研修

Wi-Fiルーターおすすめ3選【年間42,000円の節約⁈】

Wi-Fiルーターおすすめ

自宅でWi-Fiルーターを使いたいけど「どれがおすすめなのかよく分からない」と頭を抱えた経験はないでしょうか?Wi-Fiルーターは、機能の説明が専門的でどこを比較したらいいのか分かりにくいですよね。

そこでこの記事では、『自宅で快適に使えるWi-Fiルーターの選び方』や『適正価格のWi-Fiルーターの選び方』についてまとめました。

Wi-Fiルーターを自宅に導入することで、自宅でのインターネット通信が高速化する上に、スマホの使用料を節約できます。おすすめのWi-Fiルーターもピックアップしましたので、ぜひ最後までご覧ください。

(アイキャッチ画像出典:https://pixabay.com/ja/illustrations/wlan-%e3%82%a6%e3%82%a7%e3%83%96-%e3%82%a2%e3%82%af%e3%82%bb%e3%82%b9-3131127/)

Wi-Fiルータとは?(おさらい)

Wi-Fiルーターおすすめ出典:https://pixabay.com/ja/illustrations/%e7%84%a1%e7%b7%9alan-%e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%af-5438427/

Wi-Fi(ワイファイ)とは、無線で通信する端末がお互いに接続できる方式のことです。自宅でパソコンやゲーム機などをオンラインで使用する時に邪魔な配線がない上に、電波の届く範囲なら同時接続もできます。

Wi-Fiルーターとは、複数の端末をインターネット装置に接続する装置のことです。屋内で使用するホームルーターと、持ち運びのできるモバイルルーターがあり、用途によってどちらかを選択します。

Wi-Fiルーターの種類とおすすめポイント

Wi-Fiルーターおすすめ出典:https://unsplash.com/photos/17HaOLLOXYM

ここで出てきたホームルーターとモバイルルーターについて、くわしくみていきましょう。

ホームルーター

屋内で使用するために作られたWi-Fiルーターです。重量は1㎏を超えるものが多いので持ち運びに適していません。また、バッテリーが搭載されていないため、コンセントのある場所でのみ使用可能です。

電波の強度はモバイルルーターよりもはるかに強力なので、自宅でインターネットを使用するのであれば、ホームルーターがおすすめです。

モバイルルーター

様々な場所でWi-Fiをつなげることを想定したコンパクトな設計です。スマホサイズで軽量であることから、室内だけでなく通勤時や出張など外出先で主に使いたい場合には、モバイルルーターがおすすめです。

Wi-Fiルーター選びで注意すべきポイント

Wi-Fiルーターおすすめ出典:https://pixabay.com/ja/photos/%e9%81%b8%e6%8a%9e-%e9%81%b8%e6%8a%9e%e3%81%97%e3%81%be%e3%81%99-%e6%b1%ba%e5%ae%9a%e3%81%97%e3%81%be%e3%81%99-2692575/

自宅のWi-Fi環境を整えたいのであれば、ホームルーターがおすすめであることをお伝えしました。ホームルーターの選び方について、注意すべきポイントをまとめます。ポイントは以下の3点です。

Wi-Fiルーター選びで注意すべきポイント
  • 自宅の間取りを確認する
  • データ通信速度
  • Wi-Fi周辺機器の種類

自宅の間取りを確認する

スマホでサクサクと漫画を読んだり、快適にネットサーフィンできるようにするには、ホームルーターの電波が家の隅々まで届いていることが必須です。

そこで自宅の間取りに対して、Wi-Fiルーターが飛ばせる電波の範囲が適切かどうかを確認しておきましょう。Wi-Fiは電波を横方向に飛ばすことが得意ですが、高低差は苦手です。

よって自宅が2階建て以上の場合は、電波強度の高い端末や、同機種のWi-Fiルーターを複数設置する、中継機を設置するなどの対策をするとよいでしょう。

データ通信速度

データ通信速度を表す単語は「bps(ビーピーエス)」と言い、値が大きいほど通信速度は速くなります。

一般的にストレスなく通信できる速度は10~30Mbps(スマホなら5Mbps)ですので、Wi-Fiルーターのスペックをチェックする時はこの数字を参考にすると良いでしょう。

Wi-Fi周辺機器の種類

Wi-Fiルーターがあれば、他に必要なものはありません。ただし、Wi-Fiルーターのスペックが十分でない場合は、中継機や同機種のWi-Fiルーターを複数台用意する必要があります。

おすすめ!Wi-Fiルーターの「この機能」を比較しよう

Wi-Fiルーターおすすめ出典:https://pixabay.com/ja/photos/%e3%82%b9%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%83%ab-%e8%b3%aa%e5%95%8f-%e9%87%8d%e8%a6%81%e6%80%a7-2635397/

ここでは、快適なWi-Fi環境づくりのために比較したい『ビームフォーミング』と『アンテナのタイプ』についてご説明します。家具の配置や壁の厚さを見て、以下の機能が搭載されたルーターを比較検討しましょう。

ビームフォーミング

ビームフォーミングとは、高価格帯のWi-Fiルーターについている機能です。スマホなどの距離感を検知して見合った強さの電波を発信するので、Wi-Fiが非常につながりやすくなります。

アンテナタイプ(内蔵か外付けか)

Wi-Fi電波が飛ぶ方向は、アンテナの向きによって変わります。アンテナが本体に内蔵されているタイプは360度まんべんなく電波を飛ばしてくれるので、設置場所を気にする必要がありません。

一方、外付けタイプはアンテナが本体の外についています。デバイスを使う場所が一定で、特定の方向に電波を強くしたい場合は外付けアンテナが便利です。

知っておきたいWi-Fiルーターの通信規格

Wi-Fiルーターおすすめ出典:https://pixabay.com/ja/illustrations/%e3%82%a6%e3%82%a7%e3%83%96-%e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%af-3706551/

ここでは、Wi-Fiルーターの通信方式についてご紹介します。旧モデルだとデバイスがWi-Fiにつながらないおそれがあります。そこで通信規格IEEE802.11acに対応していることを確認しましょう。

Wi-Fiの通信方式にも種類があり、一般的にIEEE802.11から始まる規格をWi-Fiと呼んでいます。そしてそのIEEE802.11には後ろに、aやb、n、ac等があり、それぞれ性能が違います。

Wi-Fiは、5GHz帯と2.4GHz帯の2つの周波数の帯域に分けられます。5GHz帯は11acと11a、2.4GHz帯は11g、11bの規格と、両方の周波数帯で使える11ax、11nです。

2020年にIEEE802.11ax(Wi-Fi6とも呼ばれます)が登場しましたが対応している機器が少ないため、11ac(Wi-Fi5)対応のWi-Fiルーターを選ぶと良いでしょう。

Wi-Fiルーターを使うための手順

Wi-Fiルーターおすすめ出典:https://unsplash.com/photos/hXVVNB6Qctg

つづいては、Wi-Fiルーターを使うための手順をご紹介します。Wi-Fiルーターを使うには、自宅にインターネット回線を開通させていることが前提です。

Wi-Fiルーターを使うための手順①

モデムとWi-Fiルーターを接続する

モデムとWi-FiルーターをLANケーブルでつなぎます。差し込み口がたくさんありますが「INTERNET」に差し込みます。

Wi-Fiルーターを使うための手順②

スマホなどのデバイスをWi-Fiルーターに接続する

最近は自動で設定できるWi-Fiルーターが多いですが、手動で接続する場合もあります。

まず事前にSSIDと暗号化キーを確認します。SSIDなどを確認したら、パソコンやスマホのWi-Fi設定画面からWi-Fiの一覧を表示させて、先ほど調べたSSIDと同じものを選択します。

「接続」を押すと入力画面が開きますので、暗号化キーを入力すると接続完了です。思ったよりも簡単ではないでしょうか?流れを知っておけば30分程度でWi-Fiにつなげることができます。

Wi-Fiルーターを購入するおすすめの場所

Wi-Fiルーターおすすめ出典:https://pixabay.com/ja/photos/%e9%9b%bb%e6%ba%90%e3%82%92%e5%85%a5%e3%82%8c%e3%81%be%e3%81%99-%e7%84%a1%e5%8a%b9%e3%81%ab%e3%81%99%e3%82%8b-%e8%b3%bc%e5%85%a5-2923047/

Wi-Fiルーターを使うための手順がわかったところで、Wi-Fiルーターを購入するおすすめの場所をご説明します。

Wi-Fiルーターを購入するおすすめの場所
  • 家電量販店で購入する
  • ネット通販サイトで購入する

ひとつめは、ヨドバシカメラ、ケーズデンキ、ビックカメラといった家電量販店に行き、Wi-Fiルーターを購入するという方法です。

実物を手に取ることができるのは大きなメリットですね。また、店員さんに売れ筋やおすすめ商品を聞くこともできます。

在庫があれば持って帰り、その日のうちにWi-Fi環境を整えることができます。今すぐにWi-Fiにつなぎたい方は、家電量販店で直接購入することをおすすめします。

ふたつめの方法は、メーカー公式サイトやAmazon、楽天といったネット通販サイトでの購入です。自宅にいながら、細かいスペックを確認したり、たくさんの種類の中から比較検討したりできます。

スマホ代を節約できるWi-Fiルーターの価格帯

Wi-Fiルーターおすすめhttps://pixabay.com/ja/illustrations/%e5%86%99%e7%9c%9f%e5%ae%b6-%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%ba-%e7%84%a1%e7%b7%9alan-1927657/

Wi-Fiルーターの価格帯は3,000円から40,000円近いものまであります。価格の違いは、搭載されている機能の有無や、通信規格が最新かどうかによります。また電波がどのくらいまで届くかも重要です。

Amazonの売れ筋ランキングによると、8,000円と13,000円のルーターを購入する人が多いです。Wi-Fiルーターを1度購入すれば、月々支払っていたスマホのデータ料を安く抑えられます

毎月7,000円の契約を3,500円まで抑えられれば13,000円のWi-Fiルーターの代金をわずか4か月で回収でき、5か月目以降は月々3,500円の節約になります。(NTTドコモギガライトの場合)

先に挙げた「Wi-Fiルーター選びで注意すべきポイント」を参考に、必要な機能だけが搭載されているWi-Fiルーターを選び、Wi-Fi環境を整えることで、これまで払っていたスマホ代が半分にできますよ!

Wi-Fiルーターおすすめ3選

それではいよいよ、おすすめのWi-Fiルーターをご紹介します。おすすめポイントもまとめてありますので、ぜひ参考になさってくださいね。

おすすめのWi-Fiルーター
  • 第1位 NEC Aterm WG1900HP2 (1300+600Mbps) 
  • 第2位 BUFFALO WSR-A2533DHP3WH (1733+800Mbps )
  • 第3位 エレコム WRC-2533GST2SP(1733+800Mbps)

第1位 NEC Aterm WG1900HP2 (1300+600Mbps) 

パソコンメーカーとして有名なNECのWi-Fiルーターです。先にご紹介したビームフォーミングに対応しています。

使用頻度の高いデバイスを自動で検出し、端末に向けて電波を集中的に送信するので、よく使う端末がサクサクとスムーズに使えます。

また端末ごとに接続時間を管理できる「子ども安心ネットタイマー」が搭載されています。お子さんのスマホやゲーム機の利用時間を管理したい時には便利ですね。

第2位 BUFFALO WSR-A2533DHP3 (1733+800Mbps )

バッファローは、愛知県名古屋市に本社を置く昭和50年創業のパソコン機器周辺メーカーです。周辺機器がメインとあってルーターだけでなく中継機も併せての購入が可能です。

自宅が2階建て、3階建てと縦に長い場合は電波が届きにくくなるので、純正の中継器を用意しましょう。シンプルなデザインで、インテリアに溶け込みますね。

特筆すべきは「バンドステアリングLite」機能が搭載されていて、部屋中どこでも快適に通信できます。

第3位 エレコム WRC-2533GST2SP

エレコム (ELECOM) WRC-2533GST2SP 無線LANルータ 親機単体 Wi-Fi [無線11ac/n/a/g/b・有線WAN/LAN・Mac/Win/Android/iOS] 1733+800Mbpsギガルーター
エレコム

3階建て、4LDKといった広い間取りにも対応しているWi-Fiルーターです。6人家族がWi-Fi環境を快適に使える状況を想定し、24台まで同時接続可能となっています。

購入者の口コミによると、設定が非常に簡単とのことです。LANケーブルを差し込み、暗号化キーを入力するだけなので、初めてWi-Fiをつなぐ方でもすぐに設定できそうですね。

Wi-Fiルーターおすすめ3選のまとめ

Wi-Fiルーターおすすめ出典:https://pixabay.com/ja/illustrations/%e5%a5%b3%e3%81%ae%e5%ad%90-%e7%ac%91%e9%a1%94-%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%88-%e3%83%91%e3%82%bd%e3%82%b3%e3%83%b3-5103070/

Wi-Fi環境を快適に整えるためには、Wi-Fiルーターの電波の届く範囲が、自宅の間取りをカバーできているかどうかをチェックすることが一番大切です。

また頻繁に使うデバイスがあればビームフォーミングの付いたルーターを、お子様がスマホやゲーム機を使う可能性がある場合は、ネットタイマー機能のついたルーターを選ぶと良いでしょう。

大は小を兼ねる考え方もありますが、不要な機能を削っていくとお手頃でピッタリのWi-Fiルーターが見つかります。ぜひ今回の記事を参考にあなたにピッタリのWi-Fiルーターを見つけてみてくださいね。

ABOUT ME
kochi
■経歴 接客販売業20年、マーケティング部。 ■モットー いま、ここを心地よく生きる ■好きなこと メイク、エステ、占い、音声配信、旅行 ■近況 最近、観葉植物を育て始めました。