研修

仕事がうまくいかない??明日からできる対処方法を徹底解説!

就職活動を行って自らの意思で仕事に就いて頑張っているのに「仕事がうまくいかない」と悩んではいませんか?

社会人であれば、さらには頑張っている人ほど「仕事がうまくいかない」や「成果が出ない」と考えて悩むこと時期があると思います。

この記事では、多くの社会人が一度は思い悩むことがある「仕事がうまくいかない」についての原因や特徴そして対策をいくつか解説していきます。

「アイキャッチ画像出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/5195261?title=%E9%A0%AD%E3%82%92%E6%8A%B1%E3%81%88%E3%82%8B%E4%BA%BA%E3%80%80%E6%82%A9%E3%81%BF%E3%80%80%E7%B5%B6%E6%9C%9B&searchId=176129978」

仕事がうまくいかない原因とは

まず最初に、「仕事がうまくいかない」原因はどこにあるのか考えていきましょう。

仕事がうまくいかない原因とは
  • 経験が不足している
  • ケアレスミスを繰り返している
  • 人間関係をうまく築けていない

経験が不足している

「仕事がうまくいかない」の原因となる最も大きい理由のひとつとして経験不足があります。

仕事について間もない、部署を移動して間もない時期は誰しもが仕事に慣れていない状態です。

この経験が不足している状態は、時間とともに解消されるため最初はうまくいないことは当たり前とも言えます。

ケアレスミスを繰り返している

仕事を行う時にケアレスミス(些細なミス)を繰り返してしまうことも仕事がうまくいかないと感じる原因になります

小さなミスであっても、そのミスを取り返すためには作業時間が必要になります。

就業時間が限られるなかで作業を行う必要時間が増えると焦ってしまい、さらにミスを誘発するといった悪循環につながることがあります。

人間関係をうまく築けていない

仕事がうまくいかない原因の一つとして、人間関係が影響しています。

会社での仕事は多くの同僚や上司とともに行われます、組織で業務を行っているため各個人の小さなミスは周囲で協力すればすぐに取り替えることが可能です。

会社内での人間関係をうまく築けていない場合には、ミスを言いだしずらかったり協力が得られなかったりなど組織としての機能が正常に働かなくなります。

仕事がうまくいかない人の特徴

つぎに「仕事がうまくいかない」人の特徴を確認していきます、紹介する特徴にあてはまるい人ほど「仕事がうまいかない」状況に陥っている可能性があります。

仕事がうまくいかない人の特徴とは
  • 基礎的な業務を理解していない
  • 報連相が苦手
  • 仕事の優先順位が付けられない

基礎的な業務を理解していない

「仕事がうまくいかない」人には基礎的な業務を理解していないという特徴があります

何が分からないかが分からない状態や何が正しいのか分からない状態では「仕事がうまくいかない」と感じてしまうのも当然です。

仕事は要求に対して価値を提供するものです、基本的な業務を理解していない状態ではうまく業務が進んでいたとして自身の意図していな状態なので「仕事がうまくいっている」とは感じられないでしょう。

報連相が苦手

多くの会社や企業では仕事は組織的に行われます、そのため自身がもとめられている業務が適切に進捗しているか上司に判断してもらう必要があります。

仕事をする時には「報連相」が大切だ、といった話を聞いたことがあると思います。

組織で業務をおこなう以上、決裁権のある人が適切に判断できるように「報連相」が必要になります。

この「報連相」を怠り自身の判断で業務を進めていると、行うべき業務と進めている業務が食い違うおそれがあります。

仕事の優先順位が付けられない

自身に行う業務の優先順位をつけることが苦手で順位をつけられないと仕事がうまくいかない状態につながります。

与えられた業務の期限がいつまでなのか、それはどれほど重要なのかの判断が出来なければ自分がどの程度重要な業務を行っているか理解できず「仕事がうまくいかない」と感じることは必然です。

仕事がうまくいかない時の対処法

次に「仕事がうまくいかない」ときの対処法を確認していきましょう。

うまくいかない原因を見える化する

まずは、なぜ「仕事がうまくいかないのか」を見える化してどこの原因があるのかはっきりさせることから始めましょう。

「仕事がうまくいかない」原因は共通なものもあれば、個人によってばらばらなものも多いものです。

まずは、原因を見える化することで適切な対策を行うことが出来るようになります。

上司や同僚にアドバイスを貰う

自分自身を客観的な視点で見ることは難しいものです、自分では見えていない部分が他人からは見えていることがあります。

特に同じ職場で働く仲間は自分の業務を理解しています、自身の適性を知るためにも適切なフィードバックを得られる関係性のある人に相談してアドバイスを貰いましょう。

仕事がうまくいかない時にやってはいけないこと~考え方編

仕事がうまくいかない時にこれをやると自身に悪影響を及ぼすものや、環境を悪化させるやってはいけない考え方について紹介します。

他人のせいにする

仕事は多くの人が関わってすすめられています、ミスが発生した時には自分以外のだれかも関わっていることがあります。

この時に他人のせいにすることは根本的な解決をすることを放棄することにつながります。

原因を見つけて改善しないままではミスを繰り返すことになってしまいます。

完璧主義にこだわる

仕事に対しても自身に対しても完璧を求める完璧主義にこだわるの人は、だれかに質問することやアドバイスを求めることに対して「恥ずかしい」や「みっともない」といった感情を抱くことがあります。

必要な成果をあげるために、自身のプライドが邪魔してしまって時間がかかったりミスをすることで「仕事がうまくいかない」につながっていることがあるという認識をもってください。

仕事がうまくいかない時にやってはいけないこと~行動編

仕事がうまくいかない時にこれをやると自身に悪影響を及ぼすものや、環境を悪化させるやってはいけない行動について紹介します。

勢いで仕事をやめる

「仕事がうまくいかない」と感じた時には転職を考えることもあるでしょう。

勢いで仕事をやめてしまって次の環境を整えられず、前の職場にも戻れないような状況に陥らないために自分に必要なものや環境を冷静に考えて決断するようにしましょう。

暴飲暴食

ストレス発散を理由にお酒を飲みすぎたり、過食や暴食を行うことは一時的なストレスを軽減することと引き換えに自身の体に大きな悪影響をあたえます。

仕事を行うためには健康であることは大切です、仕事のせいで健康でなくなってしまうことは本末転倒といえます。

どうしても仕事がうまくいかない場合には

どうしても「仕事がうまくいかない」原因を解消できない、どうしてもうまくいかない場合の選択肢を確認していきましょう。

どうしても仕事がうまくいかない場合に行うこと
  • 長めの休暇を取る
  • 部署異動を申請する
  • 転職する

長めの休暇を取る

「仕事がうまくいかない」原因がストレス等であり仕事をしながら解消できない場合は思い切って長期の休暇をとってリフレッシュする時間を確保しましょう。

部署異動を申請する

今の仕事や職場が自身にあっていない可能性や、環境が改善できない状況であれば部署異動を申請してみましょう。

業務内容によって自身の力を発揮できる場所が見つかるかもしれません。

転職をする

どうしても社内で力を発揮できない、部署異動も出来ないのであれば転職を検討してみることをおすすめします。

仕事がうまくいかない原因と対処方法のまとめ

ここまで「仕事がうまくいかない」原因や特徴と対処方法について解説してきました。

「仕事がうまくいかない」時に行うこと

まずは原因や特徴を把握してみましょう、そして自身ができる対処方法を選択して試してみてはいかがでしょうか。

それでもうまくいなかないときには

長めの休暇をとってリフレッシュしたり、部署異動や転職など選択肢を増やすことをおすすめします。

改善しない環境で我慢を続けるより、自身が動くことで環境は変えることが可能です。