転職

自己PRの見つけ方は意外と簡単!読めばきっとあなたもできる

自己PRの見つけ方が分からない」「自己PRって何書けばいいの・・・」と頭を抱えてはいませんか?

自己PRは自分のことを掘り下げて、相手に伝わるように考える必要があります。

でも、自己PRって実際に見つけようとすると意外と時間が掛かって大変ですよね。筆者自身もすごく悩んで無駄に時間を使ったのでその気持ちは良く分かります。

そこで、どうしたらいいか分からず頭を悩ませるあなたのためにこの記事では、自己PRの見つけ方を紹介しています。ぜひ最後までご覧ください。

出典:https://pixabay.com/ja/illustrations/%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%89-%e6%9b%b8%e3%81%8d%e8%be%bc%e3%81%bf-%e3%81%99%e3%82%8b-%e4%bd%9c%e3%82%8b-4284009/

自己PRは考え方を相手に伝えるもの

出典:https://pixabay.com/ja/illustrations/%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bc-%e5%b0%b1%e8%81%b7%e3%81%ae%e9%9d%a2%e6%8e%a5-%e5%8b%9f%e9%9b%86-3309431/

自己PRというと、他人に自慢できるスキルや経歴などを思いつくかもしれません。人に誇れるものを持っているというのは素晴らしいことです。

ですが、みんながみんな自慢できるものがあるかというとそうではありません。中には「私には自己PRなんて何もないよ・・」なんて悲観的に考える人もいると思います。

何も誇らしいものが無いとネガティブになるのは、仕方が無いことです。でも、落ち込む必要はありません。なぜならば、自己PRとは性格や考え方などを相手に伝えるものです。

そのため、自己PRができないというのは、自分を表現するのが上手くできていないということになります。

就活に必要な自己PRの見つけ方とは

出典:https://pixabay.com/ja/illustrations/%e7%96%91%e5%95%8f%e7%ac%a6-%e8%99%ab%e7%9c%bc%e9%8f%a1-%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%a9%e3%82%af%e3%82%bf%e3%83%bc-6665938/

就活では、企業が期待することをしっかり伝えることが必要です。

自己PRのことを考える前に、まずは、企業が自己PRを通して、どのようなことを求めているのかを考えましょう。

一般的に、企業が求めている自己PRは、次に紹介する3つです。

企業が求める自己PRについて
  • 行動力
  • 価値観、人柄
  • アピールする力

行動力

行動力とは、自身が抱えていた課題に対して、どのように対処、行動してきたかということです。

基本的に自己PRは、具体的なエピソードを添えて話します。このときに、結果だけを話すのではなく、どのような問題があり、それに対しどう行動して、成果を上げたのかをできるだけ詳細に伝えるほうが良いです。

価値観、人柄

自己PRで伝えるエピソードが何なのか、目的を達成するために何を行ったのかという部分に価値観や人柄が表れます。

どんな環境で強みを発揮するのか、また、何に対して価値を見いだすのかは、企業にとって、社風や希望に合う人材かを判断する材料になります。

アピールする力

まったく同じ内容でも、切り口や伝え方を変えると印象が変わります。この時に嘘をつくのではなく、相手が魅力的だと思う形で伝えるのは社会人として求められる能力の1つです。

自己PRが苦手な人は、この部分でつまずく可能性があります。自分の経歴、実績だけに着目するではなく、伝え方についても考える必要があります。

自分の経歴から考える自己PRの見つけ方

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%e6%99%82%e9%96%93-%e6%99%82%e8%a8%88-%e8%a6%8b%e3%82%8b-%e3%83%9d%e3%82%b1%e3%83%83%e3%83%88%e6%99%82%e8%a8%88-425818/

自己PRを考えるうえで、まずやるべきことは自分自身を振り返ることです。この時、できるだけ時系列を意識して書き出すことをおすすめします。

なぜ時系列順に書き出すかというと、いつ何をしたのかを分かりやすくするためです。また、書き出すことによって視覚化し、整理しやすくなるメリットがあります。

成功体験があまりないという人は、自分自身を見つめなおすとより良い自己PRを作れるようになるかもしれません。細かく振り返ってみましょう。

成功体験から考える自己PRの見つけ方

出典:https://pixabay.com/ja/illustrations/%e3%82%ab%e3%83%83%e3%83%97-%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%94%e3%82%aa%e3%83%b3-nr1-1614530/

成功体験から考えるのは、わりとやりやすい方法です。スポーツや勉強などで何か賞を貰った経験がある場合には有効です。

ですが、ただ単に上手く行ったから賞を貰ったと伝えるのではなく、どんな場面や状況、どう努力したから成功したのかを詳細に伝える必要があります。

また、この時に企業が求める人物に当てはまるように伝えないと、ただの自慢話で終わってしまいます。企業研究をしたというアピールにもつながるので、仕事との関連性を持って話すようにしましょう。

失敗経験から考える自己PRの見つけ方

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%e6%97%a5%e6%b2%a1-%e7%94%b7%e6%80%a7-%e3%82%b7%e3%83%ab%e3%82%a8%e3%83%83%e3%83%88-%e5%8a%a9%e3%81%91%e3%82%8b-1807524/

成功体験自体は無くても、失敗経験は誰しも持っているはずです。ですが、失敗経験を逆に利用して自己PRを考えるのも1つの手です。

失敗経験自体は、以外といつまでも頭から離れないものです。「あの時なんであんなことしたんだろう・・・」「もっと早くやれば良かった」とか思うことって割とありますよね。

失敗はいくつになってもあるものです。反省はしても後悔する必要はありません。ここでは、そんな苦い思いをしていつまでも覚えていることを乗り越えたエピソードを考えていきましょう。

失敗談を利用した自己PRのメリットは、会社で働くようになったときにピンチをチャンスに変えられる人だということを伝えられる点です。臨機応変に対応できる人は重宝されるので上手く伝えられるようにしましょう。

周りの人に聞く自己PRの見つけ方

出典:https://pixabay.com/ja/illustrations/%e3%82%a6%e3%82%a7%e3%83%93%e3%83%8a%e3%83%bc-%e3%83%86%e3%83%ac%e3%83%93%e4%bc%9a%e8%ad%b0-%e3%83%93%e3%83%87%e3%82%aa-3199164/

上3つの項目を試したけど、それでも行き詰ってしまった場合にやってほしい方法です。

自分では、こうだと思っていたけど他人に聞いたら全然違う答えが返ってくることって意外とありますよね。ここでは、そんな自分自身で気付かなかった部分を探すというのが目的になります。

聞く人によっては良くない意見が返ってきて、落ち込む可能性もありますが、マイナスの部分に目を向けるのではなく前向きな気持ちで聞きましょう。

他人に聞くメリットとしては、主観的な考え方ではなく客観的な意見を取り入れやすいことです。

より良い自己PRにするためのコツ

出典:https://pixabay.com/ja/vectors/%e3%83%81%e3%82%a7%e3%83%83%e3%82%af-%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%88-%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%88-%e3%83%86%e3%82%b9%e3%83%88-36969/

続いて、今度はより良い自己PRを作るためのコツを紹介します。コツと言っても難しいものでは無いですが、ポイントとしては他人に確認してもらうことです。

自己PRを考えて作るのは自分自身ですが、判断するのは企業。つまり、自分以外の相手です。相手が聞いてどう聞こえるのかをおろそかにしてしまうのはいけないことです。

自分では、良い自己PRができたといっても他人が聞いたらイマイチということもありえるので家族や友達などに確認してもらいましょう。

どうしても確認してもらう相手がいない場合は仕方が無いですが、自己PRを作るのが苦手と言う方はぜひ試して欲しいです。

自己PRの書き方

出典:https://pixabay.com/ja/vectors/%e5%86%8d%e9%96%8b-%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%aa%e3%82%a2-%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bc-6082709/

上記の項目を参考に自己PRを考えたら、次に挙げる要素を取り入れてまとめてみましょう。

参考にすべき要素としては主に3つあります。ぜひ参考にしてみてください。

自己PRの書き方
  • 大切にしていること
  • 大切にしていることの具体的な行動
  • 行動したことによる成果

大切にしていること

自己PRにおいて、強みや実績を例に出すのは一般的ですが、なぜできたのかをアピールできるとより良いPRになります。

なぜできたのかと言う部分をもう少し補足すると、「この部分にこだわった」ことで成果を出した。あるいは、なぜ「その実績にこだわったのか」ということを詳しく説明するということです。

ただ、結果だけを言うのではなく、経緯も含めて伝えることが大切です。

大切にしていることの具体的な行動

次に、大切にしていることを裏付けるために、どんな行動をしていたのかも入れていきます。ただなんとなくやってたら上手く行ったでは、アピールになりません。

そこで、ちゃんと手順を踏んでできた結果ということを伝えるために具体的な行動を示しましょう

行動したことによる成果

最後に、行動した結果を基に成果を伝えます。ただし、大切にしていることと行動が一貫していないと、矛盾が生じ説得力が無くなってしまいます。

最後の詰めの部分が甘くなってしまうと、せっかく時間をかけて取り組んでも台無しになってしまうので一貫性を意識することが必要です。

自己PRを書くときに気を付けたいポイント

出典:https://pixabay.com/ja/vectors/%e3%81%93%e3%82%8c%e3%82%92%e3%83%81%e3%82%a7%e3%83%83%e3%82%af%e3%81%97%e3%81%a6-youtube-1714211/

自己PRを書く時の補足になりますが、気を付けるべきポイントについても紹介します。

気を付けて欲しいポイントとしては、主に2つです。参考にしてください。

自己PRを書く時に気を付けること
  • 嘘はつかない
  • 会社は自己実現の場ではない

嘘はつかない

自己PRを考えていてありがちなのが、嘘をついてエピソードを話すことです。事実を多少言い換えるぐらいなら問題ないですが、無いことを本当だというのはやめましょう

仮に嘘をついて、採用されてものちのち嘘はバレます。また、経歴の詐称は解雇される可能性があるので言い回しを変える努力をしましょう。

自分を良く見せたい気持ちはとても良く分かりますが、自分を苦しめるための嘘はつかないほうが賢明です。

会社は自己実現の場ではない

自分のやりたいことやできることが、必ずしも企業が求めていることと一致するとは限りません。

企業はあくまでも会社の利益を上げることが優先なので、利益と関係しないことを言われても関係ないと判断します。

関係ないことを一生懸命伝えても、時間がもったいないのであらかじめ企業が求めていることや業種などを調べておくことが大切です。

自己PRの見つけ方についてのまとめ

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%89-%e3%83%81%e3%83%a7%e3%83%bc%e3%82%af-%e4%bb%95%e4%ba%8b-%e6%88%90%e5%8a%9f-3695073/

自己PRを考えるときには、まず自分自身を振り返ってみましょう。振り返るときには時系列を意識して、良かったこと、悪かったことなどを詳しく掘り下げてみると以外と良い自己PRになる可能性があります。

成功体験、失敗体験を軸にする時は、考え方や具体的な行動、成果を取り入れてできるだけ具体的なエピソードにすることを意識してみてください。

また、どうしても自己PRが思いつかないときや先が進まないという場合には他人に聞くこともアリです。客観的な意見を取り入れると考え方が変わり、より良い自己PRが作れるようになるかもしれません。

自己PRは悩みだすとキリがありません。どうしたらいいか分からないときはこの記事の内容を参考にして考えてみてください。

ABOUT ME
サクライ
3交代の工場で勤務していて、脱サラをするためにWEBライターを目指しています。今までに書いた記事のジャンルは、格安SIM、不動産投資、仕事の悩みについてです。趣味は筋トレで、週に複数回ジムに通って体を鍛えています。得意ジャンルは投資、筋トレ、転職関係です。お仕事の依頼は随時受け付けています。連絡はツイッターからお願いします。