研修

格安SIMとは何か?どういう仕組みなのか調査します!

あなたも一度は、「格安SIM」という言葉を耳にしたことはありませんか?その中でも少なからず携帯代を抑えたいと考える人も少なくないと思います。

格安SIMを検討している方は少なからず「格安SIMってなんなの?」と疑問に思われた方も入ると思いますので、それもふまえて紹介して行きます。

大手キャリアから格安SIMに少しでも乗り換えようかな?と考えてる人は参考になればと思いますので、最後までお付き合いお願い致します。

出典:https://www.pakutaso.com/20210906268iphone-13-sim-3.html

格安SIMとは、どんなものなのか?

一度は、格安SIMって何?そもそも格安SIMのSIMって何かな?と疑問に思った人も少なからず入ると思いますので、格安SIMとそのSIMについて紹介します。

格安SIMっとはなんなのか?

格安SIMについて説明します。格安SIMとは、ドコモ、au、ソフトバンクといった大手キャリアよりも安く使用出来る通信サービスのことです。

格安SIMを、提供している会社は、「MVNOと呼ばれていて、大手会社から設備を借りることで安く提供することができ、大手携帯電話会社よりも安く契約出来るのが、格安SIMです。

格安SIMの「SIM」とは

格安SIMの「SIM」とは、スマホの中に入っているICカードのことです。契約した大手キャリアから電話番号や加入者情報を使用するスマホを電話機器として必要な情報を記録するものです。

SIMカードは、情報などの記録の他に電話回線を使って通話したり、インターネットを利用出来たり、SIMカードを差し替えるだけで簡単に機種変更出来ます。

機種変更する時に、端末によってはSIMカードが利用出来ない場合があるのでご注意下さい。

SIMには、3種類あります。標準SIM、microSIM、nanoSIMです。今最も使われているのはnanoSIMになります。

SIMカードが提供するサービスには、音声通話、データ通信、SMSの3つあります。

機能は、「音声通話」「データ通信」「データ通信+SMS」の3種類あるので、自分が利用したい機能を申し込みする形になります。

種類によって月額料金が異なる場合もありますので申し込みする前に公式サイトで確認してください。

格安SIMが安く使える理由とは何か?

格安SIMが安い理由には3つあります。「設備費用がかからない」、「インターネット販売が主で人件費を削減」、「オプションを有料で付けられるか決められる」です。

設備費用がかからない

格安SIMは、通信設備を持たずに、ドコモ、au、ソフトバンクといった大手キャリアから回線を借りることでスマホ代が安くなります。

インターネット販売が主で人件費削減

格安SIMは、ドコモ、au、ソフトバンクは、店舗で契約が主ですが、格安SIMは、インターネットで契約が主になるので、人件費などを削ることで安くなります。

オプションを有料で付けれるか決められる

格安SIMでは、オプションを後付け出来ます。自分が必要だと思うものにお金を使えばいいので、必要なものだけスマホに入れて契約するのも節約になります。

格安SIMと大手キャリアとの違いとは?

格安SIMには、大手キャリアとの違いがあります。通信速度通話料金が割高サポートが手薄です。大手キャリアと格安SIMの違いを紹介します。

大手キャリアと違って通信速度が不安定?

格安SIMは、大手キャリアとは、違って通信速度が不安定です。

アクセスが込み合う時間帯や場所では、通信速度が不安定になるので、人が多く利用する場所での動画再生ダウンロードなどには時間がかかるので注意してください。

通話料金が割高

格安SIMは、データ通信が中心の料金設定がほとんどになります。

無料通話が用意されてなかったり、元々通話料金が高く設定されてる場合もあります。

電話をよく利用する人は、かけ放題プランが付いてる格安SIMを選ぶか、LINEなどの無料通話アプリを利用するようにしてください。

サポートが手薄

格安SIMは、人件費とかを抑えることで利用料の安さに繋がるため、大手キャリアのように直接手厚いサポートをしてくれるわけではありません。

格安SIMは、電話、メールなどでお問い合わせが出来ますが、大手キャリアのように手厚いサポートはないので、店舗でサポートしていて貰っていた方は気を付けて下さい。

格安SIMの通信速度はどうなのか?

格安SIMは、大手キャリアの回線よりも通信速度は、遅いと不安になる人も入ると思いますがそんなこともありません。

格安SIMは、大手キャリアから回線を借りてサービスを提供しているので通信速度は不安定ですが、場所や時間帯によっては、通信速度はよくなります。

アクセスが混み合う時間帯や場所によっては、通信速度が出ない場合があるので、動画再生やダウンロードは、控えた方がいいです。

格安SIMのメリットとは?

格安SIMのメリットは、「安さが魅力的」「格安SIMは、契約期間の縛りが緩い」「料金プランがシンプルでわかりやすい」の3つあります。

安さが魅力的

格安SIMは、大手キャリアよりも料金が安いことが魅力的の1つだと言えます。

大手キャリアを使っている人なら月々の携帯代料金が5千円以上が当たり前です。中には本体価格も込みで1万円越える人も少なくないはずです。

格安SIMは、千円~2千円くらいの金額で運営出来るため、大手キャリアが5千円~1万以上するのに対して、約3千円~5千円節約出来ることになります。

格安SIMには、契約期間の縛りが緩い

大手キャリアは、約2年間くらいの契約期間というものが付いてきますが、格安SIMは、その契約期間の縛りがないことがほとんどです。

格安SIMは、違約金自体も発生しないため、自分の好きなタイミングで解約出来るのはメリットの1つです。

音声通話SIMの場合は、契約期間があり、12カ月の利用期間がありますので、契約期間中に解約すると解約金が発生するので、気を付けて下さい。

料金プランがシンプルで分かりやすい

大手キャリアでは、料金プランが複雑過ぎると感じる人もいるのではないでしょうか?それに比べると格安SIMは、料金体系が分かりやすく通話データ通信といったシンプルな契約内容がほとんどになります。

格安SIMの選ぶ時の注意点とは?

格安SIMを利用する人にあたって、注意するべき点が3つあります。

  • スマホ機種を選ぶ時注意する
  • 本人確認書類が必要
  • クレジットカードを用意する

スマホ機種を選ぶ時注意する

格安SIMをさすための機種を選ぶ必要があります。使いたい機種と格安SIMが使えるかどうか確認することです。

また特定のキャリアでしか通信出来ない場合は「SIMロック」というものがかかっている場合もあるので気を付けて下さい。

電話番号を引き継ぐ場合はMVP予約番号を今の通信事業会社から取得する必要があります。また、MVP予約番号は、期限があるので気をつけて下さい。

本人確認書類が必要

格安SIMの契約時には本人確認書類(運転免許証、パスポート)などが必要になるので、事前に用意が必要です。

クレジットカードを用意する

格安SIMでは、口座引き落としに対応しておらず、クレジットカードでの契約が主になるので、契約の前にクレジットカードの用意が必要となるので注意してください。

格安SIMにも口座引き落としで出来る場合もあるので、対応してるかどうか公式で確認してみてください。

格安SIMとは?まとめ

格安SIMについて少しでも理解して貰えましたか?格安SIMが安くなるのにも、人件費削減したり、設備費用を削ったりと安く提供出来るようにしてます。

格安SIMは、安くなるといったメリットもありますが、先ほど説明したように格安SIMには注意して欲しい部分もあります。

格安SIMを契約する際は必ず公式サイトなので確認してからご検討ください。最後までありがとうございました。