転職

ブランクが長いと転職で不利に?どれくらいの期間なら許される?

「今の会社から転職したいけど、ブランク期間が怖くて行動できない」と悩んでいませんか?

企業によってはブランクの期間が長いと不利になる事があります。

しかし「今の会社には転職活動をできる時間の余裕がない」という場合、どうしてもブランクができてしまい不安に感じてしまいますよね?

この記事では、ブランクが転職にどれくらい影響するのか、などの転職時のブランクに関する情報をお伝えします。興味のある方は是非最後までご覧下さい。

アイキャッチ画像出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/24390029

転職でブランクがあると不利になる?

出典:https://pixabay.com/ja/photos/仕事-ビジネスマン-男-成功-2879460/

結論から言うと、転職の際にブランクの期間が長いと不利になる可能性が高まります

ブランクの期間が長い人の場合、採用側からはどのように思われているのでしょうか?

ブランクが長いと企業からどう思われる?
  • この人は働く意欲が低いかもしれない
  • 色々な会社で落ちて、うちに応募してきたのでは?
  • 転職活動と理由を付けて遊んでいたのでは?
  • 転職活動にこれだけ時間が掛るのは良い人材ではない

このように企業からマイナスに捉えられてしまう可能性もあるため、ブランク期間はできるだけ短い方が採用側の印象は良くなります。

一般的に転職活動にかかるブランク期間は?

出典:
https://www.pakutaso.com/20191130317post-21814.html

一般的に転職活動にかかる期間は1ヶ月~3ヶ月と言われています。

もちろん人によって期間はバラバラなので、一概には言えませんが、1ヶ月~3ヶ月が平均的な期間であり、3ヶ月程度のブランクであれば特に問題はありません。

ただ、人によっては、ブランク期間が6ヶ月~1年と長くなってしまう事があります。ブランク期間が長くなってしまう場合はしっかりとした理由が説明できるかが大切です。

転職先にはブランクの理由が言えるようにしておく

出典:https://www.pexels.com/ja-jp/photo/5673488/

もし、長いブランク期間がある場合はしっかりとした理由を言えるようにしておきましょう。

採用する側が履歴書を確認した際にブランク期間があれば、ほとんどの場合、「この期間は何をしていましたか?」と質問されます

ブランク期間がある場合しっかりとした理由が言えればそこまで問題ありませんが、ここでうまく理由が説明できないと採用側が悪い印象になってしまうかもしれません。

なぜブランクの期間があるのか」という質問に対して「前職では転職活動をする時間がなく、一度退職してから就職先を探していたため」などの具体的な説明ができるようにしておきましょう。

過去の転職で長いブランクがある場合は?

結論から言うと、過去に長いブランク期間があっても、今の会社で、ある程度の期間(3年以上)働いた実績があれば、そこまで心配する必要はありません

そもそも企業がブランク期間を気にするのはブランクが長いと「この人はすぐに辞めてしまうかもしれない」と考えるからです。

そのため過去にブランク期間があっても、現在の職場で働けていればそこまで問題視されることがないため、よほどブランクの期間が長くなければ問題はないでしょう。

転職活動でブランク期間を減らすには

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/23120770

ブランク期間をできるだけ減らすには、会社にいるうちに準備をしておくことが大切です。

「退職したものの、どんな職種が良いか全然決まっていない」このような状態で会社を辞めるとブランクの期間が長くなってしまいます

退職する前には、就職したい職種を決めておくのはもちろん、できれば、給料、労働環境、福利厚生などの条件を細かく決めておくと会社選びをスムーズに進めることができます。

ブランクが心配ならエージェントに相談する

今の仕事が忙しく転職活動できない方はエージェントに登録しておくことをオススメします。

エージェントに登録すると、あなたの希望する職種や条件を元に担当者があなたに合った求人を探してくれます

転職サポートのプロがあなたに合う条件の会社を探してくれるので、時間がなくても自分になった求人が見つかるかもしれません。

初回のみミーティングする時間が必要ですが、一時間程度なので、時間が取れる方にはとてもオススメです。

転職活動は恐れず行動

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%e4%bb%95%e4%ba%8b-%e9%81%b8%e6%8a%9e-%e8%a7%a3%e6%b1%ba-%e6%b1%ba%e6%96%ad-%e7%ae%a1%e7%90%86-3188128/

会社を退職した後の転職活動は、とにかく行動がとても大切です。

転職活動に時間がかかる人にありがちなのが、受ける会社に悩みすぎて全然応募しないまま時間が過ぎてしまうというケースです。

少しでも条件の良い会社に入社したいと思うかもしれませんが、全てが理想通りの会社しか応募しないと長いブランクの原因なってしまうかもしれません。

理想の会社条件よりも少し劣っていると感じても、始めのうちは気になる会社にはすぐに応募するくらいの気持ちで就職活動するのをオススメします。

転職をスムーズにするコツ

会社を選ぶ際に、最低これだけはと思う条件を書き出して優先順位を付けておくと、会社を退職後、転職活動をスムーズに進めることができます。

給料、休日、仕事内容など、具体的に「これだけは外せない」と思う条件を考えることで、あなたにとって本当に必要な部分が見えてきます

書き出した条件の中で「これはなくてもいい」と思えるものがあれば削除して、残った条件を元に会社を探してみましょう。

転職で失敗しないために

出典:https://www.pakutaso.com/photo/5231.html

転職したけど「残業が思ったよりも多かった」「有給がとりにくい体制だった」など以前勤めていた会社よりも条件が悪くなってしまうケースがあります

このような事例を避ける為に、応募する企業を研究しておく必要があります。

年間休日や福利厚生だけでなく、離職率や有給消化率なども調べておくといいですよ。

またネットに載っていないこともたくさんある為、分からない部分は面接で直接質問できるように聞きたい内容をまとめておきましょう。

まとめ:転職でブランク期間があっても大丈夫?

一般的に転職活動にかかる期間は1ヶ月~3ヶ月と言われています。転職の際、ブランク期間が3ヶ月未満であればそれほど気にする必要はありません。

しかし、ブランクの期間が6ヶ月以上と長くなると採用側から良い印象を持たれないかもしれません。その時はしっかりとした理由を説明できるようにしておくことが大切です。

普段忙しい方は、エージェントへの登録をオススメします。登録後に担当者と打ち合わせをするだけで、プロの転職サポーターがあなたに合った求人情報を探してくれます。

時間の無い方でも、その人に合った最高の職場が見つかるかもしれません。早速登録してみましょう。

今すぐエージェントに登録する!転職ならリクルートエージェント