。
  • 携帯電話番号ポータビリティお問い合わせ窓口に電話。

au

auを利用する際のMNP予約番号の取り方は以下の手順となります。

auのやり方
  • auショップに行きMNP予約番号を取得する。
  • 受付窓口に電話。

格安SIMを乗り換える会社の選び方

格安SIMを契約する場合には、会社選びが重要となります。どこを選べばいいのか格安SIM会社の選び方のポイントを解説していきます。ポイントは以下の3つです。

乗り換える会社の選び方
  • 店舗があるか
  • 使用している回線はどこか
  • 購入絵できるスマホの種類が豊富かどうか

店舗があるかどうか

格安SIM会社は店舗を構えていないケースも多いため、店舗の有無を確認しておく必要があります。

店舗がない場合、オンラインでの手続きとなり、店舗がないと不安な人には重要なポイントとなります。

オンラインでの手続きに不安があり、対面で相談したい場合には、店舗を構えている格安SIM会社を探してみましょう。

使用している回線はどこか

購入を検討中の格安SIM会社が、どこの通信事業者(ドコモ、ソフトバンクなど)の回線を使っているかを調べてみましょう。

格安SIM会社によって、借りている回線が違います。使用中の通信会社と異なる回線を利用する場合は、SIMロック解除の手続きが必要です。

同じ回線を利用する場合には、SIMロック解除の手続きは不要です。

購入できるスマートフォンの種類は豊富か

スマホ本体を購入して格安SIMに乗り換える場合は、購入できるスマートフォンの種類が豊富にあるかも確認しましょう。

スマホ本体の価格、必要な機能が搭載されたモデルがあるかなどを確認しましょう。

格安SIMの乗り換えにかかる費用

続いて費用について説明します。大手携帯会社で契約した電話番号を使う場合には、MNPの転出手数料が必要です。NTTドコモとauが2,000円、ソフトバンクが3,000円です。

大手携帯会社の契約を解約する際は、2年縛りの更新月以外の期間に解約すると違約金が発生します。解除料金はNTTドコモ、ソフトバンク、auすべて9,500円となっています。

さらに端末の分割支払いの残価がある場合はその費用もかかります。乗り換え先のMVNOに支払う登録手数料は、3,000円程度です。

これらの合計金額は約15,000円程度になります。更新月以外に契約してしまうと余計な出費を支払うことになるので更新月は必ず確認しておきましょう。

乗り換えの費用
  • MNP転出料:2,000~3,000円
  • 違約金:9,500円
  • MVNO登録手数料:3,000
  • 合計:15,000円

格安SIMを乗り換えるメリット

格安SIMを乗り換えるメリットについても説明します。メリットは以下の3点です。

乗り換えるメリット
  • 料金が安い
  • データプランが豊富
  • 違約金の心配がない

料金が安い

格安SIMに乗り換えるメリットは、料金が安いことです。格安SIMは大手通信会社の回線を使用しているため、設備や管理の手間があまりかからないので、料金が安くなっています。

データプランが豊富

格安SIMは、データプランが細かく設定されていることが多いです。

1GB以下から50GBまでの大容量プランなど、通信量ごとにプランがあります。ご自分で使う通信量にあわせた好きなプランを選択できるため、無駄なく利用することが可能です。

違約金の心配がない

格安SIMの場合は大手通信会社と違い、違約金の心配がありません。格安SIM会社は最低減の利用期間さえ過ぎれば、解約しても手数料がかからないことが多いです。

格安SIMに乗り換えるときの注意

実際に格安SIMに乗り換える際に知っておきたい注意点について説明します。以下の3点です。

乗り換えるときの注意
  • インターネットや電話が使えない期間がある
  • SIMロック解除を忘れる
  • サポートが受けにくい

インターネットや電話が使えない期間がある

乗り換えのタイミングを間違えると、インターネットや電話が使えない期間が発生します。この場合、SIMカードが届くまでの間しばらく使用できません。

SIMロック解除を忘れると使えない

SIMロックの解除を忘れると、解除が完了するまでスマホが使えないので気をつけましょう。

大手携帯会社から回線を借りている格安SIM会社に乗り換えるときには、SIMロック解除が必要です。ただし、乗り換え前後の回線が同じ場合はロック解除せずに使えます。

サポートが受けにくい

格安SIM会社の場合、実店舗を構えていない所が多いです。スマホ本体に不具合があったり、故障などのトラブルがあっても、すぐには対応してもらえません。

格安SIM乗り換えについてのまとめ

今回の記事では格安SIMの乗り換え方法や手続きについてご紹介しました。格安SIMへ乗り換える最大の利点は、料金を安く済ませられることです。

ですが、2年契約の縛りがある状態で、更新月を確認せずに契約してしまうと違約金が発生してしまいます。

安く済ませようとしているのに、不要なお金を支払っていては意味がありませんので、契約月を把握しお得に格安SIMへの乗り換えをしていきましょう。

この記事が、あなたにとって格安SIMへ乗り換えるきっかけになれば幸いです。

ABOUT ME
サクライ
3交代の工場で勤務していて、脱サラをするためにWEBライターを目指しています。今までに書いた記事のジャンルは、格安SIM、不動産投資、仕事の悩みについてです。趣味は筋トレで、週に複数回ジムに通って体を鍛えています。得意ジャンルは投資、筋トレ、転職関係です。お仕事の依頼は随時受け付けています。連絡はツイッターからお願いします。