SIM

携帯の料金プランを見直し!イオンモバイルは、実際どうなの?

ショッピングモールで有名なイオンの、格安SIM事業で注目を浴びているイオンモバイル。

格安SIMはさまざまな料金プランの種類があり、契約を検討するのも大変ですよね。

今回は、イオンモバイルの料金プランやメリット、デメリットなどを紹介していきますので、ぜひ、契約の参考にしてみてください。

出典:https://www.pakutaso.com/20120811242iphone-185.html

豊富なイオンモバイルの料金プラン

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/1289047?title=%E9%9B%BB%E5%8D%93%E3%82%92%E3%81%BF%E3%81%A6%E8%80%83%E3%81%88%E3%82%8B%E5%A5%B3%E6%80%A7&searchId=2724006725#

イオンモバイルの料金プランは、大きく分けて下記の3種類があります。

イオンモバイルの料金プラン
  • 音声プラン
  • シェア音声プラン
  • データプラン

それぞれの特徴は、通話とデータ通信ができる「音声プラン」、一つの音声プランを複数人で契約できる「シェア音声プラン」、データ通信のみの「データプラン」です

3種類のプランすべてが、通信回線をドコモかauを選択することができます。

どの料金プランも10GBまでは細かく料金が刻んで設定されていて、使用頻度に合わせて契約できます。

イオンモバイルの料金プラン①音声プラン

電話もネットも利用したい人のために、個人向けの契約プランです。

音声プラン1GBなら858円(税込)で10GBまでプラス1GBごとプラス110円(税込)の料金で契約できます。

音声プラン早見表(10GBまで)について、下記の表で紹介していますので参考にしてみてください。

データ容量 月額料金
0.5GB 803円
1GB 858円
2GB 968円
3GB 1,078円
4GB 1,188円
5GB 1,298円
6GB 1,408円
7GB 1,518円
8GB 1,628円
9GB 1,738円
10GB 1,848円

イオンモバイルの料金プラン②シェア音声プラン

電話もネットも利用したい人のために、家族向けの契約プランです。

毎月家族で4GBなら1,518円(税込)で10GBまでプラス1GBごとプラス110円(税込)で契約できます。

最大5人までシェアでき、2人目以降+220円(税込)で家族を登録できます。

シェア音声プラン早見表(10GBまで)について、下記の表で紹介していますので参考にしてみてください。

データ容量 月額料金
4GB 1,518円
5GB 1,628円
6GB 1,738円
7GB 1,848円
8GB 1,958円
9GB 2,068円
10GB 2,178円

イオンモバイル料金プラン③データプラン

電話は利用しないが、ネットだけを利用したい人のために、個人向けの契約プランです。

音声1GBなら528円(税込)で10GBまでプラス1GBごとプラス110円(税込)の料金で契約できます。

データプラン早見表(10GBまで)について、下記の表で紹介していますので参考にしてみてください。

データ容量 月額料金
1GB 528円
2GB 748円
3GB 858円
4GB 968円
5GB 1,078円
6GB 1,188円
7GB 1,298円
8GB 1,408円
9GB 1,518円
10GB 1,628円

イオンモバイルを利用するメリット

イオンモバイルのメリットを知ることで契約を選択する幅が増えるので、ぜひ、参考にしてみてください。

イオンモバイルを利用するメリット
  1. プラン数が豊富で自分に合った契約ができる。
  2. 200店舗以上のイオンでサポートを受けられる。
  3. 通信速度を切り替えてデータ通信量の節約ができる。
  4. 余ったデータ通信量が翌月に繰り越される。
  5. Androidスマホならいろいろな機種を選べる。

メリット①プラン数が豊富で自分に合った契約ができる。

イオンモバイルはプラン数が豊富で、自分のニーズに合った契約ができるのが最大のメリットです。

月500MB~月50GBまでの11種類のデータ通信量が用意されており、ライトユーザーからヘビーユーザーまで利用しやすいです。

メリット②200店舗以上のイオンでサポートを受けられる。

格安SIMはコスト削減のため、店舗がないところが多いですが、イオンモバイルは全国のイオンでサポートが受けられます。

店舗があっても契約のみの場合や、地方ではサポートを受けられない場合もありますので、事前に店舗情報は確認しておきましょう。

メリット③通信速度を切り替えてデータ通信量の節約ができる

イオンモバイルは通信速度を切り替えるて、低速通信高速通信が利用可能です。

低速通信に切り替えることで、最大通信速度は200kbpsに制限されますが、データ通信量が消費しません。

低速通信でも最初の読み込みだけ高速通信になる「バースト転送」により、SNSや音楽のストリーミング程度の利用なら快適に使用できます

メリット④余ったデータ通信量が翌月に繰り越される。

イオンモバイルは余ったデータ通信量を翌月に繰り越して使うことが可能です

使いきれずに、余ったデータ通信量が無駄にならないのは利用者にとってうれしいですよね。

メリット⑤Androidスマホならいろいろな機種を選べる。

iPhoneの取り扱いは中古ですが、Androidスマホは多数取り扱っています

格安SIMは店舗がないことが多く、ネットで注文することが多くなります。

しかし、イオンモバイルは店舗で販売しているため、実際に手に取って選べる点がうれしいですね。

販売ラインナップはこちら

イオンモバイルを利用するデメリット

イオンモバイルのデメリットについて知っておかないと、契約をするのにニ度手間になったり、時間のロスにつながってしまうのであらかじめ知っておいてください。
イオンモバイルを利用するデメリット
  1. 解約に手間がかかる
  2. 未成年はそもそも契約ができない

デメリット①解約に手間がかかる

イオンモバイルの解約は契約翌日からでも可能ですが、Webから解約することができませんので電話か、店舗どちらかでの解約になります。

一つずつ解約の仕方を紹介しますので、ぜひ、参考にしてみてください。

電話で解約する場合

イオンモバイルお客さまセンター「0120-025-260」に電話をかけ、解約の手続きを行います。

電話受付時間は(10:30~19:30)で年中無休で、解約には以下のものが必要です。

解約に必要な物
  • 本人確認情報がわかるもの(名前、生年月日、住所、電話番号)
  • 解約するSIMカードの認証番号。

店舗で解約する場合

店舗で解約する場合は、電話で解約する場合のときに必要なものに加えて本人確認書類が必要です。

解約に必要な物
  • 本人確認情報がわかるもの(名前、生年月日、住所、電話番号)
  • 解約するSIMカードの認証番号。
  • 本人確認書類

デメリット②未成年はそもそも契約することができない

イオンモバイルは、未成年は契約することができないので、本人確認書類で20歳以上であることを証明する必要があります。

シェア音声プランを家族で利用したい場合、未成年の方は親の名義で契約しましょう。

知らないと携帯が不便に感じるイオンモバイルの注意点!

格安SIMにおいて、「3日間で◯◯GB使うと、一定期間通信速度制限がかかる」という、3日間制限があります。

データ容量がまだ余っているのに速度が遅くなるため、データ通信を短期間で使いすぎないように注意が必要です。

当然イオンモバイルにも3日制限がありますので、「3日間制限」にならないように参考にしてください

イオンモバイルでは、ドコモ回線とau回線それぞれで3日間制限があり、高速通信と低速通信でも制限が異なりますので各回線ごとに紹介します。

ドコモ回線の3日間制限
  • 高速通信時:
    • 3日間制限なし
  • 低速通信時:
    • 3日で366MBを超えて通信をすると、さらに低速化されることがある
au回線の3日間制限
  • 高速通信時:
    • 3日で6GBを超えて通信をすると、200kbpsまで低速化されることがある
  • 低速通信時:
    • 3日で366MBを超えて通信をすると、さらに低速化されることがある

イオンモバイル無料お試しレンタルもおすすめ

格安SIMが初めての利用だったりすると、やはり利用は不安になるものですよね。

イオンモバイルには、そんな不安を取り除く無料お試しレンタルというサービスがあります。

「無料お試しレンタル」はドコモ回線のデータ通信専用SIMとスマホ本体セットを1週間無料レンタルできます。

無料レンタルは、サービスを実施している店舗の店頭から申し込みが可能で、身分証明書を提示して申し込めば、在庫状況にもよりますが即日借りて試すことができます。

近くの取り扱い店を探すならこちらをくリック

イオンモバイルでは、今のスマホが使えない?

イオンモバイルは、ドコモ回線とau回線を使っているので、ドコモかauの端末であれば、乗り換えても問題なく使える場合が多いです。

ただし、お持ちの携帯端末が古い場合は、ドコモやauの端末でもSIMロックの解除が必要になる場合があります。

事前にイオンモバイル公式ホームページより「動作確認済端末一覧」をチェックしておくといいです。

ソフトバンクを利用している方は、SIMロックを解除することで乗り換えることが可能です。

動作確認端末一覧

イオンモバイルの契約は、どこでできる?

イオンモバイルの新規契約申し込みは、WEBと店舗から行うことができます。

WEBなら、24時間いつでも待ち時間なしで申し込でき、欲しいSIMカードや端末の種類を、画面の指示に従って選択していくだけです。

その際イオンスクエアメンバーへの無料登録が必要ですが、氏名やメールアドレスなどの簡単な入力で登録できます。

店舗で申し込む場合は、イオンモバイルの申し込みを扱っているイオンを公式ページより選んで店舗に足を運ぶだけです。

イオンモバイル取り扱い店

イオンモバイルをネットで契約するならこちら

契約した料金プランを途中変更はできる?

イオンモバイルでは、データ容量やプランの途中変更が可能ですので、一つずつ変更の仕方を紹介します。

データ容量の変更

データ容量は、電話・店舗・Webのマイページから無料で変更することができます。

変更した月(月末、最終日以外)の翌月1日から、新しいデータ容量に変更されます。

必ず変更したい月の月末までには、変更手続きを行うのを忘れないようにしましょう。

料金プランの変更

データプランと音声プランの間でプランの変更をしたい場合は、一度解約し再度新規申し込み手続きが必要です。

解約して再度契約することになるので、SIMカード発行手数料などが発生します。

音声プランとシェア音声プランの間の変更であれば、お客さまセンターへ電話すれば、無料で変更が可能です。

こちらも変更した月(月末、最終日以外)の翌月1日から、新しいプランが適用されます。

イオンモバイルの料金プランまとめ

イオンモバイルの料金プランの強みは、ニーズに合った契約ができる点ではないでしょうか。

10GBまでなら1GBずつの契約をすることができ、最大50GBの幅広さがあります。

他の格安SIMにくらべて、店舗が数多く存在するのでサポート体制もあり、初めての方や乗換でも安心して相談できます。

もし、興味がありましたら、近くのイオンモバイルを扱っているイオン店舗でお話を聞いてみてください。

イオンモバイルをネットで契約するならこちら

イオンモバイル取り扱い店