不動産投資 PR

複数の証券口座を開設したい人必見!確定申告のお悩みを徹底解決

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

投資を始めたいと考えているあなたは、投資の準備として複数の証券口座を開設したいと思っているのではないでしょうか。確定申告の詳しい申告方法がわかると申告が楽ですよね。

複数の証券会社で口座開設するのは抵抗を感じる事があります。また、複数の口座を持つ事で確定申告の不安などを解決したいと思い頭を抱えて悩んでいるのではないでしょうか。

この記事では、複数の証券口座を持つ事のメリットはもちろん、複数の口座を持つ事で効率的な資金運用の方法をご紹介しています。

記事を読み終えた頃は、複数の証券口座を持つ事の必要性がわかります。投資の準備が進む事でしょう。投資で成功したい人は是非、最後まで読んで頂きたいです。

アイキャッチ画像出典元:https://www.pexels.com/ja-jp/photo/534216/

複数の証券口座を開設してうまく活用しょう

出典元:https://www.pexels.com/ja-jp/photo/3823540/

取り扱う金融商品、扱う種類や数が証券会社によって異となります。その為、複数の証券口座を持つことにより、証券会社の特徴を最大限に活用することができます。

各証券会社のメリットを理解して証券口座の開設や活用をしていきましょう。一つの証券会社で運用するよりも利益を上げやすく、IPOの当選率も上げやすくなります。

また取引手数料をお得にする事ができます。証券口座を複数持つ事で悩んだら、このあと、紹介する証券口座を複数持つ事のメリットとデメリットを良く理解して検討しましょう。

IPOとは、日本語で新規公開株や新規上場株の事です。具体的には、株を投資家に売り出し証券取引所で上場させ、誰でも株の取引ができるようにする事をIPOといいます。

複数の証券口座を持つ事のメリットとは

出典元:https://www.pexels.com/ja-jp/photo/8962452/

証券口座は別の会社であれば複数の証券口座を持つ事が可能です。複数の証券口座を持つ事でどんなメリットがあるのでしょうか。複数の証券口座を持つ事のメリットは下記の通りです。

複数の証券口座をメリット
  • 各投資株式のツールやサービスが利用できる
  • システム障害のリスクを回避できる

各投資会社のツールやサービスが利用できる

各、証券会社は独自の取引ツール、投資情報やセミナーを提供しています。複数の証券口座を開設する事で自分にあった取引ツール利用や投資情報の収集ができるようになります。

得にセミナーは投資家でも入手困難な投資情報が収集できます。証券会社によって情報が変わるので、複数の証券口座を開設すると利用できるサービスも多くなると言う事です。

システム障害のリスクを回避できる

大規模なシステム障害はまれですが、証券会社単位で見ればシステム障害によって取引ができなくなるケースは少なくありません。

複数の口座を持っていれば一つの口座が利用できなくても、別の口座を利用する事で損害を回避することができます。

複数の証券口座を持つ事のデメリットとは

出典元:https://www.pexels.com/ja-jp/photo/3755755/

複数の口座を持った時に「やはり一つの口座で良かった」と後悔しなくないですよね。デメリットは多数ありますが、その中でも重要な点を把握しておきましょう。

複数の口座を持つ事のデメリット
  • IDとパスワードの管理が手間になる
  • 投資が分散してしまう
  • 資金管理が難易度になるがある

IDとパスワードの管理が手間になる

複数の口座を持つと複数のIDとパスワードを持つ事になり管理が大変です。自動ログインやアプリの指紋認証、フェイスIDなどでログインを簡素化できます。

複数の証券口座、IDやパスワードをすべて記録させる事は簡単ではありません。メモなどで残す方法もありますが、紛失した時の情報が流出してしまうとかなり危険です。

とくに重要な個人情報ですので、危機感を持って管理しなければなりません。このように複数の証券口座を持つとID、パスワードの管理が大変になります。

投資が分散してしまう

複数の証券口座がある事で投資用の資産が分散してしまいます。資金が分散すると取引に必要な資金が足らなくなる可能性ががあります。

このように、取引に必要な資金が確保できない場合、他の証券口座から資金を移さなければなりません。資金移動と言う手間がかかり、タイムロスに繋がります。

資金管理が難易度になる場合がある

複数の口座を持つと、一つの口座で損失が発生していても、別の口座で利益を出していれば、損失を相殺する事ができます。

複数の口座を持つ事は、分散投資ができてリスク回避ができます。損失リスクが少なく理想的な投資方法です。しかし、資金が少ない場合、資金管理が難易度になる事があります。

資金が少ない場合は複数の口座を使うより一つの口座に資金を集中させた方がいい場合があります。複数の口座を使う場合は常に下記に記載されている事を考えておきましょう。

複数の口座を使う場合に考えておきたい事
  • 複数の口座にいくら入金するのか
  • 複数の口座にどの金融商品、銘柄に投資するのか
  • 複数の口座を持つ事でどれだけのリスクを取るのか

証券口座を持つと確定申告が必要になるケース

出典元:https://www.pexels.com/ja-jp/photo/4386372/

証券口座を持っていて確定申告が必要になるケースは以下のとおりです。それでは確認していきましょう。

確定申告が必要になるケース
  • 特定口座を持っていて「源泉徴収なし」を選択している人
  • 一般口座を持っている人(原則的に必要)
  • 特定口座を複数、持っている人で損失がでている人

まず、特定口座を持っているサラリーマンの場合、「源泉徴収なし」で年間20万円を超える利益がでていたら確定申告が必要です。特定口座については後ほどご紹介します。

特定口座を複数、持っている人は損失がでていないか確認してください。もし、損失がでているのなら、確定申告をすると天引きされた税金が還付されます。

損失がでていれば確定申告をする事で損失を繰り越す事ができます。また、昨年、一昨年と損失を繰り越しをしている人で当年も損失繰り越す場合は確定申告をしましょう。

特定口座年間取引報告書で損失を確認する方法

確定申告を楽にするなら源泉徴収ありの特定口座を選択

出典元:https://www.pexels.com/ja-jp/photo/6802042/

特定口座は「源泉徴収なし」と「源泉徴収あり」の2つが選択できるようになり、「源泉徴収あり」を選択すると、金融機関が年間取引報告書を作成するので確定申告が簡単になります。

確定申告を簡単にしたい人は特定口座の源泉徴収ありがおすすめです。特定口座制度は個人投資家が納税にかかる負担を軽減する為に設けられた制度となっております。

詳しく知りたい人は下記の「特定口座制度について詳しくはこちら」をご覧ください。

特定口座制度について詳しくはこちら

証券口座を持っている人で確定申告が必要ない人

確定申告が必要ない人は、一般NISAと積立NISA口座を持っている人です。2つ目は特定口座源泉徴収ありを選択した場合、この2つは確定申告が不要になります。

なぜ、確定申告が不要なのでしょうか。NISAはそもそも非課税なので、利益や損失があっても確定申告は不要です。たとえ、複数の証券会社で損失通算しても対象外になります。

また、特定口座源泉徴収ありの場合は、証券会社が20.315%の税金を天引きしています。その為、証券口座が1つであれば確定申告は不要になります。

複数の口座を取引している人は確定申告に必要な書類が変わる

確定申告に必要な書類は取引口座によって異となります。特定口座の場合は年間取引報告書が必要になっています。必要になる書類は下記の通りです。

確定申告に必要な書類【特定口座を持っている場合】
  • 年間取引報告書(複数の特定口座を持っている人)
確定申告に必要な書類【一般口座を持っている場合】
  • 取引報告書
  • 取引残高報告書

令和元年の税制改正により、年間取引報告書と上場株式配当支払通知書の添付が不要になりました。ただし、複数の口座を持っている人は取引報告書と取引残高報告書の添付が必要です。

また、確定申告には、公的年金の源泉徴収書と年間に支払った保険料の証明書も必要なので事前に準備しましょう。

年間取引報告書など必項書類の取り寄せ方法

複数の証券口座を使って株式投資をした場合の確定申告

出典元:https://www.pexels.com/ja-jp/photo/4476375/

投資は、自己責任で「必ず確定申告をしなければならない」と言うイメージがありますよね。投資は原則として確定申告が必要ですが、投資でも確定申告が不要な場合があります。

これも、繰り越し前途で述べていますが、特定口座の源泉徴収ありを選択すると会社側が税金を天引きしてくれます。その為、株式投資であっても確定申告が不要になります。

確定申告が不安、わからないと言う人が多い為、特定口座源泉徴収ありが人気を集めています。証券会社も特定口座源泉徴収ありを推進しています。

特定口座を複数持たなければ確定申告が不要と考えている人もいるようですが、自己判断で行動するとトラブルが発生する場合があります。専門家に相談してみましょう。

初回完全無料相談スタートアップ税理士法人

複数の証券口座を上手に使い分けしょう

出典元:https://www.pexels.com/ja-jp/photo/7821715/

ここまでは、複数の口座を持つメリットを紹介してきたので、対面証券とネット証券についてご紹介します。複数の口座を使い分ける事で効率的な運用ができるようになります。

対面証券の口座を持つ場合は、セミナーや勉強会、相談などをあなたの担当者がサポートします。学びたい人には向いていますが、取引手数料が高いと言うデメリットがあります。

ネット証券の口座を持つ場合は、対面でのサポートはありません。zoomや動画配信などのサポートになってしまいます。相談事は対面証券を使うなど使い分けをしましょう。

確定申告の際は税理士に相談して正しく申告【まとめ】

出典元:https://www.pexels.com/ja-jp/photo/209224/

この記事では、金融取引を優良にできる方法や確定申告の有無などを紹介してきました。あなたは、確定申告の悩みや口座を複数持つ事の不安から解放されたと思います。

複数の証券口座を開設する事で出来る金融取引の幅が広がることが理解ができましたね。これで、あなたは投資に向けた準備が始められますね。

この記事で、ご紹介した確定申告の方法や制度に関しては、あくまで参考です。申告の際はお近くの税理士さんに相談しましょう。最後まで読んで頂きありがとうございます。

ABOUT ME
田村寿一
田村寿一(たむらひさかず)と申します。 現在は医療食品会社に勤めており、委託施設で給食提供に関する業務に従事しております。webライターとしては、winnova(ウィノーバ)というメディアで記事作成をしています。 以下に職歴や得意分野などを記載しておりますので、ご覧ください。 【 職歴 】 ・2002年04月 中華料理屋に就職 ・2006年05月 中華料理屋退職 ・2006年06月 食品加工工場に就職 ・2010年10月 食品加工工場退職 ・2010年11月 高級和食料理屋に就職(和食を1から習う) ・2012年07月 高級和食料理屋退職 ・2012年08月 そば屋に就職(そば打ちを獲得) ・同年     副業でコンビニエンスストアでバイト(夕勤) ・2017年03月 そば屋を退職 ・2017年04月 ビジネスホテルの料理スタッフとして就職         朝昼の食事提供、夜は和食のコース料理を担当 ・2022年07月 ビジネスホテル退職 ・2022年07月後半 大阪の建築会社が始めた新事業(飲食店)に参加          8月に戸隠本店そば屋を無事にグランドオープン ・2022年11月 会社の方針と自分の価値観が合わず退職 ・2022年12月 医療食品会社に就職、現在に至る 【 過去に執筆した記事 】 「仕事の失敗で悩んでいる人必見!辞めたい時に取るべき行動とは」 https://winnova.net/archives/92656 「何月に転職をするのか悩んでいる人必見!退職後の税金とは?」 https://winnova.net/archives/86935 「ペットを飼いたいけど飼えない人必見!ロボットで代用できるの?」 https://winnova.net/archives/101091 また、上記以外でも執筆記事があります。 よろしくお願いいたします。