SIM

ドコモ回線の格安SIMを使うメリットとお勧めの会社紹介!

「ドコモ回線の格安SIMについてもっと知りたい」「ドコモ回線だとどんなメリットがあるのか知りたい」などと考えてはいませんか?

確かに、ドコモ回線の格安SIMを使うことによるメリットを知らない人は多いとです。そこで今回は『ドコモ回線の格安SIMを使うメリットとお勧めの会社』を紹介していきます。

この記事を読むことで、以下のようなことがわかります。ぜひ最後まで読み進めていってください!

この記事を読み進めることでわかること
  • ドコモ回線のメリットがわかる
  • 格安SIMの注意点がわかる
  • お勧めの会社がわかる

(出典:https://pixabay.com/photos/sim-card-card-memory-micro-sd-4475649/#content)

ドコモ回線の格安SIMを使うメリット①:SIMロック解除不要

ドコモ回線の格安SIMを使うメリット1つ目は「SIMロック解除不要」ということです。通常、格安SIMに乗り換える際はSIMロック解除というものが必要になってきます。

au回線の格安SIMをauの端末で使う場合、SIMロック解除が必要か不要な端末に分かれていますが、ドコモ系格安SIMの場合はすべての端末でSIMロック解除は不要です。

このSIMロック解除をショップで行うと、手数料で3,300円がかかってきます。さらに、SIMロック解除を失敗してしまうと、スマホが使えなくなることがあります。

上記のようなことが起こらなくて済むという点がメリットの一つです。

ドコモ回線の格安SIMを使うメリット②:機種の選択肢が多い

ドコモ回線の格安SIMを使うメリット2つ目は「機種の選択肢が多い」ことです。

SIMフリースマホには「au回線」「ソフトバンク回線」「ドコモ回線」の3種類に分かれます。

au回線やソフトバンク回線と比べてドコモ回線の格安SIMを揃える格安会社は多いため、ほとんどの機種でドコモの通信周波数帯に対応しています。

様々な選択肢の中から、自分の好みに合わせた機種を選ぶことができるため、大きなメリットとなります。

ドコモ回線の格安SIMを使うメリット③:安心のドコモ回線

ドコモ回線の格安SIMを使うメリット3つ目は「安心のドコモ回線」であるということです。

ドコモ回線は全国で一番利用者数が多く、それくらい品質は安心できる回線です。そのような回線を格安で利用できる店が最大限のメリットであると言えます。

もちろん、日中や夕方などの時間帯は混み合って不安定な通信状況になりますが、基本的にはドコモ回線とあまり変わりません。

ドコモは対応エリアが広いので、使えないエリアが出てくる心配も少なく、安心して使っていただけます。

格安SIMに変える際の注意点①:通信品質が低下する可能性あり

格安SIMに変える際の注意点1つ目は「通信品質が低下する可能性がある」ということです。

先ほど上記したように、日中夕方などの時間帯などでは通信状況が不安定になる可能性があります。

なぜなら、格安SIMはドコモ回線の一部を借りているため、ユーザー数が多い時間帯になると混み合ってしまうからです。

3大キャリアの通信品質を保ちたい方は、不安定な通信状況に注意しないといけません。

格安SIMに変える際の注意点②:手厚いサポートを受けにくい

格安SIMに帰る際の注意点2つ目は「手厚いサポートを受けにくい」ということです。

格安SIMは基本的に人件費を削ることで、格安で通信を提供することができています。ですので、分からない操作や故障などの対応もオンライン上のみになる場合が多いです。

音声のみでの回答になったり、そもそも窓口につながらなかったりと、サポート面ではかなり不便なことになってしまいます。

普段から分からないことがあるとショップに行ったり、よく機種を壊してしまう方にとっては注意しなければいけないです。

格安SIMに変える際の注意点③:無制限のかけ放題プランがない

格安SIMに帰る際の注意点3つ目は「無制限のかけ放題プランがない」ということです。

ドコモなどの3大キャリアには家族間無料通話があるので無制限に電話をかけても問題ありません。

しかし、格安SIMには家族間の通話無制限というものが少ないです。さらに、通話オプションにもかけ放題プランというものは存在しません。

ですので、家族間で長い時間通話をしていた方にとって、無制限のかけ放題プランがないことは注意が必要です。

ドコモ回線の格安SIM①:BIGLOBE(ビッグローブ)

BIGLOBE』はインターネットプロバイダーのBIGLOBEが提供する格安SIMです。

YouTubeやAbemaTV、Spotifyなどのデータ通信量をカウントしない「エンタメフリー・オプション」が特徴です。

月額料金も最安980円から利用可能なので、かなり月額料金を下げることができます。データフリーをうまく利用すれば、データプランも1段階下げたプランにして節約することができます。

1GB 3GB 6GB
料金 980円 1,200円 1,700円

ドコモ回線の格安SIM②:IIJmio(アイアイジェーミオ)

IIJmio』は老舗の格安SIM事業者IIJが提供している格安SIMです。

IIJmioは家族間の通話に割引が入るプランや大容量オプションなど、多くのサービスを取り揃えているバランスのいい格安SIMです。

IIJmioはネットの割引を適用することで月額料金をグッと下げることができます。ネットとまとめることでかなりの料金を下げることがきます。

2GB 4GB 8GB 15GB 20GB
割引なし 780円 980円 1,380円 1,680円 1,880円
ネット割引 180円 380円 780円 1,080円 1,280円

ドコモ回線の格安SIM③:mineo(マイネオ)

mineo』は、関西電力グループの株式会社オプテージが提供する格安SIMです。

mineoでは「フリータンク」「パケットギフト」といった無料の独自サービスが充実しており、余ったデータ容量をユーザー同士でシェアしたり、ギフトとして他ユーザーに贈る事もできます。

わからないことがあればコミュニティサイト「マイネ王」で質問、相談ができるので、サポートについても安心できます。

1GB 5GB 10GB 20GB
料金 1,180円 1,380円 1,780円 1,980円

まとめ

今回はドコモ回線の格安SIMを使うメリットとお勧めの会社を紹介していきました。ドコモ回線の格安SIMを使うメリットを再度おさらいしましょう。

ドコモ回線のメリット
  • SIMロック解除不要
  • 機種の選択肢が多い
  • 安心のドコモ回線

ドコモ回線を使えば、回線エリアも広く、機種の選択肢も増えます。もし携帯会社にこだわりがないのであれば、ドコモ回線を選択することをお勧めします。

ぜひあなたの生活に見合った回線や機種を選んで、より良い生活にしていきましょう!

ABOUT ME
web+運営部
約4年間フリーランスSEOライターを経て、現在はweb+ Media Schoolライティングコースの記事添削・20記事終了後の通話ミーティングを行いながら、webメディア「高級家具.com」の編集長を務める。 フリーランス時代の実体験を活かし、webメディア「web+」にて記事執筆も行っている。