転職

「仕事に飽きた……」と悩むあなたへ。飽きる原因と対策を徹底解説!

「仕事に飽きた……」と悩んでいませんか?飽きてしまった原因と対策を正しく知ることで、どう行動していけばいいのかが見えてきます。

この記事では、仕事に飽きてしまう原因と対策を解説しています。自分にはどれが当てはまるのか、探してみてくださいね。

最後まで読むことで、あなたが仕事に飽きてしまう理由と今後どうすればいいかがわかりますよ。

出典:https://unsplash.com/photos/y8OPPvo_5mU

仕事に飽きてしまう原因ってなに?

出典:https://unsplash.com/photos/CwIU33KGToc

仕事に飽きてしまう原因には何があるのでしょうか? 実は単純な「やる気がない」だけではなく様々な理由があります。

仕事に飽きてしまう原因3選
  1. 仕事が単純作業の繰り返しばかりだから
  2. 仕事に関わらず、もともとの性格が飽き性だから
  3. 他の仕事に魅力を感じているから

具体的な原因について、上記3つを詳しくご紹介していきます。自分がどのケースに当てはまるのか確認してみてくださいね。

自分が仕事に飽きてしまう理由を知ることが、今後どう行動すればいいか判断する手助けになります。それでは、ひとつずつ解説していくのでぜひご覧ください。

原因①:仕事が単純作業の繰り返しばかりで飽きた

仕事に飽きてしまう原因のひとつに、「単純作業の繰り返し」があります。

いくら好きな仕事でも、なんの代わり映えもしない仕事を何年もやっていると飽きてしまうのは珍しくありません。

人によりますが、自分で仕事を作っていく方がやりがいは見つけやすいもの。歯車のひとつとして言われたことをただやるだけの仕事だと、楽しく続けるのは難しいですね。

このケースは仕事経験が3年目以上の人に多い傾向。業務に慣れて問題なくこなせる反面、適度な変化がないとマンネリ化してしまう傾向がありますね。

原因②:仕事に関わらず、もともとの性格が飽き性

「昔から飽きっぽくて、やりたいことがあっても長続きしない……」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

ゲームや習い事など、最初は熱中してのめり込むけど少し時間が経ったら飽きて別のことに興味が移ってしまうという人もいるでしょう。

しかし、飽き性は必要以上にネガティブに捉える必要はありません。考え方を変えれば、好奇心旺盛で様々なことに興味を持てるとも言えます。

そんな人は、つねに変化していく最先端の仕事や自分でクリエイティブに創造できるような仕事が向いていますね。

原因③:他の仕事に魅力を感じて今の仕事に飽きた

仕事に飽きてしまう原因の3つ目は、他の仕事に魅力を感じてしまっているから。

今の仕事と比べてしまうことで、より仕事に対して飽きてしまうという状況になってしまっている可能性が高いですね。

もともと、今の仕事がやりたい仕事ではなかったという人もいると思います。

ただ、誰であっても隣の芝は青く見えるもの。自分の仕事に魅力がないのか、本当に他の仕事がいいのか振り返ってみることが大切です。

仕事に飽きたときの対策3選

出典:https://pixabay.com/photos/adult-city-light-lights-man-1867091/#content

ここまでは仕事に対して飽きてしまう原因について解説してきましたが、ここからは仕事に飽きたときの対策として3つの対処法をお伝えしていきますね。

まずはじめに、仕事に飽きたときの対策を3つ一覧でご覧ください。

仕事に飽きたときの対策3選
  1. 相談できる人に打ち明けよう
  2. 生活リズムを整えよう
  3. 働く意味や自分を見つめ直そう

ここからは、上記3つの対策について詳しく深堀りしていきますね。自分に一番合う方法を試してみてください。

対策①:仕事に飽きたときは相談できる人に打ち明けよう

同僚や友人、親などの相談できる関係性の人に悩みを打ち明けてみましょう。

仕事に飽きてしまった現状を素直に打ち明けることで、第三者からの客観的な意見をもらえます。

また、話すことで自分自身の思考がまとまり、自分がなんで飽きてしまっているのかといったことなどを冷静に理解することができるきっかけに繋がりますよ。

普段からラフにそういった悩みを相談できる人を身近につくっておくと、問題が深刻になる前に気づくことができるようになります。

対策②:仕事に飽きたら生活リズムを整えよう

仕事に飽きたら、生活リズムを整えることも対策のひとつです。これは、飽きてしまう原因が自分にある場合に効果的な方法。

生活リズムが崩れていると、日中にぼーっとしてしまったり倦怠感が続いたりして、仕事に対してのやる気があまりない状態で過ごすことになります。

その感覚のまま仕事をすると、「自分が仕事に対して飽きているからこんな風にやる気が出ないんだ」と考えてしまうでしょう。

生活リズムを整えてリフレッシュした状態で仕事ができれば、自分の仕事を意外と楽しく思えるかも知れません。

対策③:働く意味と自分自身を見つめ直そう

対策の3つ目は、働く意味と自分自身を見つめ直すこと。自分が本当にやりたいことはなんだったのか、内省する時間をつくりましょう。

仕事に費やす期間は、一般的に20代前半から60代頃までの約40年間。仕事と自分の理想にミスマッチがあるのであれば、40年間の時間を無駄に過ごしてしまいかねません。

そうならないために、自分がなんのために働いているのか・自分が本当にやりたいことはなんなのかなどを見つめ直すことが大切です。

仕事に飽きたら転職すべき?

出典:https://pixabay.com/photos/tie-necktie-adjust-adjusting-man-690084/#content

仕事に飽きたとき、多くの人が思い浮かぶのは「転職した方がいいのかな?」ということでしょう。

転職した方がいいのかどうかについてですが、すぐに決断をしない方がいいですね。まずはしっかり考えましょう。

転職をしなくても解決できる場合があります。例えば、3ヶ月先の目標を設定したり、仕事をしながら副業をするという形で新しいことに挑戦したり。

そうした可能性を考えた上で、転職した方がメリットが多いと感じたのであれば、転職に踏み切るのもありですよ。

飽きる原因と対策方法まとめ

仕事に飽きてしまう原因と対策について、それぞれ3つずつ紹介してまいりました。わかりやすくまとめたので、一覧でご紹介しますね!

仕事に飽きてしまう原因3選
  1. 仕事が単純作業の繰り返しばかりだから
  2. 仕事に関わらず、もともとの性格が飽き性だから
  3. 他の仕事に魅力を感じているから
仕事に飽きたときの対策3選
  1. 相談できる人に打ち明けよう
  2. 生活リズムを整えよう
  3. 働く意味や自分を見つめ直そう

まずは上記の対策を実践してみて、仕事と自分に向き合ってみましょう。

それでも改善されなかったり、もっと自分のやりたいことを実現できる環境が明確にあるのであれば、転職を検討するのもひとつの解決策です。

自分にとって一番良い形で仕事ができるようにして、後悔のない楽しい人生を歩んでいきましょうね!

ABOUT ME
web+運営部
web+(ウェブタス)運営部です。web+運営部には、アフィリエイト・ライティング・コピーライティング・SEO・Webマーケティングの専門家が複数います。コンテンツのライターは全員フリーランスを3年以上経験した者や別のメディアを運営している者のみで作成しております。