ペット

失敗しない水槽の立ち上げの極意はバクテリアにあり!

「水槽の立ち上げを失敗して魚が死んでしまった」「バクテリアってどうすれば増えるの?」と悩んでいませんか?

気に入った魚が死んでしまったらショックですよね。私も何度も経験してきました。

この記事では、「魚がすぐに死んでしまう原因」「バクテリアについて」「正しい立ち上げ方法」などを紹介しています。ぜひ最後までご覧ください。

アイキャッチ画像出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/24626302

水槽立ち上げ後に魚が死んでしまう原因

水槽に魚を入れてすぐに死んでしまう原因は「phショック」「アンモニア中毒」「先天的な異常」「病気」など様々です。

「先天的な異常」「病気」については、対応が難しいでしょう。しかし、「phショック」「アンモニア中毒」は飼育者の責任が大きいです。

phショックは、水合わせの失敗・魚の飼育環境に合ったphになっていないのが原因でしょう。アンモニア中毒は、バクテリア不足・水換え不足が原因の場合がほとんどです。

魚が住みやすい水槽の条件とは?

画像出典:https://unsplash.com/photos/_LWxQJFgpyo

魚が住みやすい水槽の条件は、有毒な物質がない・隠れ場がある・相性の悪い魚がいないなどです。この中で最も大切なのは、有毒な物質がないことでしょう。

私たち人間も、一緒です。いくら住みやすい場所でも、近くに有毒なものがあったら住めないですよね?

人間はそこから、逃げられますが、魚は逃げられません。有毒な物質が水槽内に溜まらないようにするのが大切です。そのために必要なのがバクテリアになります。

バクテリアはなんで必要なの?

有毒な物質をより、有毒ではない物質に変えてくれるのがバクテリアです。有害な物質はどこから出てくるのか?それは魚の糞やオシッコ、餌の残りなどです。

糞やオシッコ・腐敗した餌の残りからアンモニアが発生します。アンモニアは魚にとって有毒な物質です。アンモニアが水槽内に溜まると、魚がアンモニア中毒で死んでしまします。

バクテリアがアンモニアを亜硝酸という、有毒性が低い物質に変えてくれます。さらに別の種類のバクテリアが亜硝酸を硝酸という、さらに有毒性が低い物質に変えてくれます。

バクテリアはどこにいるの?

画像出典:https://pixabay.com/photos/goldfish-fish-aquarium-underwater-672126/

立ち上げが完了している水槽は、ガラス面・砂や水草・濾過材など、いたる場所にバクテリアがいます。

新品の水槽に水を入れている状態では、バクテリアはどこにもいません。では、バクテリアはどのようにしたら増やせるのでしょうか?

バクテリアは空気中に漂っています。初めて立ち上げた水槽にも、少しずつバクテリアは定着していきます。ただし、時間はかかります。立ち上げ期間を短縮する方法はのちほど、お話させていただきます。

正しい水槽の立ち上げ方法

正しい水槽の立ち上げ方法について説明をしていきます。参考にしてみてください。

水槽の立ち上げ方法
  1. 安定した場所に水槽を設置
  2. 底砂を敷く
  3. ろ過器やヒーターなどを設置
  4. 水槽内のレイアウトを設置
  5. 水を入れる(カルキ抜きをした水)
  6. 魚の水合わせ
  7. 魚を水槽へ入れる

ここで注意してほしいのが、すぐに魚を入れてしまうことです。底砂やろ材がバクテリアが定着しているものであればすぐに入れられますが、そうでなければ待ってください!

初めての水槽立ち上げであれば、魚を入れるのはろ過器を稼働させて1週間程度待ってからにしましょう。バクテリアが定着してくるのを待ってください。

水槽の立ち上げで早くバクテリアが増える方法

画像出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/2838111#goog_rewarded)

早く魚を水槽に入れたいですよね?水槽の立ち上げを早める方法を紹介していきます。

立ち上げを早くする方法
  • 飼育水をもらう
  • バクテリアが定着しているろ材を使う
  • 市販のバクテリア剤を使う

飼育水をもらう

近くに魚を飼っている人がいれば、飼育水(すでに魚を飼っている水槽の水)をもらいましょう。その水にはバクテリアがいるので、立ち上げを早められます。

バクテリアが定着しているろ材を使う

魚を飼育している人がいれば、ろ材を分けてもらったり、バクテリアが定着しているろ材を買ったりして、立ち上げを早くできます。

市販のバクテリア剤を使う

バクテリア剤が各メーカーから販売されています。バクテリア剤を使用することで立ち上げを早めることはできます。

バクテリア剤って必要なの?

バクテリア剤って必要なの?という話はよく聞きます。私も魚を多く飼育しており、バクテリア剤を使用したことはありますが、必ず必要であるとは言えません。

しかし「水槽の立ち上げを失敗したくない」「早く水槽を立ち上げたい」という人はバクテリア剤を使用すると良いでしょう。次の項目でオススメ商品を紹介します。

空気中にもバクテリアは漂っているので、時間をかければ、バクテリア剤が無くても水槽の立ち上げは可能です。

おすすめバクテリア剤

おすすめバクテリア剤は「スーパーバイコム スタータキット」です。

これは有害なアンモニアを分解してくれるバクテリアと有機物を分解してくれて、水槽の白にごりを予防してくれるバクテリアがセットになった商品です。

バクテリア剤と一緒に「バイコム バフィー」というバクテリアが定着しやすい濾過材を使用すると良いでしょう。

継続的に使用するとなると、金額がネックになりますが、立ち上げのみで使用し、その後は自然にバクテリアが増えるのを待っていれば問題はありません。

created by Rinker
BICOM
¥3,135
(2022/09/29 20:17:40時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
バイコム
¥1,241
(2022/09/29 22:18:29時点 Amazon調べ-詳細)

水槽を立ち上げて、いつになったら魚を入れていいの?

水槽を立ち上げて、ろ過器を稼働してから1週間後くらいを目安に魚を入れましょう。最初に入れるのは水槽の大きさに合わせて変動します。水量10リットルに対して1匹が目安です。

最初に入れる魚の数
  • 30cm水槽:1匹
  • 45cm水槽:3匹
  • 60cm水槽:5匹
  • 90cm水槽:13匹

この最初の魚を「パイロットフィッシュ」と呼びます。魚に餌を上げて、糞をさせることでバクテリアの増殖を促します。

パイロットフィッシュを入れて1ヶ月程度問題がなければ、本命の魚を入れましょう。心配であれば、水質検査をしてから入れるのをおすすめします。

「テトラ (Tetra) テスト 6 in 1 試験紙」 は1つの試験紙で多くの水質をチェックできるのでおすすめです。

水槽を立ち上げて、魚を入れるときの注意点!

画像出典:https://pixabay.com/ja/photos/%e9%ad%9a-%e6%b0%b4%e4%b8%ad-%e6%b0%b4%e6%97%8f%e9%a4%a8-%e5%8b%95%e7%89%a9-%e6%b0%b4%e6%b3%b3-6317026/

水合わせをしっかりと行いましょう。水槽の立ち上げがうまくいっていても、水合わせができていなければ魚を死なせてしまう可能性があります。

バクテリアがしっかり定着している水槽でも、水合わせがしっかりできていないとphショック(急激な水質の変化によるショック)で魚が死んでしまうことがあります。

すぐに死んでしまうわけではないですが、一週間以内に死んでしまう原因のほとんどはphショックでしょう。

phショックを起こさないためにも、正しい水合わせ方法を覚えておきましょう。

水合わせ方法
  1. 袋のまま30分ほど水槽に浮かべる(水温を合わせるため)
  2. 袋の中の水を1/4程度捨てる
  3. 捨てた分を水槽の水にする
  4. 20分ほど待つ
  5. ②〜④を2〜5回ほど繰り返す

水質変化に敏感な魚やエビの場合には、「②の水の量をもっと少なくする」または「点滴法」と呼ばれる水合わせをすると良いでしょう。

バクテリアにも限界があります。水換えは必須!

水槽が正しく立ち上げって、魚が元気に泳いでいるようであれば、水換えに注意していきましょう。

バクテリアがアンモニアを毒性の低い物質に変化させてくれますが、無害ではありません。

水換えをしっかりと行い、バクテリアが分解しきれない、毒をしっかりと水槽外に出して、新しい水(カルキ抜き済み)を入れてあげましょう。

水換えの交換頻度は、飼育している魚の数やろ過器の大きさなどによっても異なりますが、1週間に1度は、水槽の1/3程度を目安に水換えをしましょう。

失敗しない水槽の立ち上げの極意はバクテリアにあり まとめ

バクテリアは有毒なアンモニアを亜硝酸・硝酸という毒性の低い物質に変えてくれます。

水槽の立ち上げで失敗している人は、バクテリアを意識した水槽の立ち上げができていない場合です。すぐに魚を入れるのではなく、ろ過器を1週間程度稼働してから入れましょう。

立ち上げを失敗したくない人・立ち上げを早くしたい人は市販のバクテリア剤を使用すると良いでしょう。おすすめはバイコムのバクテリア剤です。

立ち上げを失敗してしまた人は、バクテリアを考えた「水槽の立ち上げ」をしてみましょう。この記事が水槽立ち上げの参考になれば幸いです。

created by Rinker
BICOM
¥3,135
(2022/09/29 20:17:40時点 Amazon調べ-詳細)

ABOUT ME
おとん
ご覧いただきありがとうございます。 理学療法士webライターのおとんです。 養成校の教員をしながらwebライターとしての活動をしております。 筋トレに関する情報発信をしているブログも運営しています。