研修

仕事がうまくいかない場合の21の対処法と転職時の注意事項

「仕事がうまくいかない」という悩みは、誰もが一度は抱えるものですよね。特に入社して5年目くらいまでは手探りで解決しようとしては更に悩みが深まるという時期かと思われます。

この記事では、仕事がうまくいかないと感じる原因とそのように感じやすい人の特徴を9点ずつ挙げ、また計21点の仕事がうまくいかない症状を改善する対処法を書いてまとめています。

また、ここに記した対処法ではうまくいかず、転職したいと思った場合に注意すべきメリットとデメリットについても記載していますよ。

この記事を読めば、今抱えている仕事に関する悩みをきっと解消することができるので、ぜひ最後まで読んでくださいね。

(アイキャッチ画像出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/24202415)

目次
  1. まずは自分の悩みを具体的に認識しましょう
  2. 仕事がうまくいかないと感じる9点の原因
  3. 仕事がうまくいかないと感じる人の9点の特徴
  4. 【仕事編】仕事がうまくいかない場合の対処法12点
  5. 【メンタル編】仕事がうまくいかない場合の対処法5点
  6. 【生活習慣編】仕事がうまくいかない場合の対処法4点
  7. 仕事がうまくいかない時にやってはいけない4点
  8. 何をやっても仕事がうまくいかない場合
  9. 今の仕事は止めるべき?転職について知っておくべきこと
  10. 仕事がうまくいかなくてももう大丈夫!まとめ

まずは自分の悩みを具体的に認識しましょう

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%e7%94%b7-%e8%80%83%e3%81%88-%e7%96%91%e5%95%8f%e3%81%ab%e6%80%9d%e3%81%86-%e8%b3%aa%e5%95%8f-5723449/

一口に「仕事がうまくいかない」といっても、その悩みについて具体的に考えてみると複数のことを思い浮かべるのではないでしょうか。

例えば、「そもそも仕事のやり方が分からない」や「仕事に時間がかかり過ぎる」、「会社の居心地が悪い」といった悩みを一つあるいは複数抱えているかと思います。

悩みにより原因やその対処法が異なりますので、まずは具体的にどういった悩みがあるのかを考えたうえで以下を読み進めていけば、自然と対策ができるようになるでしょう。

仕事がうまくいかないと感じる9点の原因

出典:https://pixabay.com/ja/illustrations/%e6%b0%b4%e5%bd%a9-%e3%83%9a%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0-%e7%be%8e%e8%a1%93-4796516/

では、どういったことが原因で仕事がうまくいかないと感じるのでしょうか。

以下にて9点の原因をまとめました。それぞれどういった影響が出るのかも含め記載していますので、確認してみましょう。

仕事がうまくいかない原因
  • 経験が不足している
  • 些細なミスを繰り返してしまう
  • 仕事の先のことまで考えられない
  • 仕事がいつもギリギリになる
  • 完璧主義で100点を目指してしまう
  • 人間関係がなかなかうまくいかない
  • 職場環境が悪く仕事に集中できない
  • 今やっている仕事がたまたま不得意な分野である
  • 体力がない

経験が不足している

どんな仕事であれ、何も知らない状態であれば仕事の進め方が分からず、小さな作業であっても時間もかかるものですよね。

仕事がよく分からない」「仕事に時間がかかり過ぎる」といった悩みは仕事の経験不足から生まれます。

単純なミスを繰り返してしまう

単純なミスを繰り返していては、そのミスの修正に大幅な時間がかかり、「仕事に時間がかかり過ぎる」といった悩みに繋がります。

また、上司の視点に立てば、ミスが多い部下には仕事を割り振りづらくなるため、結果として単純な仕事しか任せてもらえず、仕事のモチベーションの低下にも繋がるでしょう。

仕事の先のことまで考えられない

仕事をするうえで、「今の自分の仕事が終わった後に、どういった流れになるのか」を把握することも大切です。

例えば、取引先のある案件の場合、「自分の仕事の後、取引先ではこういった仕事をするだろう」等と、ある程度の流れを把握しておけば、その仕事の優先順位を付けやすくなります。

逆に、そういった流れを把握できなければ、どれだけ緊急性のある案件なのかが分からずに後回しにしてしまうなど、仕事のミスに繋がりやすくなるでしょう。

仕事がいつもギリギリになる

きちんとスケジュール管理ができていなかったり、そもそも抱えている仕事量が多かったりすることで、仕事が終わるのが期限ギリギリとなります。

この状況になると、「仕事に時間がかかり過ぎる」という悩みを引き起こすことになるでしょう。

完璧主義で100点を目指してしまう

全ての仕事を完璧にしようとして、一つ一つの作業に時間をかけ過ぎるのも仕事がうまくいかない原因の一つです。

些細なミスを見つけては「仕事が出来ない」と悩んだり、ミスがないかのチェック作業が多すぎて、「仕事に時間がかかり過ぎる」と悩んだりすることに繋がります。

人間関係がなかなかうまくいかない

人間関係がうまくいかないことで、仕事のミスを報告することを躊躇うなどすれば、仕事が円滑に進まずに、「仕事ができない」という評価を自他共にしてしまうことに繋がりかねません。

また、ミスがなくとも居心地が悪くなることで効率が下がり、「仕事に時間がかかり過ぎる」ことも起こり得ます。

職場環境が悪く仕事に集中できない

職場内外で騒音があったり、一人一人の作業スペースが狭かったりなど職場の環境が悪ければ、仕事に集中できず効率が下がってしまいますよね。

効率が下がることで、「仕事に時間がかかり過ぎる」という悩みに繋がります。

今やっている仕事がたまたま不得意な分野である

コミュニケーションが苦手な人が接客をしていたり、細かい計算作業が苦手な人が経理を担当していたり、自分に向いていない仕事を割り振られることも原因となります。

不得意な仕事を続けることで、「仕事ができない」や「仕事に時間がかかり過ぎる」といった悩みに繋がりやすくなりますよ。

体力がない

仕事ではパソコンを使う作業も多いため、目や体に負担が掛かりますよね。

体力がない状態で作業をするということは、初めから体に負荷がかかっている状態での作業となるため、仕事の効率が下がります

また、精神的な疲労も大きくなり、「仕事に時間がかかり過ぎる」「仕事が疲れる」といった悩みが出やすくなりますよ。

仕事がうまくいかないと感じる人の9点の特徴

出典:https://pixabay.com/ja/vectors/%e7%94%b7-%e5%8b%89%e5%bc%b7%e3%81%99%e3%82%8b-%e6%82%b2%e3%81%97%e3%81%84-%e5%bf%83%e9%85%8d%e3%81%97%e3%81%9f-6326312/

仕事がうまくいかないと感じやすい人には、いくつかの決まった特徴があります。

以下にて9点の特徴とその特徴がどういったことに繋がりやすいかをまとめたので、ぜひ自身に当てはまらないかを注目してみてください。

仕事がうまくいかない人の特徴
  • 基礎的なことができていない
  • 仕事の優先順位を付けるのが苦手
  • 机やデスクトップの整理整頓をしていない
  • 自分一人で全てをこなそうとする
  • 完璧主義で理想やこだわりが強すぎる
  • 同僚と比べてしまう
  • 上司や同僚とのコミュニケーションが苦手
  • 感度が高い(HSP気質)
  • 生活習慣が乱れており、体調が良くない

基礎的なことができていない

仕事の経験不足、あるいは経験後も基礎的な部分を知識としてインプットできていない状態をいいます。

仕事ができない」、「仕事に時間がかかり過ぎる」といった悩みに繋がりやすいです。

仕事の優先順位を付けるのが苦手

優先順位を付けるのが苦手な人の場合、緊急性の高い仕事であっても後回しにしてしまう可能性があります。

その結果、その日のうちに仕上げなければいけないことができなかったというミスに繋がることや、残業で仕事を仕上げる必要が出ることがありますよ。

机やデスクトップの整理整頓をしていない

整理整頓されていない机ではどこに何が置いてあるかが分からず、ものを探すのに時間がかかってしまいますね。

また、これはパソコンのデスクトップにおいても同様で、どこに何のファイルがあるかを把握していなければ、データを探すのにも苦労します

このように、整理整頓がされていないと作業効率が下がり、「仕事に時間がかかり過ぎる」という悩みに繋がります。

自分一人で全てをこなそうとする

一人で作業できる許容量の範囲内で仕事が割り振られるのであれば問題ないですが、いつもそうとは限りませんよね。

許容量を超えた仕事であっても一人でこなそうとすれば、仕事をする時間も量も増え、作業効率も下がってしまいます。

完璧主義で理想やこだわりが強すぎる

少しくらいの理想やこだわりであれば、それが達成されることで働くうえでのモチベーションに繋がり、仕事がうまくいくこともあります。

しかし、あまりそれが強すぎると、自分の思い通りに仕事ができず、「自分は仕事ができない」という失望に繋がることになるでしょう。

同僚と比べてしまう

同僚の成績を見て、「どうすれば同僚と同じくらいに自分の成績が上がるのか」と考えるくらいであれば、仕事の効率が上がることもあります。

しかし、「自分が劣っている」という考えから思考が進まない状態になれば、悩みから仕事に集中できず、作業効率も落ちてしまいますよ。

上司や同僚とのコミュニケーションが苦手

部署内でのコミュニケーションは、仕事の報告・連絡・相談を円滑にするだけでなく、自分の仕事の適性を見つけることにも役立ちます。

コミュニケーションがうまくできない場合は、不得意な仕事が割り当てられる等した結果、うまくいかず「仕事ができない」と思い悩むことに繋がりやすくなりますよ。

感度が高い(HSP気質)

HSPとは「Highly Sensitive Person」の略で、非常に感受性の強く敏感な人のことをいいます。

HSP気質の人は、周囲の音にも敏感となり、それが仕事の効率にも影響が出やすくなります。

また、相手を責めることがあまりないため、たとえ職場環境が原因で仕事効率が下がったとしても、「自分が原因で仕事ができなかった」と自身を責めがちです。

生活習慣が乱れており、体調が良くない

夜遅くまでお酒を飲んだり、夜更かしして趣味の時間に使ったりなどして、仕事のストレスを発散している人も多いのではないでしょうか。

たまになら問題ないですが、それが毎日続くようなら、体調を崩す原因となり、仕事の効率が下がるばかりか、精神的な疲労が溜りやすくなりますよ。

【仕事編】仕事がうまくいかない場合の対処法12点

ここまで読んで、「仕事がうまくいかない」と感じる仕組みは理解できたかと思われますが、どんなことをすればそれが解消するか知りたいですよね。

まずは仕事中にする行動を12点にまとめてみました。誰でもできる簡単なことなので、ぜひ試してみてくださいね。

対処法(仕事中にする行動)
  • 基礎を徹底する
  • 失敗から学ぶ
  • メモを取る習慣をつける
  • 仕事に優先順位をつける
  • スケジュール管理を徹底する
  • 身の回りを整理する
  • 報告・連絡・相談を丁寧に行う
  • マルチタスクを避ける
  • 長時間集中しようとせずに、短い集中を繰り返してみる
  • 自分の適性を知り、能力を磨く
  • 後輩にアドバイスしてみる
  • 人間関係に悩みがある時は、無理に改善しようとしない

基礎を徹底する

仕事の経験不足だったり、単純なミスを繰り返してしまったりする場合は、基礎を徹底しましょう。

まずは、業務マニュアル等を改めて見直してみるだけでも大丈夫です。ミスの無い作業に慣れることで、仕事の効率を上げましょう。

失敗から学ぶ

どんなことであっても、初めから心配しない人などいませんよね。しかし、失敗した経験をそのままにして、再度同じ失敗をしては仕事の効率も上がりません。

「なぜ失敗したのか」「どうすれば失敗を回避できるのか」等を考えることで、仕事のミスは格段に少なくなります。

また、別の作業でもこの失敗を活かせることもあるでしょう。こうして複数の作業で共通点を覚えることができれば、仕事がもっとやりやすくなりますよ。

メモを取る習慣をつける

一度ミスしたことや今後も注意したい事項以外にも、どんな些細なことでも頼まれた仕事はメモをする習慣をつけましょう。

例えば、上司から「15時までに書類を10部コピーする」ことを頼まれたとしましょう。簡単な作業ですが、他の仕事が忙しく、つい忘れてしまうということも起こり得ますよね。

そういったミスが起きないように、「15時まで コピー×10」とメモをしておくことで、忘れずに作業することが可能となるでしょう。

仕事に優先順位をつける

出典:https://pixabay.com/ja/illustrations/%e5%84%aa%e5%85%88%e5%ba%a6-%e3%82%b4%e3%83%bc%e3%83%ab-%e4%ba%88%e5%ae%9a-%e9%87%8d%e8%a6%81%e6%80%a7-4297708/

緊急性や重要性の高い案件かそうでないかで優先順位を決めましょう。

どうしても自分だけでは判断がつかない場合は、上司にそのことを相談のうえ、優先順位を決めて作業するといいでしょう。

スケジュール管理を徹底する

納期の把握漏れやダブルブッキングを防ぐためには、スケジュール管理を徹底することが重要です。

Googleカレンダーやメールアプリ内のアラーム機能など、スケジュール管理が可能なアプリを活用するといいでしょう。

身の回りを整理する

机の上や引き出しのどこに何があるのかを把握していることで、迷う時間が無くなり仕事の効率が良くなります

また、パソコンのデスクトップ画面も同様で、どのフォルダに何のファイルが置いてあるかを把握しておき、たまにフォルダの整理もしておきましょう。

報告・連絡・相談を丁寧に行う

報告・連絡・相談を丁寧にすることで、ミスを防ぐことができます。もしミスが起こった後でも、そのミスをきちんと上司に報告していれば、被害を最小限に抑えることもできますよ。

また、仕事がうまくいかなかったり、抱えている仕事量が多かったりする場合も上司に相談してください。きっと仕事の割り振りについて検討してもらえるはずですよ。

マルチタスクを避ける

マルチタスクとは複数の作業を同時に処理することをいいます。マルチタスクにすることで脳の機能が落ち、作業効率も落ちてしまいます。

緊急性のない限りは複数の作業を並行して行うことはせず、一つ一つ処理していくことにしましょう。

長時間集中しようとせずに、短い集中を繰り返してみる

人間が集中して作業できる時間は、15分から90分程度と言われています。

2,3時間以上も集中して仕事しようとせずに、適度に休憩を挟む等して短い集中を繰り返すことで作業効率が上がり、結果的に仕事が早く終わるようになりますよ。

自分の適性を知り、能力を磨く

どういった作業をすることで会社に一番貢献できそうか考えてみましょう。上司や同僚にも相談してみてもいいかもしれません。

そして、自分の適性が分かったらすぐに実践してみてください。成果が得られたと実感できたのなら、それを継続することで仕事のモチベーションにも繋がるでしょう。

後輩にアドバイスしてみる

この記事を読んでいる人には、自分のことだけで精一杯なのに、後輩にアドバイスなど出来るわけがないと思う人も多いかもしれません。

しかし、後輩にアドバイスをすることで自分自身を客観的に判断することができ、自分の悩みや思考も同時に整理することができますよ。

具体的には分からないけれど、漠然と仕事に悩みがあるという場合に試してみることもおすすめです。

人間関係に悩みがある時は、無理に改善しようとしない

同じ会社に勤める人の中には、あまり性格が合わず、仕事以外で関わりを持ちたくない人もいるでしょう。

しかし仕事で関係するからと必要以上の関わりを持ってしまえば、仕事以外でのストレスが溜まり、作業効率が落ちることも多いです。

ですので、そういった場合は最低限必要な報告・連絡・相談以外は関わらないように気を付けましょう。その人の前だけで忙しい振りをすることもおすすめです。

【メンタル編】仕事がうまくいかない場合の対処法5点

次にメンタル的な対処法として、すぐにできる思考方法を5点にまとめてみました。

考え方を変えるだけでも気持ちが楽になりますので、特に「まだ具体的な行動に移せない」という段階の場合は、実践する価値はありますよ。

対処法(思考方法)
  • 仕事の出来は80点でOKと考える
  • 「こんな日もある」と考える
  • 他人と比較しすぎない
  • 小さな成功体験を積み重ね、自分を褒めてあげる
  • 上司や同僚は人事異動で変わると認識する

仕事の出来は80点でOKと考える

完璧主義で仕事がうまくいかない人は、100点でなく80点の出来で構わないと考えるようにしましょう。

今まで100点の出来にするために費やしていた作業量や作業時間を別の作業に割り当てることができるので、仕事の時間を短縮することができますよ。

「こんな日もある」と考える

人間なので、たまにはミスをすることもあります。しかし、そのミスを引きずっていては仕事に集中できず、作業効率が下がってしまいます。

同じミスを次はしないように気を付けつつも、一旦「こんな日もある」と気持ちをリセットすることで、心が少しずつ楽になり、仕事にもだんだんと集中できるようになりますよ。

他人と比較しすぎない

他人と比較することで何か生産的な解決方法などを考えられるのであればいいのですが、自分に劣等感を抱くだけであれば、精神的な疲労により仕事に集中できなくなります。

成長のスピードや特性には個人差があると考え、自分のペースに合わせて仕事をすることを心がければ、目の前の作業に集中することができますよ。

小さくても成功体験を積み重ね、自分を褒めてあげる

出典:https://pixabay.com/ja/illustrations/%e8%a6%aa%e6%8c%87-%e7%b5%b5%e6%96%87%e5%ad%97-%e3%83%9d%e3%82%b8%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%96-%e7%ac%91%e9%a1%94-6284076/

どんな小さなことでもいいので、成功したことがあれば自分のことを褒めてあげましょう

例えば、「単純作業をミスなく終えられた」「1本だけでも滞りなく電話の応対ができた」など、どんなことでも構いません。

また、部署内での1日の目標など、何か大きな目標を達成した場合は、自分へのご褒美として少しお高めの食材や服飾品を買うのもおすすめです。

上司や同僚は人事異動で変わると認識する

人間関係がうまくいかないことが原因で仕事に悩んでいる人も多いと思います。しかし、今の人間関係がずっと続くわけではありません

会社では組織変更や人事異動が一定の期間ごとに行われることが多いです。そのことを認識することで気持ちが随分と楽になりますよ。

【生活習慣編】仕事がうまくいかない場合の対処法4点

出典:https://www.ac-illust.com/main/detail.php?id=22810923&word=%E3%83%99%E3%83%83%E3%83%88%E3%81%A7%E7%9C%A0%E3%82%8B%E7%94%B7%E6%80%A7

さらに、生活習慣面でも気を付けておきたい対処法についても4点紹介します。

生活習慣の場合は、今までの生活に根付いている行動のため、すぐには対応できないものもあるかもしれませんが、少しずつ改善できるように心がけましょう。

対処法(生活習慣)
  • 睡眠時間を確保する
  • 食事の栄養素を意識する
  • 趣味などで仕事を忘れる時間をつくり、リフレッシュする
  • 軽い運動習慣をつける

睡眠時間を確保する

仕事のストレス解消のため夜更かしをする人もいると思いますが、寝不足や疲労が原因で仕事の効率が下がり、さらにストレスが溜まるという悪循環に繋がります。

夜更かしは週末など睡眠時間が確保できる日のみにし、仕事の前日はたっぷりと休息を取りましょう。

食事の栄養素を意識する

栄養が不足している状態であれば、脳の機能が低下し仕事の効率が下がります。

特に、バナナなどに含まれるブドウ糖や、豚肉などに含まれるビタミンB群は脳の栄養補給に適しているので、仕事前に食べることをおすすめします。

趣味などで仕事を忘れる時間をつくり、リフレッシュする

体に負担のかかり過ぎない範囲でリフレッシュする時間を作りましょう。

仕事のことを忘れることで脳への負担が軽くなり、次に仕事を再開するときには、集中力が高まりますよ。

軽い運動習慣をつける

運動することで、セロトニンやドーパミンという神経伝達物質が分泌されます。

このセロトニンやドーパミンが、不安感を解消したり、集中力を高めたりするので、仕事のモチベーションが上がります。

また、激しい運動では心身に負担がかかり過ぎる場合は、ウォーキングなどの軽めの運動でも大丈夫ですよ。

仕事がうまくいかない時にやってはいけない4点

出典:https://www.ac-illust.com/main/detail.php?id=2592404&word=%E5%A4%A7%E3%81%AE%E5%AD%97%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8B%E4%B8%AD%E5%B9%B4%E7%94%B7%E6%80%A7#goog_rewarded

仕事がうまくいかないと感じたときに、対処法になる行動もあれば、症状を悪化させる行動もあります。

以下にまとめた4点の行動は控えるようにして、仕事のモチベーションを落とさないようにしましょう。

やってはいけないこと
  • 暴飲暴食
  • 職場以外でも仕事の事を考える
  • 自分を責める
  • 周りに怒りをぶつける

暴飲暴食

飲酒のし過ぎや、米やパン、麺類などの炭水化物の摂り過ぎにより健康を害する恐れがあります。

仕事の効率も下がってしまうので、適度な食事、飲酒を心がけましょう。

職場以外でも仕事の事を考える

仕事のアイディアは、リラックスしているときに思いつくことが多いです。常に仕事のことを考えていては、脳に余裕がなくなり、いいアイディアも思いつきません。

意識的に仕事のことを脳内から取り払うために、一時的に趣味などに没頭することもおすすめですよ。

自分を責める

一度自分を責めてしまっては、立ち直れずに仕事がさらにうまくいかなくなる可能性があります。

まずは、前述した対処法の中で、今の自分にできることはないかを考える等、一度落ち着いて他のことにも目を向けましょう。

周りに怒りをぶつける

特に人間関係や職場環境が原因の時は、周りに怒りをぶつけたくなると思います。しかし、怒りをぶつけたところで事態は好転しません。

さらには人間関係を壊す原因にもなりかねないので、前述の対処法の中で自分に合った解決策がないか、冷静に考えてみましょう

何をやっても仕事がうまくいかない場合

ここまでに記載された対処法を試してみても、仕事がなかなかうまくいかないということもあるかもしれません。

その場合は、「長めの休暇を取る」、または「部署移動を申し出る」ことを試してみてください。それぞれの効果について、以下にまとめていますので参考になれば幸いです。

長めの休暇を取る

出典:https://www.ac-illust.com/main/detail.php?id=22776417&word=%E6%B8%A9%E6%B3%89%E3%82%92%E6%A5%BD%E3%81%97%E3%82%80%E7%94%B7%E6%80%A7#goog_rewarded

仕事が落ち着いたタイミングで、有給休暇を使う等して休暇が取れないか上司と相談しましょう。

仕事から離れることで心に余裕ができて、落ち着いて「これからも今の仕事を続けられそうか」等の悩みと向き合うことができますよ。

部署移動を申し出る

人間関係や職場環境が改善しない、または今の仕事が自分の不得意な分野である可能性があります。その場合は、上司や人事部と相談して、部署移動を申し出ましょう。

また、部署移動の前に、上司や同僚と相談する等して、自分の適性を把握していると、部署移動もスムーズに行いやすくなりますよ。

今の仕事は止めるべき?転職について知っておくべきこと

出典:https://www.ac-illust.com/main/detail.php?id=22563218&word=%E4%BB%96%E7%A4%BE%E3%81%A8%E3%81%AE%E6%AF%94%E8%BC%83%E6%A4%9C%E8%A8%8E%E3%82%92%E3%81%99%E3%82%8B%E3%82%B5%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3%E7%94%B7%E6%80%A7#goog_rewarded

長めの休暇を取っても部署移動をしても、仕事がうまくいかないという感覚が改善しない場合は、転職するのも一つの手です。

転職するメリットとしては、転職後は人事評価が0からのスタートとなるため、自分に適した職種であれば、評価が上がりやすくなる点が挙げられます。

一方でデメリットとしては、勤続年数が少なくなることにより退職金や企業年金が減り、生涯賃金が下がる可能性が高い点が挙げられます。

また、転職により人間関係が改善するかは不明である点も注意が必要です。その他、仕事内容や待遇がどうなるか気になる場合は、入社前に転職先の情報をある程度調べておくことをおすすめします。

仕事がうまくいかなくてももう大丈夫!まとめ

出典:https://www.ac-illust.com/main/detail.php?id=22765963&word=%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%87%E3%82%A2%E3%82%92%E6%80%9D%E3%81%84%E3%81%A4%E3%81%8F%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%84%E5%A7%BF%E3%81%AE%E7%94%B7%E5%A5%B3&data_type=&from_order_history=

仕事がうまくいかない原因としては、「優先順位が考えられないこと」や「体力不足」といった当人で解決し得るものから、「人間関係」や「職場環境」など当人のみでは解決が難しいものまで様々です。

「それぞれの仕事の緊急性や重要性を意識する」ことや、「健康管理に気を付ける」など自身でできる対処法も多いですが、難しい場合は長期休暇の取得や部署移動が可能か上司や人事部へも相談できますよ。

もし、いずれの対処法でも改善しない場合は、自分に適した職種に転職をするのも一つの手です。転職後は人事評価が上がる可能性が高まりますが、生涯賃金が下がる可能性も高まることに注意しましょう。

仕事がうまくいかないことに対する対処法はたくさんありますので、ぜひ早速、自身でできそうなものから試してみてくださいね。