Wi-Fi

jCOM対応ルーターの条件は?契約別のおすすめ機種も紹介!

「家で契約しているjCOMのネット回線に対応したルーターが欲しいんだけど、どれを選べば…?」

インターネット通信に関する機器って、聞き慣れない用語が多い上に複雑。何を基準に選べばよいのか分からず戸惑ってしまいますよね…。

本記事では、jCOMのネット回線で使えるルーターの条件やWi-Fiルーターの選び方、またjCOMの契約別おすすめルーターを紹介をしています。

この記事の内容を理解しておけば、自分に合ったjCOM対応ルーターをスムーズに見つけられるかも。ぜひ最後まで読んで快適なネット環境を手に入れましょう!

アイキャッチ画像出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/4326151?title=Wi-Fi%E3%80%80%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC&searchId=2981726318

jCOMのネット回線で使えるルーターの入手方法

まずは、jCOMのネット回線で使えるルーターを入手する方法を確認しておきましょう。

jCOM対応ルーターを入手する方法としては、以下の2つがあります。

jCOM対応ルーター入手方法
  • jCOMからルーターをレンタル
  • 家電量販店やネット通販サイトで購入

実は、jCOMではルーターのレンタルも行っています。jCOMからレンタルするのであれば、ネット回線に対応したルーターが貸し出されるためルーターを選ぶ手間を省くことができます。

一方で、家電量販店やネット通販サイトで購入する場合、自分に合った性能のルーターを選ぶことができますよね。

jCOMのネット回線との対応を確認しておく必要はありますが、便利な機能が付属したルーターを選ぶこともできるため、よりよいネット環境を得ることができるでしょう。

レンタルと購入、どっちがお得?

結論から言うと、おすすめしたいのは「購入」。その理由は以下の2つです。

購入がおすすめな理由
  • 長期利用を考えると購入したほうが安く済む
  • レンタルルーターの性能は特別良いわけではない※スペックは公表されていません。

購入したほうが安く済む

ルーターのレンタルを希望する場合は、ネット回線の契約時または後日、オプションとして申込みを行う必要があります。

ただし、ネット回線契約時に申込みをしていない場合は、ルーターの交換手数料3,300円が別途かかることになります。

また利用料はjCOMの「スマートお得プラン」または「スマートお得セレクト」に加入すると無料となりますが、基本的にルーターのレンタルサービス利用には月額550円(税込)かかります。

一方で購入すれば自分のネット環境に合った性能や機能を選べる上、高性能ルーターでも10,000円程度ですので、2年以上使うなら購入したほうが確実に得です。

ルーターの性能が特別良いわけではない

スペックが公表されているわけではないのではっきりとしたことは言えませんが、おそらく契約コースに対応したスペックのルーターが貸し出されていると考えられます。

あくまでもレンタル用のルーターですし、jCOMルーターの評判を見る限りでは、ルーターに「通信速度を上げる」といった特別な機能はないでしょう。

ですので、ルーターの長期利用を考えているのであればご自身でハイスペックなルーターを購入したほうが安定した通信環境が得られるかもしれません。

jCOMのネット回線で使えるルーターの条件

jCOMのホームページには、以下がjCOMのネット回線で使えるルーターの条件として記載されています。

100Mbpsまでのサービス 100Mbps以上のサービス
接続するための通信方法 IPプロトコルに対応
ルータはDHCPプロトコル必須
接続するためのインタフェース 100BASE-TX 1000BASE-T

専門用語が使われていてよく分からない、という方もいらっしゃるかと思います。以下でわかりやすく解説しますね。

通信方法

IPプロトコルというのは、ネット上の住所としての役割を果たすIPアドレスを各機器に割り当て、それをもとに通信信号を送るための規約です。

そしてDHCPプロトコルは、自動的にIPアドレスを付与するためのものです。これがなければ自分でIPアドレスを設定することになります。

またCATV(ケーブルテレビ)ではDHCP接続提供がなされていますので、CATVに対応していればDHCP接続がなされていると言えます。

ルーターの製品詳細情報の「利用プロトコル」や「WAN側IP取得方法」「LAN設定」を確認し、IPやDHCP、CATVの記載があれば対応しています。

インタフェース

ルーターにおけるインタフェースとは、LANケーブル部分の規格のことです。

差し込み口の端子の形状に違いがあり、1000BASE-Tのほうが100BASE-TXよりも速い通信速度を得ることができます。

ただし、jCOMで100Mbpsまでのサービスを契約している場合、1000BASE-Tを利用しても通信速度100Mbps以上は上がりません。

自宅におけるjCOMネット回線の契約を確認し、100Mbpsまでのサービスを契約しているなら100BASE-TX100Mbps以上のサービスであれば1000BASE-Tの対応を確認しましょう。

Wi-Fiルーターの選び方①契約プランに合わせて選ぶ

ルーターを選ぶ際、必ず確認しておかなければならないのがネット回線の契約プランです。

jCOMの契約プランのコースは全5種類。自分が契約中のコースはどれなのか、まずは今すぐお客様情報ページから確認してみてください。

jCOMの契約コース
  • 1Gコース
  • 320Mコース
  • 120Mコース
  • 40Mコース
  • 12Mコース

インターネット環境を整えるにあたって、契約プランとルーター・LANケーブル、パソコンやスマホなどの機器の全てが同じ通信速度に対応していなければなりません。

例えば契約が320Mコース(320Mbps)の場合、全ての機器が320Mbps以上に対応していなければ320Mbpsの通信速度は得られません。

またルーターやパソコンなどの機器が320Mbpsであっても、ルーターが120Mbpsまでしか対応していない場合は全体の通信速度が120Mbpsとなってしまいます。

ですのでルーターを選ぶ際には、ネット回線の契約プランとルーターの通信速度の上限が同じになるよう必ず確認してください。

Wi-Fiルーターの選び方②家でのWi-Fi使用状況で選ぶ

ルーター選びの際、もう一つ確認しておいてほしいのがご家庭での使用状況です。

例えば、マンション住まいの場合は水平方向に電波が届けば問題ありませんよね。

しかしながら、戸建ての場合には水平方向だけでなく垂直方向にも電波を飛ばす必要があります。でなければ2階や3階でWi-Fiが利用できなくなってしまいます。

また、同居しているご家族の人数によっても接続する端末の数が違うため、その点も考慮して適切なルーターを選ぶことで快適なネット環境を得られますよ。

1Gbps契約】jCOM対応おすすめルーター

created by Rinker
バッファロー
¥14,980
(2021/11/29 07:25:04時点 Amazon調べ-詳細)

1GMbpsで契約されている方におすすめのルーターは、BUFFALOの「WSR-5400AX6S-MB」です。

お値段は高めですが、その分ハイスペックですので性能が抜群。同居人数の多いご家庭や、ノンストレスで快適なWi-Fi環境を求めている方にはうってつけです。

より安定した通信を得るための機能が豊富に備わっていますが、中でも注目したいのは部屋中どこでも快適に通信できるようになるバンドステアリング機能が搭載されているということ。

ルーターとWi-Fi子機との電波強度を自動的に判断し、最も高速かつ安定した通信が得られるよう電波帯域を自動的に切り替えてくれます。

320Mbps契約】jCOM対応おすすめルーター

320Mbpsで契約されている方におすすめのルーターは、BUFFALOの「WSR-2533DHPL2-BK」です。

手軽な価格で快適なネット環境を得るにはもってこいのルーターがこちら。320Mbpsの通信速度に十分対応できる機種です。

またスマホなどの端末をめがけて電波を送信するビームフォーミング機能が搭載されており、複数端末に同時接続できる「MU-MIMO」にも対応しています。

そのため、安定感のある通信を得ることができるのがこのルーターのおすすめポイントです。

120Mbps以下契約】jCOM対応おすすめルーター

120Mbps以下で契約されている方におすすめのルーターは、BUFFALOWSR-300HP/Nです。

かなり安く購入できるコスパのよいモデルで、縦置きだけでなく横置き、壁掛けにも対応したコンパクトサイズのルーターとなっています。

一人暮らしでワンルームの家にお住まいの方であれば、120Mbps以下で契約されている方もいらっしゃるかと思います。そのような方にぜひ利用していただきたいルーターです。

jCOMのルーターがうまく繋がらない!?

jCOMは通信障害が起きやすく、インターネット接続がうまくいかないことが多いという声もあります。

ですがその原因はほとんどの場合、ルーターではありません。原因はjCOMが採用している通信方式FTTNにあります。jCOMの契約プランのうち、1Gbpsコース以外はこの方式となっています。

FTTNは完全な光回線ではなく、光ファイバーケーブルと低速のメタリックケーブルを組み合わせた通信方式です。そのためどうしても通信速度が遅くなりがちです。

出典:筆者作成

必ずしもルーターに問題なし、というわけではありませんが、根本原因は回線にある可能性が高いといえます。

ですので「jCOMのネット回線を利用しているがたびたびネットが使えなくなる」といった方は完全な光回線であるjCOMの1Gbpsコースにプラン変更するか、思い切って別のプロバイダーに乗り換えましょう。

まとめ:jCOM契約プランを確認してからルーター選びを!

今回の記事では、jCOMのネット回線で使えるルーターの条件やWi-Fiルーターの選び方、またjCOMの契約別おすすめルーターを紹介しました。

内容を簡単にまとめると、jCOMに対応したルーター選びの際に注意すべきポイントは以下の2点です。

jCOM対応ルーター選びのポイント
  • jCOMのネット回線に接続する通信方法とインタフェースの対応をチェック
  • jCOM契約プランの通信速度以上のスペックをもつルーターを選ぶ

適切なルーターを選んで購入できていないと、インターネットにうまく接続できなかったり、契約プラン以下の通信速度しか得られず損をしてしまうことになりかねません。

まずはjCOMの契約プランを確認し、自分のWi-Fi使用状況に合ったルーターを見つけて快適なWi-Fi環境を手に入れてくださいね!

ABOUT ME
なないろは
女子大生音楽ブロガー。 音楽と共に生きるひと。ピアノ歴16年。 DTM・アコギ・ピアノ