美容

オイリー肌のメイク方法!素肌のような気持ちいい肌へ!

「オイリー肌のせいで、メイクをしてても肌がべたべた…」「すぐにメイクが崩れてしまってメイク直しが大変」

べたつきやすく、テカりやすいオイリー肌。すぐにメイクも崩れてしまうのでこまめにチェックしたりメイク直しをしたりと大変ですよね。

この記事では、オイリー肌さん必見の崩れにくいメイク方法についてご紹介していきます。

崩れを気にせず1日気持ちよく過ごせるメイク方法をお伝えしていくので、ぜひ最後までご覧ください!

(アイキャッチ画像出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/4932006?title=%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B1%E3%82%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E5%A5%B3%E6%80%A7&searchId=4281713675)

オイリー肌がメイク崩れしやすい理由

メイク崩れが起きる理由、それは分泌された皮脂とメイクが混ざり合うことによって起こります。

そしてオイリー肌は、普通肌に比べて過剰に皮脂分泌されるため、べたつきやテカリといったメイク崩れが起きやすいのです。

普通肌よりもメイク崩れが起きやすいオイリー肌ですが、正しいメイク方法とメイクアイテムの選び方を知れば、メイク崩れを最小限にすることが可能です!

「自分の肌ではメイクを長時間楽しむことはできないんだ…。」とがっかりせず、オイリー肌に合ったメイク方法を身につけてください!

○○と○○をコントロールするとメイク崩れがしにくい!

オイリー肌でもメイク崩れを少なくするには、「水分」と「皮脂」をスキンケアとメイクで上手にコントロールすることが重要です。

オイリー肌は水分も油分も多い状態です。スキンケアやメイクアイテムの力を借りて、水分と皮脂を適正量にコントロールしてあげましょう。

そうはいってもスキンケアやメイクはあくまでも外部からのケア。肌本来の状態を整えるには、バランスのいい食事や良質な睡眠が不可欠です。

内側からのお肌ケアをおこないつつ、正しいスキンケアやメイク方法を実践して内からも外からも健やかな肌作りをしていきましょう!

オイリー肌のメイク方法①スキンケア

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/5026143?title=%E5%9F%BA%E7%A4%8E%E5%8C%96%E7%B2%A7%E5%93%81%E3%80%80%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B1%E3%82%A2%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%86%E3%83%A0%E3%80%80&searchId=3312140771

オイリー肌の崩れにくいメイクは、オイリー肌に合ったスキンケアから始まります。

洗顔で寝ている間に付着した汚れや余分な皮脂をしっかり落とします。そして過剰な皮脂分泌の原因にもなる乾燥を防ぐため、化粧水と乳液でたっぷり水分を入れ込んであげましょう。

そして崩れにくいメイクに仕上げるために、スキンケア後は必ずティッシュオフをしてからメイクをするようにしましょう。

肌に残ったスキンケア成分や水分油分をそのままにした状態でメイクをすると、メイクが崩れやすくなってしまいます。

丁寧にスキンケアをした後は必ずティッシュオフする。

オイリー肌のメイク方法②下地

ベースメイクの土台のとなる下地で、オイリー肌でもメイク崩れのしにくい肌を作りましょう。

最近は、「皮脂吸着成分」が配合されているテカリ防止下地も多く販売されており、オイリー肌にもピッタリのアイテムです。

ただ、オイリー肌の原因には乾燥も考えられます。そのため顔全体には保湿成分が配合された下地、Tゾーンなど、気になる部分には皮脂吸着成分が配合された下地を重ね塗りだけでも効果を感じられますよ。

保湿重視の下地と、「皮脂吸着成分」が配合された下地を組み合わせて肌の土台を作る。

オイリー肌のメイク方法③ファンデーション

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/517096?title=%E3%82%AF%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%83%87&searchId=3537515234

化粧下地でしっかり土台を整えたら、ファンデーションはお好みの仕上がりになるものを選びましょう!

ファンデーションの特徴を意識して、自分の肌状態やなりたい肌に合わせて使い分けるのもいいですね。

パウダー マットな質感でテカリを抑える効果が高い。よりしっかりテカリやべたつきを抑えたい人向け。
リキッド ツヤ感ある肌に。オイリー肌を逆に活かしてツヤ感ある肌にするなら薄付きにするのがおすすめ。
クッション リキッドファンデーションのようなツヤ感と、高いカバー力をあわせ持つ。しっかりカバーしたい人向け。
クリーム 美容成分や保湿成分が多く含まれているものが多い。特にオイリー肌はメイク崩れしやすいため、崩れやすい部分はパウダーファンデーションを併用するのがおすすめ。

ファンデーションの特徴を知って、自分の肌に合わせて選ぼう!

オイリー肌のメイク方法④フェイスパウダー

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%e5%8c%96%e7%b2%a7-%e7%b2%89-%e5%8f%a3%e7%b4%85-%e3%83%9e%e3%83%8b%e3%82%ad%e3%83%a5%e3%82%a2-2479577/

オイリー肌には、ファンデーション後のフェイスパウダーが必須!

ベースメイクの仕上げに使うことで、オイリー肌特有のべたつきやテカリを抑え、メイク持ちを良くしてくれる効果があります。

テカリは気になるけどファンデーションのツヤ感は残したい!という方は、Tゾーンやフェイスラインなどべたつきが気になる部分にだけフェイスパウダーを乗せる方法もいいですね。

フェイスパウダーには「ルースタイプ」と「プレストタイプ」の2種類があるので違いを抑えて肌に合う方を選んでみてください。

ルースタイプ さらさらとした粉状でふわっとした肌に見せる効果。フェイスブラシを使って簡単に量を調節できるので、ナチュラルメイクでもテカリやべたつきはしっかり抑えたい!という方にもおすすめ。
プレストタイプ 肌への密着度が高く、カバー力を求める人におすすめ。粉が押し固められているのでこぼれだす心配も少なく、外出先でのメイク直しにも向いている。

オイリー肌にはフェイスパウダーが必須。ファンデーションのツヤ感を活かしたいならべたつきが気になる部分にだけにさっとつけよう!

オイリー肌のメイク方法⑤メイクキープスプレー

「今日は大事な日だからどうしてもメイクを崩したくない!」「今日はメイク直しをしている時間がなさそう」そんな時はメイクキープスプレーをベースメイクの最後に使いましょう。

ベースメイクの最後にメイクキープスプレーを使うことで、肌とメイクの密着力をより高め、崩れにくいメイクに仕上げてくれます。

オイリー肌には、「皮脂吸収パウダー」が含まれているものか、「オイルフリータイプ」がおすすめです!

どうしてもメイク崩れさせたくないときは「皮脂吸収パウダー配合」か「オイルフリー」のメイクキープスプレーを使う。

【要注意!】オイリー肌が絶対にやってはいけないメイク方法

オイリー肌の人がメイクをするときに絶対にしてはいけないことは、保湿をしないことです。

水分と皮脂が多い肌状態にあるオイリー肌だからといって、保湿を怠ったメイクをすると肌表面の乾燥から肌を守るためにさらに皮脂を分泌してしまいます。

とはいえ、保湿重視のアイテムを多用して肌がべたつく感覚もいやですよね。そんな時は保湿力はあるけれどさっぱり使える使用感のアイテムを選ぶようにしましょう。

2分でできるオイリー肌のメイク直し方法

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/22111067?title=%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%82%92%E3%81%99%E3%82%8B%E5%A5%B3%E6%80%A7&searchId=1998086400

ばっちりベースメイクを仕上げても、どうしてもメイク直しが必要な時もありますよね。

そんな時は2分でできる、簡単3ステップメイク直しでまるでメイク仕立ての肌にしてしまいましょう!

オイリー肌で悩んでいる方におすすめのメイク直し方法は以下の通りです。

2分でできるオイリー肌のためのメイク直し方法
  1. 浮いてきた油や皮脂をティッシュオフと何もついていない乾いたスポンジでダブルオフ
  2. メイク崩れが気になる部分にだけファンデーションを重ね塗り
  3. フェイスパウダーで仕上げ

オイリー肌のメイク直しでは、ティッシュとスポンジで日中浮き出てきた皮脂や汚れをしっかり落とすことが重要です。

オイリー肌でも少しの手間で1日気持ちのいい肌に!

ここまでオイリー肌で悩んでいる方にピッタリのメイク方法や、注意点、2分でできるメイク直し方法をお伝えしてきました。

オイリー肌でも、今回ご紹介したようなちょっとひと手間加えたメイクを実践するだけで、嫌なべたつきやテカリを抑えて長時間キレイな肌を手に入れることができます。

オイリー肌特有のいやなべたつきやテカリをなくしたきれいな肌で、1日を気持ちよく過ごしましょう!

ABOUT ME
ひろみ
脱サラ目指して記事を書いています。夢は旅するように働くこと!冬は山派、夏は海派のアウトドア好き。普段は仕事、筋トレ、読書の毎日です。