SIM

格安スマホの端末価格はどれくらい?お買い得な機種をご紹介!

あなたは月々のスマホ代を節約しようと考えたことはありますか?また、格安スマホで端末の価格を抑えて節約しようとしたことはありますか?

実際に、乗り換えや機種変更のことを考えても、格安スマホのプランや端末のことを調べるのは億劫になりますよね。

そこで今回は、各格安スマホ会社のサービス内容や、お買い得な機種をご紹介いたします。ぜひ最後までお付き合いください。

(出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%88-%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B3-%E6%8A%80%E8%A1%93-1283938/#content)

格安スマホの端末価格って大体どれくらいなの?

格安スマホの端末価格は、かなりの幅があり、安ければ0円で高ければ10万円前後になることもあります。価格が高い端末は、新型の機種である場合が多く、割引が適応されていません。

そのため、現在使用中のスマートフォン本体を下取りに出しても、手出し額が50,000円以上になる場合もあります。

そのため、低価格で購入できる端末に、自分が必要としている機能が備わっているか確認することが節約の近道だといえます。

格安スマホでiPhone端末を買うと割引価格になる?

https://pixabay.com/ja/photos/iphone-%E6%89%8B-%E7%94%BB%E9%9D%A2-410311/#content

最近では、格安スマホの急速な普及によって、iPhoneが使える会社が増えてきました。また、格安スマホ会社でもiPhoneが買えるケースが増えてきました。

先に説明したのと同様に、新型iPhoneの端末代が割引されることはありませんが、現在のところiPhone SE(第2世代)やiPhone 7などが割引になっていることがあります。

また、キャッシュバックポイント還元が適応される会社もあるため、後ほど詳しくご説明いたします。

それでは最初に、UQモバイルのサービス内容や、おすすめの端末について見ていきましょう。

格安スマホ:UQモバイルの特徴!データ通信が速い

UQモバイルの最大の特徴は、なんといっても、「データ通信の速さ」です。UQモバイルは、auの4G LTE回線をつかっており、その通信速度は格安スマホ界でも随一です。

格安スマホの実行通信速度調査で、4期連続の1位を獲得しているだけでなく、au回線での人口カバー率は99%を超えているため、どこにいても通信ができるという安心感もあります。

そんな、UQモバイルでは割引のスマートフォン端末も盛りだくさんです。

UQモバイル HP

UQモバイルで割引価格のおすすめ端末

UQモバイルで魅力的なのは、iPhone SE(第2世代)が割引価格で販売されているという点です。128GBでは通常価格40,000円台のところ、10,000円以上の割引が適応されます。

他にもAndroidの大人気機種、Galaxy A21は2020年10月発売にも関わらず、割引価格で1万円台で購入可能です。端末の価格が安いうちに、チェックしてみてくださいね。

iPhone 8 の価格
  • iPhone 8(64G):32,400円(2021年02月09日現在)
  • iPhone 8(128G):43,200円(2021年02月09日現在)

(出典:https://shop.uqmobile.jp/shop/lineup/?_gl=1*1y3spt5*_gcl_dc*R0NMLjE2MTI0NDU0NDUuQ00ycDQ2dXIwTzRDRlFVRXZBb2RUZ3dJbFE.&_ga=2.108816706.1982884752.1612444018-964232525.1606911670#iphone)

 

Galaxy A21の価格
  • Galaxy A21:19,800円(2021年02月09日現在)

(出典:https://shop.uqmobile.jp/detail/61/?_gl=1*1pq18cy*_gcl_dc*R0NMLjE2MTI0NDU0NDUuQ00ycDQ2dXIwTzRDRlFVRXZBb2RUZ3dJbFE.&_ga=2.137193200.1982884752.1612444018-964232525.1606911670)

格安スマホ:LINEモバイルの特徴!①SNSのデータフリー

続いてご紹介するのは、LINEモバイルです。LINEモバイルの最大の特徴は、SNSによるデータ通信量がかからないという点です。

YouTube、Instagram、Twitter、FacebookなどのSNSのデータ通信量がかからないプランのオプション料金は、なんとたったの月額480円(税抜)です。

若者だけでなく、大人にもうれしいサービス内容ですよね。また、このプランだと音楽配信サービスも通信量が無制限で使えるため幅広い年代の方にもお使いいただけると思います。

LINEモバイル HP

格安スマホ:LINEモバイルの特徴!②プランが豊富

LINEモバイルはとにかくプランが豊富で、プランの基本料金がデータ通信量や、音声通話時間などの条件でしっかり細分化されています。

これによって、自分のスマートフォン使用状況にしっかりとあったプランを選択できるため、月々の無駄な出費が抑えられるはずです。

例えば、普段、Wi-Fi環境下でデータ通信をすることが多く、音声通話をほとんど使わない場合は、月々の基本料金は600円(税抜)~とかなり安いです。

データ通信量 500MB 3GB 6GB 12GB
音声通話+SIM(月額 税抜) 1,100円 1,480円 2,200円 3,200円
SIMのみ(月額 税抜) 600円 980円 1,700円 2,700円

(出典:https://mobile.line.me/plan/)

LINEモバイルで割引価格のおすすめ端末

そんなLINEモバイルでは、iPhone SEとiPhone 8が購入可能です。このうち、iPhone 8が認定中古品として販売されており、64GBの端末は20,000円台と、ほぼ半額で購入可能です。

Androidの機種では、OPPA A73がおすすめです。広角レンズ搭載で、夜景の撮影もきれいです。またAIシャッター機能もついているため、映える写真が簡単に撮れます。

Instagramの利用にあわせて、カメラ機能が充実した機種を選ぶのもひとつの手ですね。

格安スマホ:Yモバイルの特徴!通話が10分以内は無料

さて、最後にご紹介する格安スマホ会社は、Yモバイルです。この会社の最大の特徴は、10分以内の通話料は無制限というサービスがついてくる点です。

また、家族割や学割のサービスも充実しており、5~18歳の方は、契約から6か月間は、データ通信量4GBで月々900円(税抜)のプランがあります。

データ通信量が月々13GBの場合でも、月々1,480円(税抜)と割安です。ご家族で乗り換えを考えている方におすすめのスマホ会社です。

ワイモバイル HP

Yモバイルで割引価格のおすすめの端末

そんなYモバイルでは、iPhone SE(第2世代)の割引額が他者と比べて大きいのが特徴です。64GBと124GBのどちらの機種も割引対象で、最大でも18,000円割引になります。

また、新規契約や他社からの乗り換えの場合は、iPhoneの購入で事務手数料が無料になるのもうれしい条件ですね。

Android端末でおすすめなのは、AQUOS sense4 basicです。この機種はバッテリー用量が4000mAh以上もあり、1週間程度充電がもつ優れものです。

そして、この機種は10,000円以上の割引が適応され、機種代は20,000円台になる大変お得な機種です。

格安スマホの端末価格はピンキリ!自分に合った機種を!

今回は、格安スマホの端末価格や、格安スマホ会社のサービス内容について説明していきました。

格安スマホ会社で購入可能なスマートフォン端末の中には、割引になっているものがたくさんあります。

そんな中、スマートフォン端末を選ぶ際に最も大切なポイントは、自分の使用状況にあった機種を探すということです。

今回の記事が、スマートフォン乗り換えの一助になれば幸いです。最後まで、お付き合いいただき有難うございました。

ABOUT ME
web+運営部
約4年間フリーランスSEOライターを経て、現在はweb+ Media Schoolライティングコースの記事添削・20記事終了後の通話ミーティングを行いながら、webメディア「高級家具.com」の編集長を務める。 フリーランス時代の実体験を活かし、webメディア「web+」にて記事執筆も行っている。