不動産投資

初心者におすすめ!少額で始められる不動産投資とは?

不動産投資に興味があっても資金やリスクを考えるとなかなか手が出せないですよね。でももし、少額で不動産投資を始めることができる方法があるならチャレンジしてみたいと思いませんか?

この記事では少額でできる不動産投資とはどのようなものか、メリットやデメリットを紹介していきます。ぜひ参考にしてください。

トップ画像出典:https://pixabay.com/ja/illustrations/%E4%BD%8F%E5%AE%85%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%B3-%E5%AE%B6-%E7%8F%BE%E9%87%91-%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-4137485/

従来の不動産投資とは?

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%81%8A%E9%87%91-%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0-%E3%82%B3%E3%82%A4%E3%83%B3-%E6%8A%95%E8%B3%87-2724235/

従来の不動産投資は戸建てやマンション、アパートを購入し、運用することで家賃収入、売却益を得ることがほとんどでした。

まず始めに数百万~数千万円、物件によっては億を超える金額の資金が必要で簡単に手を出せるものではありません。しかも投資資金回収には長い期間を要することもあります。

また、空き室が埋まらなかったり、修繕に必要な費用が集まらなかったりというリスクあります。

上手くいけば大きなリターンもありますが、最初に必要な資金が大きく、リスクも大きいため不動産投資に参入する人はごく一部に限られる状況でした。

少額で始められる不動産投資投資は4つ

従来の不動産投資は、まず大きな資金がが手元にないとできませんでした。でも実は月数万円程度で始められる不動産投資があるんですよ。以下の4つが少額で始められる不動産投資です。

  1. REIT(不動産投資信託)
  2. 不動産小口化商品
  3. 不動産投資クラウドファンディング
  4. 現物不動産投資

そもそも少額っていくら?という疑問もあるかと思います。明確な規定はありませんが、一般的に1,000万円以下と定義されることが多いです。

上記の少額不動産投資は数万~数百万円で始めることができますよ。

少額不動産投資「REIT(不動産投資信託)」とは?

出典:https://pixabay.com/ja/illustrations/%E5%AE%9F%E6%A5%AD%E5%AE%B6-%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%B3-517119/

REIT(不動産投資信託)は、不動産投資会社が取り扱う金融商品の1つです。

複数の出資者から出資金を募り、専門家である不動産投資会社が運用します。家賃収入や物件の売却益が出資者に配当として分配されます。

運用はすべて専門家にお任せなので、初心者でも安心ですね。商品にもよりますが1口数万円で1口単位から購入可能です。1口1万円なんという商品もありますよ!

少額で高利回りの商品選びができればリスクを抑え、安定した収入を得ることができます。

少額不動産投資「不動産小口化商品」とは?

出典:https://pixabay.com/ja/illustrations/%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%83%E3%83%97-%E3%81%A4%E3%81%AA%E3%81%8C%E3%82%8A-%E5%80%8B%E4%BA%BA-526413/

不動産小口化商品とは、1つの不動産に対し複数の出資者が投資し、投資先の物件を共同所有するという商品です。つまり、1つのマンションやオフィスビルに対してオーナーが複数いるという形になります。

運用は管理会社が行い、運用益の一部が出資額に応じて分配されます。

個人では購入が難しい高額物件にも投資することができるのが魅力です。立地の良いマンションや長期で安定した利回りが期待できる物件が購入できれば、リターンも期待できますね。

少額不動産投資「不動産投資クラウドファンディング」とは?

出典:https://www.pexels.com/ja-jp/photo/374720/

不動産投資クラウドファンディングは、インターネットを介して、ある物件を不特定多数の人からの出資を募り、購入、運用する投資方法です。

新規参入事業者による革新的なアイデアを伴うプロジェクトや空き家再生プロジェクトなどが中心です。

他の不動産同様、家賃収入や売却益が出資金額に応じて出資者に配分されます。

多くの投資家から少額ずつ集めるため、出資金額は低めに設定されていることが多く、1万円程度から投資することができます。

少額不動産投資「現物不動産投資」

出典:https://pixabay.com/ja/illustrations/%E4%B8%8D%E5%8B%95%E7%94%A3-%E5%AE%B6-%E8%B2%A9%E5%A3%B2-%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%83%88-1151243/

現物不動産投資は従来の不動産投資なのですが、少額で購入できる物件もあるので紹介します。

例えば、中古物件を探してみてください。200万円~300万円で購入できるものがあります。

また、アパートやマンションの1室を購入する方法もあります。1棟購入するのは難しくても1室ならかなりコストは下がりますよね。

ただし、格安物件であればそれなりの理由があるはずので注意してください。投資するにあたっては欠点をカバーできるかどうかをよく考えましょう。

少額不動産投資のメリット

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E8%BF%94%E9%87%91%E3%81%BE%E3%81%A7-%E3%81%8A%E9%87%91%E3%82%92%E7%AF%80%E7%B4%84%E3%81%99%E3%82%8B-%E4%BF%9D%E5%AD%98%E3%81%97-4518407/

ここまで少額不動産投資の種類と仕組みを紹介してきました。それではどんなメリットがあるのか紹介します。

ローンを組まなくていい

従来の不動産投資はどうしても高額商品となるのでローンを組む必要があります。そのためリスクも大きく、なかなか手を出せない方が多かったのではないでしょうか。

少額不動産投資はローンが通らなくても、手持ち資金が少なくても始められることが最大のメリットです。

投資規模を徐々に大きくできる

小さい金額から始めて、ノウハウを学びながら投資額を徐々に大きくしていくことができるのもメリットの1つです。少額投資で得た収益で資金を増やし、投資額を増やしていけば、さらなるリターンも期待できます。

また、運用は専門家に任せることになる場合が多く、投資先を増やしても自分の手間が増えないので規模を大きくしていくことも容易です。

少額不動産投資のデメリットやリスク

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E9%87%91%E8%9E%8D-%E8%A8%88%E7%94%BB-%E3%83%AC%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%88-%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%95-3207895/

少額不動産投資は始めやすい、初心者向けと言っても、始めるにあたってデメリットやリスクも知っておく必要がありますね。少額不動産投資のデメリットを紹介します。

投資方法によっては利益率が低くなる

少額不動産投資は不動産のオーナーになるわけではない場合、管理会社によって運用されます。そのため手数料が発生します。

REITであれば運用を委託する際に手数料、クラウドファンディングの場合は口座への振込手数料が収益から引かれてしまいます。

手数料のために利益率が下がってしまうことを覚えておいてください。

投資対象が少ない・限られる

不動産小口化商品はまだ大衆向けの商品ではないことから商品数は少なく選択肢は限られます。商品が出たとしてもすぐに完売してしまうケースも少なくありません。

また、現物不動産投資の場合、「少額」という制限をかけるので投資対象はどうしても限られます。条件のいい物件は対象にならないと考えたほうがいいでしょう。

少額不動産投資で利益は上げられるの?

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E6%8A%95%E8%B3%87-%E6%88%90%E9%95%B7-%E6%95%A3%E6%B0%B4-5299600/

月数万円の少額不動産投資で本当に利益を得られるの?という疑問を抱く方もいらっしゃいますよね。

結論としては、利益を得られる可能性は十分にあります。ただし、投資額が少なければ少ないほどリターンも少ないですので、大きく儲けることは難しいです。

利益を求めるなら投資額を増やしていかなければなりませんが、自分の身の丈に合った投資額から始めましょう。また、継続して投資していくことでリターンが徐々に増えていきますよ。

まとめ 不動産投資に興味があるならまずは少額で始めてみよう

少額で始められる不動産投資を4つ紹介しました。手元に大きな資金がなくても不動産投資ができることを理解していただけましたでしょうか?

ハードルが高いと考えられがちな不動産投資ですが、今はさまざまな方法があります。少額不動産投資は従来の不動産投資に比べてリスクも小さく初心者には最適です。

少額投資で始めてみて、不動産投資の雰囲気を感じながらノウハウを身につけていくのもいいのではないでしょうか。