転職

【簡単5ステップ!】転職率がグッと上がる志望動機の書き方

あなたは「転職の志望動機の書き方がわからない」「希望動機をうまく書くにはどうすればいいの」と頭を抱えていませんか?

志望動機をしっかりと書くのが転職に有利だと言うのはわかっているけど、しっかりと書くために何に気を付ければ良いかわからない方は多いと思います。

そこで本記事では、魅力的な志望動機を書くのに重要な5つのステップをご紹介します。うまく書けなくて困っていると言う方は、ぜひ最後までご覧ください。

(アイキャッチ画像出典:https://www.pexels.com/ja-jp/photo/2422278/)

転職において志望動機が求められる理由

出典:https://www.pexels.com/photo/man-in-black-jacket-sitting-on-chair-near-window-5439141/

転職において志望動機を求められることがあります。「なぜ自社を選んだのか明確な理由が知りたい」と考えているためです。

企業は採用者の具体的なイメージをもっています。企業が求めている人物像に一番マッチしている人を雇おうと考えています、志望動機を聞いて判断しようと考えているのです。

「仕事内容に興味があるから」「福利厚生がしっかりしているから」では転職の志望動機においては正しい答えだと言えません。企業のが考える人物像にマッチした志望動機を答えましょう。

転職の志望動機で採用担当社が判断するポイント

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-%E5%AE%9F%E6%A5%AD%E5%AE%B6-%E3%83%95%E3%83%83%E3%82%AF-3468267/

転職の志望動機で採用担当者は主に4つのポイントを見ています。

見られる4つのポイント
  • 強い入社希望の気持ちがあるか
  • 社風にマッチしている人材か
  • 志望動機をプレゼンテーションする能力があるか
  • 長期で活躍できる人材か

これらのニーズに応えられる志望動機を考えてまとめるのが良いでしょう。志望動機において重要な考え方はいかに自分をアピールできるかということです。

自分の持っている能力を使うと転職先にどんなメリットがあるかを考え、志望動機を作り込むことが大切です。

志望動機の正しい書き方

出典:https://www.pakutaso.com/20201211359post-32629.html

転職理由と自己アピールをつなげて、志望動機を記入しましょう。

「挑戦したいころを実現できる環境が前職にはなかったから、挑戦できる環境を探していた。」「挑戦できる環境が御社にはあると感じたから転職を志望した」などと、自己アピールと転職理由がマッチさせましょう

また、自分の強みを盛り込んだ志望動機も有利に働きます。「〇〇のプロジェクトを経験した」などの強みは自分だけが持っている強みですので、大切にしましょう。

転職の理由と志望動機に一貫性を持った書き方をすることが正しい志望動機の書き方です。

転職の志望動機の5つのステップでの具体的な書き方

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E9%9B%BB%E6%BA%90%E3%82%92%E5%85%A5%E3%82%8C%E3%81%BE%E3%81%99-%E7%84%A1%E5%8A%B9%E3%81%AB%E3%81%99%E3%82%8B-2933029/

転職の志望動機を書く際にはこの5つのステップで志望動機を書くのが良いでしょう。こうすることでスムーズに相手に伝わりやすい志望動機を書くことが可能です。ぜひ参考にしてみてください。

5つステップ
  1. 現在の仕事内容を書く
  2. 転職理由をポジティブに書く
  3. 志望理由は仕事内容と関連性を持たせる
  4. 入社後のイメージを伝える
  5. 締めくくりでもう一度自己アピール、経験を伝える

この5ステップで転職の志望動機を書きましょう。グッと魅力的になりので詳しく紹介していきます。

現在の仕事内容を書く

現在どのような仕事をしていて、これまでに積んできた経験を簡潔にまとめましょう。ポイントは簡潔に書くこと。

あまりに長すぎると重要な志望動機の本文をしっかり読んでくれません。

転職理由をポジティブに書く

前職を辞めた理由、なぜこの企業を志望したのか明確に書きます。その時に重要なのはポジティブに書くこと。

ネガティブな内容では「会社に入ったら社内情報を社外に出す信用できない人」と感じられてしまいます。

「ステップアップのため」など、ポジティブな内容を考えるようにしましょう。

志望理由は仕事内容と関連性を持たせる

「仕事内容に興味を持ちました。」など、抽象的などこにでも当てはまる内容はあまり良くありません。

たとえば、「弊社の〇〇の仕事に興味を持ち、私の能力を活かせると考えたので志望しました。」など、具体的な仕事内容を調査し、志望理由を考えるようにしましょう。

入社後のイメージを伝える

「私が入社したら御社には〇〇のメリットがあります。」と具体的な内容で、未来を見せてあげることが肝心です。

意外とこの部分ができる人は少なく、徹底すると他のライバルと差別化できます。

締めくくりでもう一度自己アピール、経験を伝える

転職の面接で話す場合においても、紙に志望動機を書く場合においても重要なことです。人間は最後に見た情報を大事な情報と捉えます。

「終わり良ければ全てよし」という言葉のとおり、最後にもう一度自己アピールすると念押しできます。

転職でプラスの印象を与える志望動機

企業の採用目的に合っている志望動機を書きましょう。転職者に対して企業が感じることは以下です。

企業が感じること
  • なぜ転職したのだろう?
  • 前の会社が合わなかったのかな?
  • ちゃんと仕事ができる人なんだろうか?

このようにどうしてもネガティブに考えてしまう企業が多いです。ポジティブなイメージを最初から持っている企業は少ないはず。

だからこそポジティブなイメージを共有する必要があります。具体的にどのような能力があって、どんな実績を残せそうかなど未来の不確定なことでも記入すると、魅力的な志望動機になるものです。

転職でマイナスの印象を与えてしまう志望動機

出典:
https://pixabay.com/ja/photos/%E5%8B%95%E6%8F%BA-%E5%9C%A7%E5%80%92-%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AC%E3%82%B9-%E7%96%B2%E3%82%8C%E3%81%A6-2681502/

転職の志望動機であいまいな表現を多用するとマイナスイメージを与えてしまいます。

「貴社の社風に魅力を感じた」など使ってしまいそうですが、あまり多用するのはおすすめできません。また、前職場の悪口を書いているのも良くありませんね。

このような書き方をすると平凡に、もしくは「埋もれてしまう志望動機」になってしまいます。

数多くのライバルがいる中で、目を引くものを書くためには具体的な数字や表現を使うべきです。渡した相手がの心が動く、気持ちいい動機を書くことが大切です。

転職先に対する志望動機が見つからない場合の対処策

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E6%89%8B-%E6%8C%87-%E3%83%9D%E3%82%B8%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%96-2227857/

自分のキャリアが転職の志望動機に活かせないと感じる方の中には「目立った実績がないから」と考える方が多いです。

しかし、実績がなくても何かプロジェクトに関わった経験はありますよね。

よくないのは実績と経験値を一緒にしてしまう考え方。あなたしか持っていない経験を捨てるのはもったいないです。

大きな成果がなくても、取り組む際に感じた「問題点」「次に活かす解決策」などを具体的に記入すれば、すごく魅力的になります。

転職の志望動機で意識するポイント

出典:https://www.pexels.com/ja-jp/photo/5336191/

転職の志望動機を書く際には「相手がもらって嬉しい志望動機か」と言うことを常に考えながら記入するようにしましょう。

志望動機はラブレターのようなもの。相手のこと最優先で書くのが大切です。自分のスキルがどんな効果を与えるのか、あなたを雇うことで実績を期待していいのかを伝えましょう。

決して自慢話をするわけじゃなく、事実を明確に伝えて相手にメリットがあると感じさせることが大切です。

自己分析を行うことで志望動機が書ける場合もある

出典:https://www.pexels.com/ja-jp/photo/842554/

本当に転職の志望動機に書くことが思いつかない場合には自己分析をしてみるのが良いかもしれません。

自分が今まで知らなかった自分にまで深く理解することができ、面接で意外な質問にも答えられる効果も期待できます。

あなたの頭の中にはちゃんと実績や経験が詰まっているはずです。それが引き出せないのは頭の中の引き出しが固まっているから。

自己分析をすることで油をさしたときのように、すらすらと志望動機が書ける場合もあります。

志望動機で会社と自分を理解できる

出典:https://www.pakutaso.com/20141141316post-4824.html

転職で志望動機を書く際にはしっかりと「自分を雇うメリット」を企業に提示することが大切です。その際には具体的な数字を使って具体的な未来を見せてあげる。

こうすることで、グッと目を引くものに変わります。あなたの魅力を欲している企業はたくさんあるはず。

全て正直に書きすぎてもうまくいかないこともあるのも事実。言葉は悪いですが、作り込んだ志望動機で転職を成功させましょう。

また、自己分析を行ない、自分のことをもっと理解すると、すらすら書ける可能性もありますので、ぜひ試してみてください。

ABOUT ME
内田春樹
明日野郎は馬鹿野郎をモットーに今はライターとして奮闘中! ネット業界に興味を持ち、脱サラ後フリーランスのライターに転身。将棋・喫茶店・お酒大好き人間。