研修

犬のしつけはいつからするべき?内容と方法を解説!

「仔犬をもらい受けたけど、申し付けした方が良いのかな…。」や「いつからしつけを始めるべきなのかな…。」と迷うことはありませんか?

しつけをしてないことで誤食してしまい窒息してしまったり、環境へのストレスで体調不良をおこしてしまうこともあります。

大切な愛犬が人間社会で生活する上で、基本的に教えておくと良い事をお伝えします。

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/498604?title=主人を待つ白柴②&searchId=2282670489#

犬のしつけはいつからするべき?

社会化期(生後1〜3ヶ月)と呼ばれる、犬がいろんなことに柔軟に対応できる期間になります。そのため、生後2〜3ヶ月からスタートするのが理想的です。

生後2ヶ月までは犬同士のあいさつや遊ぶことなどの”犬社会”のルールを覚える期間になっています。

そこで、犬社会のルールをある程度覚えた2〜3ヶ月目から”人間社会”に慣れさせていくためにしつけをしていきましょう。

次に、犬を迎える前にやっておくと良い準備についてお伝えします。

犬を迎えるための準備

物を拾って食べてしまって窒息してしまったりしては大変ですよね。

そうならないためにも、時間があれば、迎え入れる前に下準備しておく事で回避できるのでポイントを三つお伝えします。

やっておくと良い下準備
  • 入ってはいけない場所に柵を立てておく
  • 電気のコードにカバーをつける
  • 犬の届くところに危険なものを置かない(床に置いてある小物なども含みます)

小さなゴミ箱だと倒して漁ってしまう事もあるので、気をつける必要があります。

また拾って食べてしまうことを防ぐためにもきちんとしつけをしましょう。

次に、実際に犬を迎え入れたら教えておくべきしつけについてお伝えします。

犬に教えるしつけ一覧

大切な愛犬が、周りに迷惑をかけないようにするために最低限この3つは覚えさせてあげましょう。

教えておくべきしつけ
  • 自分の名前を覚えさせる
  • トイレトレーニング
  • 拾って物を食べさせない

新しい環境に少しでも慣れてもらうために犬とのコミュニケーションを多くとってあげることで犬にとって環境の変化のストレスを減らす近道になります。

これを教えることで、普段一緒に暮らしている家族との調和を上手に取ることができるようになります。

犬にいつから自分の名前を覚えさせるか

まず初めに、自分の名前を教えることで、犬との信頼関係を作ります。そのため、自分の名前を覚えさせるのは家に迎え入れたその日から始めましょう。

最初に犬との信頼関係を作っておくことで、今後行っていくしつけがスムーズになっていきます。信頼関係が深ければ深いほどより覚えが早くなります。

アイコンタクトを取りながら名前を呼び、犬に自分の名前であるという認識をさせることが必要です。

いつからトイレトレーニングを覚えさせるか

トイレトレーニングで大切なことはトイレを失敗させないことです。そのためこれも犬を迎え入れたその日からトレーニングしましょう。

トイレではないところでトイレをしてしまうとその場所に残っているニオイでもう一度してしまうことがあります。

犬がトイレをしそうなタイミングでトイレに誘導することを繰り返しトイレの場所を認識させましょう。また、トイレがうまくできたら褒めてあげましょう。

いつから拾い食いをさせないようにするか

まず犬にとっては本能なので、拾って物を食べることが悪いと言う認識はありません。

そのため、人間が注意する必要があります。まず家の中では犬の届く場所に間違えて食べてしまいそうなものを置いておかないことが必要です。

また口にくわえてしまった場合には、無理に取り上げずおやつなどで興味を他のものへ向かせてから隙をみて取りましょう。無理に取り上げると隠れて拾ってものを食べるようになる事もあります。

次にしつけをうまくいかせるためのポイントについてお伝えします。

しつけをうまくいかせるためのポイント

しつけをうまくいかせるためのポイントを学び、犬とのコミュニケーションをうまく取りましょう。そこで、うまくいかせるためのポイントを2つお伝えします。

うまくいかせるためのポイント
  • しつける時間は短く
  • 愛情を持って

しつける時間は短く

長時間しつけをしてしまうと犬にとってストレスになってしまうことや、集中力が続かないので覚えることができません。

そのため、短い時間で端的にしつけをすることで早く覚えられることにつながります。

愛情を持って

愛情を持って接してあげることが大切です。しつけをするときに叱るだけでは犬にとって恐怖しかありません。

しつけができたらきちんと褒めてあげることなど、普段から犬との信頼関係を築いていきましょう。

次は、しつけをする上で注意しなければいけないポイントについてお伝えします。

しつけをする上での注意点

次に、しつけをするときに気をつけなければいけない注意点について2つお伝えします。

しつけをする時の注意点
  • 名前を呼んですぐに怒らない
  • 叱りすぎない

名前を呼んですぐに怒らない

名前を呼んでその直後に怒ってしまうと、呼ばれることが嫌になってしまい言うことを聞いてくれなくなってしまう可能性があります。

叱りすぎない

しつけで注意する程度なら良いですが、思ったように動いてくれなかった時に大声で叱ったり、叩いたりしてしまうとしつけが上手くいかなくなってしまうことがあります。

まとめ(いつからしつけをするべき?注意する点は?)

犬を購入できるのは生後8週を超えてからであるので、基本的には犬を受け入れたその日から初めて良いでしょう。

しつけをする際には少しずついろんなことを教えることで、犬にとってもストレスにならず徐々に覚えられていきます。

しつけをする上での注意点は厳しさだけに重点をおかず、愛情を持って接し、良いコミュニケーションをとることが大切です。

愛犬を少しでも環境に適応できるように、注意点を活用しながらしつけをする参考にしてみてください。

ABOUT ME
touch
touchです。よろしくお願いします!たくさんの人に読んでもらえるような記事を作っていきたいです。