ペット

ペット向けのフクロウを買いたい方へ!値段重視で解説します

ペットにフクロウを飼いたいと考えているけど、値段がどれくらいかかるのか分からず、飼育を迷ってはいませんか?

いざ飼おうとペットショップに行ったら、自分の想像以上の値段や価格差に悩まされたくないですよね。

そんな方のために、こちらではどんなフクロウがペットとしておすすめなのかを、値段重視でご案内していきます。

あなたが欲しくなるフクロウが見つかりますので、ぜひ最後まで見てフクロウ選びの参考にしてください。

(出典: https://www.photo-ac.com/main/detail/22351039#goog_rewarded)

フクロウの平均値段はどれくらい?

(出典: https://www.ac-illust.com/main/detail.php?id=22562868&word=左むきの物知り博士#goog_rewarded)

フクロウをペットとして飼う場合、実際どれくらいの価格がするのか見ていきます。

フクロウの平均価格は30万円前後です。犬や猫は数万円から飼えることを考えると大分高く感じますね。フクロウにも数多くの種類がいますが、どのフクロウも比較的高額な設定がされています。

平均価格が30万円なので高いフクロウは100万円などいったりします。これは極端な例なので今回は、一般家庭でもお求めできるフクロウをご紹介していきます。

今回は5種類のおすすめのフクロウをご案内します。おすすめポイントとして、初心者に人気が高く値段も比較的安いフクロウを選びました。ぜひこの5種類から選ぶことを検討してみてください。

ペットとしておすすめのフクロウと値段①モリフクロウ

モリフクロウの販売値段は20~40万円です。おっとりしていて、人懐っこい性格でペットとして人気があります。

頭部が丸っこくて全体的な姿も丸みをおびていることから初心者から上級者まで幅広く選ばれています。

値段も平均的で人気のフクロウの一つと言えるでしょう。体長は36~45cmで寿命は15~20年です。

初めて飼う方にもおすすめしやすいフクロウですね。フクロウといえばこのモリフクロウの姿を思い浮かべる人も多いです。

ペットとしておすすめのフクロウと値段②メンフクロウ

メンフクロウは中型種のフクロウで25~40cmほどです。先ほどのモリフクロウと同じくらいの大きさになります。寿命が15~20年で体重も軽く200~500gです。

メンフクロウの特徴は、なんといっても値段でしょう。平均値段が15万円とフクロウの中では最安種になります。

穏やかで温厚な性格のためペットとしては、モリフクロウと同じく人気のフクロウになります。

一方で繊細でストレスに弱い面も持ち合わせているため、飼育の際には注意する必要があります。

ペットとしておすすめのフクロウと値段③コキメンフクロウ

コキメンフクロウは体長が小さく20~23cmほどの小型種です。体重も100~200gしかないため小型のフクロウを飼いたい方に向いてます。

値段ですが、15~30万円です。フクロウの平均値段よりも安めの値段なので小型種の中ではコキメンフクロウをおすすめします。

臆病で警戒心が強いため、懐くのには苦労しますが、懐くとスキンシップを取れますのでペットとしても人気です。また、昼にも活動するので人によっては触れ合いが増えるのが嬉しいですね。

ペットとしておすすめのフクロウと値段④シロフクロウ

シロフクロウは、値段は他の4種類と比較すると少し高いですが、見た目も相まって人気のフクロウです。有名な映画「ハリーポッター」で登場し、一躍注目を浴びました。

流通が少ない影響もあり、値段は30~60万円とサイズや成長具合によっても大幅に変わります。

寿命は20~25年ほどで比較的長生きします。体長は50~60cmまで大きくなるため大型種に入ります。

性格が荒いため、懐くまで時間と労力はかかります。それ故に今回紹介するフクロウの中では最も飼育難易度が高いです。それでも飼いたい人もいる人気種です。

ペットとしておすすめのフクロウと値段⑤コノハズク

コノハズクもペットとして人気が高くおすすめです。体長は15~20cmほどで小型の部類です。小鳥と言ってもいいくらいですが、猛禽類です。

値段は15~20万円でお求めしやすく人に懐きやすいことからペット向けのフクロウとなります。

初めて飼育する方にとっても、場所も取りづらく飼育がしやすいのもメリットです。ただし、個体差で懐きやすさは変わるため根気がいる場合もあります。

フクロウを購入する場所

フクロウはペットの中では物珍しい種類のため、全国のペットショップどこでも扱っているわけではありません。

各都道府県にあるペットショップでフクロウを扱っているかは聞いてみる必要があります。

また、ペットショップだけでなく、フクロウを専門で取り扱う専門ショップなどもあるため、ネットで自分の近所にも扱っているところがないか調べてみましょう。

ネットで検索するとフクロウを専門で扱うショップが出てきました。ホームページを記載しますので参考にしてください。

フクロウカフェ東京 アキバフクロウ

関西・大阪でフクロウ(ふくろう)など珍しいペットの専門店アウルワン (owl-wan.com

フクロウ(24)の販売情報です(1ページ目) (fukurounoshiro.info

フクロウを購入する際の注意点

おすすめのフクロウや購入の準備までのご説明は一通り終わりました。ここからは、フクロウを購入する際の注意点をお伝えしますので把握しておきましょう。

高い買い物という面もありますが、フクロウもペットになります。自分ならどんなフクロウが飼えるのか、まずは考えをまとめましょう。

フクロウは愛玩動物ではなく、野生動物ですので犬や猫を飼育する際の常識は通用しません。購入の際は店員の方の話は詳しく聞いておきましょう。

また、値段が高いからといって、野生のフクロウを捕まえて飼うのはいけません。野生のフクロウを飼育することは法律で禁止されているため、必ず許可を得ているペットショップや専門店で購入してください。

フクロウの飼育費も含めた値段

フクロウ単体の値段を紹介しましたが、フクロウ飼育においての維持費も気になる方もいるのではないでしょうか?フクロウを飼うにあたってのコストも一緒にご説明しておきます。

フクロウ飼育の主な費用4選
  • 寿命によるコストの差
  • 餌代
  • 用具
  • 毎月のメンテナンス費用

寿命によるコストの差

まずフクロウの種類で平均寿命が変わってくるため、単純な維持費に違いが出てきます。小型だと10~15年、中~大型だと20年前後です。大型だと30年に到達するものもいるため寿命も含めて選ぶのが大事です。

餌代

これは小型で5,000円前後、中~大型で10,000円前後です。フクロウは猛禽類のため餌はウズラマウス(ラット)になります。大型だと餌のサイズも大きくなるため費用も若干上がります。

用具

フクロウの止まり木やリーシュ(フクロウを繋ぎとめる紐)といったフクロウの生活用具代があります。一式揃えると10,000円~20,000円です。

毎月のメンテナンス費用

ペットシーツやエアコン代になります。特にエアコン代はフクロウの体調管理のために必須なので夏場・冬場は電気代が上がる計算をしておくといいでしょう。

ペット用フクロウの値段まとめ

(出典: https://www.photo-ac.com/main/detail/4810345#goog_rewarded)

ここまでペット用に値段が安くおすすめのフクロウを紹介しました。5種類紹介しましたが、選ぶのが難しく悩んでる方もいるでしょう。

そんな方にはモリフクロウをおすすめします。フクロウの中でも買いやすい値段、温厚な性格で懐く可能性が高いことから初めて飼育する方に最適です。

冒頭でご説明した通り、フクロウは流通自体が少ないので早めに欲しいフクロウを探していきましょう。

前述したショップサイトからまずはどんなフクロウがあるのか見てみてください。あなたが素敵なフクロウに出会い、大切なペットとして迎え入れることを楽しみにしています。