研修

仕事を辞めたいと思った人必見!転職をするか迷ったらすべきこと

仕事を辞めたいと思ったことありますよね、失敗したり何か納得がいかなくなった時辞めたいと思うことがあるのでは。

一度辞めたいと思ってしまうとモチベーションを戻すのは、とても大変ですよね。

漠然と仕事をを辞める前に、メリットとデメリットはしっかり理解しましょう。

この記事では、仕事を辞めたい人が何をするべきなのか紹介しているので、ぜひ、仕事を辞めるのか、続けるのか参考にして考えてみてください

出典:https://www.pakutaso.com/20180138023post-14923.html

仕事を辞めたいと思ったらまず思い出すこと

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/2408802?title=%E4%BB%95%E4%BA%8B%E3%82%92%E8%BE%9E%E3%82%81%E3%81%9F%E3%81%84%E5%A5%B3%E5%AD%90%E7%A4%BE%E5%93%A1&searchId=2672115041

仕事をしていてミスをしたりすることで、仕事を辞めたいと思うことありますよね。

そんな時は、思い出してもらいたいのですが、誰にでも「仕事を辞めたい」、「会社に行きたくない」と思う瞬間があります。

どんなに長く務めているベテラン社員でも、仕事を辞めたいという気持ちに陥ることがあります。

仕事を辞めたいという気持ちを乗り越えて仕事に取り組んでいることを思い出しましょう。

仕事を辞めたくなる理由は?

仕事が辞めたくなる理由には、人それぞれいろいろな理由があります。

特に仕事を辞めたくなる理由として多いのが、職場の人間関係の悪さや仕事の拘束時間の多さ、給与や福利厚生の悪さです。

あなたの仕事を辞めたいと思った時の理由が、当てはまるものがあるのではないでしょうか。

辞めたい理由には、大きく分けて自分で解決できるものと自分では解決できないものがあり、自分で解決できそうなものには対策してみましょう。

仕事を辞めたいと思ったら、必ずやらなければならないこと

仕事を辞めたくなった時に陥いる心境として、あなたは気分が落ち込んでいたりしていることでしょう。

仕事を辞めたいと考えるようになったらなら、まず冷静に仕事について考える時間を作ってください。

冷静になれたら、あなたにとって何が仕事を辞めたくなった理由だったのか書き出しましょう。

転職するにしても、そのまま今の環境で仕事を続けるにしても必ず役に立ちますので、実践してください。

仕事を辞めたい理由が以下の場合は、転職を考えたほうがいい

仕事を辞めたい理由をまとめてもらったと思いますが、仕事の拘束時間が多いから辞めたい場合は転職を考えたほうがいい場合があります

仕事の拘束時間が多いことで、プライベートにまで影響を及ぼしてしまい、身体的、精神的に追い込まれる可能性があります。

仕事の拘束時間が多いことで起きる弊害
  • 睡眠不足
  • 友達、家族、恋人との時間が作れない
  • 常に仕事のことを考えてしまい、心を休める時間がない

どの弊害もあなたにとっては、心身ともにストレスになってしまいます。

一番大事なことは、一人で悩んでも解決できないならば、身近な誰かに相談してみましょう。

仕事を辞めたいと思ってもすぐに辞める決断はしない方がいい場合

上記と違い仕事を辞めたいと思ってもすぐに転職しない方がいい場合があります。

給与が安いから仕事を辞めたいと思っている場合はすぐには辞めない方がいいです。

なぜなら、転職したとしても最初の何か月間は採用のお試し期間で給与が安く、転職先のボーナス日によっては働いても満額どころか1円ももらえない可能性が高いです。

現時点、給与が安くっても、昇給などで上がる可能性はおおいにあります。

仕事を辞めた場合のメリット

仕事を辞めた場合にどんなメリットがあるのか考えてみましょう。

いざ仕事を辞めた時のメリットをわからずに辞めることって勇気がいりますよね。

以下のメリットをしっかり理解したうえで、仕事を辞めるか続けるかの参考にしてください。

仕事を辞めたことで得られるメリット
  • 仕事のストレスから解放される
  • 悪化した人間関係から解放される
  • 心と体に休みを与えられる

仕事を辞めた時に得られるメリットはあなたの精神面に影響するものでしたね。

仕事を辞めた場合のデメリット

仕事を辞めた場合にあなたにとってどんなメリットがあるのかを説明しました。

では、逆に仕事を辞めたデメリットがあるのかをわからないと辞められませんよね。

仕事を辞めた場合以下のデメリットがありますので、注意しましょう。

仕事を辞めた場合のデメリット
  • 収入が完全になくなる。
  • 家族に理解されにくい
  • 貯金がどんどんなくなっていく
  • 生活リズムが乱れる

仕事を辞めてしまうことのデメリットで一番生活に関わってくるものは、収入が無くなってしまうことでしょうか。

その仕事を辞めたいちょっと待った!

仕事を辞めたいと思ったからと言ってすぐやめてしまうのは待ちましょう。

転職には準備が必要ですし、これからの生活のことをしっかり考えてから辞めるのがベストです。

では、仕事を辞める前にどんなことがあなたにできるか考えてみましょう。

仕事を辞める前にできること
  • 失業保険がもらえるかを調べる
  • 有休の残り日数をしっかり把握する
  • 辞める前に仕事を休職という手段がある

上記の様にすぐやめてしまっては、その後に不利になってしまうものがたくさんあります。

辞めることは、とても簡単ですが、辞める前にしっかり確認しましょう。

仕事を辞めたい時に準備するべきもの

どんなに今の状況を変えようと努力してもうまくいかなく転職する状況になった場合以下の準備をした方がいいです。

仕事を辞めるための準備
  • 転職に使える費用、貯金の確認
  • 退職の意思を伝える
  • 退職願・退職届の作成
  • 転職活動の準備

転職に使える費用、貯金の確認

仕事を辞めたいと思ったときには、まだ次の職場が決まってない方が多いはずです。

転職活動には、たくさんの費用が掛かることがあり、スーツを新しくする、面接会場に行く電車賃、参考書を買う場合の費用があげられます。

また、仕事を辞めても生活が出来るかをきちんと把握する必要があります。

仕事を辞めた後の国民年金や国民健康保険、住民税などの支払い、生活費などをしっかり把握しすぐにアルバイトするべきかなども検討が必要でしょう。

退職の意思を伝える

あなたが退職を決意し、退職したいのであれば意思を伝えないといけません。

当然のことですが、思っているだけでは何も進まず退職までの期間がただ伸びるだけです。

「退職を切り出す勇気がないし、円満退職する気もない!」という方は退職代行も一つの選択肢にしましょう。

退職願・退職届の作成

退職する決意をし、企業に提出する書類を準備する必要がありますよね。

中でも、退職届と退職願を提出する際違いとかわかりづらいと思います。

退職願と退職届の違いは
  • 退職願は、退職の意思を伝える際に提出
  • 退職届は、退職日が決定したら提出

退職願は提出不要なケースが多いですが、企業の就業規則によっては必要になりますので事前に確認しましょう。

転職活動の準備

これから、転職活動を始めるために事前に以下の準備が必要になっていきます。

特に必要な物
  • リクルートスーツ
  • 履歴書
  • 職務経歴書
  • 交通費

以上の物は、転職の際に必ず必要になってきますので、事前に準備していきましょう。

他にも転職サイトに登録したり、身だしなみを綺麗にしたりすると転職成功率は上がっていきます。

仕事を辞めたい時のまとめ

仕事を辞めたいと感じた時に何をするべき、取るべき行動を紹介しました。

仕事を辞めたいからやめるのではなく、休職したりするなどの手段もあります。

1人で悩んでいるだけでは、解決できない場合があるので、誰かに相談をしてみましょう。

仕事を辞めたい気持ちは誰にあることだと必ず理解し、ぜひ、仕事を辞めたいと思ったらするべき行動を実践しながら、あなたのこれからに役立ててください。