不動産投資

不動産管理会社コミュニティワンのサポートから会計システムまで解説

「不動産投資に興味があるけれど、コミュニティワンはどんな管理会社なのか知りたい」「副収入として不動産投資に興味はあるけれど、自分に合った管理会社を知りたい」と感じていませんか。

はじめて不動産投資をしようと考えらえている方であれば、正しい知識を身に着けてしっかりと利益を出して運営していきたいですよね。

そこで本記事ではコミュニティワンの管理会社としての実績や、サポート内容などについて詳しく解説していきます。

あなたの大事な不動産投資に重要な管理会社選びに活かすことのできる情報をまとめたので、最後まで読んで参考にしてみてくださいね!

(出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/22343368#)

不動産管理会社コミュニティワンとは

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/5182962#

コミュニティワンは、マンション・ビル管理業界のリーディングカンパニーです。マンション管理だけではなく、ビル管理やリフォーム管理など様々な管理運営サービスを展開しています。

元々東急不動産ホールディングス・グループの子会社でしたが、2021年10月1日に親会社である東急コミュニティーと合併しました。

そのため、現在では「コミュニティワン」という名前ではなく「東急コミュニティー」と名称が変更されています。

コミュニティワンの強みとは?

東急コミュニテイー(旧:コミュニティワン)は、豊富な経験と実績を持っているため、あなたの資産価値の向上に貢献することが強みといえます。

特にマンション管理の場合は、長く人が住むことを考え、管理開始時はマンションの特徴に合わせた管理・規約の設定や、適切な管理仕様を行い、築年数に合わせたメンテナンスを行っています。

そのため、建物の寿命を質のいい状態で長く維持させることにつながるため、長期的な不動産投資を考えている方にはぴったりの不動産管理会社といえます。

コミュニティワンの管理数からわかる事業規模

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/5132471

東急コミュニティー(旧:コミュニティワン)のマンション管理から住居系指定管理者分権の戸数の事業規模は全国65事業所で展開されており、トップクラスの事業規模を誇ります。

そのため、東急コミュニテイーは大手不動産管理会社としての管理戸数実績が高いため、ネームバリューが高く安心感のある不動産管理会社といえるでしょう。

東急コミュニティーの管理戸数一覧
マンション管理戸数 798,985戸(※公共施設を含む)
ビル・その他管理件数 1,164件(※公共施設を含む)
住居系指定管理者物件 205,142戸
ビル・その他の指定管理者物件 47件
PFI事業 30件(※稼動予定の事業を含む)

コミュニティワンの管理員の仕事内容

東急コミュニティー(旧:コミュニティワン)の管理員の仕事内容は、主に清掃や点検や業者の立ち合いなどマンションに関する総括的な業務を行います。

コミュニティワンの管理人の仕事内容
  • エントランスや階段などの共用部分の清掃
  • 駐輪場や建物の不具合の点検
  • ごみ置場でのごみの分別や整理・清掃
  • 施錠の確認
  • 管球の交換や管理室での対応
  • 植物の水遣りなど

マンション管理が初めての方でも、東急コミュニティーではマンション管理の基礎知識から管理規約、区分所有法などについて専門の研修センターでの研修があるため安心して管理を任せることができます。

コミュニティワンの管理員を対象にした研修制度とは?

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/472040#

東急コミュニティー(旧:コミュニティワン)では管理員として入社する方に向けて研修制度が設けられています。

内容は新規採用者を対象とした「導入研修」から「マンション管理士資格」などの管理員として必要な知識が身につく資格の取得の援助まで個人のレベルに合わせた研修や資格援助の制度が行われています。

コミュニティワンが行ってる研修や資格援助を行っている資格一覧
  • 導入制度…新規採用者が対象
  • フォローアップ制度…入社6カ月の方が対象
  • スキルアップ研修A…入社1年半以上の方が対象
  • スキルアップ研修B…入社2年半以上の方が対象
  • 認知症サポーター講習
  • 管理業務主任者資格
  • マンション管理士資格

管理員にも充実した研修内容が取り揃えており、入居者に対する細やかな対応が期待できるため、コミュニティワンははじめて不動産投資を始められる方にピッタリの管理会社です。

コミュニティワンによる組織的な管理運営サポートについて

コミュニティワンでは、マンションで発生した問題解決やリスク対策、滞納対応やトラブルに関して充実したサポートを行ってくれます。

また、蓄積されたノウハウやデータから課題の対応と提案を行い、毎月の報告書で会計から事故や故障の発生や対応などの事項を報告してくれるため、不動産管理における分析から細やかな対応まで期待できます。

コミュニティワンは不動産管理会社として、きめ細やかな対応だけではなく、提案と報告を行ってくれるため、はじめてでも安心して管理を任せることができます。

コミュニティワンの多様な売買・賃貸プラン

出典:https://pixabay.com/ja/illustrations/男-フィギュア-おもちゃ-76196/

不動産投資を行うにあたり、売買を行うことが考えられますが、コミュニティワンでは売買に関するプランにも2つの売却プランがあります。

状況に合わせたプランを利用する事で不動産投資がスムーズになることが期待されます。

コニュニティーワンの2つの売却プラン

コミュニティワンでは「仲介タイプ」と「直接買取タイプ」の二つのプランがあります。

売却を急がず、希望価格に近い金額で売買したい方は、仲介タイプを利用する事をおすすめします。

東急リバブルが買主となって直接不動産売買を行ってくれるため、売却の費用と手間を軽減させたい方は直接買取タイプがおすすめです。

このように、コミュニティワンでは状況に合わせた不動産売却が可能です。

コミュニティワン独自の会計管理システム「住む~ず」とは?

東急コミュニティー(旧:コミュニティワン)では、東急コミュニティーと三菱東京UFJ銀行が開発した会計システムである「住む~ず」が採用されています。

管理費の収納から費用の支払いまで、あなたの管理組合の財産を管理するシステムが整っており、信頼性や透明性をアピールすることにもつながります。

さらに、独自の会計システムと組織的な監督業務でサポートしてくれるため、会計管理に不安がある方でも安心して任せることができます。

「住む~ず」の特徴とは?

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/1730934

会計システム「住む~ず」は、管理費などの収納から支払いまで銀行が行うため、安全性が確保されています。

さらに、管理組合費用は支払い承認者が支払いを承認した場合にのみ出金できるため、透明性が高さを維持することができ、信頼できる管理人としての仕事につながります。

また、支払い承認がPCやスマホなどでいつでも、どこでも確認できます。さらに管理費などの口座振り込みは全国の約1300の金融機関で利用が可能なため、利便性の高さが魅力です。

そのため、住む~ずは「安全性」「透明性」「利便性」を確保することができる会計システムといえます

コミュニティワンのサポートから会計システムまでの解説まとめ

東急コミュニテイー(旧:コミュニティワン)は、実際に不動産を管理している管理人に対しては資格取得の援助や研修まで手厚くフォローしており、安心して管理物件を任せることができます。

また、複雑な会計管理についても独自の会計システムを導入しているため細やかなフォローがされています。

そのため、コミュニティワンは、はじめて不動産投資をされる方にぴったりの不動産管理会社です