Wi-Fi

フリーWi-Fiは鍵付きでも危険性アリ!なぜ?を丁寧に解説します

フリーWi-Fiは便利だけど危険性がよく分からない 」「フリーWi-Fiって使っちゃダメなの? 」と頭を悩ませてはいませんか?

Wi-Fiのことって良く分からないし自分で調べるのは大変ですよね。

そこでこの記事では、フリーWi-Fiの危険性を分かりやすく紹介しています。ぜひ最後までご覧ください。

出典:https://pixabay.com/ja/illustrations/%e7%84%a1%e7%b7%9a%e6%8a%80%e8%a1%93-%e4%b8%89%e6%ac%a1%e5%85%83-%e5%bd%a2-1967494/

フリーWi-Fiの種類について

フリーWi-Fiは、お店や公共の場所など様々な場所で無料で使えます。Wi-Fi環境が無くても接続すれば誰でも使用可能なのがフリーWi-Fiですが、そんなフリーWi-Fiにもいくつか種類があります

フリーWi-Fiの種類
  • 接続するだけで利用可能なもの
  • 施設内のパスワードを入力して使用するもの
  • 会員登録して使うもの

接続するだけで利用可能なもの

これは、名前の通り接続するだけで利用できるタイプのフリーWi-Fiです。使い方は簡単で、Wi-Fi一覧から選択して接続するだけです。

施設内のパスワードを入力して使用するもの

これは、接続するときにパスワードが求められるタイプのフリーWi-Fiです。パスワードは紙や壁などに記載されており、そのパスワードを入力すれば使用可能です。

会員登録して使うもの

これは、上記の接続するだけタイプか、パスワード入力タイプを利用して接続した後に会員登録サイトが表示されます。

会員登録する場合には、個人情報を登録する必要があり手間がかかるのが欠点ですが、上記の2タイプよりは比較的安心して使うことができます。

フリーWi-Fiの危険性について

フリーWi-Fiは無料で使うことができ、手軽にインターネットを利用することができます。ですが、そんな便利なフリーWi-Fiにも危険性はあります。

多くのフリーWi-Fiでは、利便性を挙げるためにセキュリティ対策があまりされていないものが多く、悪意を持った第三者が通信を盗聴して傍受することができてしまいます。

悪意を持って通信を傍受されてしまうと、個人情報が盗まれたり、メール経由でウイルスに感染してしまうなどの危険性が考えられます。

つまり、フリーWi-Fiは手軽に使えるけれど、使い方を考えないと大変な目に遭う可能性があります。

フリーWi-Fiはパスワードがあっても安心じゃない

フリーWi-Fiはパスワードが設定されていないものがほとんどですが、中にはパスワードが設定されているものもあります。

ですが、パスワードがあるから絶対に安心とは限りません。パスワードが共有されている場合、他の人もそのパスワードを使ってフリーWi-Fiを利用することができます。

誰でも接続して使うことができるので、悪用目的で利用する人もいることを忘れないことが大切です。

フリーWi-Fiは危険性があるけどメリットもある

ここまででフリーWi-FIは危険性があるというのを説明しましたが、実はメリットもあります。主なメリットとしては2です。

フリーWi-Fiのメリット
  • 通信料の節約
  • 大容量通信を気にせずに使える

通信料の節約

パソコンやタブレット、スマホなどを普通に使用する際には、回線を契約しないとインターネットを使うことはできません。料金は、自分が使うプランによって異なりますが、毎月使用量に応じて支払う必要があります。

でも、フリーWi-Fiを使用すれば、データ使用量を節約することができ毎月のデータ使用量を抑えることができます。その結果、毎月の回線使用料が減り通信料を節約することができます。

大容量通信を気にせずに使える

大容量ファイルと言ってパッと思いつくのは、動画です。動画は再生時間が短いものでも以外と回線使用量が多いものです。

YouTubeなどの動画は見やすく、つい何個も繰り返し見てしまうものです。ですが、すぐに回線使用量に制限がかかるという経験をしている人も多いのではないでしょうか。

でも、フリーWi-Fiを使えば、回線の通信制限を気にせず動画などの大容量通信を行うことができます

フリーWi-Fiのデメリットについて

続いて、今度はデメリットについて説明します。主なデメリットはセキュリティ面と通信速度です。セキュリティ面に関しては、最初の方の項目で説明したので省略します。

そのためこの項目では、通信速度について説明をします。フリーWi-Fiは誰でも使えるというのはもうご存じだと思います。

でも、誰でも使えるから通信速度は遅くなりがちです。ネットワークの性能によりますが、混雑時にはまったく繋がらないなんてこともあります。

フリーWi-Fiを使用するときにはルールを決めておく

フリーWi-Fiは、極力使わないほうが良いですが使う場合にはルールを決めておきましょう。ルールとしては個人情報を入力するサイトを閲覧しないこと、SSIDが正しいのか確認してから接続することが必要です。

提供されているSSIDに正しく接続できれば良いですが、よく似たなりすましのSSIDに接続してしまうと個人情報が盗まれる可能性があります。

見間違えるのは仕方ない部分もありますが、万が一違うSSIDに接続しても個人情報を入力するようなサイトの閲覧は控えたほうが無難です。

フリーWi-Fiは危険性があるがそれでも使いたい場合

フリーWi-Fiの危険性はもう十分理解したけど、それでも使わなければいけない場合というのもあるかもしれません。

ここでは、緊急で使わなければいけない時の対策について紹介します。主な対策方法としては、全部で3です。

フリーWi-FIを緊急で使用する場合の対策
  • httpsのサイトだけ利用する
  • 個人情報の入力を避ける
  • WiFiの自動接続をやめる

httpsのサイトだけ利用する

httpsから始まるサイトは、SSLという暗号化技術が使われています。この暗号化というのは、人が見てもすぐには何の情報か把握しづらくしているものです。

httpsに対応しているかどうかを確認するには、アドレスバーを見るのが確実です。暗号化に対応しているサイトはアドレスバーの所に↓の画像ような鍵マークが付いています。

出典:https://pixabay.com/ja/illustrations/%e5%ae%89%e5%85%a8-%e3%83%ad%e3%83%83%e3%82%af-ssl-2654950/

個人情報の入力を避ける

これは、すぐ上の項目でも説明しているので詳細は割愛しますが余計な被害に遭わないためにも極力個人情報の入力は避けましょう。

WiFiの自動接続をやめる

パソコンやスマホなどにはWi-Fiの自動接続機能があります。ですが、この機能を常にONの状態にしておくと、知らないうちに悪意のあるなりすましWi-Fiに接続されてしまう可能性があります。

自分の身は自分で守るのが1番なので、不用意な接続は控えましょう。

対策をしてもフリーWi-Fiの危険性は消えない

フリーWi-FI使用時には、対策をすることで比較的安心安全に使うことができます。ですが、どれだけ対策していてもハッキングされる可能性はあります

すぐ上の項目で挙げた対策をしていても、自分自身の意識次第で無駄になる可能性があります。

たとえばですが、お店などでパソコンを使用していてトイレなどで離席する時に画面を見える状態のまま、放置したら情報を盗み見することができてしまいます。

どれだけ対策しても、どこかには危険が潜んでいることを忘れないようにしましょう。

危険性のあるフリーWi-Fiを使わずに済ます方法

ここまででフリーWi-Fiの危険性を理解して、フリーWi-Fiの使用は控えようと思うようになったのではないでしょうか。

でも、外出先でWi-Fiを使って作業をしなければいけないという方もいるかもしれません。ここでは、そんな方に向けてフリーWi-Fiを使わなくてもWi-Fiを使えるようにする方法を説明します。

方法としては、2種類ありテザリングを使うポケットWi-Fiを使うものがあります。

フリーWi-Fiを使わずにWi-Fiを使う方法
  • テザリング
  • ポケットWi-Fi

テザリング

テザリングは、スマートフォンで使っている回線を利用してパソコンやタブレットでWi-Fiとして接続する方法です。

一時的にインターネット環境がないパソコンなどに使う場合には有効ですが、データ使用量が大きいのが欠点です。

ポケットWi-Fi

ポケットWi-Fiは持ち運びが可能で携帯性に優れています。さらに、セキュリティ面でもフリWi-Fiより安心して使えます。

契約する会社によって、通信速度、毎月の料金は異なりますが外でインターネット環境をよく利用して作業する場合にはポケットWi-Fiを検討してみるのが良いかもしれません。

フリーWi-Fiは危険性あり。使用時は気を付けましょう

フリーWi-Fiは無料で誰でも使えるのが魅力です。ですが、安易に使えるぶん危険も潜んでいます。

常にフリーWi-Fiを使うのではなく、部分的に使う工夫や安全に使うための対策をする必要があります。対策は必要ですが、さらに意識すべきなのは誰かに見られているかもしれないということです。

例えば、なりすましのSSIDを利用した情報の傍受、お店などでパソコン使用時に離席する時に画面を見える状態のまま放置し情報が盗まれるなどがあります。

フリーWi-Fiの使い方を良く考える必要がありますが、使い方によってはメリットもあるので絶対に使ってはいけない訳ではありません。使用環境を良く検討して使うことをおすすめします。

ABOUT ME
サクライ
3交代の工場で勤務していて、脱サラをするためにWEBライターを目指しています。今までに書いた記事のジャンルは、格安SIM、不動産投資、仕事の悩みについてです。趣味は筋トレで、週に複数回ジムに通って体を鍛えています。得意ジャンルは投資、筋トレ、転職関係です。お仕事の依頼は随時受け付けています。連絡はツイッターからお願いします。