研修

仕事がうまくいかないと思ったときに取るべき対処法とは?

「仕事がうまくいかない」と頭を抱えてはいませんか。「人間関係で悩んでいる」「仕事内容が合わない」など悩みがあると思います。

この記事では、「仕事がうまくいかない」と悩んでいる人たちにどんな準備が必要なのか。どんな行動をすればよいのか。

仕事を辞めることのメリットデメリットを紹介しています。是非、最後までご覧ください。

(アイキャッチ画像出典:https://pixabay.com/ja/photos/%e7%94%b7-%e4%bb%95%e4%ba%8b-%e8%80%83%e3%81%88%e3%82%8b-%e3%83%a9%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%88%e3%83%83%e3%83%97-1205084/)

仕事がうまくいかない!辞めるのは「甘え」?

仕事を辞めたいけど「まだ頑張れる」「逃げてはダメ」と考え限界まで無理をしてしまう人がいます。

遅刻や無断欠勤を繰り返しているような人は甘えかもしれませんが、他の理由で辞めたいと感じる時があると思います。

仕事を辞めること自体は甘えではありません。人間関係が上手くいかなかったり、長時間労働で健康に悪影響を及ぼすぐらい無理して働くのなら辞めることも視野に入れましょう。

仕事を辞めたいと思う理由は?

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%e5%ad%a6%e3%81%b6%e3%81%9f%e3%82%81%e3%81%ab-%e5%ad%a6%e6%a0%a1-%e7%9e%b3-%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%89-3069053/

なぜ仕事を辞めたいと思うのか理由を探って見ました。一つ一つ見ていきましょう。

人間関係が悪い

人間関係が悪い場所で働くのはストレスになります。一緒に仕事をする人を自分で選ぶことができないので気が合わない人でも付き合っていかないといけません。

また、悪口や陰口を言っているのを聞いてしまうと職場の雰囲気が気まずくなり人間関係が悪くなってしまいます。

人間関係は自分でなかなか解決することができないケースが多いので、辞めたいと感じる人は多くいます。

給料が低い

手取りが少なく生活に余裕がない、同年代と比べて給料が安いなど自分の給料に不満がある人は多いでしょう。給料が安いと言う理由で仕事を辞めたいと考える人は多くいます。

自分に見合った収入があることで、生活に余裕ができ安定した生活を送ることができるのでモチベーションが上がります。

しかし、自分に見合った収入がないと仕事のモチベーションが下がってしまい辞めたくなります。

会社の将来が不安

「会社の業績が悪くリストラされるかもしれない。」「辞める人がたくさんいて、自分も辞めた方がいいのではと感じる」など会社の将来が不安になると安心して働けなくなります。

大手企業に就職してもいつ何が起こるかわからないこの時代、急に会社が倒産する可能性もあります。

コロナ禍で倒産する会社も多いので今のうちに転職活動の準備をしておくと良いでしょう。

他にやりたいことがある

仕事についてから、「この仕事は何か違うな。」「もっと、他の仕事をしてみたい」と思うことがあります。やりたいことが見つかるのは良いことだと思います。

しかし、すぐに辞めることはできないので今の仕事を続けながらやりたいことについて調べたりお金を貯めるのが良いでしょう。

年間休日が少ない

大手企業だと120日が一般的ですが、年間休日が法律上最低ラインの105日しかなく周りの友達と比べて少ないと休みの日は疲れて寝ているだけになってしまいがちです。

給料よりも、休みやプライベートを重視したい方は、休日が多い大手企業の会社に転職するのも良いと思います。

労働時間が長い

残業していても、サービス残業や残業代が未払いになっている職場では長く働くことは難しいと思います。

長時間労働を続けていると、心身ともに疲れ切ってしまい何をしても楽しくないと思うようになります。

労働組合相談窓口などで相談し請求しましょう。改善されなければ、転職したほうが良いと思います。

辞めたいと思った時にすべきことは?

出典:https://pixabay.com/ja/illustrations/%e3%83%81%e3%82%a7%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%88-%e3%82%84%e3%82%8b%e3%81%93%e3%81%a8%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%88-7325314/

ここでは、仕事を辞めたいと思った時にすべきことを紹介します。

「なぜ辞めたいのか」理由を書き出す

なぜ、今の仕事を辞めたいと感じるのか紙に書き出しましょう。現状の不満をストレスの多い順番に並べ冷静にじっくりと考え「なぜ辞めたいのか」原因を見つけ出しましょう。

紙に書くことで客観的に自分の気持ちを見ることができます。可視化することにより、気持ちや考えを整理することができ次のステップに進むことができます。

「解決できること」がないか考える

仕事を辞めたい理由のなかに「解決できること」がないか考えましょう。

人間関係がストレスなら人事に異動の相談をしたり、給料に不満があるなら上司に昇給の相談をしてみましょう。

相談することで、今の部署から移動することができたり給料をあげてくれることができれば仕事を辞めずにすむことができます。

身近な人に相談する

一人で考え込んでも答えが出ないときは、周りに相談しましょう。親や友達など話しやすい人に相談しましょう。

第3者の意見を聞くことで今ある問題の解決の糸口が見出せるかもしれません。

不満や愚痴を言うことで心が軽くなります。自分と似たような悩みを持っている人がいれば解決ができる可能性があります。

趣味でストレスを発散する

辞めたい気持ちから距離を置き自分の好きな趣味に没頭しストレスを発散しましょう。

プラーベートを満喫することで、「明日から頑張ろう」と思うことができる場合もあります。「仕事だから」と割り切って考えることでストレスが軽減される可能性があります。

仕事を辞めるメリット

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%e6%99%82%e3%81%af%e9%87%91%e3%81%aa%e3%82%8a-%e3%82%b3%e3%82%a4%e3%83%b3-%e9%80%9a%e8%b2%a8-1601978/

次の仕事が決まってないけれど仕事を辞めた場合のメリットを2つ紹介します。

メリット
  • ストレスからの解放
  • 時間に余裕が生まれる

ストレスからの解放

仕事を苦痛だと感じていた人は、会社を辞めることでストレスから解放されて楽になります。

働いていると、責任やプレッシャーがつきものでしたが辞めることによりその辛さが無くなります。

朝、早起きする必要も無くなり人間関係も悩むことがなくなるので精神的な負担が軽減します。また、ノルマや上司から怒られることがなくなるので気持ちが楽になります。

時間に余裕が生まれる

会社を辞めたので、会社に行っていた時間が自由時間になります。明日の仕事を考えなくて良いので、夜更かしや昼まで寝ていることもできます。

日曜日に「明日から仕事か」と嫌な気持ちになることも無くなります。

多くの時間を取れるので、転職活動もしやすいでしょう。平日に面接が入っても日程調整しやすいのもメリットだと思います。

仕事を辞めるデメリット

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%e8%80%83%e3%81%88-%e4%ba%ba-%e8%80%83%e3%81%88%e3%81%a6%e3%81%84%e3%82%8b%e4%ba%ba-%e8%80%83%e3%81%88%e3%82%8b-2681494/

ここでは、次の仕事が決まっていないけれど仕事を辞めた場合のデメリットを2つ紹介します

デメリット
  • 無職期間が長いと評価が下がる
  • 収入がなくなる

無職期間が長いと評価が下がる

転職先が決まらず仕事をしていない空白の期間があると、企業からの評価が下がることがあります。「計画性がない」「何か問題があるのか」などど思われやすくなってしまいます。

空白期間が1〜2年になると企業側は「働く意欲がない」と不安を感じるため空白期間はできるだけ少なくしましょう。

無職期間に何をしていたのかを面接で答えられるように理由を明確にしておくと良いでしょう。

収入がなくなる

会社を辞めると収入が無くなります。「失業保険」を使うことができますが、自己都合退職だと2ヶ月の待機期間があり前職の収入の5〜8割程度しかもらうことができません。

また、会社に勤めていた時は給料から天引きされていた「健康保険」「年金」「住民税」の支払いを自分でしないといけなくなります。

余計なトラブルを起こさないように円満退社を目指す

仕事を辞め転職すると決めたら円満退社を目指しましょう。余計なトラブルを起こさないようにできるだけ円満に済ませるのが得策です。

円満退社の秘訣は、自分が仕事を辞めることによって周囲に負担がかからないように努力することです。繁忙期ではなく閑散期にできるだけ退職意思を伝えるようにしましょう。

もしかしたら、転職した会社で取り引きがあったり、将来繋がりを持つことがあるかもしれないので業界内に悪い評判を立てないように退社するのをオススメします。

仕事がうまくいかないなら転職活動をしよう

ここでは、転職活動の進め方を紹介します。平均的な、転職活動期間の目安は3〜6ヶ月です。空白期間を少なくするため、在職中に転職活動を始めることをオススメします。

まず、転職する理由を明確にし自己分析をして自分が本当にやりたいことや向いていることを把握するのが良いでしょう。

転職する前に事前に転職サイトに登録して情報収集することで時間を短縮することができます。

退職するまでの流れ

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/4456978

退職するとなると、事務的な手続きが多数発生します。退職手続きや引き継ぎ業務に追われ、周囲に迷惑をかけないように退職までの流れを把握して計画的な退職をしましょう。

一般的な退職までの期間は2ヶ月と言われています。会社都合による退職の場合は退職願は書かないことがほとんどです。自己都合退職の場合、退職の意思は上司へ伝えましょう。

法律では、2週間前に退職の意思を伝えれば良いとのことですが会社の就業規則に定めがある場合はその期限に従うのをオススメします。

円満退社がうまくいかないなら退職代行サービスも1つの手段

どうしても今の会社を辞めたいけれど、辞めることができない場合に退職代行サービスを使うのも1つの手段だと思います。

退職代行サービスとは、労働者本人に代わり会社への退職連絡を代行するサービスです。お金さえ払ってしまえば会社を即日で辞めることができます。

トラブルが起きても退職代行サービス側に任せることができます。

横のつながりが強い業界だと退職代行を使って辞めたということが広まることがあるので、同じ業界には転職しないことをオススメします。

オススメの転職エージェント

転職エージェントは1つではなく複数登録しておくのをオススメします。

転職エージェントによってそれぞれの強みがあるので自分にあった転職サービスを選びましょう。ここでは、オススメの転職エージェントを2つ紹介します。

リクルートエージェント

リクルートが運営する転職成功実績第1位の転職エージェントです。業界トップクラスの非公開求人数で、全国どこの地域に住んでいてもエージェントサービスを利用できます。

登録は無料ですることができ、求人数は都心だけではなく地方まで豊富に取り揃えているので、登録だけしてみるのも良いでしょう。

求人を紹介する段階から、企業について詳しく知ることができるので入社後のミスマッチを防ぐことができます。

熱心に面談してくれる担当者が多いので、1人で転職活動を行うよりもスムーズに転職活動を進めることができます。

リクルートエージェント

マイナビエージェント

「20代に信頼されている転職エージェント1位」に選ばれている若者に人気の転職エージェントです。第2新卒や20代向けの求人が豊富です。

20代だけではなく、30代以上の方も利用することができます。中小企業を中心とした求人量が多いのが特徴です。無料で登録することができます。

面接対策は何度でも手伝ってもらえて、応募書類も細かい点まで添削してくれます。求人紹介から内定後のフォローまでしてくれます。

大手ならではの情報量と手厚いサポートがあるので安心して転職活動を進めることができます。

マイナビエージェント

まとめ:仕事うまくいかないと悩んだ時にやってほしいこと

「仕事がうまくいかない」と悩む原因は人それぞれです。職場の人間関係や給料の安さなど色々な原因があります。仕事を辞めることは甘えではありません。

「なぜ辞めたいのか」原因を書き出し解決できることがあれば解決しましょう。解決できないのであれば転職も視野に入れましょう。

転職する際は転職エージェントを活用してスムーズな転職活動を行いましょう。退職は人生が変わる大事な決断なので、焦らずじっくりと考え後悔のない人生を選択しましょう。

最終的に決めるのはあなたです。納得の行く人生を送るために今一度自分の気持ちと向き合いましょう。

ABOUT ME
なつみ
よろしくお願いします!