転職

「仕事に行きたくない」と思い悩んでる人に多い理由と対処法

人間関係が上手くできなかったり、ミスを連発してしまい「仕事に行きたくない」「今日は休みたい」と、朝起きたときに、そう感じたことはありませんか。

社会人なら誰しもが経験してるはずです。 気分が沈んだまま通勤している方もいるでしょう。仕事に行きたくないという気持ちの原因は、あなたではなく会社や環境にあることが多いです。 

憂鬱なまま無理をしてしまうと心の病気になってしまうことも。自分の人生を守るためにも、仕事に行きたくない気持ちの原因を知り、解決策を考えることが大切です。 

この記事ではあなたが仕事に行きたくない原因を探るとともに、対処法や朝の過ごし方を紹介します。 今の状況を改善させ、仕事に前向きに取り組みたい人は、ぜひ参考にしてください。(アイキャッチ画像」出典:https://www.pexels.com/ja-jp/photo/3752834/ 

「仕事に行きたくない」と思い悩む6つの理由

出典:https://www.pexels.com/ja-jp/photo/842554/

仕事行きたくない気持ちに対処するにはその理由を突き詰めるのが第一歩。ここからはあなたが仕事に行きたくない理由を考えていきましょう。特に多い理由はこちらです。 

仕事に行きたくない理由
  • 長時間勤務で自分の時間が作れない
  • 人間関係に悩んでいる
  • やりがいが感じられない
  • 給料が割に合わない
  • ミスが多くて自分に嫌気がさしている
  • 肉体を酷使する仕事で体が痛い

このように、仕事に行きたくないと思ってるのであれば、その問題を解決できるように自分でできることに取り組んでみてください。

そうすれば、仕事のモチベーションも上昇するはずです。ここでは原因に関する対処法についても解説しています。心当たりのある項目があれば、対策をさっそく講じてみてください。 

①残業時間が多く自分時間が作れないときの対処法

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%83%89%E3%82%A6%E3%81%AE%E8%A1%A8%E7%A4%BA-%E5%BA%A7%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B-1081788/

「毎日の残業で自分の時間が作れない」今日もまた家に着いたら寝るだけか!と思い「仕事に行きたくない」と感じることもありますよね。

「誰だって残業はしたくないはず」仕事をさっさと終わらせ帰りたいですよね。これには、周りと切磋琢磨すれば長期の視点では、徐々に残業を減らすことができます。

1日24時間は万人共通、大事な時間をどう工夫すればいいのか、効率がいいのかを考えてみましょう。実際に筆者が体験した、「仕事の時間短縮した成功したエピソード」をご紹介します。

行動と時間

ぼくは、よく上司から「早く終わらせろ」「なんでそんなに時間かかってんだよ?」なんてことを、よく言われていたものです。

そんな風にいわれると、悔しいので頑張るわけです。(ある意味、自分との戦い)早く出社したり隙間時間を使ったり、とにかくすべての時間を仕事に投資し続けました。

続けていると、頑張りが実ったのでしょう。同僚や先輩の影響もあって残業を減らすことができました。もちろん自分の時間も作ることが叶ったわけです。

このように、自分から行動することで周りの環境も変わり、士気も上がることです。まずは時間を作る心がけを考えてみましょう。

時間を意識する

「この業務はこの時間までに決める」という時間の目安の癖をつけ、常に時間を意識することで、ダラダラせずに集中力を増すことができます。  

また、仕事が早い先輩をみて真似る「パクる!」自分なりに試行錯誤して効率的に考えることで早く切り上げることもできるでしょう。

会社に相談する

近年では、働き方改革で残業時間が減ってきてるはずです。労働基準法では、原則として「1週間に40時間超えて労働させていけません」となってます。会社も長時間勤務をさせることはできないのです。

長時間労働させられてる場合、会社と相談してみることです。違反をしてるのは会社側ですので、相談することで勤務時間を考えてくれるはずです。

②人間関係でストレスに!「仕事に行きたくない」ときの対処法 

出典:https://unsplash.com/photos/imAfCYq7KH0

一緒に働く同僚や先輩と性格が合わなかったり、苦手な上司がいたりすると気分も憂鬱になり「仕事に行きたくない」と感じてしまいます。

人間関係は仕事のみならず、集団で何かを行うような時に必ずついて回るものです。それだけにこの問題を解決するのはなかなか容易なことではありません。

しかし、解決に近ずくことはできるはずです。下記をみていただくと参考になるでしょう。

解決策
  • 自分を変えてみる
  • 相手の行動にフォーカスする 
  • リモートワークに切り替える

などが方法として考えられます。現状を変える、嫌な人と顔を合わさない環境を整備すれば、仕事に行きたくない理由もなくなるはずです。 

自分を変えてみる

相手を変えることはなかなかできることではありません。相手が無理なら自分を変えることです。自分を変えれば相手の見る目も変わってくれるはずです。

相手の行動にフォーカスする 

人間関係をきずくのが上手い人ほど、相手の行動にフォーカスしています。相手の気持ちや立場、置かれている状況に目を向けることで人間関係を改善するアイデアが出やすくなります。 

もちろん、相手の「理解や共感」することに抵抗があるかもしれません。それでも人間関係を改善するキッカケにはなるはずです。 

リモートワークに切り替える

会社によって、リモートワークが可能なとこもあるでしょう。業務をリモートワークできるよう、上司にかけあってみるのも1つの手です。

③満足感が得られないため「仕事に行きたくない」ときの対処法 

出典:https://pixabay.com/photos/man-guy-tired-lazy-morning-5522892/#content

「一生懸命仕事をしても評価されない」「認めてもらえない」となると、その仕事に魅力は減少し、仕事に行きたくないと感じてしまします。 

アメリカの研究ですが、働く理由が「給料や収入」の人よりも「やりがい」の人の方が、仕事に対するモチベーションが3倍も高いことが明らかとなっています。

やりがいの軸となるのは、会社と本人との関係の中にある「評価」「将来」という2つの要素。満足感を得られている状態が「やりがいがある」ということだと考えられます。

やりがいを感じるためには、どんなことを心掛けると良いか一緒に考えてみましょう。

自己成長

 仕事で評価されなくても、切磋琢磨して経験やスキルが磨かれ、自分の将来像に向けて頑張ることができるでしょう。ビジョンにどんどん近ずいていく自分の成長を感じることができます。 

他社貢献

自分の仕事が「誰かの役に立っている」と思うことで仕事に対するやる気も上がるでしょう

同じ職場で働くということは、自分を必要としてる人たちがいるということです。周りの優れた人たちと一緒に仕事ができる素晴らしさを認識しましょう。

当事者意識

当事者としての意識をもって仕事に取り組んでみましょう。当事者には責任が伴い、知識や習得に励んだり苦労もつきものです。

自分なりに考えて行動を起こすという姿勢で、仕事にいどめば、周囲に影響を及ぼすことで「評価」が生まれます。自分自身も鍛えられ「将来」にもつながり「やりがい」に近づいていきます。

④ボーナスが無いため「仕事に行きたくない」ときの対処法 

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E7%94%B7-%E5%8F%AB%E3%81%B3-%E3%81%B3%E3%81%A3%E3%81%8F%E3%82%8A-%E3%81%86%E3%82%8F%E3%83%BC-5914346/

「仕事の割に合う給料をもらっていない」「ボーナスが何年も出ていない」など給料への不満が原因で仕事に行きたくないと感じることもあるでしょう。

会社員として責任ある仕事をしているのに、時給換算してみたら「時給1000円以下だった。」アルバイトとほとんど変わらなかったというケースもあります。 

このような場合、収入アップのために何らかの行動を起こしたいと考える人は多いのではないでしょうか。以下の対処法をみていきましょう。

給与を交渉する

給与の平均額を比べて、大きな差を感じた場合は、交渉してみましょう。交渉するには、まずは会社に貢献している実績を残してから交渉に挑むとよいでしょう。

資格を取る

スキルアップしたことを客観的に示せるのが資格です。資格取得によっては「資格手当、昇進の判断材料、ステップアップ」の可能性を広げられます。

⑤ミスばかりしてしまい「仕事に行きたくない」ときの対処法 

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/3422025?title=%E3%82%AB%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%81%AE%E7%94%B7%E6%80%A7&searchId=449491553

仕事でミスすることが多いと、自分に嫌気がさして自分を見失ってしまい「仕事に行きたくない」と感じてしまうこともあるでしょう。 

失敗して落ち込むということは、仕事に一生懸命取り組んでる証拠です。誰であっても仕事にミスは付きもの。ミスしてしまう自分が嫌になる必要はありません。 

ぼくも先輩に「何回言えば気が済むの?」なんて、よく言われて凹んでました。でも考えてみると凹んでも解決しませんよね。そうです。まずは自分なりによい方法を考えることが大事なのです。

たくさんの業務を抱えてる場合

忙しいほどミスしがちになります。たくさんの業務を抱えてる場合、重要な業務を1つこなすことで周囲の見る目が変わるはずです。

すべての業務をやる必要はないのです。利益になる大事そうな仕事だけ完璧にやってみてください。「こいつやるな!」「分かってるな!」と思われるはずです。

ミスが多いのは集中力不足

ミスが多いのは仕事に対する姿勢や集中力が足りないからともいえるでしょう。

しかしそうであってもミスは誰でもおかしてしまうものです。「同じミスを続けてしまう」「自信がなくなってきている」という方には、読書をおすすめします。

なぜなら「行動を良い方に変えたり、苦痛を減らしたり」などのあらゆる効果が期待できます。

知識を豊富にすることで、原因の分析に役立ち、解決へと近づく可能性は大いにあるといえます。読んで、試して鍛えてみましょう。 

⑥肉体的苦痛で「仕事に行きたくない」ときの対処法 

出典:https://unsplash.com/photos/JrZ1yE1PjQ0

「重労働で肉体が悲鳴を上げていている」となれば「今日は仕事にいきたくない」と思ってしまうのも当然なことです。

疲れをためてしまい足腰が痛むこともあるでしょう。無理し続けると肉体だけでなく精神的なダメージをうけてしまい、仕事どころではなくなってしまいます。

鬱にまでなってしまったら人生そのものがおかしくなってしまいます。そうなる前に心と体のケアをしましょう。 

湯船で身体を癒す 

お風呂に入ることで体を休めるリズムを作ることができます。熱め(41℃)の入浴は起床時の目覚めに効果があります。

ぬるめ(38~40℃)では、副交感神経が優位になるため睡眠前のリラックス効果や疲労回復にも効果的です。 

 軽めの有酸素運動 

疲労状態では、筋肉が固まって血行が悪くなり、老廃物を排出も困難になります。

軽めの有酸素運動で、筋肉への酸素や栄養供給を促進し、疲労回復を早めてくれます。体が温まってるお風呂上りなどに行うと、より効果が期待できます。 

休みをとる 

肉体的に影響がでそうな場合は休みをとることも大切です。自分の体を気遣って休むことは甘えや弱さでもありません。

自分の限界を知ることで対処できるようになり、また1段と成長できることでしょう。 まずは、しっかりと疲れをとるために「心と体」を整える時間を取りましょう。

 どうしても「仕事に行きたくない」なら休暇をとれ!

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%83%89%E3%82%A6-%E5%A5%B3%E6%80%A7-%E6%9C%9D-%E5%A5%B3%E3%81%AE%E5%AD%90-1148929/

もう心身的に限界で「仕事に行きたくない」という人もいるでしょう。そのようなときは、すぐに会社に連絡して休暇をとるようにしましょう。

無理し続けると、ストレスが溜まり自律神経失調症にもつながることも。また、本格的な鬱になる可能性がありますので無理しないことが大切です。

もしかして、自分は鬱なのかもしれないと感じたのなら一度病院で診察をうけましょう。

症状が出始めたら、診察を受けましょう。鬱病などの診断書をもらうことができれば、休職することも可能です。

「傷病手当金」として、一日あたり「日額の3分の2」が支給されます。

このように支給されれば仕事を忘れてゆっくりと治療できます。休暇をとり生活のリズムを改善すれば、自律神経が整いストレスを軽減できます。健康的な生活を心がけてみてください。

心身のストレス解消法
  • 朝活をはじめる 
  • 睡眠時間を多くとる
  •  瞑想する
  • 相談する

朝活をはじめる 

朝に、しっかりと朝日を浴びると能内で働くセロトニンが分泌されます。

セロトニンは、感情や気分のコントロール、精神の安定に深くかかわるものなので、朝活をはじめると気分がだんだんと前向きになるように感じられます。 

 ランニングやウォーキング、その後に朝食を取ることで、さらにセロトニンが増える効果が期待できます。 

睡眠時間を多くとる

理想は毎日8時間前後のまとまった睡眠の確保です。睡眠を十分とることで免疫力が上がり病気になりにくくなるという研究結果がでています。

ストレスに強くなったり、集中力が高まったりと、心身のパフォーマンス向上が期待できるとのこと。まずは、睡眠の質を高める工夫を心がけてみましょう。

 瞑想する

瞑想することで「鬱・感情をコントロール力・プラス思考」などの効果があると脳医学研究で証明されています。瞑想は(マインドフルネス)科学的に立証され治療のひとつになりました。

Google社が実際に瞑想を導入してるそうです。仕事の休み時間やミーティング中など、毎日3分程度習慣化することで集中力や生産性も上がるとのこと。あなたも騙されたと思って試してみてください。

相談する「ポジウィルキャリア」

相談する抵抗感や申し訳ない気持ちが邪魔をして、結局1人で悩み続けている人もいるのではないでしょうか。 そんな方に「ポジウィルキャリア」を紹介します。

ポジウィルキャリア」は、転職活動をマンツーマンでサポートしてくれるサービスです。利用料がかかりますが、そのぶん徹底的なサポートを行っています。 

自己分析から企業研究までプロのアドバイザーがついてるので、納得のいく転職を行うことができます。 まずは一度無料カウンセリングを検討してみてください。 公式サイトはこちらです

思い切って転職して環境を変えるのもアリ!

https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%81-%E5%AE%B6%E6%97%8F-%E6%A5%BD%E3%81%97%E3%81%84-%E3%83%AC%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC-1867271/

「もう十分頑張ってきた」「仕事・会社に思い残すことはない」と感じてるのなら転職するのもひとつの手です。

ここからは転職について紹介します。上記の対処法を試してもダメな場合、転職することであなたに合った仕事が見つかるかもしれません。おすすめ2つを紹介しますので検討してみてください。

おすすめ転職サイト
  • マイナビジョブ  
  • リクナビNEXT 

 こちらは2つとも無料で利用できます。「実績がある」「利用者が多い」「知名度が高い」「相談可能」ということもあり、代表的なサイトです。では詳しく解説します。 

マイナビジョブ 

マイナビジョブは、若年層をターゲットにした転職エージェントです。ポイントとしては「イベントやセミナー」を開催しながら、転職を成功させるためのノウハウを提供しています。

もちろん無料で参加でき、時間が作れない人のためにオンラインも開かれてます。気になる方はぜひ、公式サイトもみてくださいね。 

リクナビNEXT 

リクナビNeXTは、年齢分も幅広く若年層~ミドル層まで対象にした転職サイトサービスで、圧倒的地名度・ブランド力を誇ります。

長年の実績を積み上げていることもあり、高い評価と評判を得ています。

こちらも無料登録ができ、記入したレジュメ情報をもとに、エージェントからのオファーが届く「スカウト機能」も人気のポイントです。 

また、現在の勤務先に知られずにすむ「企業ブロック」機能があります。こちらも無料登録していて損はないはずです。気になる方はぜひ、公式サイトもみてくださいね。 

仕事に前向きになれる対処法!まとめ

「仕事に行きたくない」と思い悩む理由は、「人間関係や自分の時間が作れない」など多岐にわたることが分かったと思います。 

仕事に行きたくない気持ちは、今回紹介した方法で正しい対処法を行い、仕事に前向きになれるように自分なりに工夫して改善させましょう。

仕事に行きたくない対処法まとめ
  • 【時間編】自分で自分の時間を作る心がけをしてみる 
  • 【人間関係偏】自分を変える・相手にフォーカスする
  • 【やりがい偏】自己成長・当事者意識をする
  • 【給料偏】実績をつくり交渉に挑む 
  • 【ミス偏】利益を考え行動・知識や集中力を高める
  • 【肉体偏】自分自身を守るように心がける 
  • 【限界偏】生活習慣を見直す・プロに相談する
  • 【転職偏】将来に向け前進あるのみ

このようなことに取り組んでみてください。また精神的ストレスを抱えてる時は、甘えと思わず休むようにしてくださいね。体を壊してしまっては、なにもできなくなってしまいますから。

時間をかけて休養していくことで、また仕事に前向きになれるでしょう。ぜひこの記事を参考に最適な対処法を選び、気持ちをリフレッシュさせてください。

 

 

 

ABOUT ME
norimaki
全くの0から始めて4ヶ月たちました。40年間生きてきて感じたこと、悩んだこと経験したことを書いてます。あなたの悩みは自分の悩みでもあるので、きになったらメールでも…