SIM

これで解決!格安スマホでソフトバンク回線はあるのか?

「格安スマホを使いたいけどソフトバンク回線ってあるの?」という方もいらっしゃると思います。キャリアは月々の支払いが高いので、格安スマホにしたい気持ちはとてもよく分かります。

結論から言ってしまうと、ソフトバンク回線の格安スマホはあります。約5年前にソフトバンク回線を利用した格安スマホが出てきましたが、他社と比べると色々と違いがある点も注意が必要です。

こちらの記事では、ソフトバンク回線の格安スマホのメリット・デメリットや料金の違いなどを紹介しています。読めばキャリアよりいかに安く、キャリアに負けず劣らずかが分かっていただけます。

乗り換えに抵抗を感じていたり悩んでいたり…その時間もお金ももったいないです!是非最後までお付き合いくださいね。

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/5102479?title=通信プラン乗り換えのイメージ%E3%80%80格安sim&searchId=2998609108

ソフトバンク回線を使っている格安スマホは「少ない」

繰り返しになりますが、ソフトバンク回線対応の格安スマホはありますが、他キャリアと比べるととても少ないので、選択肢が限られてしまいます。

それでもソフトバンク回線の格安スマホに乗り換えることで「キャリアと変わらないじゃん!もっと早く乗り換えれば……」となる可能性は高いです。

その理由を分かってもらえるよう、オススメの理由や乗り換え時のデメリット・厳選した格安スマホ4社などを、下記の流れで紹介していきます。

ソフトバンク回線の格安スマホの悩みはこれで解決
  • 格安スマホがオススメの理由
  • 格安スマホに乗り換える際の注意点
  • オススメのソフトバンク回線の格安スマホ4社

それ以外に、乗り換えの手順やどこにするか悩む方のための早見表などもあるので、参考にしてみて下さい。

ソフトバンク回線の格安スマホがオススメの理由

出典:https://www.pakutaso.com/photo/30469.html

「格安スマホに乗り換えるのは断然お得!」だと言っても、どんな点でなにがお得なのか分からないと信じられませんよね。

格安スマホに乗り換えがオススメな点が4つあげられます。ひとつずつ説明をしていくので一緒に見てみましょう。

格安スマホの乗り換えがオススメな理由4点
  • 料金がキャリアよりも格段に安くなる
  • 通信エリアがキャリアと変わらない
  • 他キャリアの格安スマホより通信速度が速い
  • ドコモ回線ならSIMロック解除が不要

料金がキャリアよりも格段に安くなる

格安スマホに乗り換えをした時に一番メリットになるのが、月額料金が安くなるという点でしょう。キャリアでは5,000円を超える事が珍しくないので、安くなるのは嬉しいですよね。

ではどれぐらい安くなるのか?という点を比べた表を見てみましょう。

キャリアと格安スマホの料金の違い
ソフトバンク キャリア名 mineo
ミニフィットプラン プラン デュアルタイプ
~1GB データ量 1GB
3,278円 月額料金 1,298円
39,336円 年間総額 15,576円

キャリアに比べ2,000円ほどの差があり、年間で約24,000円も安くなっています。格安スマホのデータ量を上げたとしても、キャリアを上回る事はないのでいかに安いかが分かりますね。

通信エリアがキャリアと変わらない

「格安スマホにしたら電波が悪くなる!」なんてことは無く、ソフトバンク回線の格安スマホでも問題なく使うことが出来ます。

ソフトバンクの回線を借りているので、キャリアが使える通信エリア格安スマホでも使えるのでなんの心配もいりません。

他キャリアの格安スマホより通信速度が速い

ソフトバンク回線に対応している格安スマホは少ないので、回線が混み合わないという他の格安スマホには無い利点があります。

多くの格安スマホで使われているドコモやauの回線と比べると、ソフトバンク回線はスムーズな通信が期待できる利点があるのが強みです。

ソフトバンクから乗り換えならSIMロック解除が不要

キャリアから乗り換えをするのに、今お使いの端末を使うためのSIMロック解除という手続きが必要な場合があります。

ですがソフトバンクからソフトバンク回線の格安スマホに乗り換えるならその手続きがいらず、基本的にSIMカードを差し替えるだけで利用可能です。

ソフトバンク回線の格安スマホにする前に注意しよう!

出典:https://www.pakutaso.com/photo/24248.html

キャリアと比べて格安スマホは安いから、すぐに乗り換えよう!」という理由で乗り換えをすると、かえって不便に感じ後悔をする可能性があります。

格安スマホにする事での注意点(デメリット)が3つあるので、ひとつずつ見ていきましょう。

格安スマホにする事での3つのデメリット
  • キャリアに比べると通信速度が遅い
  • 乗り換えには初期費用がかかる
  • データ量が足りなくなる場合も

キャリアに比べると通信速度が遅い

キャリアから回線を借りているので、キャリア同等の速度が出ると謳っていてもやはり劣ることがほとんどです。

キャリアから格安スマホに変えると遅いと感じることが多く、お昼や夜の時間帯は利用する人が多いので特に通信速度が落ちる傾向にあります。

乗り換えには初期費用がかかる

乗り換えの際に初期費用がかかる事が多く、格安スマホによりますが3,000円前後(事務手数料+SIMカード発行)かかります。

ソフトバンクで端末を分割購入している場合、残債(払い終わっていない分)は割引なしで支払わなければならないので、その点は気を付けましょう。

データ量が足りなくなる場合も

ソフトバンクにはデータ量無制限のプランがあるので、データ量を気にせず使っていたと思います。

格安スマホでデータ量無制限基本的に無いので、使っているとすぐに足りなくなってしまいます。データ量を使い切っても一応使うことは出来ますが、低速での通信になるので注意しましょう。

格安スマホに悩んだらmineoで間違いなし!

ソフトバンク回線のある格安スマホが少ないとはいえ、はじめての乗り換えだとどれにしようか悩んでしまうと思います。そんな方にまず紹介するのが「mineo」です。

プランはデータ量の違いで4つと分かりやすく、もしデータ量を使い切ってしまっても、オプションの「パケット放題Plus」で通信制限を気にせず利用できます。

サポート面には独自のコミュニティサイト「マイネ王」があり、mineoユーザーに質問や交流などができるユニークなサービスが特徴です。

店舗をかまえている数少ない格安スマホなので、店員さんに相談したい方にとてもオススメですね。

mineo「マイピタ」料金一覧表
データ容量 音声通話+データ通信(デュアルタイプ)
1GB 1,298円
5GB 1,518円
10GB 1,958円
20GB 2,178円

プランは分かりやすくサポートも豊富!「mineo」

月額料金を安く抑えるならnuroモバイルがダントツ!

次に紹介する「nuroモバイル」は老舗プロバイダのSo-netが提供しており、ソフトバンク回線の中では一番安い格安スマホです。

プランは3つあり、一番高くても2,000円を切るほどの料金です。その分データ量が他社よりも少ないという点に注意をしましょう。

もしもの時の端末補償や訪問・遠隔でのサポートなど充実しており、少ないデータ量で安く格安スマホを使いたい方にオススメです。

nuroモバイル 料金一覧表
プラン名 容量 料金
VSプラン 3GB 792円
VMプラン 5GB 990円
VLプラン 10GB 1,485円

他社より安く抑えるなら「nuroモバイル」

九州住みならソフトバンク回線+QTモバイルがお得!

九州電力グループが提供している「QTモバイル」も、ソフトバンク回線のある格安スマホです。九州電力グループではありますが契約は全国どこでも出来ます。

他の格安スマホより多い6つのプランがあり、自分の使い方に合わせて自由に選べるうえ、契約から半年間は割引価格になるのでお得に始められる点も魅力です。

九州にお住まいの方で九州電力を利用していると、月額料金がさらに割引になる特典も。店舗もあるので九州地方にお住まいなら特にオススメとなっています。

九州に住んでいるなら断然お得!「QTモバイル」

家族・親子で使うならワイモバイルがオススメ!

格安スマホではありませんが、キャリアのサブブランド「ワイモバイル」もオススメ。格安スマホと違い自社回線をそのまま使っているので、通信速度や品質などはとても高いのが特徴です。

プランは3つと大変シンプルで、通常の料金だけでいえばどれも少し高めですが、家族や親子で一緒に利用する割引が適用されてお得になります。

全国に店舗を構えているので、キャリアの様に実際の契約や困ったことなど、店員さんに相談・対応してもらえるので乗り換えをしても安心ですね。

ワイモバイル「シンプルS/M/L」料金一覧表
プラン名 データ量 料金 2回線目以降 ワイモバ親子割(1年間のみ)
S 3GB 2,178円 990円 1回線目 2回線目以降
M 15GB 3,278円 2,090円 2,178円 990円
L 25GB 4,158円 2,970円 3,058円 1,870円

家族・親子で使えば大変お得!「ワイモバイル」

オンラインプランのLINEMOなら1,000円以下で使える

ソフトバンクのオンラインプラン「LINEMO」もオススメ。ワイモバイル同様こちらも格安スマホではなく、自社回線を使っているので通信速度や品質はキャリアと変わりません。

プランは2つだけと非常にシンプルで、どちらにもLINEがデータ量無制限で使えるLINEギガフリー」が標準対応しているので、LINEをたくさん使う方にはお得ですね。

ソフトバンクからの乗り換えならプランの変更手続きだけで済むので、特に手間なく簡単に乗り換えができます。

オンラインプラン「LINEMO」料金一覧表
プラン名 容量 料金
ミニプラン 3GB 990円
スマホプラン 20GB 2,728円

ソフトバンクユーザーなら乗り換え簡単「LINEMO」

ソフトバンク回線の格安スマホに乗り換えるには?

出典: https://www.pakutaso.com/photo/11982.html

ソフトバンクから格安スマホに乗り換えるのに必要なものが4つあります。特にソフトバンクで取得する必要がある「MNP予約番号」は必須です。

乗り換え時に必要な物4点
  • クレジットカード
  • 本人確認書類
  • フリーのメールアドレス
  • MNP予約番号

MNP予約番号には期限があるという点に気を付けましょう。取得したら期限が切れる前に、格安スマホの公式サイトから早急に申し込みをしましょう

もしどこの格安スマホか決まらないのなら、記事で紹介したところから選べば間違いありません。下記の早見表で見比べて、自分に合ったものを探してみて下さい。

どれにするか悩んだら……「格安スマホ早見表」
キャリア名 mineo nuroモバイル QTモバイル ワイモバイル LINEMO
データ量 1~20GB 3~10GB 1~30GB 3~25GB 3・20GB
料金(税込) 1,298円~2,178円 792円~1,485円 1,034円~7,249円 2,178円~4,158円 990円・2,728円
通話定額 有(5分・かけ放題) 有(5分・10分) 有(10分・かけ放題) 有(10分・かけ放題) 有(5分・かけ放題)
特徴 ・サポートが手厚い
・少数だが店舗あり
・パケット放題Plusでデータ量無制限
・他社より料金が安い
・特定のプランでLINEのデータ量を消費せず使える
・九州電力グループが運営
・ソフトバンク回線のみ、半年間は割引価格
・九州電力を使っているとさらにお得
・キャリアのサブブランド
・全国に店舗がある
・家族や親子で契約すればとてもお得
・回線が高品質
・キャリアのオンラインプラン
・ソフトバンクから乗り換えで面倒な手続きは不要
・LINEを重点的に使う人にはピッタリ
・回線が高品質
乗り換えに向いている人 ・手厚いサポートが欲しい
・先輩ユーザーから色んな情報を知りたい
・低速通信は嫌だ
・とにかく安く抑えたい
・データ量が少なくても良い
・九州地方に住んでいて、九州電力を契約している ・キャリアの様に店員さんのサポートが欲しい
・家族や子供も契約する
・キャリア同等の通信品質がいい
・格安スマホに乗り換えが面倒
・それでも安く使いたい
・高品質な通信回線がいい
というワガママさん

まとめると、ソフトバンク回線の格安スマホは少ない!

ソフトバンク回線の格安スマホは他キャリアの回線と比べると少なく、選択肢が限られますが、自分にぴったりの格安スマホを選びやすいという良い点でもあります。

格安スマホに乗り換えると月額料金が抑えられるだけでなく、ドコモやauなどの他社回線対応の格安スマホと比べると、回線の混み具合が少なく快適に使えます。

キャリアと比較すると速度やサポート面などで見劣りしてしまいますが、それでも年間20,000円以上も安くなるのはとても魅力です。

必要なものを揃えておけば、誰でも簡単に乗り換えができてしまいます。悩んでいる時間がもったいないので、検討ではなくすぐに乗り換えを始めてみましょう!