SIM

【2022年最新版】安心して使える子供向けの格安スマホを選ぼう

当記事では、「安心して使用できる子供向けの格安スマホ」について詳しく解説していきます。

新生活が始まる季節が近づき、進学を機に子供にスマホを持たせようと考える親御さんも多いと思います。

しかし、同時に格安スマホの種類が豊富で、どの格安スマホが自分の子供に合っているのか、どの格安スマホを選べばいいのか悩んでしまいますよね。

当記事は、格安スマホの選び方やおすすめの格安スマホなど、お子様のスマホ選びの参考となる記事となっていますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

(画像出典:https://pixabay.com/ja/photos/393080/)

キッズケータイには格安スマホがおすすめ。

子供に持たせるのであれば、格安スマホが断然おすすめです。その理由は以下の3つが挙げられます。

  • 大手キャリアよりも料金が安い。
  • プランが豊富でデータ通信専用SIMも契約可能
  • 中古端末での利用が可能。

子供に持たせる上で知っていて損はありません。それぞれの理由について、より詳しく見ていきましょう。

大手キャリアよりも料金が安い。

まず1つ目は、月額料金が大手キャリアと言われる『au・ソフトバンク・docomo』と比べると、格段に安いと言う点です。

どのくらい月額料金が異なるのか、docomoと楽天モバイルで比較してみましょう。

いずれも『音声通話あり・データ容量3GB(5G利用可能)』のプランの料金を掲載します。

docomo 楽天モバイル
月額料金 4150円 / 月 980円 / 月

上記は一例ですが、大手キャリアと格安スマホでは大きく値段が異なっていますね。価格を抑えたいのであれば、圧倒的に格安スマホがおすすめです。

プランが豊富でデータ通信専用SIMも契約可能

2つ目は、格安スマホは大手キャリアと比較すると、プランが豊富であるという点です。

格安スマホでは、様々なデータ通信量を自分で選択することができ、音声通話なしのデータ専用SIMの利用も可能などプランが豊富にあります。

データ専用SIMでは、音声通話ありのSIMと比較すると料金を抑えることができます。通話をLINEなどのアプリで行う方にはおすすめです。

データ専用SIMでは、電話番号が付与されないため、緊急時に電話が出来ないといったデメリットがあります!

中古端末の利用が可能

3つ目は、SIMフリーの中古端末が使用できるという点です。格安スマホでは、SIMのみを契約し、機種を別途購入することもできます。

新品の機種を購入すると初期費用が高くなるということも考えられますが、中古端末が使用できれば、機種代を抑える事ができます。

初期費用を抑えることができるというのは、保護者として大きなメリットになりますね。

【安全性の確保】子供向けの格安スマホにほしい機能

(画像出典:https://pixabay.com/photos/smartphone-cellphone-touchscreen-1894723/)

子供が使用するスマホですから、親としては安全性』は重要になってきますよね。

子供が安全に使用するために付いておくべき機能は以下の4つが挙げられます。

  • フィルタリング機能・アクセス制限機能
  • 位置情報サービス機能
  • 利用アプリ制限機能
  • 利用時間制限機能

この章では、それぞれの機能について詳しく説明をします。どの機能も子供を危険から守る重要な機能です。しっかり理解しておきましょう。

フィルタリング機能・アクセス制限機能

1つ目は、フィルタリング機能・アクセス制限機能です。これは、子供にとって不適切なサイトへのアクセスをブロックするサービスです。

スマホを持つと、インターネットの使用が可能となります。インターネットでは様々な情報を得られる一方、子供にとって悪影響を及ぼす情報も含まれています。

そういったサイトを閲覧できないように設定することで、子供も保護者も安心してスマホを使用することができるでしょう。

位置情報確認サービス

2つ目は、位置情報確認サービスです。子供のスマホのGPS情報を確認できるサービスです。

子供の帰りが遅い時や連絡がつかない時など、「子供に何かあったのか」と不安になることもありますよね。

そんな時に位置情報サービスがあれば、すぐに子供がどこにいるのか確認することが出来るので、安心です。

利用アプリ制限機能

3つ目は利用アプリ制限機能です。この機能はスマホアプリを保護者の許可なしではインストールできなくする機能です。

この機能があれば、子供がどのようなアプリを使用しているのか把握することができるため、保護者としては安心ですね。

またこれらの機能がスマホ自体についていない場合でも、アプリのダウンロードストアである『appstore』や『GooglePlay』内で設定はできるので活用してみてください。

利用時間制限機能

4つ目はスマホの利用時間制限機能です。これは、スマートフォンを利用できる時間帯や利用できる時間の上限を設定できる機能です。

スマホ購入後の心配として、最も多いのはスマホの使いすぎではないでしょうか?

この機能を使用すれば、スマホを使用する時間を制限することができ、スマホへの依存を防ぐことができるでしょう。

それではこれらの機能がついたおすすめの子供向け格安スマホを紹介していきます。

おすすめの子供向け格安スマホ①TONEモバイル

1つ目はTONEモバイルです。月額1,100円から使用できる見守り機能が充実の格安スマホです。

TONEモバイルには、見守り機能としてToneファミリー』というサービスが無料でついています。

『Toneファミリー』とは、前項で紹介した機能はもちろん、自撮り画像で犯罪に巻き込まれる可能性をAIが探知した場合は保護者に通知されるシステムも導入されています。

見守り機能が充実しているため、小学生から安心して使用できるおすすめの格安スマホです!

iPhoneでは一部「Toneファミリー」対象外の機能もあります!

トーンモバイル公式サイトへ

おすすめの子供向け格安スマホ②mineo

2つ目におすすめするのは、mineoです。子供向け用のアプリが充実している格安スマホです。

mineoには子供向け用にセキュリティアプリや見守り機能のほか、学習に役立つ辞書アプリなどが11個セットになった『ジュニアパック』(月額220円)があり、かなり充実しています。

またmineoは、通信量1GB〜20GBと幅広く選択できるほか、音声通話なしのデータ専用SIMであるシングルタイプを選ぶことができるなど、豊富な料金プランも魅力です。

家族でmineoを利用すれば、『家族割』が適応されるため、よりお得に利用できます。家族内にmineoユーザーがいる方にはおすすめの格安スマホです。

mineo公式サイトへ

おすすめの子供向け格安スマホ③IIJ mio

3つ目におすすめするのは、IIJ mio(アイアイジェイミオ)です。IIJ mioは料金体系の豊富さが魅力の格安スマホです。

IIJ mioでは、音声SIM、SMS付SIM、データ専用SIM、eSIMの4種類のSIMから選ぶ事ができます。また通信量も2GB〜20GBまで幅広く選べ、料金プランが豊富なのはありがたいですね。

見守り機能に関しては、『i-フィルター』(月額396円)をオプションでつけることで、フィルタリング機能やスマホ利用制限機能を使用することができます。

料金体系も豊富で、見守り機能もしっかりついているバランスの取れた格安スマホが欲しい方は必見です!

IIJ mio公式サイトへ

おすすめの子供向け格安スマホ④BIGLOBEモバイル

画像出典:https://unsplash.com/photos/4oWSXdeAS2g

4つ目におすすめするのはBIGLOBEモバイルです。動画や音楽の視聴が無制限なオプションが魅力の格安スマホです。

BIGLOBEモバイルではエンタメフリー・オプション』というYoutubeやApple musicを含む21個の対象サービスが通信量に含まれないという嬉しいオプションがあります。

このエンタメフリーオプションをつけても月額1,078円から利用できるため、動画や音楽をたくさん試聴する中高生にはイチオシの格安スマホです。

BIGLOBEモバイル公式サイトへ

おすすめの子供向け格安スマホ⑤ワイモバイル

5つ目に紹介するのは、ワイモバイルです。家族内にワイモバイルユーザーがいるご家庭には、ダントツでおすすめの格安スマホです。

料金プランは通信量3GB(月々2,178円)、15GB(月々3,278円)、25GB(月々4,158円)の3種類のみとシンプルな料金体系となっています。

しかし、家族にワイモバイルユーザーがいれば、ワイモバ親子割が適応になり、月額料金が1,188円値引きされ、とてもお得に利用できます。

見守り機能は、フィルタリング機能は無料でついているほか、『みまもりサービス』というアプリがワイモバイルユーザーは月々528円と他ユーザー(月々1,078円)より安く利用可能です。

ワイモバイル公式ページ

おすすめの子供向け格安スマホ⑥UQモバイル

6つ目におすすめするのはUQモバイルです。通信速度が魅力の格安スマホです。

料金プランは、通信量3GB(月々1,628円)、15GB(月々2,728円)、25GB(月々3,828円)と、ワイモバイル同様、3種類のみのシンプルな料金体系となっています。

料金は音声通話ありの料金のため、やや高めですが、通信速度は格安スマホの中でトップクラス。インターネットの利用が多い学生にとってはありがたい格安スマホと言えるでしょう。

見守り機能に関してはフィルタリング機能やスマホの使用時間制限ができるあんしんフィルター for au』が無料でついているため、安全面も抜群です。

UQモバイル公式サイトへ

おすすめの子供向け格安スマホ⑦楽天モバイル

7つ目に紹介するのは楽天モバイルです。月額の通信料が0円から利用できる唯一の格安スマホです。

楽天モバイルは、通信量が1GBまでなら月額料金0円で利用可能な上、どれだけ通信量を消費しても2,980円で定額という破格の安さで利用できます。

またフィルタリング機能や利用時間制限機能などが含まれた『あんしんコントロール by i-フィルター』(月額330円)があるため、安心して子供にスマホを購入することができるでしょう。

料金を安く抑えたい保護者とデータ通信量はたくさん欲しい子供のどちらのニーズにも応えることのできる格安スマホです。

楽天モバイル公式サイトへ

【まとめ】安心して使用できる格安スマホを!

最後に当記事で紹介した格安スマホについて、月額料金、見守り機能、そのほかのおすすめポイントを踏まえておさらいします。

※割引なし・通信料金の最安値(データ通信専用SIMを含む)
携帯会社名 ※月額料金
最安値
見守り
機能
おすすめ
ポイント
TONEモバイル 1,100円〜 無料 ・見守り機能が充実
mineo 880円〜 月額
220円
・家族割あり
・辞書なども利用可能
IIJ mio 440円〜 月額
396円
・料金プランが豊富
BIGLOBE
モバイル
990円〜 なし ・家族割あり
・エンタメフリー・オプション
ワイモバイル 2,178円〜 無料 ・家族割がお得
・『みまもりサービス』が安く使用できる
UQモバイル 1,628円〜 無料 ・通信速度が速い
楽天モバイル 0円〜 月額
330円
・圧倒的な通信料金の安さ

「これから子供にスマホを持たせよう」と思っている保護者の方々、ぜひ当記事を参考に、安心して使用できる格安スマホを選んでくださいね。

ABOUT ME
Anna.
文章を書くことが好きだと気付き、ライターの世界へ。人の心に響く文章を書くのが目標です。