Wi-Fi

リモートワークのメリットを8つ紹介!【業務の生産性を上げよう】

新型コロナウイルスが流行してから働き方は大きく変わり、リモートワークが急速に広まりました。

しかし、リモートワークのメリットが理解できず、未だに導入できていない企業も多く存在します。

そこで本記事では、リモートワークのメリットを企業側と従業員側の2つの視点で解説していきます。

リモートワークのメリットを理解し、柔軟な働き方ができる体制を目指していきましょう!

アイキャッチ画像出典:https://winnova.net/wp-content/uploads/2021/11/1-4.webp

企業側のメリット①リモートワークでコストを削減!

https://pixabay.com/ja/photos/ユーロ-思われる-お金-870757/

リモートワークを導入することによる企業側のメリットの1つ目は「コストを削減できること」です。

社員が通勤する必要がなくなると「交通費」や「出張費」といった通勤費用を削減することができます。

さらに、オフィスに出勤する社員が少なくなると「光熱費」や「設備代」などのオフィスに関するコストも削減できます。

印刷するものが減ると「印刷代」の削減も可能ですので、浮いたお金をテレワーク用の福利厚生や手当として社員に還元していきましょう!

企業側のメリット②リモートワークなら多様な人材を雇用できる

https://pixabay.com/ja/illustrations/手-握手-会社-高層ビル-1063442/

企業側のメリットの2つ目は「多様な人材を雇用できること」です。

リモートワークによってオフィスに出勤する必要がなくなると、働く場所の制約がなくなります。

出勤時間が減った分、プライベートの時間が増えますので、ワークライフバランスを重視する優秀な人材を採用することができます。

また、フレックスタイム制を導入して勤務時間の制約もなくすことで、社員一人ひとりの働き方に柔軟に対応でき、離職防止にもつながりますよ!

企業側のメリット③非常時でもリモートワークができる

企業側のメリットの3つ目は「非常時でも勤務を継続できること」です。

大規模な地震や新型コロナウイルスの影響で業務が止まってしまい、困った経験をしたことはないでしょうか。

リモートワークであれば家にいながら業務を続けることができるうえに、情報の提供も遠隔でできるので被害も最小限に抑えられます。

いつ何が起こるか分からない中でも業務を続けていくために、リモートワークを導入してみてはいかがでしょうか。

企業側のメリット④企業のブランド価値が向上する

企業側のメリットの4つ目は「企業のブランド価値が向上すること」です。

リモートワークは政府が推進しており、コロナ禍においてリモートワークを導入している企業には良い印象を受ける人が多いでしょう。

リモートワークを導入することで、変化に対して柔軟に対応できる企業だと評価され、ブランド価値を高めることができます。

従業員への理解がある企業としてアピールすることもでき、優秀な人材が集まりやすくなりますよ!

従業員側のメリット①リモートワークで通勤の必要なし

続いては従業員側のメリットについて解説します。1つ目は「通勤の必要がないこと」です。

会社でしていた業務を家でもできるようになると、会社に出勤する必要はなくなります。

そうすると、通勤時間や交通費が削減できるほかに、満員電車でのストレスも感じることがなくなるので、業務の生産性向上にもつながります。

ワークライフバランスを重視したい人は、通勤の手間がかからないリモートワークを導入している企業に転職してみてはいかがでしょうか。

従業員側のメリット②好きな時に好きな場所で働ける

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%e3%82%aa%e3%83%95%e3%82%a3%e3%82%b9-%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%88-%e3%83%a1%e3%83%a2%e5%b8%b3-620817/

従業員側のメリットの2つ目は「好きな時に好きな場所で働けること」です。

殺風景なオフィスで長時間働くよりも、景色を見ながら働いたり落ち着ける環境で働いたりしてみたいと思いませんか。

リモートワークであれば場所にとらわれることなく勤務できるため、自分で働きたい場所を選ぶことができるのです。

また、フレックスタイム制を導入して勤務時間の制約もなくすことで、働きたい時間も自分で選ぶことができます。

従業員側のメリット③プライベートの時間が充実する

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%e5%a5%b3%e6%80%a7-%e5%a5%b3%e3%81%ae%e5%ad%90-%e8%87%aa%e7%94%b1-%e3%83%8f%e3%83%83%e3%83%94%e3%83%bc-591576/

従業員側のメリットの3つ目は「プライベートの時間が充実すること」です。

通勤する時間がなくなると、その分プライベートの時間が増えることになります。

また、好きな時に好きな場所で働けるようになると、リラックスした状態で働くことができ、プライベートでの生活の質も向上します。

プライベートの時間を増やし、ストレスのない生活を送ることができるのもリモートワークの特徴の1つです!

従業員側のメリット④空き時間を自己投資に費やせる

出典:https://pixabay.com/ja/photos/お金-家-コイン-投資-仕事-2724238/

従業員側のメリットの4つ目は「空き時間を自己投資に費やせること」です。

プライベートの時間が増え、通勤にかけていたコストも削減されることで、自分を高めることに時間をお金を費やすことができるようになります。

例えば、本を読んで資格の取得に励むことができますし、ブログやYouTubeを始めて副業をすることもできます。

ぜひ、リモートワークを導入して生み出せた時間とお金を有効活用してくださいね。

すぐにリモートワークを始めたい時にオススメのツール

ここまででリモートワークのメリットを会社側と従業員側の2つの視点から解説してきましたが、「今すぐリモートワークを始めたい!」という方にオススメのツールを2つ紹介します。

Zoomミーティング

リモートワークをするためにはWeb上で会議ができる環境を整える必要があります。そこでオススメしたいツールが「Zoomミーティング」です。

1つのWeb会議に最大で1,000人まで同時に参加することが可能で、最大で49の画面を共有することもできるので、大規模で多拠点の会議をしたい人にはオススメです。

また、データを送る時に暗号化されるため、安全にデータを転送できます。

ジョブカン勤怠管理

リモートワークになると社員の勤怠状況を把握することが難しくなります。そこでオススメしたいツールが「ジョブカン勤怠管理」です。

導入実績は4万社以上にのぼり、業界・業種問わず幅広い企業で採用されています。

ジョブカン勤怠管理は、勤怠管理のみならず、休暇の申請や工数の管理、所定労働時間を超えると報告するアラート機能も搭載しており、1つのツールで多くの機能を使いたい人にはオススメです。

さらに外国語にも対応しているので、外国人労働者の多い企業でも大いに活用できます。

リモートワークを導入して生産性を向上させよう!

新型コロナウイルスが流行してから未来の予測は難しくなり、働き方に対する考え方も大きく変わりました。

リモートワークを導入することで、いつどこで何が起こるか分からない自然災害に対しても柔軟に対応でき、業務を続けることができます。

また、通勤する必要もなくなるため、通勤時間や交通費、さらにはストレスも抑えることができ、プライベートの時間を充実させることもできます。

リモートワークによって柔軟な働き方を実現させ、生産性を上げる働き方を目指していきましょう!

ABOUT ME
けいと
けいとと申します。就活を終えた大学4年生です。就活を通して会社員一本で人生を歩むことに危機感を感じました。そこで、会社に頼らず、自分で稼ぐ力を身につけるために、ライターとして副業を開始しました。来年の6月には月10万円ほど稼げることを目標にしています。