SIM

通信速度を重視している方へおすすめの格安SIMを紹介します!

格安SIMに興味を持っている人の中には「格安SIMは通信速度が遅い…」といった声を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか?

格安SIMへ乗り換えを検討しているけど、通信速度が遅くなってスマホの使用に支障がでないか心配している方は意外と多くいらっしゃると思います。

この記事では、「格安SIMの通信速度は?」「通信速度が速い格安SIMはない?」「どれくらいの通信速度があれば良いの?」などといった疑問について解説していきますので是非、参考にしてみて下さい。

出典:https://unsplash.com/photos/NS-lboO5wak?utm_source=unsplash&utm_medium=referral&utm_content=creditShareLink

格安SIMの通信速度はやっぱり遅いの?

出典:https://www.pakutaso.com/20190731204post-21766.html

格安SIMを提供している会社は「MVNO(仮想移動体通信事業者)」と呼ばれており、大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)の通信設備の一部を借りて通信を提供しています。

そのため、キャリアと比べると通信速度は遅くなってしまうようです。

しかし、MVNOの会社によって、キャリアから借りている通信回線の量は異なるため、通信速度も異なります。中には比較的、通信速度が速い格安SIMもありますよ。

格安SIMは時間帯や場所によって通信速度が変わる

格安SIMはキャリアから通信回線を借りている為、時間帯や場所によって通信速度が変わりやすいです。その原理は道路に例えると分かりやすいです。

交通量が少ない 交通量が多い
車線が少ない ふつうの速度 遅い速度
車線が多い 速い速度 ふつうの速度

車線の数=通信回線の許容量、交通量の多さ=使用中のユーザーの多さ、速度の速さ=通信速度の速さ

大手キャリアから設備の一部を借りている格安SIMは、上記の例えでいうと車線が少ない状態です。

そのため都市部の駅構内など人が集まる場所ユーザーが多く使用する昼休みなどには、アクセスが集中して通信速度に影響を受けやすくなっています。

通信速度を測定する方法

自分が現在、使用しているスマホの通信速度を知っておくと、格安SIMへ乗り換える際の判断材料として役立ちます。

通信速度を測定する方法は様々ありますが、今回はアクセスするだけで測定できるFAST.comというサイトをおすすめします。

FAST.comにアクセスすると下り(ダウンロード)の速度が表示されて、詳細をクリックすると上り(アップロード)も見ることができます。

上り(アップロード)~メールの送信などインターネット上へファイルを転送する際の通信のこと。

下り(ダウンロード)~メールの受信、動画や画像をインターネット上から受け取る際の通信のこと。

※サイトの測定結果にある単位の「bps」は1秒間に何bit(ビット)のデータを転送できるかを表したものです。例.「30Mbps」なら1秒間に30MBの通信が可能。

快適に通信ができる通信速度ってどれくらい?

出典:https://www.pakutaso.com/20190919261post-21880.html

快適にストレスなく通信できる速度は使用する用途によって異なります。ここではスマホを快適に使用できる通信速度の目安を紹介します。

メールやLINEを使用する場合

下り128kbps~1Mbpsが目安です。文字だけなら通信制限がかけられてもよっぽど大丈夫ですが、画像や動画が添付されている場合は時間がかかります。

Webサイトを閲覧する場合

下り1Mbps~10Mbpsが目安です。文字が中心のサイトだと1Mpbs程度でも問題なく閲覧できますが、画像などが多いサイトだと3Mbps以上は必要になります。

動画を視聴する場合

下り3Mbps~20Mbpsが目安です。動画の場合は解像度が高いほどダウンロードに時間がかかります。

通常の解像度ならば5Mpbs程度あれば十分ですが、4Kのような高画質動画を視聴する場合には20Mbps以上は必要になるでしょう。

オンラインゲームをする場合

下り5Mbps~100Mbpsが目安です。オンラインゲームによりますが5Mbpsあれば問題なくできます。

しかし、3Dのゲームや高画質モードなどでプレイしようとすると、場合によっては100Mbps程度は必要になります。

通信速度が速いおすすめの格安SIMとは

格安SIMには様々な会社があるため、速度が速い格安SIMも中には存在します。

通信速度が速いおすすめの格安SIM
  • ワイモバイル・・・ソフトバンク回線
  • UQモバイル・・・au回線
  • OCNモバイル(新コース)・・・ドコモ回線

おすすめの格安SIM3社の下り(ダウンロード)速度を、全日とアクセスが集中しやすい昼休みの時間帯で比較した結果を紹介します。

ワイモバイル UQモバイル OCNモバイル(新コース)
下り中央値(全日) 35Mbps 39.2Mbps 22.3Mbps
下り中央値(12時~13時) 17.1Mbps 37.9Mbps 20.6Mbps

調査期間:2020年2月4日~2月6日 ※MMD研究所データ引用:https://mmdlabo.jp/investigation/detail_1850.html

いずれも、大手キャリアの関連会社の格安SIMで、通信速度ランキングで上位にいます。

大手キャリアのサブブラントとして位置付けされているため、安定して使用できる通信速度はあるようです。

第4のキャリア「楽天モバイル」は格安SIM並みの速度&料金

楽天モバイルは2020年4月8日より、楽天回線を用いた携帯キャリアサービスを開始しました。

料金プランが1GBまで0円/月~最大でも2980円/月となっており、使用した通信量によって料金が上がっていきます。

楽天回線エリア外ではパートナー回線(au回線)を使用します。楽天回線はまだ拡大中ですが独自回線となっているため、「MVNO」の格安SIMよりも通信速度に期待が持てるでしょう。

格安SIMで速度以外にも注意したいポイント

格安SIMの速度は大事ですが、速度以外にも注意したいポイントを解説します。

格安SIMで速度以外に注意したいポイント
  • データ容量が使用用途に合っているか
  • プランは適切か
  • 使用したいスマホで動作確認がとれているか
  • どのキャリアの回線か

データ容量が使用用途に合っているか

自分が毎月どれくらいデータ通信量を使っているか把握して、適切なデータ通信量のプランを選択しましょう。

プランは適切か

格安SIMには様々なプランがありますが大きく分けて「音声通話付きプラン」と「データ通信専用プラン」という2種類のプランがあります。

音声通話ができるかできないかの違いですが、「データ通信専用プラン」の方が低価格です。

使用したいスマホで動作確認がとれているか

格安SIMを申し込んで届いてから、自分のスマホに対応してないことに気付くと後々面倒ですよね。

各格安SIM会社が公式サイトにて動作確認の一覧を公表してますので確認しておきましょう。

どのキャリアの回線か

既存のスマホを使う場合には、格安SIMが違うキャリアの回線を用いていると「SIMロック解除」をしなくてはなりません。

また、キャリアによって回線の繋がりやすさも変わりますので確認しておきましょう。

 

通信速度が遅い時の対処法

出典:https://www.pakutaso.com/20200259041post-25755.html

通信速度そのものを速くすることはできませんがスマホの通信速度がいつもより遅いと感じる時の対処法を紹介します。

通信速度が遅い時の対処法
  • Wi-Fiを使用する
  • 場所を変えてみる
  • スマホを再起動する
  • データの通信設定を変えてみる

Wi-Fiを使用する

Wi-Fiが使用できる環境であればWi-Fiに切り替えるのがいいでしょう。

最近では、駅や飲食店でもWi-Fiが備えてありますし、料金はかかりますがポケットWi-Fiという選択肢もあります。

場所を変えてみる

混雑している場所や電波が届きにくい場所は通信速度が遅くなる原因となるので場所を変えてみると通信速度が改善されるかもしれません。

スマホを再起動する

何らかの原因でスマホ自体の処理能力が落ちている可能性もありますので、原因が不明な場合は再起動してみるといいでしょう。

データの通信設定を変えてみる

スマホでは位置情報の通信やアプリの自動更新などバックグラウンドで通信しているものがあります。

そのため設定を変えて通信量を減らしてみるとスマホの処理能力が向上して通信速度が改善されるかもしれません。

格安SIMへ乗り換える手順

格安SIMへスムーズに乗り換えるために手順も合わせて紹介します。

格安SIMへ乗り換える手順
  1. スマホの使用用途に適した格安SIM会社を選ぶ
  2. 自分のスマホで格安SIMが動作確認済かをチェックする
  3. 申し込みに必要なものを準備して申し込む
  4. 格安SIMが届いたら初期設定をする

①スマホの使用用途に適した格安SIM会社を選ぶ

まず自分が普段どのようにスマホを使っているか、どれくらいのデータ通信量が必要かなどスマホの使用用途に適した格安SIM会社を選びます。

②自分のスマホで格安SIMが動作確認済かをチェックする

格安SIM会社を選んだら自分のスマホで動作確認済かどうかをチェックすることを忘れないようにしましょう。また使用しているキャリアの回線によっては「SIMロック解除」も必要です。

③申し込みに必要なものを準備して申し込む

格安SIMへ申し込む際には、本人確認書類クレジットカードが必要となります。

また、現在使用している電話番号をそのまま使用したい方はMNP予約番号も申請する必要があります。

④格安SIMが届いたら初期設定をする

格安SIMが届いたらSIMカードを挿入して初期設定を行います。

スマホの設定から「無線とネットワーク」→「モバイルネットワーク」→「アクセスポイント名」→「新しいAPN」の順でASPの設定をするとモバイルデータ通信が利用できます。

多くの場合は初期設定のマニュアルが一緒に届けられますのでマニュアルを参考にするといいでしょう。

【まとめ】通信速度の速い格安SIMもある

この記事では、スマホが快適に使用できる通信速度の目安速度が速いおすすめの格安SIM通信速度が遅い時の対処法などについて紹介しました。

格安SIMはキャリアから回線を借りているという仕組み上、どうしてもキャリアより通信速度が遅くなってしまいますが、中にはキャリア並みの通信速度がある格安SIMもあります。

自分の使用用途に適した格安SIMを選んで低価格でも快適なスマホライフが送れるようにしましょう!

ABOUT ME
坂本
坂本と申します。 製造業で働いて7年目に突入。 本を読むことが好きで様々なジャンルを読み漁るのが趣味。 たまにロードバイクに乗って運動不足を解消してます。 webライターとしては、主に転職、映画、書評などのジャンルを執筆しています。