SIM

今、使用している携帯会社から格安SIMに乗り換える方法。

今現在、契約している携帯会社の料金が高いと感じ、格安の携帯に乗り換えたいと思っていませんか?

最近では、格安携帯会社が流行っていますが、まだ契約したことない方々からは「安いけど本当に大丈夫なのか?」と不安の声もあります。

なので、今回は契約から月々の料金・変えるメリット・デメリットなどをご紹介いたしますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

https://unsplash.com/photos/Z9fW8Nn7D24

格安携帯と格安SIMについて

写真出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/2173120?title=スマホとお金のイメージ・グリーン&searchId=4237899563

格安携帯とは、格安SIMに対応している携帯のことで、大手携帯会社に比べて月々の料金がとても安く使用ができるサービスです。

何故こんなに格安かというと、3大キャリアの場合、ネットワーク設備の設立費や維持費を電話料金に上乗せしていますが、格安SIMの場合、上乗せ分がないため安くなります。

電波は大手携帯会社からに比べると少し繋がりが遅いですが、気にならないレベルなので、とてもおすすめですよ。

格安SIMを使用する際は、格安SIMに対応しているスマホに装着して使いましょう。

格安携帯会社のできること・できないことは?

写真出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/1697310?title=キャリア携帯と格安SIMを比較する女性&searchId=3156606592

携帯会社と格安携帯会社の違いは、「できること」と「できないこと」があります。

格安携帯会社(できること) 格安携帯会社(できないこと)
  • 電話
  • メール
  • インターネット
  • SNS
  • 緊急速報
  • 大手携帯電話会社のキャリアメールが使えない(docomo.ne.jp/softbank.ne.jp/ezweb.ne.jp)
  • LINEの年齢認証・ID検索など
  • 無料通話がない

キャリアメールや無料通話はできないですが、今はLINEアプリが支流なのでそこまで日常で困ることはほとんどありません。

LINEの年齢認証・ID検索などは、検索はできませんがその場合交換なら可能です。

格安携帯会社に乗り換える時必要なこと

出典:https://unsplash.com/photos/pUAM5hPaCRI

格安携帯会社に乗り換える時に必要なことは、主に身分証明が出来るものになります。

乗り換える時に必要なもの
  • 本人確認できるもの
  • ご利用料金の月々お支払い手続きに必要なもの(クレジットカードなど)
  • 他社に乗り換える場合、MNP予約番号(同じ電話番号を使いたい場合のみ
  • 印鑑
    格安携帯会社によっては、ネットから契約するのが多いのですが、店舗契約だと時間がとても掛かります。
    ネット契約だと並ばなくて済むので素早く済みますが、手に届く時間が大体1週間掛かるのがデメリットです。

携帯会社から格安携帯会社に乗り換える手順

https://images.pexels.com/photos/887751/pexels-photo-887751.jpeg?cs=srgb&dl=pexels-photomix-company-887751.jpg&fm=jpg

乗り換える手順としては、そこまで難しくないので、1度契約したことのある方ならわかると思います。

契約の手順
  1. 格安SIMに乗り換える必要なもの
  2. 申し込む
  3. 「データ通信」か「音声通信」を決める
  4. 通信料を決める
  5. 回線を決める
  6. SIMカードのサイズの確認
  7. スマホを購入するか・現在のスマホをSIMフリー解除する
  8. 1週間程度で届く
  9. APN設定をする
  10. 完了

もし、ネットで契約したいのであれば、契約方法は各格安携帯会社のホームページに記載されています。

格安携帯会社の料金について

https://www.photo-ac.com/main/detail/3043373?title=%E6%89%8B%E3%81%AE%E5%B9%B3%E3%81%AB%E3%81%8A%E9%87%91%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%AF&searchId=2087803008

格安携帯会社の料金は、プランによって変わることがありますが、大体は1番高いプランでも4000円〜5000円ぐらいで収まると思います。

人によってプランが設定できますので、家にWIFIがある人やそこまで使わない人などは、安く済ませることも可能です。

電話の方は、大体LINEで頻繁にする人が多いので、料金的はそんなに掛からないのですが、中にはLINEじゃなく普通の電話が良い人もいますので電話可能のプランが良いでしょう。

主に料金の高いのは通信量で決まりますので、使う人によっては高く付くこともありますので気をつけましょう。

格安携帯会社に乗り換える前にプラン選び

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E7%B0%BF%E8%A8%98%E4%BF%82-%E4%BC%9A%E8%A8%88%E5%A3%AB-%E3%82%AA%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%B9-1016299/

プランは主に3つあり、「音声通話SIM」「データ通信専用SIM」「SMS機能付きデータ通信SIM」です。

「音声通話SIM」と「データ通信専用SIM」なら1番安いプランで月々大体1000円以下で済みます。

ですが、「音声通話SIM」と「データ通信専用SIM」2つの機能が付いている「SMS機能付きデータ通信SIM」は少し高いです。

この「SMS機能付きデータ通信SIM」は安くても1000円以上になりますが、1番安いプランだと大体1500円から2000円の間の価格になります。

格安携帯会社に乗り換える注意点

https://www.photo-ac.com/main/detail/424018?title=%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%83%E3%82%AF&searchId=1294850457

他社に乗り換える際は、会社によっては解約料金が発生してしまう可能性がありますのでご注意ください。

法改正で解約料金は2019年10月1日以降に最低利用期間内に解約した場合、解約料金は、0~1000円程度です。

前までだと解約金がとても高かったので他社に変えることが大変でしたが、今は、合わなかったら解約し違うキャリアに変えやすくなっています。

ですが、現在契約しているキャリアの契約内容によっては高くなる可能性がありますので気をつけましょう。

格安携帯会社に乗り換える・向く人/向かない人

出典:https://unsplash.com/photos/sYP3HchZebA

格安携帯会社でも中には、向いている人・向かない人といますので、安い分気になる人は多くいると思いますので表にしてみました。

向く人 向かない人
  • データ通信を使わずWIFIで済んでる人
  • 月々の料金を安くすみたい人
  • スマホをあまり使わない人
  • 電話をあまりしない人
  • データ通信をよく使う人
  • 家にWIFIがない人
  • 電話を長くする人
  • 仕事でスマホを使う人

格安携帯会社に向く人は、主にスマホを使わない人が多いですが、それに対して、向かない人は頻繁に使う人が多く見られています。

携帯会社から格安携帯会社に乗り換えるメリット・デメリット

出典:https://pixabay.com/ja/illustrations/%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89-%E3%83%81%E3%83%83%E3%83%97-%E9%9B%BB%E8%A9%B1-sim-3663597/

格安携帯会社に乗り換えるメリット・デメリットとしては、通信・通話品質や無制限など色々あります。

ですが、格安携帯会社の1番の大きなメリットは、やはり月々の料金がとても安いところです。

自分も格安ユーザーですが、デメリットはほとんど無いですし、むしろ良い所しかありません。

この料金でここまで出来ることは、とても凄いと思いますし、コストパフォーマンスもとても満足できると思います。

まとめ:格安携帯会社に乗り換える最後の確認

今回は、格安携帯会社に乗り換えることに付いて書きましたが、興味があるところはありましたか?

最初の方にも記載しましたが、1番大事なのは必ず身分証明が出来るものは必ず忘れないようしましょう。

身分証明がなければ何もできませんので、契約する際は必ず確認してから店舗の方へ行くようにしてください。

今回は以上になりますので、最後までご覧頂きありがとうございます。この記事が参考になればとても幸いです。