研修

【悩み解決】仕事をやめたいときの対処と転職時の注意点!

あなたは今の社会人生活に嫌気がさして、仕事をやめたいと感じてはいませんか?

今回は仕事をやめたい理由とそれを踏まえた対処法、対処法で解決できなかった時の転職時のポイントについて紹介していきます。

ぜひ仕事をやめたいと感じた時に参考にしてみてはいかがでしょうか。

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%e7%94%b7-%e4%ba%ba-%e6%9a%97%e3%81%84-%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%89%e3%82%a6-%e6%89%8b-2617866/

仕事をやめたい理由

https://unsplash.com/photos/LDcC7aCWVlo

仕事をやめたいと感じることは誰しもがあります。その中でも特に多い原因としては以下の3点があります。

仕事を辞めたいと感じる原因
  • お金
  • 人間関係
  • 仕事内容

仕事をやめたいと感じるときは、人間関係や仕事内容、お金の問題など原因はさまざまです。職種や会社によって仕事をやめたい理由も大きく異なってきます。

そのため次の見出しからそれぞれの原因を紹介していきますね。少しでも当てはまった場合はぜひ確認してみてくださいね。

仕事をやめたい理由①お金

仕事をやめたい理由の1つ目がお金です。仕事をやめたい理由として金銭的な問題や福利厚生が悪い点が挙がりました。実際に企業では以下のようなことが起こっています。

仕事先のお金問題
  • 給与が〇%カットされる
  • 通勤手当が20%しか出ない
  • 自社ブランドを強制的に購入させられる
  • 残業手当がでない
  • ボーナスが少ないまたは出ない

実際にあなたは上記のような問題にいくつ当てはまっていますか?

1つの問題でも大きくお金が減ってしまうため、とても苦しいですよね。もし金銭的に苦しくなったり、福利厚生が悪くて働いてもマイナスになってしまったりするなら、環境を変えてもよいかもしれませんね。

仕事をやめたい理由②人間関係

仕事をやめたい理由の2つ目が人間関係です。仕事が好きでも人間関係がとても息苦しくてやめてしまうと人も数多くいます。

普段の何気ない会話や悪意のない行動などで自分でも知らないうちにストレスが溜まってしまい、メンタルを崩してしまう人がとても多くいます。

しかし、相手側は気づくことなく、あなたにストレスを与えており、人事に相談しても中々解決することが難しい問題です。

そのためコミュニケーションを図って、自分がストレスを感じない仕事関係まで気づいていくか、コミュニケーションをあまりとらない職種に転職することも視野に入れてみるといかがでしょうか。

仕事をやめたい理由③仕事内容

仕事をやめたい理由の3つ目が仕事内容です。人間関係が良好でもやりがいや達成感の感じない仕事は時間の無駄だったり、つまらないと感じたりしますよね。

クリエイティブな仕事ができず、毎日同じ仕事を繰り返すルーティンのような仕事。実はそのような仕事は自分でも知らずのうちにストレスが溜まってしまいがちになります。

特に昇進して仕事を任せられるまではルーティンのように同じ仕事を行っていきます。そのため昇進するまで待てない場合は転職して自分から仕事を見つけることも大切です。

自分の現状から昇進まで待てる場合は今の仕事を一生懸命行い、上司から高評価を勝ち取っていきましょう。逆に昇進まで待てない場合は転職も視野に入れておくとよいでしょう。

仕事をやめたいと感じた時の対処法

あなたは仕事をやめたいと感じたときの対処法は知っていますか。対処法やすべきことを知っていると今後の動き方だったり、ストレスを緩和することができるようになるので身につけておきましょう。

仕事をやめたいと感じた時のやるべき対処法としては以下の3点です。

仕事をやめたいと感じた時の対処法
  • やめたい理由をまとめる
  • 休暇を取得する
  • 上司に相談する

仕事をやめたいと感じた対処法として、自分の中で整理したり、自分の時間を作ったりと自分の中で考える時間を設けることが重要です。

また、上司に正直に相談し、仕事の環境を変えたり、異動したりできるように自分から行動することも現状を打破するためにとても大切です。

そのため次の見出しからは仕事をやめたいと感じた時の対処法を紹介していきますね。

仕事をやめたいと感じた時の対処法①やめたい理由をまとめる

仕事をやめたいと感じた時の対処法の1つ目はやめたい理由をまとめることです。実は自分の中でやめたい理由を整理することは重要です。

仕事をやめたい理由を整理していないと、なぜ自分がこんなにも仕事をやめたいと感じているのかわからなかったり、自分の精神状態や身体状態を把握できなかったりしてしまうからです。

特に自分の感情や精神状態がわからなくなってくるとうつ病を起こしてしまうことが高くなってしまうので、自分と向き合う時間は作っていきましょう。

仕事をやめたいと感じた時の対処法②休暇を取得する

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%e6%98%87%e7%b5%a6-%e6%8c%91%e6%88%a6-%e9%a2%a8%e6%99%af-%e5%b1%b1-%e8%a6%b3%e5%85%89-3338589/

仕事をやめたいと感じた時の対処法の2つ目が休暇を取得することです。有給休暇や休日にしっかり休息をとって気分をリフレッシュしましょう。

休暇を取得したときには仕事のことを忘れることが重要です。仕事のことが頭の片隅にもある場合は友達を誘って遊びに行ったり、旅行にいったりしてみるのがおすすめです。

休暇を取得し、仕事から離れることで自分の中での仕事の優先順位や需要度を知る機会にしてみましょう。

仕事をやめたいと感じた時の対処法③上司に相談する

仕事をやめたいと感じた時の対処法の3つ目が上司に相談することです。仕事や社会人として先輩である上司に相談することで自分の悩みが解決できるなら相談してみましょう。

上司に相談すること自体とても勇気のいる行動ではありますが、それ以上にあなたの悩みを解決させてくれることもあります。実際に会社をやめずに、異動させてくれる場合もあります。

そのため自分の中でやめたい気持ちを閉じ込めるのではなく、信じられる上司に相談してみてはいかがでしょうか。

転職も視野に入れて準備

もし仕事がやめたいと感じた時の対処法で解決できそうにないなら転職や起業するなど、今の仕事を辞めることも選択肢として入れておきましょう。

ただ転職活動や起業などを行っていく前に以下のことは認識しておく必要があります。

退職する際に考えておくべきこと
  • 辞めるリスクを考えておくこと
  • 有利に転職可能な実績があるか

この2点については最低限確認しておきましょう。この2点を確認しておくだけでも転職に有利に動けるようになります。それぞれ簡単に紹介しますね。

辞めるリスクを考えておくこと

1つ目が辞めるリスクを考えておくことです。何の計画もなしに仕事を辞めてしまうと収入のない状態が長期化してしまう可能性があります。

そのため退職後のプランをある程度立てたうえで活動していきましょう。特に転職しやすいように企業リサーチや自己分析などしっかりしておきましょう。

有利に転職可能な実績があるか

2つ目が有利に転職可能な実績があるかどうかです。実は転職活動する際には前職での実績が評価されること多いです。そのため自分の経験が転職する際に有利になるか考えてみましょう。

まとめ

今回は仕事をやめたい理由、その対処法、転職する際の注意点についてご紹介しました。

仕事をやめたいと感じる理由は人それぞれで対処法も理由に応じて変わってきます。そのため自分の仕事を辞めたい気持ちと向き合って対処していきましょう。

対処法を試しても、厳しい場合が転職も視野に入れて行動していくことも重要です。転職することは逃げではありません。自分を守る重要な行動です。今後のキャリアについて深く考えながら、行動をしていきましょう。

ABOUT ME
しらす
カフェ巡りと筋トレにはまっています。現在は筋トレダイエットで7kg痩せて、休日はカフェ巡りをしている新卒プログラマーです。