不動産投資

【初心者必見!】土地なしから駐車場経営をするために知っておいてほしいこと

駐車場経営に興味はあっても土地なしの状態だと運営していけるのか不安になってしまい、駐車場経営を始めてもよいものか迷ってしまいますよね。

この記事では土地なしで駐車場経営をする際の方法やコツ、大切な注意点などについて載せてあります。土地なしで駐車場経営を考えている方は、ぜひ最後まで読んで参考にしてみてくださいね。

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/4995028?title=%E8%BB%8A%E3%81%A8%E9%9B%BB%E5%8D%93%20%E3%81%8A%E9%87%91&searchId=2520593745

土地なしで駐車場経営を始めて儲かるのか

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/22025732?title=%E3%82%AF%E3%82%A8%E3%82%B9%E3%83%81%E3%83%A7%E3%83%B3%EF%BC%9F%E3%80%80%E3%81%AF%E3%81%A6%E3%81%AA%E3%80%80%E7%96%91%E5%95%8F%E3%80%80%E3%81%AA%E3%81%9C&searchId=2789127249

駐車場経営の安定性の高さから、土地なしの状態から駐車場経営を始めても儲けることはできます。その理由としては、修繕費や管理費が少ないという点と需要の変化による影響が少ないという点が挙げられます。

アパート経営だと、初期費用でも定期的な修繕費などでも多額のコストがかかります。その点、駐車場経営は更地をコンクリートで舗装したり必要な設備を設置するだけで始められ、経営者の負担が少ないと言えます。

更に、入居者がいないと収入が安定しないアパート経営に対して、駐車場経営では車を止めてもらえるだけで1年中安定した収入が期待できます。

次に、土地なしの状態から駐車場経営をするにはどういう方法があるのか紹介していきます。

土地なしで駐車場経営をする方法①土地を借りる

土地なしで駐車場経営をする方法の一つ目は「土地を借りる」ことです。駐車場として貸し出されている土地、更地として貸し出されている土地など、管理者の許可を得て駐車場として運営する方法です。

また、企業として土地の貸し出しとオーナーの募集を行い、駐車場の売上の一部や賃料を得る事業を行っている業者も存在します。

土地を借りる方法の特徴は自己投資が少なくても始めやすいということです。ローンを借り入れる必要がなく低コストで始められ、経営に失敗してしまった際の撤退もしやすい点が魅力です。

土地なしで駐車場経営をする方法②土地を購入する

土地なしで駐車場経営をする方法の二つ目は「土地を購入する」ことです。

もともと駐車場として使用されていた土地を購入することもできますが、場合によっては建物付きの土地を選んで取り壊し・舗装をした方が安く済むことがあります。

土地を購入するときはある程度の自己資金を用意する必要がありますが、一度払い終えてしまうと自分の資産となります。長期運用を考えているのであれば、維持費を少なくすることに繋がります。

自己資金に余裕があり、資産形成を目的としているのであれば土地を購入する方法をおすすめします。また、資産を土地に変えられるため、相続税対策として駐車場経営をする人も少なくありません。

土地なしで駐車場経営をするときの形態

土地なしで駐車場経営をするときの形態は以下の3つが挙げられます。それぞれ詳しく見てみましょう。

土地なしで駐車場経営をするときの形態
  • 駐車場経営会社に委託する
  • 自分自身で経営する
  • 企業と共同で経営する

駐車場経営会社に委託する

駐車場経営会社に管理や運営などすべてを委託すると得られる利益は少なくなりますが、土地さえ用意して契約を結べば、その後は自分で対応することがないので手間が少ないです。

大抵の場合は管理費や一部の収益が差し引かれるので、自分の収益となるのは実際の半額ほどになってしまいます。しかし、企業が運営するので失敗するリスクが低いことが魅力的です。

自分自身で経営する

自分自身で経営すると、ほかの経営形態と比べて最も利益が大きくなります。ただし、土地の舗装工事費や必要な設備の設置費など初期投資が大きく、時間がかかるので注意が必要です。

企業と共同で経営する

駐車場として土地を工事するまでは個人で行い、その後のメンテナンスやトラブル対応は企業に委託するという経営形態です。

遠方に駐車場を設けた場合や管理するための時間がなかなか取れないという場合は、管理を企業に委託すると非常に便利ですね。

ただし、先に述べた通り最初からすべて委託できるわけではないので、以下の5つの費用が必要になることを確認しておきましょう。

企業と共同で経営するときに必要な費用
  • 道路の舗装、切り下げ工事費
  • 区画ラインの設備費
  • 車止めブロック設置費
  • 機材の設置費
  • 照明・看板費

土地なしで駐車場経営を始めるまでの流れ

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/3323897?title=%E5%AF%BE%E9%9D%A2%E3%81%A7%E8%AA%AC%E6%98%8E%E3%81%99%E3%82%8B%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BA%BA%E7%94%B7%E6%80%A7%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%B3&searchId=2123766284

ここまで読んでいただければ、土地なしで駐車場経営を始められることはおわかりいただけるかと思います。

それを踏まえて、土地なしで駐車場経営を始めるまでの流れを以下に順番に挙げました。それぞれ詳しく見てみましょう。

土地なしで駐車場経営を始めるまでの流れ
  1. 土地を探す
  2. 管理・運営会社を選ぶ
  3. 土地の着工・竣工
  4. 駐車場経営を始める

土地を探す

土地なしの状態であれば、まずは土地を探すところからスタートします。

土地を探す際は、全く知らない土地ではなくある程度知っている土地から探してみると良いでしょう。そうすることで、エリアでのニーズ把握がしやすく、効率よく土地探しができます。

ただし、建物が建っている土地や舗装されていない土地は整備のための初期費用が必要ですので、その費用を準備できるか確認する必要があります。

初めての駐車場経営では管理・運営会社とよく相談してどういった土地なら儲かりそうかを慎重に考えながら進めていきましょう。

管理・運営会社を選ぶ

管理・運営会社を選ぶ際は、「大手だから」、「聞いたことのある会社だから」という理由だけで判断せずに、信用して任せられるのかということを確認しましょう。

管理・運営会社を選ぶ際の大切なポイントを以下に3つ挙げました。

レスポンスの早さはサポートの手厚さに直結するポイントですので、質問した時の回答の早さなどを確認しておきましょう。安心して駐車場経営を進めやすくなります。

運営実績や清掃レベルを見る際は、実際に運営を行っている駐車場を見に行くと良いでしょう。管理が行き届いていない駐車場では、車が汚れてしまったなどのトラブルにつながる可能性があります。

管理・運営会社を選ぶ際の大切なポイント
  • レスポンスが早いか
  • しっかりとした運営実績があるか
  • 定期的な清掃レベルが高いか

土地の着工・竣工

管理・運営会社が決まれば駐車場の工事が始まります。月極駐車場の場合は砂利やコンクリートで舗装するだけなので最短で1日、コインパーキングの場合は必要な機材を導入するため最短で5日ほどかかります。

すべての工事が完全に終わるまで2週間から1ヶ月ほどかかるので、効率的に事業を進めるためにも工事の前から集客は行っておきましょう。

駐車場経営を始める

駐車場経営を始めたばかりの頃はなかなか収益が伸びない期間があるかと思います。しかし、駐車場経営は長期間に渡って行う事業ですので、焦らず経営を進めていきましょう。

駐車場経営に適した土地の選び方

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/4748178?title=%E6%AF%94%E8%BC%83&searchId=6199049

先ほどの駐車場経営を始めるまでの流れで1番目に説明した「土地を選ぶ」ときに注目してほしいポイントが2つあります。以下に挙げたので、それぞれ見てみましょう。

駐車場経営に適した土地を選ぶ際のポイント
  • 人が多く集まる場所の近くにある
  • 駐車禁止エリアの近くにある

人が多く集まる場所の近くにある

ショッピングモールやスーパーなどの人が多く集まる場所では駐車場の需要が高くなる傾向があります。さらに、その施設に併設する駐車場がない場合は特に需要が高いと言えるでしょう。

また、学校や駅、住宅密集地などでは定期的な駐車場の需要があるため、月極駐車場を設置することで契約率が高くなるでしょう。

駐車禁止エリアの近くにある

幅が狭い道路や警察による路上駐車の取締が強化されている道路では、急に車を止めたいと思っても止められません。ですので、このようなエリアの近くに駐車場を設置することである程度の需要が生まれます。

しかし、あまりに狭すぎる土地や駐車しづらい土地では集客しにくいため注意しましょう。

土地なしで駐車場経営を始めるときの注意点

これまでは「土地なしで駐車場経営を始めるためにはどうしたらよいか」ということについて主にスポットを当ててきました。

それを踏まえ、土地なしで駐車場経営を始めるときの注意点が2つあります。以下に挙げたのでそれぞれ見てみましょう。

土地なしで駐車場経営を始めるときの注意点
  • 土地購入で銀行から融資を受けるのが難しい
  • 駐車場として利用した土地は売却が難しい

土地購入で銀行から融資を受けるのが難しい

アパート経営などと比べると、駐車場経営は収益が少ない投資です。ですので、駐車場として運営するために土地を購入すると言っても、金融機関から融資を受けられないことがあります。

駐車場経営での土地購入は全額自己負担も視野に入れて準備を進めましょう。

もし土地を購入するほどの潤沢な資金が用意できていないのであれば、土地を借りて駐車場経営を行う方が賢明と言えます。

駐車場として利用した土地は売却が難しい

駐車場として利用していた土地は、住宅など他の方法で利用できない土地であることも多いです。いつかその土地を売却する際に、思うように値段がつかなかったり買い手がなかなか現れないといった恐れがあります。

また、駐車場として一度舗装工事をしてしまうと元の状態に戻すにも多額の費用がかかる場合があります。

土地を購入する際は、このようなリスクも考慮して慎重に判断しましょう。

次に、コインパーキングと月極駐車場それぞれを経営する際の儲かるコツを紹介していきます。

土地なしの駐車場経営で儲かるコツ①コインパーキング

コインパーキングの特徴は、不特定多数の人による短期間利用が多いということです。コインパーキングで利益を上げるには「稼働率を上げる」ということが重要になってきます。

稼働率を上げるためのポイントを以下に3つ挙げました。顧客がその駐車場を見つけやすいことや、利用しやすいこと意識したサービスを心がけましょう。

コインパーキングは競合がいることの多い経営方法です。サービスの充実度は顧客数に大きく影響しますので、使いやすい機器を導入するなど工夫をして、安心して利用できる駐車場づくりをしましょう。

稼働率を上げるためのポイント
  • SNSを活用する
  • ポイントなどを活用した利用しやすいサービスの提供
  • キャッシュレスに対応した機器の導入

土地なしの駐車場経営で儲かるコツ②月極駐車場

月極駐車場は契約さえとれとしまえば定期的な収入につながるのが魅力です。しかし、契約が取れない状態が続くと一時的な利用もないため、駐車スペースは空いたままで維持費だけがかかってしまいます。

ですので、「契約率を常に高く保ち、維持コストを下げる」ということが重要になってきます。

契約率を上げて維持コストを下げるためのポイントを以下に3つ挙げました。実際に運営していく際に参考にしてみてください。

契約率を上げて維持コストを下げるためのポイント
  • 定期的な利用が見込まれる地域・土地を選ぶ
  • 自分でできることは自分で管理する
  • 優良な運営会社を選んで契約する

慎重に判断をして駐車場経営をしよう!

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/4544592?title=%E5%8F%96%E6%8D%A8%E9%81%B8%E6%8A%9E&searchId=3100940118

駐車場経営は、土地を購入するところから始めても十分に初期費用の回収が期待できる投資です。

また、ポイントさえ押さえていれば土地を所有していなくても駐車場経営をしていくことは可能です。アパート経営などと比べるとローリスクで始めることができるので、初心者向きの投資方法と言えるでしょう。

正しい知識を身につけるだけではなく、注意点についてもしっかり意識して駐車場経営を成功させましょう!

ABOUT ME
かなこ
いろんなものをよく観察し、自分なりに分析します。無意識にも考えることが好きなのかもしれません。趣味は旅行、お菓子作り、カフェ巡り、廃墟や酷道を見ることです。 また、学生時代には4年ほどアルバイトをし、その中で飲食やアパレル、塾など様々な業界を経験しました。その後社会人になってからは何度か転職し、社内ホームページ管理、Webデザイン、Webコーダー、テレアポのお仕事を正社員、派遣社員として経験しました。一つに縛られず、とにかく様々な業界を見てきたので視野が広いです。しかしながら、裸眼の視力は0.1なのでメガネ・コンタクトが欠かせません。