研修

おすすめWi-Fiルーター7選!比較すべきもポイント紹介

「おすすめのWi-Fiルーターを教えてほしい」と思う方は多いのではないでしょうか。

どこを比較すればいいのか、自宅の間取りに合っているのか等、普段使っていないと分かりませんよね。

この記事を読むと、比較するべき部分、自宅に合わせたWi-Fiルーターを見つける事が出来ますので、ぜひ最後まで読んでいって下さいね!

アイキャッチ出典画像:https://www.photo-ac.com/main/detail/1843423?title=wifi%20%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC&searchId=3755069353

 

Wi-Fiルーターの選び方

出典:
https://www.photo-ac.com/main/detail/4468806?title=Wi-Fi%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC3&searchId=394438498

自分に合ったWi-Fiルーターを見つけるために、まずは自分の環境から確認する必要があります。確認するべき項目を4つ紹介しますので確認してみて下さいね。

Wi-Fiルーターの選び方
  • 自宅の間取り
  • 接続可能台数
  • 通信速度
  • 通信規格

自宅の間取り

自宅の間取りによって、Wi-Fiルーターに必要なスペックは変わってきます。「どのくらいの広さまで電波を飛ばせるか」など利用可能な範囲が機種ごとによって違います。

なので、自宅の間取りを把握しておきましょう。購入する時は、自宅の間取りでギリギリ使えるルーターではなく、1つ上のルーターの購入をおすすめします。そうする事で繋がりにくいといった事が少なくなります。

接続可能台数

どれだけのデバイスを接続するのかも確認しましょう。沢山のデバイスを接続すると通信速度が遅くなることがあります。

ルーターには接続可能台数などの目安が記載されているので、購入する際はそちらを確認して下さいね。

通信速度

現在の利用している通信速度を確認して、自分がどれくらいの通信速度が必要なのか考えましょう。また、機種によっては通信規格が違う事で使用出来なくなる事があるので、注意して下さい。

通信速度の確認方法はスマホ等のアプリから確認出来るので、是非やってみて下さいね。

通信規格

比較的新しいルーターには、Wi-Fi6という通信規格が使用されています。Wi-Fi6というのは従来の通信規格よりも早く通信を行う事ができます。

少しでも早い通信がしたい方は、通信規格がWi-Fi6になっているかを確認しましょう。

あると便利な機能

出典:https://pixabay.com/images/id-5438427/

Wi-Fiルーターには、あると便利な機能が3つあります。Wi-Fiルーターを購入する際は、下記の機能が備わっているか確認してみて下さい。

あると便利な機能
  • ワンタッチ接続
  • ビームフォーミング
  • バンドステアリング

ワンタッチ機能

本来で有ればWi-Fiルーターに接続するには、暗号キーを入力しなければ使えません。ですがワンタッチ機能があれば、接続したい端末をWi-Fiルーターにタッチするだけで接続する事が出来ます。

この機能があると簡単に接続を行えます。特に接続設定が不安な方や、沢山のデバイスを接続している方はこちらの機能が備わっているか確認してみて下さい。

ビームフォーミング

ビームフォーミングとは、特定の方向へ集中して電波を飛ばすことで、安定した送受信が出来る事です。

これにより離れた場所でも速度が安定します。場合によっては中継器が不要になる場合もあります。

バンドステアリング

バンドステアリングとは、接続するWi-Fiの周波数を自動で切り替えて、その時に一番快適に通信出来るようにしてくれる機能です。

周波数によって接続可能デバイスの上限が決められており、デバイスごとに自動で切替えてくれるので、沢山のデバイスを接続する方には特におすすめです。

おすすめWi-Fiルーター①WSR-1800AX4S

コンパクトなWi-Fiルーターをお探しの方におすすめなのが、バッファローの「WSR-1800AX4S」です。

こちらは縦置きだけでなく、壁掛けにも対応しているので場所を取らず、コンパクトに使えます。

また、Wi-Fi6まで対応していながらも、従来のルーターと大きさはほぼ変わりません。同時に沢山のデバイスを接続しても速度が落ちにくいMU-MIMOを搭載しています。

対応環境 2階建・2LDK
通信規格 Wi-Fi6
周波数 2.4GHz・5GHz
同時接続 14台
セキュリティ WPA3
機能 バンドステアリング・ビームフォーミング・IPv6
created by Rinker
バッファロー
¥7,070
(2022/05/16 07:40:26時点 Amazon調べ-詳細)

おすすめ Wi-Fiルーター②PA-WG1200HS4

低価格なWi-Fiルーターをお探しの方におすすめなのが、NECの「PA-WG1200HS4」です。

低価格にもかかわらず、WPSボタンを採用しており、古いWi-Fiルーターが規格に対応していれば、簡単な操作で設定情報を引き継ぐことができますよ。

対応環境 3階建・4LDK
通信規格 Wi-Fi5
周波数 2.4GHz・5GHz
同時接続 15台
セキュリティ WPA3
機能 ビームフォーミング・MU-MIMO・ワンタッチ接続・IPv6

おすすめWi-Fiルーター③WSR-5400AX6S

コスパの良いWi-Fiルーターをお探しの方におすすめなのが、バッファローの「WSR-5400AX6S」です。

こちらはバンドステアリング機能を搭載しており、自動で周波数を切り替えてくれたりと、様々な機能が搭載されています。

対応環境 3階建・4LDK
通信規格 Wi-Fi6
周波数 2.4GHz・5GHz
同時接続 30台
セキュリティ WPA3
機能 バンドステアリング・ビームフォーミング・MU-MIMO・ワンタッチ接続
created by Rinker
バッファロー
¥15,000
(2022/05/16 15:08:34時点 Amazon調べ-詳細)

おすすめWi-Fiルーター④PA-WX6000HP

部屋数や仕切りが多い方におすすめなのが、NECの「PA-WX6000HP」です。

こちらは高性能で、さまざまな機能が搭載されています。同時接続可能台数が多いことも特徴です。

対応環境 3階建・4LDK
通信規格 Wi-Fi6
周波数 2.4GHz・5GHz
同時接続 36台
セキュリティ WPA3
機能 バンドステアリング・ビームフォーミング・ワンタッチ接続・MU-MIMO・IPv6

おすすめWi-Fiルーター⑤WSR-2533DHP3-WH

部屋数や仕切りが多い方におすすめなのが、バッファローの「WSR-2533DHP3-WH」です。

こちらのルーターは基本性能が揃っているだけでなく、ビームフォーミング機能も搭載しており、安定した速度で通信を行うことができます。

対応環境 3階建・4LDK
通信規格 Wi-Fi5
周波数 2.4GHz・5GHz
同時接続 18台
セキュリティ WPA2
機能 ビームフォーミング・ワンタッチ接続・MU-MIMO・IPv6
created by Rinker
バッファロー
¥8,800
(2022/05/15 18:57:36時点 Amazon調べ-詳細)

おすすめWi-Fiルーター⑥WMC-2LX-B

部屋数や仕切りが多い方におすすめなのが、エレコムの「WMC-2LX-B」です。

こちらは中継機がセットになっており、また、IPv6にも対応しており、回線が混雑していても影響を受けにくくなっていることがポイントです。

対応環境 3階建・4LDK
通信規格 Wi-Fi6
周波数 2.4GHz・5GHz
同時接続 50台
セキュリティ WPA3
機能 ビームフォーミング・バンドステアリング・MU-MIMO・ワンタッチ接続・IPv6

おすすめWi-Fiルーター⑦GT-AX11000

ゲームをする方におすすめなのが、エイスースの「GT-AX11000」です。

こちらはアンテナが8本ついており、より遠くに電波を飛ばすことができます。しかもアンテナが好きな角度に動かせるので自分好みに合わせる事ができます。

また、2.5Gbイーサを搭載しており、LANおよびWANとして利用可能です。そして、デザインもカッコよくゲームをする方におすすめです。

対応環境 3階建・4LDK
通信規格 Wi-Fi6
周波数 2.4GHz・5GHz
同時接続 120台(推奨36台)
セキュリティ WPA2
機能 Game-First V・ゲームブースト機能・WTFast GPN・MU-MIMO
ゲーミング/エイスース/ASUS/ROG/Rapture/GT-AX11000/AX11000/Tri-Band/10/Gigabit/WiFi/Router,/Aiprotection/L/ 303
ノーブランド品

Wi-Fiルーターを買い替える時のポイント

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/4468747?title=Wi-Fi%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC1&searchId=4105202901

Wi-Fiルーターが古くなり、買い替えるときに確認したいポイントについて紹介しますね。

Wi-Fiルーターを買い替える時のポイント
  • 各デバイスとの再接続
  • 通信規格に対応しているか

各デバイスとの再接続

Wi-Fiルーターを買い替えると、Wi-FiのIDとパスワードも変わります。そのため、各デバイスとルーターを再接続しなければいけません。

電子機器に弱い方は、事前に接続方法を確認するか、なるべく簡単に設定できるルーターを選びましょう。

通信規格に対応しているか

最新のスマホやPCなどは、高速通信が行えるようWi-Fi6などに対応していても、Wi-Fiルーターが対応していなければ、高速通信が行えません。

最近のWi-Fiルーターは複数の通信規格に対応してるので、問題ないとは思いますが、通信規格が対応してるかは注意しましょう。

おすすめWi-Fiルーターまとめ

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/4326151?title=Wi-Fi%E3%80%80%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC&searchId=167549773

今回は自宅の通信環境を良くするために、おすすめ機種やポイントを紹介しました。

ルーターは機種によって、性能や機能が違います。値段を抑えるために、ギリギリ使える程度だったり、場所によっては使えないと不便ですので、自宅の間取りより少し余裕を持ったルーターを選ぶようにましょう。

購入する際は、通信速度・周波数帯・同時接続可能数を重視し、自宅の環境に合わせたルーターを選んで下さいね。