不動産投資

【始める前に要確認!】収入源を増やす駐車場経営の考え方と基礎を伝授

駐車場経営で収入を得るための原則があるのは知っていますか?実は駐車場経営するにあたって今回紹介する原則を知っているだけでもあなたの駐車場経営の考え方を変えてくれるでしょう。

今回は駐車場経営の原則、駐車場経営の2種類、そして駐車場経営は収入源になるのか、について紹介します。

この記事を読んで駐車場経営の基礎や原則、収入を得るための方法について学んでいきましょう。

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/3406119?title=%E3%82%B3%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0&searchId=3457540562

駐車場経営とは

駐車場経営は、自分で駐車場を経営して、駐車料金を得るという収益モデルです。駐車場経営は他の土地を活用した経営と比べると初期費用が少なく始めやすいことが特徴です。

また、駐車場の運営管理の業務を外部へ委託することができるため、管理業務の手間を省くことができます。

それに加え、予算や種類によってバリエーションが多くあるので、初めて土地を活用して経営する人におすすめです。

駐車場経営はどれくらい稼げるの?

駐車場経営ですが、不動産の賃貸経営と比べると稼げる額は低い傾向にあります。しかし、駐車場経営は使用者とのトラブルが少ないため、負担が少なく収入源を得ることができます。

駐車場経営はローリスクローリターンな経営の一種となりますので、ハイリスクハイリターンを求める方にはおすすめのできませんが、堅実に稼ぎたい方にはおすすめです。

駐車場経営の収入源は駐車料金になりますので、駐車場経営する都市や立地環境、駐車場経営の種類によって大きく変わります。例えばですが、1か月2万円で借りれる駐車場を10台分用意します。

全て契約されていれば、単純計算ですが、1年で240万円の利益が発生します。

駐車場経営のメリット

駐車場経営にはほかの土地経営と比べると以下のメリットがあります。

駐車場経営のメリット
  • 管理を任せられるため手間が少ない
  • 初期費用が少ない
  • 手軽にできる

駐車場経営は、ほかの土地経営と同様に、管理業務を委託会社に任せることでできるため、あなたが行う管理業務が少なくなり、手間がかからなくなります。

また、駐車場経営する際の初期費用が少なく手軽に始めることができるため、はじめて土地経営をはじめる人にはおすすめの土地経営になります。

駐車場経営のデメリット

駐車場経営のデメリットとしては以下のデメリットが存在します。

駐車場経営のデメリット
  • 立地環境が悪い
  • 節税対策にならない

駐車場経営で立地環境が劣悪な場合、収益を上げることは難しいです。例えば周辺の土地に施設や住宅がないと、駐車場は使われることがないですよね。周辺を確認して利益を獲得できるか考える必要があります。

また、土地活用した経営はよく節税対策ができるといわれていますが、一般的な駐車場経営に関しては、節税対策をすることができません。

次の見出しでは駐車場経営の種類について紹介しますね。あなたに合った駐車場経営がありますので、自分に合う駐車場経営を選択するようにしましょう。

収入を得る駐車場経営

収入を得るための駐車場経営としては以下の駐車場経営の種類があります。

駐車場経営の種類
  • 月極駐車場
  • コインパーキング

駐車場経営では上記の2つの種類があります。どちらも駐車場経営ではありますが、実際にメリット・デメリット、工夫すべき点は全く異なります。

そのため次の見出しからそれぞれの駐車場経営について詳細に紹介していきますね。2つの駐車場経営を知ることであなたにとってどちらの方ができるかチェックしてみましょう。

収入を得る駐車場経営①月極駐車場

収入を得るための駐車場経営1つ目が月極駐車場です。月極駐車場は、駐車場利用者と土地のオーナーの方が一月単位で賃貸契約をする駐車場のことを指します。

月極駐車場は、契約者がいれば安定的な収入を得ることがメリットとして挙げられます。次の見出しで紹介する収入を得るための駐車場経営の原則をうまく活用して、収入を上げれるようにしていきましょう。

ただし、月極駐車場経営には、空室が多いと収入がすくなってしまう、自分でしっかり集客して顧客集める必要があるので気を付けるようにしましょう。

収入を得る駐車場経営②コインパーキング

収入を得るための駐車場経営2つ目がコインパーキングです。コインパーキングは、不特定多数の方を対象に、利用時間によって料金を支払う料金体系となっています。

コインパーキングは、月極駐車場経営と比べ1単価は低いですが、その分契約や空室などを気にする必要がありません。また、1単価当たりの料金設定によっては月極駐車場経営よりも結果を出すことが可能です。

ただし、周囲の施設や住宅の移り変わりなどを把握し、市場の調査を都度行う必要があります。そのため自分で管理するのが苦手な人には少し大変かもしれません。

収入を得る駐車場経営の原則

駐車場経営で収入を得るにも工夫をする必要があります。収入を得るための駐車場経営の原則としては以下の2点があります。

駐車場経営の原則
  • 立地と周辺の相場の調査をする
  • 収入予想をしっかりつける

上記の2つの原則は管理業務に近い内容ですが、必ず駐車場経営や賃貸経営を行う前に確認しておきましょう。

土地活用した経営は何事も入念な調査や収入の管理がとても重要になってきます。そのため次の見出しで詳しく紹介する原則を理解しておきましょう。

収入を得る駐車場経営の原則①立地と周辺の相場の調査をする

収入を得る駐車場経営の原則1つ目が立地と周辺の相場の調査をすることです。駐車場経営を始める前に立地周辺の相場の調査を行った上で駐車場経営を検討するようにしましょう。

立地状態や周辺の施設や住宅の有無によって、駐車場が利用されず、収入が見込めない場合があります。あなたの所有する土地を活用するための周りの状態も把握するようにしておきましょう。

また、周辺地域の駐車場の相場について把握することも収入を増やすにあたってとても重要です。

この2つのことを怠っていると、ほかの駐車場を利用したり、あなたの駐車場が利用されなかったりするので気を付けるようにしましょうね。

収入を得る駐車場経営の原則②収入予想をしっかりつける

収入を得る駐車場経営の原則2つ目が収入予想をしっかりつけることです。駐車場経営をする際に、収入支出しっかり把握するようにしましょう。

極端な例になりますが、あなたが月極駐車場で経営する場合を考えます。そのときに貸し出しできる台数としては10台で月3万とします。その場合最大年間360万の利益が発生します。

そして、管理費と税金込みで50万の支出があるとします。その場合あなたの純利益は310万円になります。これはざっくりとした計算になりますが、しっかりあなたの手元に残る収入を把握するようにしましょう。

駐車場経営で収入を増やそう!

今回は駐車場経営するにあたって、収入源を増やすための原則と駐車場経営の種類を紹介しました。駐車場経営の原則は駐車場経営の2種類とも始める前に考える必要があります。

また、駐車場経営の原則は始めた後にも活用することができるので、経営している都度振り返るように心がけるようにしましょう。

駐車場経営について2種類紹介しましたが、あなたの性格やあなたが所有している土地の立地条件、周辺の施設や住宅などを考えた上で決めるようにしましょう。

ABOUT ME
しらす
社会人3年目のITエンジニア。 休日はカフェ巡りと筋トレにはまっています。 最近は在宅勤務の影響で太り散らかしてて、絶賛ダイエット中(笑) エンジニアとライターの二刀流