不動産投資

コインランドリーを経営していく上で知っておきたいデメリット

コインランドリー経営のデメリットについて、どんなデメリットがあるのか興味があるのではないでしょうか。

共働き世帯が増える中、注目を浴びているのが、コインランドリー経営です。

あなたも、コインランドリー経営に興味があるが、デメリットがわからず開業を悩んでいませんか。

そこで、今回は、コインランドリー経営のデメリットに注目して紹介していきますので、ぜひ、コインランドリー開業の参考にしてみてください。

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/2038182?title=%E3%82%B3%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%80%80%E4%B9%BE%E7%87%A5%E6%A9%9F&searchId=115889991#

コインランドリー経営のデメリット「軌道に乗るまで利益は低い」

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/4434994?title=DEMERIT%EF%BC%88%E3%83%87%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%EF%BC%89%E6%96%87%E5%AD%97%E7%B4%A0%E6%9D%90&searchId=1360503198

コインランドリー経営を始めた初月に利益が最大になることはまずないでしょう。

コインランドリー経営で利益を上げるには、店が認知されリピータ―が増えることで、稼働率が上げり利益につながります。

店が顧客に認知されることも、リピーターが増えていくことも時間がかかるので軌道に乗るまでは利益が低くなります。

コインランドリー経営は、徐々に利益が上がっていくビジネスであることを理解しておきましょう。

コインランドリー経営のデメリット「売り上げは不安定」

コインランドリーは、店が認知されリピーターを獲得できても売り上げが一定になることはありません。

コインランドリーの売り上げを左右する要素
  • 天気
  • 機器の故障
  • 新しい競合店

特に、天気はコインランドリーの売り上げを大きく左右する要因の一つです。

雨が続けば、乾燥機の需要が伸び、逆に晴天が続いてしまえば売り上げは極端に落ちます。

そして、機器が壊れたり、新しい競合店ができることで顧客がながれてしまい利益が落ちることもあります。

コインランドリー経営のデメリット「所有地が最適とは限らない」

コインランドリー経営をする土地を決めるうえで、所有地が最適とは限らない。

コインランドリー経営に適した土地には、以下の条件が当てはまることをおすすめします。

コインランドリー経営に適した土地
  • 高校生以下の子供がいる4人以上の家族が多く住む住宅地
  • スーパーなどが近くある
  • 車を駐車しやすい土地

コインランドリーの利益は土地で大きく左右されるので、所有地が条件に合わない場合は無理に開業をするべきではありません。

逆に、コインランドリー経営に適した土地ならば家賃を支払っても利益につなられるビジネスです。

コインランドリー経営のデメリット「初期費用が高い」

店舗を借りてコインランドリー経営を行う場合、内装工事費や機械設備の購入費用など20坪程度の物件でも4,000万円~5,000万円程度初期費用がかかります。

所有地を利用し、機械設備の購入費用だけでも、半額の2,000万程度必要です。

アパート経営のように毎月一定額の家賃収入が入ってくるビジネスと違い投資額を回収できる確実性がありません。

成功するかわからない物に数千万払うとなるとリスクは少し高いかもしれませんね。

コインランドリー経営のデメリット「完全な無人経営ができない」

コインランドリーには、衣類や布団が頻繁に持ち込まれるためすぐに誇りが貯まってしまいます。

基本的には、コインランドリーの経営を無人経営にできますが、店内の清掃をする人が必要です。

顧客のターゲットのほとんどは、主婦層なので主婦たちは清掃されている綺麗な店舗を好みます。

不衛生な店舗では、「自分たちの身につけるものを洗いたくない」と多店舗にながれてしまい売り上げが下がる原因です。

コインランドリー経営のデメリット「競合がでやすい」

コインランドリー経営には、資格を必要としないことから誰でも参入できるので、競合が増えやすいです。

コインランドリーの顧客の多くは、一般的に店舗から半径2km圏内に住んでいるといわれています。

2km圏内の中に新たな店舗が現れてしまうと、顧客が簡単に奪われてしまうという特徴があります。

いかに、顧客が奪われないようにするか、他店を研究し差別化する対策が必要となってきます。

コインランドリー経営のデメリット「他店との差別化が難しい」

競合他店が現れた時に、顧客を奪われないようにするためには差別化必要です。

他店にない特殊なサービスを提供できれば、客を奪われないようにする対策ができます。

例えば、「ペット用品も洗える洗濯機」、「洗剤アレルギーの人を対象にアルカリイオン水で洗える洗濯機」を設置するなどです。

しかし、設備などで差別化しても実際は、真似されやすく、価格競争に巻き込まれやすい特徴があります。

コインランドリー経営のデメリット「進化が早い」

洗濯機や乾燥機といった機器がサービスを行うことから、最新機種の方が良いサービスが提供できます。

新しく現れた競合店が最新機種を導入しているとその店舗の方がサービス内容は良くなる傾向があります。

コインランドリー経営は、競合が現れやすく、差別化も難しいだけではありません。

すぐに最新機種による新しいサービスが登場してしまい勝ち残ることがきついビジネスともいえるでしょう。

コインランドリー経営のデメリット経営の要素が強すぎる

コインランドリー経営は「不動産投資」と「ビジネス」の両方の側面を持ってます。

しかし、実際は不動産投資と言うより、ビジネス面が強く普通の客商売と同じで、難易度は高いです。

顧客のニーズを把握したうえで、それに応えていく経営努力をしなければ勝ち残れません。

売上が伸び悩めば、その理由を考え対策し、集客方法や提供するサービス、店舗の管理方法等の改善案を考える努力が必要です。

コインランドリー経営のデメリットまとめ

コインランドリー経営のデメリットに、フォーカスを当て解説してきました。

確かに、コインランドリー経営は共働きが多い現代社会において、注目を集めているビジネスといえるでしょう。

しかし、コインランドリー経営がビジネスである以上メリットだけではなくデメリットも存在します。

もし、あなたがコインランドリー経営に興味を持っているなら、まず、デメリットをしっかりと把握することが大切ですので、この記事を参考に役立ててみてください。

 

ABOUT ME
web+運営部
web+(ウェブタス)運営部です。web+運営部には、アフィリエイト・ライティング・コピーライティング・SEO・Webマーケティングの専門家が複数います。コンテンツのライターは全員フリーランスを3年以上経験した者や別のメディアを運営している者のみで作成しております。