研修

【2022年最新】Wi-Fiルーターおすすめ商品をご紹介!

Wi-Fiルーターを購入する際には、利用する家やオフィスに最適な商品を選ぶことをおすすめします!

複数人や間取りの多い家で利用する場合、ネット速度が落ちるなど心配になることがありますよね。

でも、Wi-Fiルーターは家電量販店にたくさんあって、機能が豊富なものは価格が高くどれを選べば良いか悩みます。

そこで当記事では、Wi-Fiルーターの嬉しい昨日について解説して、おすすめの商品をご紹介していきます。家電量販店やネット通販でお買い求めの際には当記事をチェックしましょう!出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/1843423#goog_rewarded

目次
  1. Wi-Fiルーター機能のおすすめな選び方とは
  2. どのWi-Fiルーターを選ぶと良いのか?
  3. 通信をさらに快適にする機能をチェック
  4. Wi-Fiルーターを選ぶ際に悩むこととは?
  5. 絶対選ぶべきおすすめWi-Fiルーター人気メーカーをご紹介!
  6. 一人暮らしユーザー必見!低価格おすすめルーター紹介!
  7. 家族ユーザー必見!おすすめWi-Fiルーター紹介!3選
  8. ゲーミングユーザーは必見!おすすめWi-Fiルーター紹介!
  9. まとめ 自宅に合った最適なおすすめWi-Fiルーターを選ぶ

Wi-Fiルーター機能のおすすめな選び方とは

ネットでWi-Fiルーターを検索すると、機能が豊富に搭載されたWi-Fiルーターがあります。

では、Wi-Fiルーターを探す際にどのようなポイントを意識して探していけば良いのでしょか。

ここでは次のポイントを意識して最適なルーターを探していきましょう。

  1. 自宅の間取り
  2. 同時接続
  3. 通信規格

それぞれの最適なルーターの選択ポイントについて解説していきます。

選び方① 自宅の間取り

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/22457973#goog_rewarded

自宅はそれぞれ部屋数や間取りが異なります。Wi-Fiルーターはそれぞれの部屋数や間取りに合わせた最適なスペックを選ぶのが良いでしょう。

家電量販店で扱っているWi-Fiルーターについて次のような間取りで販売されています。

  • 4LDK/3階建向け
  • 3LDK/2階建向け
  • 2DK/1階建向け
  • ワンルーム向け

上記のように、自宅の間取りに合わせて最適なWi-Fiルーターを選んでいきましょう。

選び方② 利用人数に応じた可能な同時接続

Wi-Fiによっては同時接続できる台数は限られます。そのため接続するデバイスの台数に応じて選ぶのがおすすめです。

Wi-Fiルーターは製品によって同時接続台数が10台のものから、100台と繋がるものまで幅広くあります。

所持している台数に合わせて最適なWi-Fiルーターを選ぶのがおすすめです。

選び方③ 通信規格を確認

通信規格とは、「IEEE ○○」といった表記で記載されているものを指します。Wi-Fiの性能ともいえるもので、世代が進むと通信速度もとても高速です。

他にも通信規格の名前があります。詳細については次の通りです。

年数 新呼称 通信規格 通信速度
2019年 Wi-Fi6 IEEE 802.11ax 9.6Gbps
2013年 Wi-Fi5 IEEE 802.11ac 6.9Gbps
2009年 Wi-Fi4 IEEE 802.11n 600Mbps
2003年 IEEE 802.11g 54Mbps

最近では「Wi-Fi5(11ac)」「Wi-Fi6(11ax)」といった通信規格は販売されており、5~10Gbpsほどの超高速の回線を利用できるのが特徴です。

どのWi-Fiルーターを選ぶと良いのか?

Wi-Fiルーターを選ぶ際には、自分の家やオフィスに合った機能を選ぶことが大切です。

どんなに良い機能が搭載されているWi-Fiルーターを選んでも、上手に使えなければ無駄遣いになることも。

そこで、ここでは選ぶ際には次のポイントを意識して選びましょう。

  1. 間取りに合うアンテナ数
  2. 最新のWi-Fiがおすすめ
  3. 嬉しい便利機能の数々

上記のポイントについて、それぞれ解説していきます。確認しましょう。

ポイント① アンテナ数の多いモデルを選ぶ

Wi-Fiルーターにはアンテナが搭載されています。アンテナとは、データの送受信を行うために必須なアイテムです。

自宅の間取りや利用人数によって最適なアンテナ数を選んでいきます。また、コツとして自宅の種類に応じて選んでいきます。

また商品の説明欄に次のように記載されています。確認していきましょう。

  • 2LDKマンションにお住まい・・・3LDK向けモデルを選択
  • 3LDKマンションにお住まい・・・4LDK向けモデルを選択

今お住まいの間取りのワンランク上のものを選ぶと快適なネットライフを過ごせるのです。

戸建てにお住まいの方は、商品に記載されている対応している間取りを確認ししていきます。

ポイント② 今最新のWi-Fi6対応モデルを選ぶ

最新の通信規格として、「Wi-Fi6」対応モデルが販売されています。この通信規格は最大通信速度として9Gbpsという超高速のネットワークを利用できるのが特徴です。

Wi-Fi6を選ぶメリットとは

  • 9Gbpsを超える通信速度
  • 消費電力を抑えられる
  • 複数同時に強い

1個前のモデルは「Wi-Fi5」の通信規格があります。こちらは5Gbpsと最新のものと比較すると速度は劣りますが、それでも高速ネットワークを利用できます。

ポイント③ うれしい便利機能を活用

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/1245586#goog_rewarded

Wi-Fiルーターを選ぶ際に、必須ではないものの、搭載してあればとても便利になる機能があります。

どんな機能かは次のとおりです。

  • MU-MIMO
  • ビームフォーミング
  • バンドステアリング/オートチャネルセレクト
  • IPv6

上記の便利機能はWi-Fiルーターを選ぶ際に必ずチェックしたい機能です。

通信をさらに快適にする機能をチェック

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/22497059#goog_rewarded

Wi-Fiルーターを選ぶ上で便利機能は必ずチェックしていきたいものです。

そこで、ここでは絶対選んでほしい便利機能を確認していきましょう。

便利機能① ビームフォーミング 特定の端末へ電波を飛ばす

ビームフォーミングとは、Wi-Fiの電波を特定の方向に向かせる機能です。

ビームフォーミングのメリット

  • Wi-Fiルーターから離れても高速通信ができる。
  • 位置情報で端末を検知し、その方向へ電波を飛ばすため安定的なネット環境になる。
  • 壁や家具などの障害物の影響を受けにくい。

一軒家や部屋が多いマンションタイプでは、どうしてもWi-Fiルーターから離れてネットを利用することが多いものです。

その解決策として、ビームフォーミングに対応しているWi-Fiルーターを購入していきましょう。

便利機能② MU-MIMO ネット通信速度の低下を防ぐ

複数のデバイスを同時に利用しても、ネット速度が落ちないMU-MIMO機能がとても便利です。

MU-MIMOのメリット

  • スマホやタブレット、パソコンなど複数の端末に接続できる。
  • 同時接続しても速度は落ちない

従来のWi-Fiルーターでは、同時接続するとネット速度が落ちてしまう現象が起きましたが、MU-MIMO機能搭載のWi-Fiルーターでは落とさずに快適なネット環境を整えられます。

便利機能③ IPv6 ネット混雑を改善する

IPv6ではどんな時間帯でもネット回線を快適に利用できます。

IPv6のメリット

  • 次世代の新しいIPアドレスで、回線の混乱を防止できる。
  • 利用者が多い時間帯でも快適なネット環境を楽しめる

従来ではIPv4方式でIPアドレスが自動的に振られていましたが、数に限りがあり現在ではIPアドレスの”供給不足”が叫ばれていました。

そこでIPv6が誕生し、IPアドレスの枯渇問題を解消し現在では快適なネット回線を利用できます。

便利機能④ オートチャネルセレクト 快適な環境を自動選択

オートチャネルセレクトとは使用するチャネルを自動的に切り替える機能です。

Wi-Fiは周波数帯によって通信速度が異なりますが、例えば高速ネットワークが使える5GHz帯が多く使われていると通信速度が落ちてしまいます。

そのため、混雑していない周波数帯に自動的に切り替えて最適な通信速度になるようルーター側で調整してくれるのです。

Wi-Fiルーターを選ぶ際に悩むこととは?

Wi-Fiルーターは便利機能も良いけど、やっぱりコスパを意識するものですよね。そこでWi-Fiルーターを選ぶ際に思う悩みについてまとめました。

Wi-Fiルーターを選ぶときに悩むこと
  • 安いWi-Fiルーターを選んではダメ?
  • 5GHzや2.4GHzの違いとは?
  • Wi-Fiルーターはどこに設置する?
  • マンションの場合にはどんなWi-Fiルーターが良い?
  • 最近話題のWi-Fi6は速いの?

ではWi-Fiルーターを探すときに生まれる疑問についてここでは解説していきましょう。

悩み① 安いWi-Fiルーターを選んではダメ?

出典:https://www.photo-ac.com/auth/sso_login?redirect_to=%2Fmain%2Fdetail%2F23042363&ssoToken=Qy2GNlYVKzFv9mlM6BnnUxPZg98G

選ぶ際にはとにかく安いWi-Fiルーターを選びたいものですよね。

ただし、安いWi-Fiルーターだと次のようなデメリットがあります。

  • 通信規格が古い。
  • 同時接続台数が少ない。
  • 便利機能がない。

格安のWi-Fiルーターでもスペックの良いものはありますが、中には使い方次第で不便さを感じるものもあるでしょう。

快適なネット接続を行っていくには、最適なWi-Fiルーターを選択することが大切です。

悩み② 5GHzや2.4GHzの違いとは?

Wi-Fiルーターの商品には、「5GHz」や「2.4GHz」という用語を目にします。

5GHzとは近距離にある通信端末機に高速なデータ通信が可能になり技術を指します。。壁などの障害物には弱いため、ルーターの配置は慎重に行っていく必要があります。

その他に2.4GHzがありますが、障害物に強く遠方の通信端末機まで電波を飛ばせます。遠くに飛ばせる分、通信速度は落ちるのが特徴的です。

快適な通信ライフを過ごしたい場合には、5GHzがあるWi-Fiルーターを選んでいきましょう。

悩み③ Wi-Fiルーターはどこに設置する?

Wi-Fiルーターから発する電波は基本的に直接に進んでいきます。そのため障害物があるとどうしても電波が弱くなり通信速度も下がる傾向が強いのです。

したがって、理想的な配置位置があります。その位置についてしっかり把握していきましょう。

理想的な配置とは

  • なるべく部屋の中央付近
  • 高さは1~2m

高い位置に設置すると、障害物は少なく電波もより届きやすくなります。ぜひお試しください。

悩み④ マンションの場合にはどんなWi-Fiルーターが良い?

現在では首都圏を中心にマンション住まいの方も多くなりました。Wi-Fiルーターの中にはマンション向けのものも売られています。

マンション向けのWi-Fiルーターには次のメリットがあります。

マンション向けのWi-Fiルーターメリット

  • 戸建てよりハイスペックなものが多い。
  • 鉄筋やコンクリートに強い。

そのため、できる限り高い性能を持ったWi-Fiルーターを選択しましょう。

悩み⑤ 最近話題のWi-Fi6は速いの?

新しい通信規格として対応していることが多いWi-Fi6ですが、通信速度が速いことで有名です。

Wi-Fi6の導入メリットとは

  • 旧モデルのWi-Fi5と比較して約1.4倍に速度が向上。
  • オンラインゲームやテレワークなどに強い。

オンラインゲームやテレワークに強いWi-Fiルーターが多く売られています。利用シーンに合わせて選んでいくと良いでしょう。

絶対選ぶべきおすすめWi-Fiルーター人気メーカーをご紹介!

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/5096304

Wi-Fiルーターはメーカーにも気を配りたいところです。家電量販店でもいくつかのメーカーからWi-Fiルーターが売られています。

絶対選ぶべき人気メーカー
  • 有線や無線LANに強いBUFFALO(バッファロー)
  • 個人や企業に強いNEC
  • 幅広いパソコンや周辺機器を扱うELECOM(エレコム)

では、Wi-Fiルーターでチェックすべき人気メーカーについてご紹介していきましょう。

有線や無線LANに強いBUFFALO(バッファロー)

BUFFALOはパソコン周辺機器に強いメーカーです。主に次の製品を販売しています。

  • 有線・無線LAN
  • HDD・SSDといったストレージ製品

Wi-Fiルーターはもちろんのこと、外部ハードディスクなどの販売も行なっているので人気の高いメーカーです。

また、BUFFALOではWi-Fiルーターで多くの商品を販売しています。

  • 最新のWi-Fi6ルーター
  • 旧型のWi-Fi5やWi-Fi4も幅広く取り扱い

高速ネット環境を整えたいユーザーにはBUFFALOをおすすめします。

個人や企業に強いNEC

NECでは次のようなさまざまなユーザーや法人に対して販売提供を行なっています。

  • 個人
  • 企業
  • 官公庁など

国の機関への製品提供を行なっているので、幅広いユーザーからも人気があります。

またNECといえば、「Aterm」。人気の高い商品で、多くのユーザーが愛用している製品です。

NEC「Aterm」の人気の凄さといえば、次の通りです。確認していきましょう。

  • 高速ネットWi-Fi5やWi-Fi6を利用できる
  • 8×8アンテナ搭載で遠くの端末まで届く

通信速度に強いメーカーです。高速ネットワークを利用したい際にはNEC製品が便利でしょう。

幅広いパソコンや周辺機器を扱うELECOM(エレコム)

パソコン周辺機器で多彩な商品を販売しているのがELECOMです。

  • ネットワーク
  • メモリ
  • ストレージ
  • マウス・キーボードなど

パソコン以外ではELECOMで揃えられるほどの種類を販売しています。また周辺機器以外にも持ち運ぶためのバッグやノートPCスタンドも製品販売しているのが特徴です。

Wi-Fiルーターでは、独自の便利機能を搭載しています。広いエリアをカバーしている「e-Mesh」もその一つです。

一人暮らしユーザー必見!低価格おすすめルーター紹介!

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/4106071#goog_rewarded

一人暮らしのユーザーはできればリーズナブルな価格でWi-Fiルーターを購入していきたいでしょう。

そこで、ここではおすすめしたいWi-Fiルーターについてご紹介していきます。

おすすめしたいWi-Fiルーター
  • BUFFALO「AirStationWSR-1166DHPL2」
  • BUFFALO「AirStationWSR-3200AX4S」

上記のそれぞれのWi-Fiルーターについて、確認していきましょう。

低価格でネット通信!「AirStationWSR」

低価格で高速なネットワークを利用したい方におすすめの商品です。

  • リーズナブルな価格
  • 高速な通信規格「11ac」でテレワーク活用にも最適
  • MU-MIMO搭載で複数の端末接続でも、通信速度は落とさずに快適利用

一人暮らしでも快適なネットワーク環境を整えられるのが特徴です。

想定する利用シーン

  • 動画配信サイトの視聴(YouTubeやアマゾンプライムなど)
  • リモートワークやオンライン会議など

また、YouTubeや音楽などをより楽しみたい方にもおすすめで、テレワークでも問題なく使えます。

Wi-Fi6で快適なネット!「AirStation」

【最大5,000円OFFクーポン★2月1日★店内全品対象】無線LANルーター Wi-Fiルーター バッファロー BUFFALO AirStation WSR-3200AX4S-BK ブラック 無線LAN規格:IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax Wi-Fi6対応 [WSR3200AX4SBK] 4981254056691

安定した高速環境を整えたいユーザーにおすすめの製品なのです。

  • Wi-Fi6対応で高速通信が可能
  • 5GHz帯に強く、動画配信もサクサク視聴できる
  • ハイパワーアンテナを搭載し、広範囲に電波が届く

部屋のどこでも高速通信で動画などを楽しみたいユーザーは必見です。

想定する利用シーン

  • 動画配信サイトの視聴
  • 大容量なデータ送受信など

また動画配信サービスで常に安定した通信環境で視聴が可能。大容量なデータ送受信もできるので、家での仕事にもぴったりです。

家族ユーザー必見!おすすめWi-Fiルーター紹介!3選

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/22647085#goog_rewarded

家族でインターネットを楽しむのは当たり前の時代になりました。今ではテレビで動画配信サイトを視聴する時代です。

そこで、家族で快適にネットライフを楽しむために最適なWi-Fiルーターについてご紹介していきます。

一軒家・家族向けのおすすめWi-Fiルーター
  • NEC「AtermWG2600HP4PA-WG2600HP4」
  • TP-Link「AX1800ARCHER-AX20」
  • ELECOM「WRC-2533GST2」

上記、それぞれのWi-Fiルーターの特徴について解説していきます。

複数人で利用可!「Aterm」

中継機としても役割を果たすおすすめのWi-Fiルーター商品です。また次のポイントも確認しましょう。

  • 中継機能でどこでも安定通信
  • MU-MIMO搭載で何台でも同時接続ができる
  • NEC独自機能「ハイパワーシステム」で壁の多い間取りに強い

間取りが多い一軒家でも通信速度を落とさずに高速なネットワークを体験できます。また中継機として利用できるので、安定さには抜群の自信!

独自システム「ハイパワーシステム」で広範囲で高速ネット通信が可能です。

アプリで簡単接続!TP-Link「AX1800ARCHER」

アプリで簡単に接続ができ、煩わしい作業が苦手なユーザーにおすすめです。

  • 専用アプリで簡単接続
  • Wi-Fi6に対応しており、高速ネット通信が可能
  • 大容量のデータ送受信ができるので、テレワーク会議やオンラインゲームにも最適

「接続が面倒でどうしよう」そんなお悩みの方は「AX1800ARCHER-AX20」で解決です。専用アプリで初期設定なども簡単に行えます。

面倒な初期設定はどうしても避けたいもの、その願いに応えたWi-Fiルーターです。また、他にも次のような便利機能があります。

おすすめする便利機能

  • 大容量のデータ送受信ができる。(テレワークやオンラインゲームにも最適)
  • MU-MIMO搭載

大容量のデータ送受信ができるので、テレワーク会議やオンラインゲームも問題なくできます。MU-MIMO搭載しているので何台でも接続できるのでおすすめです。

4Kを気楽に楽しめるELECOM Wi-Fiルーター

4Kテレビを楽しみたいユーザーには「WRC-2533GST2」がおすすめです。

  • Wi-Fi5に対応で、安定した高速通信が可能。
  • 独自システムで、広範囲への電波が飛びどこでも通信ができる。

メーカー独自システムで電波を広範囲に飛ばすことができ、どこでもネット通信が楽しめます。

Wi-Fi5対応で高速のネットワーク環境ができ、動画視聴も問題ありません。

複数接続ができ、4Kテレビなどを視聴したい方は「WRC-2533GST2」がおすすめです。手軽にWi-Fi高速通信を楽しみたい方には必見です。

ゲーミングユーザーは必見!おすすめWi-Fiルーター紹介!

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/23236766#goog_rewarded

オンラインゲームやネットゲームのユーザーは特にスペックの高いWi-Fiルーターを求めているでしょう。

ここでは、大容量の送受信やネット環境に強いWi-Fiルーターについてご紹介していきます。

オンラインゲームに強いWi-Fiルーター
  • TP-Link「AX1500ARCHERAX10」
  • ASUS「TUF-AX3000」

上記のそれぞれのWi-Fiルーターについて解説していきますので、しっかり確認していきましょう。

最大1.5Gbops爆速のTP-Link Wi-Fiルーター

最強の高速ネットワークを体験でき、オンラインゲームをより楽しみたい方におすすめです。

  • 最大5Gbpsの高速ネットワーク環境
  • Wi-Fi6対応
  • 4本のアンテナ搭載で強力な通信技術

高速通信が求められるオンラインゲームで快適なプレイを過ごしたい方には「AX1500ARCHERAX10」

Wi-Fi6対応で高速なネット通信が可能です。また大容量のデータ送受信ができるので、オンラインゲームもサクサク動きます。

ストレスフリーのゲーム環境をお求めのユーザーは最適なルーターです。

LANポート搭載のASUS「TUF-AX3000」

オンラインゲームやテレワーク環境を整えたいユーザーにおすすめです。

  • 複数のLANポート搭載
  • 最大2402Mbpsで高速通信が可能

気楽にオンラインゲームを楽しみたい方には必見です。最大2402Mbpsの通信環境が整うのでオンラインゲームはもちろんのこと、大容量の動画配信サイトの視聴にも最適でしょう。

まとめ 自宅に合った最適なおすすめWi-Fiルーターを選ぶ

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/22782343#goog_rewarded

ここまでWi-Fiルーターの最適な選び方についてご紹介していきました。まとめてみましょう。

  • 間取りにあったルーターを選ぶ。
  • 最新のWi-Fi6対応モデルを選ぶとより良いネット環境が整う。
  • MU-MIMOやビームフォーミングなど便利機能も必ずチェックする。
  • マンションタイプはワンランク上のWi-Fiルーターを選ぶ。
  • リモートワークやオンラインゲームは高速ネット環境を整えられるスペックを選ぶ。

間取りに合ったルーターを選ぶと同時に、便利機能は要チェックです。さらにマンションタイプのものはハイスペックのものを選ぶと壁や鉄筋などに強く、最適なネット環境になります。

最近ではリモートワークの機会が増えました。リモートワークでは大容量の通信が多くそのための環境づくりが大切です。

よりハイスペックなものを選んで、快適に仕事ができるように心がけていきましょう。

ABOUT ME
まーsa。
バックオフィス業務を7年得て、フリーランスへ。 現在はWEBライターとして活動中。 専門分野は経済、投資、生活の暮らしなど。ライター業務をこなしながら、オンラインアシスタント業務も請け持つ。