研修

「おすすめのWi-Fiルーター」後悔しないための選び方!

Wi-Fiルーターの選び方で後悔しないためにも、おすすめのWi-Fiルーターを紹介します。

最近のWi-Fiルーターは、種類機能も豊富で選ぶのが大変なんですよね。

でも大丈夫です。今回はタイプ別におすすめのWi-Fiルーターを、ピックアップしてみました。

自分に合ったWi-Fiルーターを知って、ぜひ参考にしてみてください。

(アイキャッチ画像出典:https://pixabay.com/ja/illustrations/%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%88-%e7
%84%a1%e7%b7%9alan%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%b3%e3%83%b3-3269652/)

【Wi-Fiルーターの選び方】確認しておきたいこと

(出典:https://pixabay.com/ja/illustrations/%e7%9b%a3%e6%9f%bb-%e5%a0%b1%e5%91%8a-%e6%a4%9c%e8%a8%bc-%e6%8b%a1%e5%a4%a7%e9%8f%a1-4576720/)

Wi-Fiルーター選びの前に、あなたの環境や状況を確認しておきましょう。これを知らないと、後で後悔することになります。

Wi-Fiルーターの選び方
  • 利用人数と接続台数
  • 間取り
  • 設置場所

利用人数と接続台数

Wi-Fiルーターによって、利用人数接続台数に限りがあります。

接続台数は、スマホやパソコン、ゲーム機などといった通信機器の数です。家族で利用する場合には、全体の通信機器の数も確認しておきましょう。

間取り

ワンルームや2DK、戸建てなど使用する環境によって、ルーターの電波がどこまで届くかを知る必要があります。

スマホの通信エリアと同じで、都心がワンルーム・田舎が戸建てだとイメージしてもらえれば戸建が、繋がりにくいのも納得ですよね。

設置場所

ルーターを設置する場所は、部屋や家の中心にすることがもっともおすすめです。

家の隅に設置する場合は今の間取りよりも、1ランク広い場所に対応したルーターを選ぶようにしましょう。

Wi-Fiルーターの特徴

(出典:https://pixabay.com/ja/illustrations/iphone-%e3%83%9e%e3%83%83%e3%82%af-ios-4699057/)

Wi-Fiルーターの特徴を知っておくと、「通信速度が遅い」原因を解決することができます。しっかりと理解しておきましょう。

Wi-Fiルーターの特徴
  • 通信規格
  • 2つの周波数帯の使い分け

通信規格

最新のWi-Fiルーターは、Wi-Fi6(11ax)という規格です。速度を重視しないなら、Wi-Fi5(11ac)という規格で十分です。

通信規格 Wi-Fi4(11n) Wi-Fi5(11ac) Wi-Fi6(11ax)
通信速度 600Mbps 6,900Mbps 9,600Mbps

上記の表からWi-Fi4(11n)だけは他の通信規格と比べて、格段に遅いことが分かるので避けることをおすすめします。

2つの周波数帯の使い分け

周波数帯は、5GHz帯2.4GHz帯の2つの周波数に分けられます。

5GHz帯は通信速度が速く、他の通信機器の干渉を受けにくいです。

2.4GHz帯は壁などの障害物に、遮られていても電波が届きます。

5GHz帯と2.4GHz帯をあなたの使用状況によって、使い分けられるようにしましょう。

【Wi-Fiルーターの機能】さらに快適に

(出典:https://pixabay.com/ja/photos/%e6%88%90%e5%8a%9f-%e6%9b%b2%e7%b7%9a-%e7%9f%a2%e5%8d%b0-%e3%82%aa%e3%83%b3%e3%81%ab%e3%81%99%e3%82%8b-2917048/)

Wi-Fiルーターの機能が理解できれば、自分に合ったものを選びやすくなります。どんな機能が欲しいか、よく考えながら読んでください。

Wi-Fiルーターの機能
  • ビームフォーミング
  • Ipv6
  • MU-MIMO
  • オートチャネルセレクト

ビームフォーミング

ビームフォーミングとは、指定した通信機器に優先して電波を伝える機能の事です。

例えば普段使用しているスマホを指定すれば、他の通信機器より家のどこにいても繋がりやすくなります。

より安定した通信環境を求めているなら、ぜひとも欲しい機能になります。

Ipv6

Ipv6とは、過去の「Ipv4」よりさらに新しくなった通信規格の事です。

最新の規格なので、Ipv6を選んでおけば間違いありません。通信速度がより安定するようになったとだけ、覚えておきましょう。

MU-MIMO

MU-MINOとは、複数の通信機器との同時接続をしたまま通信速度が、安定するようになった機能の事です。

過去のWi-Fiルーターでは、同時接続をした場合に1つの通信機器にしか対応せず、1対1の通信になっていました。

例えば欲しい商品を購入するために、順番待ちをしていたとします。それがわざわざ列に並ばなくても、欲しい商品を購入できるようになった感じです。

オートチャネルセレクト

オートチャネルセレクトとは、5GHz帯と2.4GHz帯を自動で切り替える機能の事です。

5GHz帯で通信機器が1度にたくさん接続されていたら、空いている2.4GHz帯に勝手に移動してくれます。

細い道にたくさんの人が同時に通ろうとしたら、歩きにくいですよね。それを回避するために、違う道を選んで快適に歩く感じです。

【おすすめのWi-Fiルーター】コスパ最強

間取り 4LDK/3階建て
5GHz帯/2.4GHz帯 867Mbps/300Mbps
利用人数と接続台数 5人/15台

コスパ最強は、このルーターです。ビームフォーミング・Ipv6・MU-MIMO・オートチャネルセレクトの4つの機能すべてが備わっています。

4,370円という価格で、4つの機能すべてが備わっているのは凄すぎです。

さらに、専用アプリ「Aterm スマートリモコン」をダウンロードすると、接続中の端末を見ることができます。

接続を拒否することもできるので、家族でも安心ですね。価格を抑えたいけど機能も欲しい人は、これ1択です。

【おすすめのWi-Fiルーター】1人暮らし向け

間取り 3LDK/2階建て
5GHz帯/2.4GHz帯 866Mbps/300Mbps
利用人数と接続台数 4人/12台

1人暮らし向けは、このルーターです。ビームフォーミング・Ipv6・MU-MIMOの3つの機能が備えられています。

3,480円という圧倒的な価格で、この性能は驚かされます。オートチャネルセレクトの機能はありませんが、1人暮らしならあまり気にしなくてもいいでしょう。

通信速度は、他のWi-Fiルーターと比べると遅めですが、とにかく安く購入したい人におすすめです。

【おすすめのWi-Fiルーター】家族向け

created by Rinker
バッファロー
¥7,280
(2022/12/06 10:31:45時点 Amazon調べ-詳細)

間取り 3LDK/2階建て
5GHz帯/2.4GHz帯 1,201Mbps/573Mbps
利用人数と接続台数 5人/14台

家族向けは、このルーターです。ビームフォーミング・Ipv6・MU-MIMO・オートチャネルセレクトの4つの機能すべてが備わっています。

さらにこのルーターでは、60日間無料で使えるセキュリティ機能が付いてきます。特に小さなお子さんのいる家庭では、必須ですよね。

通信規格も最新のWi-Fi6(11ax)なので、快適に使用できるかと思います。利用人数の多い家族には、特におすすめです。

【おすすめのWi-Fiルーター】ゲーマー向け

間取り 4LDK/3階建て
通信速度 4,804Mbps/574Mbps
接続台数 80台

ゲーマー向けは、このルーターです。ビームフォーミング・Ipv6・MU-MIMO・オートチャネルセレクトの4つの機能すべてが備わっています。

なんといっても通信速度が4,804Mbpsもあるので、オンラインゲームでも安心です。

このルーターは、アンテナが6本もあり高速で安定した通信を実現しています。

オンラインゲームをするなら、通信速度がと言っても過言ではありません。ゲーマーなら特におすすめです。

【おすすめのWi-Fiルーター】中継器が必要になる場合も

Wi-Fiルーターと通信機器の距離が遠いと、電波は弱くなってしまいます。そんな時は、中継器の購入を検討してみましょう。

中継器を導入することで、遠い距離でも電波を届けられるようになります。Wi-Fiルーターを設置する場所が遠い場合には、大活躍します。

中継器には、コンセントタイプ据え置きタイプの2種類があります。

「Wi-Fiルーターを使ってみたけど、距離が遠くて電波が弱い」と思った場合におすすめです。

【まとめ】Wi-Fiルーター選びは宝探しそのもの

(出典:https://pixabay.com/ja/photos/%e5%ae%9d%e3%81%ae%e5%9c%b0%e5%9b%b3-%e3%83%8a%e3%83%93%e3%82%b2%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3-%e5%9c%b0%e5%9b%b3-1850653/)

今回は、Wi-Fiルーターの選び方おすすめのルーターを紹介しました。この記事の内容をまとめたので振り返ってみましょう。

ポイント
  • Wi-Fiルーター選びの前に、自分の環境や状況を確認
  • 「通信速度が遅い」原因を解決するために、Wi-Fiルーターの特徴を理解するべき
  • Wi-Fiルーターの機能が分かれば、最適なルーターを選びやすくなる
  • 電波が弱い場合には、中継器の導入を検討

最近のWi-Fiルーターは、種類も機能も増えてきて選ぶのが難しくなってきています。

だからこそあなたの環境や状況、欲しいと思う機能などを考えて、納得のできるWi-Fiルーターを見つけ出しましょう!