研修

【仕事辞めたい】辞めるべき理由や辞める前にやることを解説!

「仕事辞めたいけど決心がつかない…。」「辞める判断ができない。」と悩んでいませんか?仕事は人間関係やお金が複雑に絡み合っていますし、生活に直結することなので簡単に決断できませんよね…。

この記事では仕事を辞めるべき理由辞める前にやるべきことを紹介しています。

「仕事を辞めることは良くないことなのか?」も踏まえて書いていますので、今の仕事に疑問を持つ方は是非こちらの記事をご覧ください!

(アイキャッチ画像出典:https://unsplash.com/photos/sxQz2VfoFBE)

【甘えなのか?】仕事を辞めたい主な理由を5つ紹介!

出典:https://unsplash.com/photos/MyjiS7C6Lxo

誰しも一度は「仕事を辞めたい。」と思ったことがあるでしょう。仕事を辞めたいと思う多くのきっかけをまとめてみましたのでご覧ください。

仕事を辞めたいと思うきっかけ
  • 給料が安い
  • 人間関係が悪い
  • 会社の将来が不安
  • 休みずらく、残業が多い
  • モチベーションが下がったり、精神的にきつい

給料が安い

「仕事を辞めたい。」と思うきっかけは給料が安い場合に多いです。給料が少なく生活に余裕がなかったり、長時間労働で時間に余裕がない割には、時給換算すると給料がアルバイトと変わらないケースもあるようです。

仕事に見合った給料がもらえているのか、就業時間や残業も含め、改めて見直してみる必要がありそうです。

人間関係が悪い

仕事をしている上で悩まないと言う人はいないのではないでしょうか?仕事に関わらず大体の悩みは人間関係であると言えるぐらいです。

上司や同僚とうまくいかないケースや社外の人間関係は自分で解決できないケースが多いので、人間関係で解決できない問題がある場合は転職も視野に入れるべきです。

会社の将来が不安

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%e5%bf%83%e9%85%8d%e3%81%97%e3%81%a6%e3%81%84%e3%82%8b%e5%a5%b3%e3%81%ae%e5%ad%90-%e5%a5%b3%e6%80%a7-413690/#content

会社の将来が不安と思う理由には辞める人が多く自分もやめた方がいいのでは?というケースや会社の業務の縮小が続いていて、いつかリストラされるのでは?というケースもあるようです。

今の会社に不安を感じるようであれば、今後のことも考えて転職の準備を始めてみるのもいいでしょう。

休みが取りずらく、残業が多い

出典:https://unsplash.com/photos/5fNmWej4tAA

休みが取りにくかったり、残業が多いと体力的に続けていくのは厳しいですよね。早く帰りたくても「周りが残業しているからなかなか帰れない。」という状況はよくありますし、気をつかいますよね。

休みたくても「言いにくい…。」という環境に身を置くのは良くないので、体力がなくなってしまう前に転職を考えたり「この仕事を続けていくのか?」と言うことを改めて考えたいところです。

モチベーションが下がったり、精神的にきつい

今の仕事をするにあたってモチベーションが下がってしまったり、精神的に辛くなってしまうことも仕事を辞めたくなる原因の一つになります。

職場に行くことも辛くなってしまったり、イライラして家族に当たってしまうなどの行動は精神的に疲労している証拠なので休職もしくは転職を考える必要があります。

その際には「何が原因なのか?」を書き出しておくと解決方法を探すことができたり、転職後も同じことで悩まずにすむでしょう。

仕事を辞めるべき4つの理由とは?

「仕事を辞めたいけど辞めるべきかどうか迷っている。」という人も多いでしょう。人の悩みや状況は様々なので一概には言い切れませんが、仕事を辞めるべき判断基準としてぜひ参考にして頂ければと思います。

仕事を辞めるべき人
  • 人間関係がどうにも解決できない人
  • 今の仕事が向いていない人
  • うつ病・うつ病一歩手前の人
  • 辞めるべきか悩んでいる人

人間関係がどうにも解決できない人

上司や同僚うまく関係が構築できない場合はその環境から離れましょう。理不尽な扱いを受けていたり、どうにもならないと判断した場合は辞めるべきです。

なぜなら自分は変えることができるものの、相手を変えることは難しいからです。人間関係が原因で辞める場合には自分にも問題がなかったかを振り返ることも重要です。

今の仕事が向いていない人

「今の仕事は向いていないから辞めたい。」という判断も正しいと思います。なぜならその時点でモチベーションは上がりませんし、直感は基本的にあっているはずだからです。

ですが、勢いで辞めてしまうと次に転職した際にまた同じ理由で辞めてしまう可能性もあるので体調に影響が出ている場合は例外ですが、自分で期間を決めてその間は真剣に取り組んでみましょう。

うつ病・うつ病一歩手前の人

まず休養できる時間を作っていきましょう。休職できる場合は休職し、できない場合は退職しましょう。うつ病は体力的にも精神的にも限界な状態です。

その限界な状態で判断することは難しいですし、仕事しても負のループに入ってしまいさらに状態が悪化してしまうでしょう。

仕事がすべてではないですし、心身ともに健康であることは仕事よりも大切なことです。自分を大切にしましょう。

辞めるべきか悩んでいる人

様々な原因があり悩んでいると思いますが考えがまとまり次第、辞めましょう。仕事を辞めることは甘えでも逃げでもありません。

悩んでいるのであれば新しい職場であなたの資質を存分に発揮していきましょう。

仕事を辞めないほうがいい人の判断方法

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%e6%82%b2%e3%81%97%e3%81%84-%e5%8b%95%e6%8f%ba-%e3%81%86%e3%81%a4%e7%97%85-%e4%b8%8d%e5%b9%b8%e3%81%a7%e3%81%99-4207079/#content

「仕事を辞めたほうがいいのか判断できない。」と思うケースも多いと思います。ですが仕事を辞めない方がいいケースは疲れている時です。疲れている時に判断することです。

日々の仕事に追われて「辞めたい…。」と思ってしまっても判断力が落ちている状態なので勢いで辞めないようにしましょう。辞めたいという思いが押し寄せてきた際にはまずは休養の時間をとりましょう。

休む際に大事なのは罪悪感を持たないようにしましょう。真面目な方は「なんで休んでるんだろう…。」と自分を追い詰めてしまい折角の休養の意味が無くなってしまうのでこの時間は自分の気持ちと向き合いましょう。

仕事を辞めたい時にやっておきたいポイント3つ!

「今の仕事を辞める前にやるべきことはあるだろうか?」と悩むと思います。今の現状を見返してみて問題点などを書き出してみると次の仕事で改善するべき点が見つかります。退職前に改めて見直してみましょう。

仕事を辞める前にやっておきたいこと
  • なぜ辞めるのかをまとめる
  • 転職活動をする
  • 「今の職場をやめるのか」「職種をやめるのか」決める

なぜ辞めるのかをまとめる

現状のどの部分に納得いかずに辞めるのかを書きだすことはかなり重要です。それは次の仕事で繰り返さない為です。思いついたことを書き出して考えをまとめましょう。

転職活動をする

退職すると無収入の期間がでてくる可能性があるので転職活動をして退職後の行動について考えておきましょう。

今の会社で給料をもらいながら会社をじっくり比較することができるので、失敗する可能性を減らすことができます。

「今の職場をやめるのか」「職種をやめるのか」決める

(今の職場をやめる場合)は就業時間や人間関係、給料の問題などが中心です。(職種を辞める場合)は体力的な問題や仕事が合わないなどの問題がある場合です。

「辞めたい。」と感じたときは方向性や原因を見極めることで転職する際に正しい選択をとることができます。

仕事を辞めると待ち受ける3つのリスク!

仕事を辞めるときはかなり悩み決断すると思います。どうにも解決しないこともあると思うので仕事を辞めるという決断はひとつの解決方法だと言えます。

ですが、実際に仕事を辞めるときはリスクがあることも忘れてはいけません。そのリスクも考慮してから決断するべきですが、退職するとこのようなリスクがあることも視野にいれましょう。

仕事を辞めるリスク
  • 転職後も上手くいくとは限らない
  • 同じ理由で辞めたくなる可能性がある
  • 勤続年数によって転職に不利になる可能性がある

仕事を辞めたい時に実践してほしい3つの克服方法!

仕事を辞めたいと考えたときに今の状況を少しでも改善する対処方法はないのでしょうか?問題の深刻度合いは人によって違うものだと思いますが、仕事を辞める前に実践してほしい対処方法がこちらです。

仕事を辞める前に実践してほしいこと
  • 相談する
  • 休職する
  • なぜ辞めたいを考える

仕事を辞めたいと深刻になってしまったら、信頼できる人に相談してみるのも解決の糸口が見えるかもしれません。相談することで自分の考えが明確になりなぜ悩んでいるのか考えがまとまります。

また休職して自分の時間を作ることも対処法の一つです。時間に追われて考える時間がなかったのであれば休養中にしっかり自分をみつめることも必要です。時間ができることで考え方も変わるかもしれません。

退職までの一連の流れを紹介!

実際に退職することになると様々な手続きをすることになります。「退職までに何をしたらいいのかわからない。」という方も多いと思うのでざっくりと紹介します。

退職までの流れ
  1. 退職の意思表示(退職1ヶ月~3ヶ月前)
  2. 退職願を提出(1ヶ月前~2週間前)
  3. 引継ぎ(3日前までに)
  4. 退職

まずは退職の意思を伝えます。退職の1ヶ月~3ヶ月前に伝えますが就業規則で指定されている場合は必ず従ってください。周囲に配慮することを忘れずに余裕をもって伝えましょう。

退職願を提出しなくても法的には問題がありませんが、就業規則で決まっている場合は用意しましょう。わからない場合は上司に確認しましょう。引継ぎ作業は退職日から逆算して引き継ぎましょう。

退職日は事務的な作業やあいさつがほとんどなので、タイミングをみてメールや挨拶を済ませます。

仕事辞めたいと言えないほど時間が削られる!?

出典:https://unsplash.com/photos/ljoCgjs63SM

「仕事を辞めたい…。」となかなか伝えにくいですよね。上司に伝えることは勇気のいることだと思います。ですが、いつまでも言えない状態でいるとモチベーションが下がったまま仕事を続けなければなりませんし、

時間が延びるにつれて辞めない理由を探し始めます。「今は忙しいし…。」「迷惑をかけるかも。」と考えているうちに転職活動の時間や次の職場に向けて準備できる時間が削られていきます。

仕事をズルズルと続けてしまうよりは次の行動に向けて、思い切って意思を伝えてみてはいかがでしょうか?

仕事辞めたいけど辞められない時には…

「仕事を辞めたいけどやめられない…。」という方は意外と多いです。人間関係や転職先、お金の問題があるので簡単に退職することは難しいですが、辞めたいという思いがあるのであれば退職に向けて準備をしましょう。

一番ネックになるのはお金の問題です。ですが、今の仕事をやっていて体調や精神的に影響がでているのならどんな状態であっても仕事をやめるべきだと思います。

「あと少し頑張れるはず…。」と思っていても気づけばうつ病のような状態になっていたとなってしまっては遅いですし、仕事よりも身体が健康であることのほうが大切です。

その時にどうしても退職の旨を伝えられなければ今では『退職代行サービス』というものがあるので積極的に活用していきましょう!

仕事を辞めたいときは準備をしよう!

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%83%a0-%e3%82%aa%e3%83%95%e3%82%a3%e3%82%b9-336377/#content

仕事を辞めたいとき原因や退職に向けての準備についてまとめてきました。人によって悩みや状況がかなり違いますが、仕事を辞めたいときは勢いではなく準備をすることがかなり重要です。

勢いで転職しても今の悩みが確実に解決しないかもしれませんし、今いる職場で悩んでいることは対処方法次第で解決する場合もあります。

なので「仕事を辞めたい…。」と感じ始めた瞬間から退職できる準備を進めていきましょう。転職活動や今の悩みをまとめて把握するだけでも次のステップに繋がります。ここまで読んで下さりありがとうございました。

ABOUT ME
なかのん
はじめまして、なかのんです。自立して自由に生きていくことが目標で、今までの経歴は技術職→営業(仮)です。好きなものは音楽で趣味はライブに行ったり、散歩をすることです。周りの人からは穏やか・大人っぽい・真面目と言われます。笑顔が素敵な人と私のことが好きでいてくれる人がすきです。かなり飽きっぽい性格ですが、ぜひよろしくお願いします!