研修

【転職はあり?】仕事がうまくいかない「原因」と「対策」

「どうして、自分は仕事がうまくいかないんだ」と悩んでいませんか?

社会人であれば誰しも「仕事がうまくいっていない」と感じる時期があるものです。社会人になってから順風満帆で、失敗なんて一度もないなんて人は稀ですよ。

この記事では、仕事がうまくいかない人の「原因」や「特徴」、「対処法」などについて解説します。

✔︎この記事を読むと
  • 仕事がうまくいかない「原因」や「特徴」が分かる
  • 仕事がうまくいかない時の「対処法」が分かる
  • 仕事がうまくいかない時に「やっていけないこと」が分かる
  • 「転職」をした方がいいケースが分かる

「アイキャッチ画像出典:https://pixabay.com/ja/photos/youtuber-%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%ac%e3%83%bc-%e8%84%9a%e6%9c%ac-2838945/」

なぜ仕事がうまくいかない?主な原因3選

「仕事がうまくいかない」と感じてしまう主な原因は次の3つです。

✔︎仕事がうまくいかない原因
  • 経験不足
  • 人間関係がうまくいっていない
  • スケジュールに余裕がない

経験不足

「仕事がうまくいかない」と感じてしまう原因として一番可能性が高いのが、この「経験不足」です。とはいえ、これは当たり前のことで、最初からミスなく仕事をできる人なんていません。

例えば、”電話対応”も「相手側の企業名や所属、担当者名」「要件」「不在時の先方の都合の良い時間の確認」など、やるべきことがたくさんあります。

これは「慣れ」の問題です。時間が経てば自然と対応できるようになり、解決するケースが多いと思います。

人間関係がうまくいっていない

会社のような「組織」の中で仕事をする場合は、「人間関係」が原因となるケースがあります。

仕事の多くは、周りの人と協調して進めていくものです。「人間関係」がうまくいっていれば、分からないことでも周りの人に確認してミスを未然に防ぐことも出来ます。

しかし、「人間関係」がうまくいっていないと、「ミスした時に言い出しづらい」「聞けなくて、防げたはずのミスをした」など、結果として大きなトラブルに発展しかねません。

「組織」とは、「経歴」や「性格」「年齢」が違う人の集まりです。合う、合わないはあって当然ですが、このような人間関係が理由で仕事がうまくいっていないケースも考えられます。

スケジュールに余裕がない

常に仕事の「納期」や「締め切り」に追われ、スケジュールに余裕がない状態になっていませんか?

スケジュールに余裕がないと、内容を見直す時間がなく、質の高い仕事をすることができません。また、「焦り」や「苛立ち」などの”大きなストレス”を抱えることにもつながります。

これにより、普段なら起こり得ないミスを起こしてしまうことがあります。そして、そのミスをリカバーするための「時間」と「手間」により、ますます焦ってしまうという悪循環に陥いることでしょう。

 

こんな特徴があると「仕事がうまくいかない人」かも

次に、「仕事がうまくいかない人」の特徴を紹介します。以下のような特徴がある人は、仕事がうまくいっていない可能性があります。

✔︎仕事がうまくいかない人の特徴
  • コミュニケーションが苦手
  • 整理整頓が苦手
  • 周りの人と比べてしまう

コミュニケーションが苦手

コミュニケーションは、良好な人間関係を築くために不可欠です。周囲の人との人間関係も大切ですが、特に重要なのは「上司とうまくコミュニケーションが取れているか」です。

上司との関係性がよくない場合、必要な時にサポートが受けられず、うまく業務を進めることができません。また、上司からの指示の理解が曖昧なまま業務を進めたことで、大きなミスにつながることもあるでしょう。

「上司は最大の顧客」という考えがあるように、自分の仕事を円滑に進めるためには、まず上司を満足させる必要があります。上司と良好な人間関係を築くために、コミュニケーションは大切なのです。

整理整頓が苦手

机や書類の整理整頓が苦手な人は、「頭の中の整理整頓」ができていないことが多いです。これは、仕事の「優先度」や「重要度」を把握できていないということです。

仕事の優先順位が付けられないと、目の前の仕事から着手することになります。すると、緊急性の高い仕事を後回しにしてしまい、「納期に間に合わない」という事態に陥ります。

机や書類が整頓されていないと、仕事の全体像を把握することができません。結果、仕事の「優先度」や「重要度」が分からず、仕事がうまくいかない状況となってしまうのです。

周りの人と比べてしまう

あなたが「仕事がうまくいかない」と感じてしまうのは、「周りの人と比べてしまうから」かもしれません。特に、”同期”が良い成績を出している場合には、「焦燥感」や「挫折感」も生まれやすいです。

「競争意識」はモチベーションにつながります。しかし、必要以上に人と比べてしまうと、「周りと比べて自分は、、、」と落ち込み、前向きに仕事に取り組めなくなる場合もあります。

周りの人はあくまで”他人”です。あなたには、”あなたの仕事”があり、”あなたの適性や能力”があるのです。何でも比較しようとしなくていいですよ。

こうすれば仕事がうまくいく!3つの対処法を紹介

仕事がうまくいかない「原因」や「特徴」は分かったと思います。では次に、「どうすれば仕事がうまくいくのか」その対処法を3つ紹介します。

✔︎仕事がうまくいかない時の「対処法」
  • うまくいかない原因を認識する
  • 失敗から学ぶ
  • 完璧主義をやめる

うまくいかない原因を認識する

まず、最初にやるべきことは「うまくいかない原因」を認識することです。頭の中で考えているだけでは問題点の把握ができないので、紙に書き出してみると良いでしょう。

仕事がうまくいっていない原因が「経験不足」からなのか、「性格」からなのか、「人間関係」からなのか可視化した上で、その対策をとります。

実際に文字として書き出してみると、「大きな問題だ」と思っていたことが、「意外とたいしたことない」と思えるかもしれませんよ。

失敗から学ぶ

学生時代の試験とは違い、仕事は基本的にミスが許されません。とはいえ、ミスは誰にでもあります。そこで、大切なのは「何度も同じ失敗を繰り返さない」という失敗から学ぶ姿勢です。

同じ失敗を何度も繰り返さないためには、「成功パターン」を見つける必要があります。そのためには、マニュアルを見直したり、上司やうまくいっている同僚からアドバイスをもらったりするといいでしょう。

それが「ノウハウ」となります。このノウハウを基に「成功パターン」を見つけ、習慣化しましょう。

完璧主義をやめる

完璧主義の人は、「プライドが高い人」とも言えます。プライドが高いと、分からないことでも人に聞けなかったり、完璧を求める自分へのプレッシャーからリラックスして仕事ができなくなったりします。

そもそも、自分に対して必要以上のプレッシャーをかけたところで良い結果は得られません。なにより、なんでも「100点」を目指すような仕事のやり方ではスピードが遅いです。

まずは、「80点でいい」という気持ちで仕事をしましょう。それが、精神的な余裕につながり、結果、自分の持っているスキルや能力を最大限発揮することができると思います。

これは絶対ダメ!やってはいけない3つの事

仕事がうまくいかない時にやっていけないことがあります。それが次の3つです。

✔︎仕事がうまくいかない時に「やってはいけない事」
  • 暴飲暴食
  • 家でも仕事のことを考える
  • 人のせいにする

暴飲暴食

「仕事がうまくいかない」時にありがちなのが、この「暴飲暴食」です。お金は減りますし、健康への悪影響も考えられますので気をつけましょう。

「暴飲暴食」により、”一時的には”ストレスを解消できるかもしれません。しかし、「お酒を飲みすぎる」「”脂質”や”炭水化物”が多く含まれている物を食べ過ぎる」というのは、生活習慣病や肥満につながります。

健康に問題があれば、パフォーマンスは下がります。健康であれば出来たことが、出来なくなる可能性もあります。自ら健康を害してしまうのは本当にもったいないことなので、注意しましょう。

家でも仕事のことを考える

仕事がうまくいっていない時は、仕事の事ばかり考えてしまいがちです。ですが、家でも仕事のことを考えるのはやめましょう。家庭やプライベートの人間関係にも悪影響を与えてしまう可能性があります。

仕事のアイデアなどは、リラックスしている状態の時に思いつくものです。趣味や、好きなことをやって、頭の中をリセットする方がいいでしょう。

仕事のことで頭がいっぱいな時こそ、”意識的に”仕事のことを考えない時間を作るといいと思います。

人のせいにする

環境的な要因でミスをすることもあると思いますが、「人のせいにする」ことはやめましょう。他の人に”責任”や”イライラ”をぶつけても、状況が良くなることはありません。

また、人のせいにしていると「人間関係」を壊しかねません。「〇〇のせいだ!」とか「自分は悪くない!」という考えはやめましょう。

とはいえ、自分のことを責め過ぎないことも大切です。自己嫌悪が強くなり、仕事へのモチベーションが下がります。大切なことは、「同じ失敗を繰り返さないためにはどうしたらいいか?」を考えることです。

それでもうまくいかない時は「休む」

仕事がうまくいかないという事は、仕事に対するストレスやプレッシャーなどを抱えている可能性があります。そんな時は、趣味に没頭したり、旅行に行ったりと”リフレッシュするための時間”を取りましょう。

仕事を忘れる時間を意図的に作るためには「休むこと」が大切です。音楽を聴いたり、動画を見たり、友達と美味しいものを食べたりと、仕事以外のことに意識を向けましょう。

繰り返しになりますが、”リフレッシュした状態”であってこそ、仕事がうまくいくものです。

「転職」と「仕事がうまくいかない原因」の関係

どうしても今の仕事がうまくいかないという方は、「転職」を検討してみるのも良いでしょう。とはいえ、「転職」する前に確認すべきことが1つ。それは、「仕事がうまくいっていない原因の確認」です。

原因が「時間や納期にルーズ」「周囲とのコミュニケーションが苦手」など性格によるものである場合、転職しても同じ状況となってしまう可能性があります。

仕事がうまくいかない原因が「職場環境」や「人間関係」によるものである場合は、「転職」により改善されることが多いです。転職を決断する前には、「なぜ仕事がうまくいっていないのか」を考えましょう。

まとめ:自分だけが原因じゃない

「仕事がうまくいかない原因」は様々です。自分の性格に起因するケースもあれば、職場環境や人間関係に起因するケースもあります。

職場環境に原因があって仕事がうまくいかないケースは、自分だけではどうしようもありません。その場合の解決策は、「環境を変える」方向で動くしかないと思います。

まずは、仕事がうまくいかない原因をしっかり見極め、自分で解決できるものであれば改善していきましょう。それでも無理な場合は、その原因を解消できる条件で「転職」してみることをオススメします。

ABOUT ME
SUKEゴリ
「”時間”や”場所”に縛られない生き方」に憧れ、2022年3月末で今の仕事をやめる29歳。現在、web+でスキル習得中。「何事も捉え方次第」で頑張ってます。