美容

【女性必見】おすすめ洗顔料3選と選ぶポイント解説

あなたはあなた自身にとってのおすすめ洗顔料は知っていますか?実は洗顔料によってあなたの肌に与える効果が変わっていきます。

そのため今、洗顔を怠っている場合はしっかりおすすめの洗顔料の選び方を把握して自分の肌年齢を若くしていきましょう。今回はおすすめの洗顔料の選び方とおすすめ洗顔料を紹介します。

次の見出しでは肌質について紹介します。なぜなら、肌質によって選ぶ洗顔料も変わってくるからです。今回の記事を読んで今の洗顔について考え直してみましょう。

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/3061862?title=%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B1%E3%82%A2%E3%83%BB%E5%A5%B3%E6%80%A7&searchId=969997541

あなたの肌タイプは?

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/4494102?title=%E3%83%89%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%81%A7%E8%82%8C%E8%8D%92%E3%82%8C%E3%81%AB%E6%82%A9%E3%82%80%E5%A5%B3%E6%80%A7&searchId=1051294081

実は肌質も人それぞれ異なります。肌質は大きく分けて以下の5つあります。

肌質
  • 普通肌
  • 乾燥肌
  • 脂性肌
  • 敏感肌
  • 混合肌

各肌質には以下のような特徴があります。普通肌に関しては、一般的な肌質になりますので、割愛しますね。

乾燥肌

乾燥肌は、水分量と皮脂量の両方が足りず、肌が乾燥している状態を指します。特に乾燥肌の人は、頬や口の周りが乾燥していることが多いです。

また、肌の表面がカサカサしていたり、メイクのノリが悪かったりしていると乾燥肌の疑いがあるでしょう。

脂性肌

脂性肌は乾燥肌の逆で水分量と皮脂量の両方が多い状態の肌質のことを指します。メイクが崩れやすかったり、肌がべたついたりすることが特徴的です。

また、水分量と皮脂量が多いからとスキンケアを怠ってしまうと肌の内部が乾燥肌のように水分量が不足してしまうことがあるので気をつけましょう。

敏感肌

敏感肌は肌のトラブルやアレルギーなどが起きやすく、肌が不安定な状態のことを指します。よく敏感肌の方はスキンケアやメイクの時に肌がひりひりするような刺激やかゆみが起こることがあります。

混合肌

混合肌は部位ごとに肌質が異なることを指します。例えば、Tゾーンは水分量や皮脂量が多くべたつきがあるけど、頬や口の周りはかさついているなどのことを指します。

肌質によって、どのようなタイプの洗顔料を選ぶべきかも変わってきます。例えばですが、乾燥肌の場合は普通肌の人が使っている洗顔料でも肌荒れを起こしてしまうことがあります。

他の肌質も特徴があるため、洗顔を選ぶときには注意が必要です。今回の記事後半で洗顔料を紹介するときにどの肌質に対して、使用してもよいかお話していきますね。

おすすめの洗顔料の選び方

洗顔料にも選び方があります。その中でも注目すべき点は以下の3点です。

おすすめの洗顔料の選び方
  • 洗浄力
  • 水分のキープ力
  • 使用感

上記の洗顔料の選び方のポイント以外にも自分の肌のタイプも分かった上で購入するようにしましょう。

なぜなら、あなたの肌の体質によっては洗顔料や洗顔の仕方で肌が荒れたり、ニキビができたり逆効果となってしまうからです。それも踏まえて洗顔料を決めていきましょう。肌質の確認は前の見出しで確認してましょう。

おすすめの洗顔料の選び方①洗浄力

おすすめの洗顔料の選び方の1つ目が洗浄力です。洗顔は顔を洗うと書かれているように、顔に付着している皮脂やほこりといった汚れを洗浄することが重要です。

ただあなたの肌質によっては洗浄しすぎてしまう洗顔料を選択してしまうと、かえって肌が荒れてしまう恐れがあります。そのためあなたの肌が弱い場合は洗浄力が強すぎないものを選んで使用するようにしましょう。

また、洗顔料の形状についても意識して活用してみましょう。洗顔料の形状というのは、泡状やクリームなどのことを指します。代表的な洗顔料の形状について紹介しておきますね。

クリーム

クリームタイプは提供されている洗顔料の中で一番多い形状のタイプとなっており、自分で泡立ててる必要があります

ただ少し油分が多いため、肌質で皮脂の分泌が多い人には注意が必要となります。

泡タイプは洗顔料が元々泡になっているため、とても便利で洗顔する時間も短くすることができます。そのため忙しい朝の使用するのがおすすめです。

ただ泡タイプの洗顔料は若干肌への刺激が強いため、肌が弱い人は使用を控える必要があります。

リキッド

リキッドタイプはクリームタイプと同様に油分が多いため、肌質で皮脂の分泌が多い人には注意が必要です。

また、リキッドタイプは洗浄力が少し弱いため、肌への刺激がほかの洗顔料と比べて弱いため、肌への刺激に対して敏感な人にはおすすめのタイプとなります。

おすすめの洗顔料の選び方②水分のキープ力

おすすめの洗顔料の選び方の2つ目が水分のキープ力です。洗顔料では水分量をキープすることも洗顔料を選ぶ際に大切な要素の1つです。

特に乾燥肌の人にとっては水分量をキープしてくれる洗顔料を選ぶことを推奨します。乾燥肌の人が水分量をあまりキープできない洗顔料を選んでしまうとシワやくすみの原因になってしまいます。

シワやくすみがでてきてしまうと、老け顔に見えてしまう原因になってしまうため、水分量をキープしてくれる洗顔料かどうかもチェックするようにしましょう。

水分量がキープできる洗顔料として「ヒアルロン酸」、「米ぬかエキス」といったうるおい成分が含まれている洗顔料を選ぶようにしましょう。

おすすめの洗顔料の選び方③使用感

おすすめの洗顔料の選び方の3つ目が使用感です。洗顔料は毎日行うスキンケアです。そのため自分にとって使い心地の良いものを選んで活用しましょう。

あなたにとって使いやすいかどうかの判断基準としては以下のポイントを確認してみることをおすすめします。

使用感の判断基準
  • 使用する容器の使いやすさ
  • 洗顔後の肌の感触
  • 泡の質

洗顔料を選ぶときは容器の使いやすさや洗顔後の肌感、泡の質を見てましょう。毎日のスキンケアにかかわることなので、あなた自身の肌も理解したうえで購入していきましょう。

おすすめの洗顔料

上記の洗顔料の選び方をもとにおすすめの洗顔料を紹介します。おすすめの洗顔料としては以下の3点があります。

おすすめの洗顔料
  • 無印良品
  • ロゼット
  • Bifesta(ビフェスタ)

今回紹介する洗顔料は洗顔料の中ではとても有名で信頼できる洗顔料となっています。また、今回紹介した洗顔料だけがすべてではないので合わない場合はあなたに合う洗顔料を探してみましょう。

洗顔料を変えるタイミングとしては購入した洗顔料がなくなったくらいがちょうどよいので、その時期がきたら購入する洗顔料を自分でも調査できるように上記の見出しの選び方ポイントを確認しましょう。

また、洗顔料を使っていて肌荒れ等がすぐに出てきた場合は製品に記載してあるように使用するのを控えるようにしておきましょう。

そうしないと体に害を与えたり、肌荒れなど肌へのダメージが出たりしてしまいます。毎日にスキンケアなので、異変を感じたら、行動を起こすようにしましょう。

おすすめの洗顔料①無印良品

おすすめの洗顔料1つ目は無印良品の洗顔フォームです。無印良品の洗顔フォームには天然うるおい成分として、アンズ果汁、桃の葉エキスが背後されており、洗顔後の肌をしっとりとキープすることができます。

また、肌に合わせて洗顔料の使用感を変更することが可能となっています。例えば、泡タイプの洗顔フォームにしたり、せっけんタイプにしたりすることが可能です。

そのため、あなたの肌に合った洗顔フォームにして、肌質への対応を行っていきましょう。

created by Rinker
無印良品
¥990
(2022/05/19 22:36:48時点 Amazon調べ-詳細)

おすすめの洗顔料②ロゼット

おすすめの洗顔料2つ目はロゼットの洗顔フォームです。ロゼットは100%植物由来の洗浄成分のクリーム状石鹸を使用した無添加の洗顔フォームとなっています。

無添加の洗顔フォームとなっているため、デリケートな肌にも対応ができます。またロゼットではデリケートな肌でも問題ないかしっかりパッチテストを実施していますので、安心して使用することができますすね。

今回紹介する洗顔フォームはその中の米ぬかエキスを配合した洗顔フォームとなります。米ぬかエキスには保湿性を高める成分が含まれています。

おすすめの洗顔料③Bifesta(ビフェスタ)

おすすめの洗顔料3つ目はBifesta(ビフェスタ)の洗顔フォームです。Bifestaは炭酸泡洗顔となっており、汚れを浮かせて洗顔することができる洗顔フォームです。

抗炎症成分や殺菌成分などが含まれており、肌のトラブルを防ぐ役割を持つ上に、吸着性ヒアルロン酸も配合されており保湿効果もあります。

そのためニキビができやすい、脂性肌混合肌の方におすすめの洗顔料となっています。

洗顔をすることで将来の自分の美しさを!

今回はおすすめの洗顔料の選び方とおすすめ洗顔料について紹介しました。洗顔料といっても効き目が異なっているので自分の肌に合った洗顔料を選ぶようにしましょう。

洗顔は毎日するスキンケアです。普段のケアによって数年後のあなたの肌が大きく変わることになります。その上、肌というのは一生付き合っていくものです。

そのため自分の肌のケアにはしっかり自分の肌質の確認、洗顔料の選び方を理解するなど自分に対して投資するようにしましょう。

ABOUT ME
しらす
社会人3年目のITエンジニア。 休日はカフェ巡りと筋トレにはまっています。 最近は在宅勤務の影響で太り散らかしてて、絶賛ダイエット中(笑)