研修

いつからしつける?10分で分かる犬の教育方法6選!

「犬のしつけっていつからなの?」「何をしつければ良いの?」「そもそも素人の私が教育できるだろうか?」といったお悩みを抱えていませんか。

犬のしつけは凄く重要で、早い段階からしつけを行わないと周りの人に怪我をさせてしまったり、最悪な場合は訴えられ何十万円と請求される可能性もあります。

そして、この記事では周りに迷惑をかけないように無駄吠えの予防や人に怪我をさせない為のしつけ、トイレのしつけや接し方などをご紹介していきます。

この記事を読めばあなたも明日から犬のしつけが分かり、しつけに対しての疑問も解消できるので最後までご覧ください。

アイキャッチ画像出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/1600742

犬しつけはいつからか?

犬のしつけは一般的に生後2ヶ月〜3ヶ月が最適と言われていて、生後2ヶ月〜3ヶ月というのは社会化期にあたるため、教えたことが頭に入りやすい時期と言われています。

お勧めとしては生まれて直ぐしつけに移るのではなく、まずはしっかり愛情を注いであげることに重きを置くといいでしょう。

愛情を注がれた犬は懐きやすいですし、犬の気持ちの安定にも繋がります。

しつけは犬の生後2ヶ月〜3ヶ月目が最適と言いましたが、焦って教え過ぎるとその焦りは犬にも伝わるので一つひとつ丁寧に教えていきましょう。

①いつから犬のトイレのしつけをさせる?

出典: https://www.pakutaso.com/20171217361post-14673.html

1つ目はトイレのしつけ方です。トイレのしつけは基本的に犬を家に迎えたら直ちに行い、いつでも排泄してもいいようにケージ内にトイレを設置します。

食後・運動後・寝起きといったタイミングで排泄しやすくなるので、そのタイミングで犬をケージに出し入れを行うと良いでしょう。

犬がトイレで排泄をしたら沢山褒めてあげて、褒められた犬はここで排泄することでご主人から喜ばれるということを認識します。

ちなみに犬を迎える前に事前にケージやトイレなどのグッズは先に用意しておくのがオススメです。

②犬の無駄吠え予防のしつけ

2つ目は無駄吠えの予防のしつけ方です。犬の無駄吠えはご近所トラブルに発展し、無駄吠えのしつけは今後のことを考えると非常に重要です。

無駄吠えのしつけで大事なのが、できるだけ犬が無駄吠えをしない環境づくりをすることです。

犬は警戒心が強いので家の中から見える通行人にも吠える事があります。なので部屋のカーテンを閉めたり色々工夫をしましょう。

犬が吠える原因は嬉しい・不安・お腹が空いた等の感情で吠えます。犬がお腹を空かす前にご飯をあげたり、できるだけ不安にさせないようにすることが望ましいでしょう。

③いつから噛み癖をやめさせる?

出典: https://www.pakutaso.com/20220528140post-40251.html

3つ目の噛み癖をいつから辞めさせるかについてですが、こちらも早めの段階からが良いでしょう。

小さい仔犬の時期は歯の生え変わりなどがあって歯が痒くなったりするので、甘噛みをすることは頻繁にあります。

基本的に犬は気分が落ち着いている時はあまり噛まず、興奮をしている時に噛むことが多いです。大切な事は噛むという興奮状態を抑えることが重要になってきます。

例えば叱るという行為は犬にとってはあまり良くはありません。叱ることで犬を興奮状にさせるので、できるだけ犬を穏やかにするように心がけましょう。

④お散歩はいつから?ワクチンを接種してからお散歩をしよう

出典: https://www.pakutaso.com/20170321061post-10529.html

4つめのお散歩についてですが、仔犬はすぐ外にお散歩をさせてはいけません。

実は生後1ヶ月半〜3ヶ月頃の仔犬は母親から受けた免疫が徐々に減っていくため色々な感染症にかかるリスクがあります。

殆どの方が生後3ヶ月以内の仔犬を飼うと思うので、その場合は病院で犬が寄生虫にかかっていないか確認しましょう。

そのタイミングで獣医さんにワクチンの話を聞き、散歩のタイミングなどを相談してみてください。

⑤しつけの教室に通う

5つ目は犬の教室に通うことです。この教室は・お散歩・伏せ・お手など犬や飼い主の生活スタイルを判断しながら、犬も飼い主も両方が学べるというものになっています。

犬のしつけ教室は様々な通い方があり、出張コース・通うコース・泊まり込みコースなどがありご自身の生活スタイルに合わせたコースが選択可能になっています。

「犬のしつけが上手くいかない」など飼い主によって理由は様々なので、今の犬のしつけが上手くいっていないなど心配があれば活用してみるのもいいでしょう。

⑥犬に愛情を持って接する

出典: https://www.pakutaso.com/20220502122post-40119.html

6つ目は愛情を持って接するです。犬にしつけをすることも大事ですが、何より大切な事は愛情を持って接してあげる事です。

犬は褒められることが一番大好きなので、一緒にご飯を食べたり、テレビを見ている時、お散歩をしている時、こまめに褒めてあげると犬はとっても喜びます。

そして犬はとても観察力のある生き物です。優しく名前を呼んであげるだけで、主人から愛情を持って接してくれてると認識します。

自分の子供だと思って優しく可愛がってあげると犬もその愛情に応えてくれるでしょう。

しつけはいつから?まとめ

最後まで読んで頂きありがとうございます。犬のしつけ方、犬に対する接し方を紹介していきました。

結論から言うと、犬のしつけは生後2ヶ月目〜3ヶ月目と早めの段階ですることをお勧めします。

しつけをしっかり行うことでご近所トラブルを避けられて、犬とのコミュニケーションも上手に取れるので犬との楽しい生活が送れます。

犬に対しての接し方は何よりも愛情を持って接してあげることが一番なのです。なかなか言うことを聞かないこともあるかと思いますが、温かい目で優しく見守っていてあげましょう。