研修

不動産投資とは?メリット・デメリットにそって詳しく解説!

投資に興味がある方ならば、不動産投資という投資の方法を聞いたことがあるでしょう。

では、不動産投資とは具体的にどのような投資か知っているでしょうか?

この記事では「不動産投資って言葉は聞いたことあるけど、どんなことをするのかわからない」「メリット・デメリットを知りたい」という方のために、不動産投資をメリット・デメリットにそって解説していきます。

これから投資をしようと考えている方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

https://pixabay.com/ja/photos/%E9%AB%98%E5%B1%A4%E3%83%93%E3%83%AB-%E4%BA%8B%E5%8B%99%E6%89%80%E3%83%93%E3%83%AB-4016229/

不動産投資とは?

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%81%8A%E9%87%91-%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0-%E3%82%B3%E3%82%A4%E3%83%B3-%E6%8A%95%E8%B3%87-2724235/

不動産投資には、「ワンルーム投資」「一棟買い投資」の2種類がありますので、それぞれについて解説していきます。

ワンルーム投資

ワンルーム投資は、分譲マンションの一室を購入するという投資です。

購入した不動産を賃貸物件として貸出し、毎月の家賃収入を得る形になっています。

一棟買い投資に比べると費用が安く、いわゆる高給取りの方でなくても参入しやすいのが特徴です。

一棟買い投資

一棟買い投資は、集合住宅や戸建て住宅を丸ごと一棟購入するという投資です。

ワンルーム投資同様、購入した不動産を賃貸物件として貸出し、毎月の家賃収入を得る形になっています。

ワンルーム投資に比べ費用が高く、参入のハードルが高いのが特徴です。

不動産投資は誰がする投資?

https://pixabay.com/ja/photos/%E8%B3%AA%E5%95%8F-%E7%96%91%E5%95%8F%E7%AC%A6-%E8%AA%BF%E6%9F%BB-%E5%95%8F%E9%A1%8C-2736480/

不動産投資は、主に公務員や士業などの社会的信用が高い職業の方に勧められている投資です。

なぜなら不動産投資をする際は、東京だとワンルーム投資でも3,000万円ほどかかりますので、基本的に銀行から投資用に借り入れをすることになるからです。

しかし、それ以外の職業の方が参入できないわけではありません。

勤続年数や年収によっては普通のサラリーマンの方でも借り入れができますので、誰でもできる投資であると言えるでしょう。

不動産投資のメリットとは①他人資本で投資ができる

https://pixabay.com/ja/illustrations/%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-%E3%81%8A%E9%87%91-%E8%8B%B1%E3%83%9D%E3%83%B3%E3%83%89-1037739/

不動産投資はかかる費用が高いため、基本的に銀行から借り入れたお金で行います。

借り入れをするということは返済の義務が生じるということですので、毎月ローンの返済にあてなければいけないお金が出てきます。

しかし不動産投資で購入した物件には自分が住むわけではなく、他人に貸し出して家賃収入を得ているので、ローンの返済にあてる分のお金はそこで賄うことが可能です。

銀行から借りたお金を家賃収入で返していくことができれば、ほとんど自己資本を使うことなく投資ができます。これが1つ目の、他人資本で投資ができるというメリットです。

不動産投資のメリットとは②老後の資産形成になる

https://pixabay.com/ja/illustrations/%E7%8F%BE%E9%87%91-%E3%81%8A%E9%87%91-%E5%AF%8C-%E8%B3%87%E7%94%A3-1169650/

不動産投資をすると、老後の資産を形成することにつながります。

どういうことかというと、不動産投資は銀行から借り入れたお金で投資するのでローン返済の義務が生じますが、そのローンを払い終えた後も不動産の所有権は手元に残るからです。

そうすると、毎月の家賃収入はもらえる状態のままローンの返済がなくなるので、家賃収入がすべて利益になります。

つまり、他人が物件を借りてくれている間はずっと不労所得が得られるということです。これが2つ目の、老後の資産形成になるというメリットです。

不動産投資のメリットとは③生命保険効果がある

https://pixabay.com/ja/illustrations/%E7%8F%BE%E9%87%91-%E3%81%8A%E9%87%91-%E5%AF%8C-%E8%B3%87%E7%94%A3-1169650/

不動産を購入する際には団体信用生命保険という保険に加入することになりますが、これが生命保険の代わりになります。

団体信用生命保険は、不動産の購入者が死亡したまたは高度障害と診断された場合に、ローン返済の義務がなくなるというものになります。

しかしローン返済の義務がなくなったとしても、不動産の所有権は購入者の相続人に相続されます。

相続された後ももちろん家賃収入は得られますし、まとまったお金が欲しい場合は不動産を売却することも可能です。これが3つ目の、生命保険効果があるというメリットです。

不動産投資のメリットとは④節税対策になる

不動産投資をすると減価償却費を計上できますので、節税対策になります。

資産の種類ごとに耐用年数というものが設定されており、その期間内で減少した資産の価値を、減価償却費として費用計上することができます。

そうすると「年収ー減価償却費=課税額」となるので、納税額を抑えることが可能になるということです。これが4つ目の、節税対策になるというメリットです。

ここまでは不動産投資のメリットを紹介しましたので、ここからはデメリットを紹介していきます。

減価償却:使用していく中で減少した資産の価値を、費用として計上できるという考え方。

不動産投資のデメリットとは①空室が出る可能性がある

https://pixabay.com/ja/illustrations/%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%A0-%E7%A9%BA-%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%AA%E3%82%A2-2133173/

他人に物件を貸して家賃収入を得るという形式である以上、空室が出る可能性をなくすことができません。

空室が出てしまうと、その部屋から収入が得られないということですので、ワンルーム投資の場合は特に大きなデメリットになります。

空室保証に加入することもできますが、毎月固定の保証料を支払わなければいけなくなってしまいます。これが1つ目の、空室が出る可能性があるというデメリットです。

不動産投資のデメリットとは②災害の影響を受けてしまう

災害で不動産がダメージを受けてしまうと、家賃収入が得られなくなる可能性があります。

震災でダメージを受けて、倒壊は免れたが他人を住ませられる環境ではなくなってしまったという事例もあり、災害が多い日本では大きな懸念点になります。

家賃収入が得られなくなっても銀行へのローン返済は続きますので、負担が増えてしまいます。これが2つ目の、災害の影響を受けてしまうというデメリットです。

不動産投資のデメリットとは③価格が大きく変動する可能性がある

https://pixabay.com/ja/illustrations/up-down-%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%95-%E7%9F%A2%E5%8D%B0-3765610/

経年劣化や災害の影響、地価の下落などによって不動産の価値が変動してしまいます。

まとまったお金が必要になった際に不動産の売却を考えることがありますが、売却しようと思った時には価格が下落している可能性があります。

しかし、逆に言えば価格が上昇する可能性もあるということですので、良いか悪いかの判断は各個人に委ねられる部分です。

外的要因に価格を大きく左右されてしまうと、投資する側は不安になってしまいます。これが3つ目の、価格が大きく変動する可能性があるというデメリットです。

不動産投資をするなら

https://pixabay.com/ja/illustrations/%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0-%E9%96%8B%E7%99%BA-%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-396524/

不動産投資のメリット・デメリットを理解した上で不動産投資をしたいと思った方は、まずは投資用不動産会社が開催しているセミナーに参加しましょう。

不動産投資に限った話ではなく、どの投資においても最も大きなリスクは正しい知識がないことです。

ネットで調べるよりも、初心者への説明に慣れている不動産のプロから詳しい解説を聞いたほうが知識が身につきますので、セミナーに参加するのが一番良いでしょう。

不動産投資とは?まとめ

今回は不動産投資について、メリット・デメリットにそって解説しました。

不動産投資のメリット
  • 他人資本で投資ができる
  • 老後の資産形成になる
  • 生命保険効果がある
  • 節税対策になる
不動産投資のデメリット
  • 空室が出る可能性がある
  • 災害の影響を受けてしまう
  • 不動産の価格が大きく変動する可能性がある

この記事を読んで不動産投資に興味を持ってくださった方は、ぜひ投資用不動産会社が開催しているセミナーに参加して、より深く学んでみてください。