転職

ワークポートがしつこいのには訳がある!驚きの全貌をご紹介

「ワークポートがしつこいって聞いたけど本当かな?」友人から聞いた話がぐるぐると頭を巡って眠れなくなっていませんか。

できれば転職活動を早く終わらせて、自分の好きなことに時間を使いたいですよね?

この記事では、ワークポートがなぜ「しつこい」と言われているのか、その全貌に迫り、そのしつこさをうまく利用する方法をお伝えします。ぜひ最後までご覧ください。

アイキャッチ画像出典:https://pixabay.com/ja/vectors/%e8%b3%aa%e5%95%8f-%e7%96%91%e5%95%8f%e7%ac%a6-%e3%82%af%e3%82%a4%e3%82%ba-3686724/

ワークポートをしつこいと感じる理由

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/1951205?title=%E3%81%B2%E3%82%89%E3%82%81%E3%81%8D%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%87%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%B8&searchId=2767904010

ワークポートをしつこいと感じてしまう理由に「電話連絡の多さ」があります。

電話連絡が多いということは一見丁寧な印象を受けるかも知れませんが、その分自分の時間が取られてしまうことになります。

例えば、仕事中の重要なプレゼンをしている時に何回も自分のスマホがブルブルと震えていれば、イヤでも気が散ってしまいますよね。

このように、結構な頻度で電話連絡がきてしまうことから「しつこい」と感じることに繋がっていることが見えてきます。

ワークポートの連絡がしつこい時の対処方法

出典:https://pixabay.com/ja/vectors/%e8%b3%aa%e5%95%8f-%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%af-%e7%ad%94%e3%81%88-%e8%a7%a3%e6%b1%ba-6099556/

それでは、ワークポートからの連絡がしつこい時の対処方法をお伝えします。それは「担当者の変更」です。

連絡をしてくる担当者も同じ人です。経験や状況によって連絡の仕方も変わってきます。

例えば、月のノルマが達成できている人と達成できていない人では心のゆとりが違うので、電話口の口調が焦っていると、担当者の背景が見えてきますね。

担当者を変えることに「申し訳ないかな…」と考えず、まずはワークポートに現状の相談をすることから始めましょう。

ワークポートのしつこい電話は無視してOK?

出典:https://pixabay.com/ja/illustrations/%e9%9b%bb%e8%a9%b1-%e7%a4%be%e4%ba%a4-%e3%83%a2%e3%83%90%e3%82%a4%e3%83%ab-www-3840285/

結論からお伝えすると、例えワークポートからしつこい電話がきても無視はしないようにしましょう。

なぜなら、しつこいと感じている電話の中に自分の希望にピッタリの求人が紛れているかも知れないからです。

電話がかかってきたその場で出られなかったとしても、折り返しの連絡をすることで良い転職のチャンスが増え、担当者と良い関係を築くきっかけになります。

忙しい中での電話連絡はわずらわしく感じてしまいがちですが、無視はせず内容を確認することがうまく利用するコツです。

なぜワークポートは「しつこい」が目立つのか?

出典:https://pixabay.com/ja/illustrations/%e7%9b%a3%e6%9f%bb-%e5%a0%b1%e5%91%8a-%e6%a4%9c%e8%a8%bc-%e6%8b%a1%e5%a4%a7%e9%8f%a1-4576720/

ワークポートのしつこさが目立つのは、つぎにお伝えする2つの理由が挙げられます。

ワークポートのしつこいが目立つ理由
  • 希望内容とは違う求人の押し付けが多い
  • 電話連絡が多くて今の仕事に集中できない

しつこい理由と重なる部分はありますが、自分の時間を多く取られてしまうことに加えて、電話の内容が自分に合っていなければ、どうしてもネガティブな部分に目がいってしまいますよね。

それでは、なぜしつこさが目立ってしまうのか、2つの理由について具体的に見ていきましょう。

希望内容とは違う求人の押し付け

自分が希望している内容と違う求人の連絡がくる場合があるので、その時はやり過ぎなくらい丁寧に自分の希望をワークポートにハッキリと伝えておく必要があります。

例えば、事務職で応募しているのに建築業の紹介がきたら、電話を心まちにしていた時間が無駄になったような気分になってしまいますよね?

そうならないためにも、希望内容とは違う求人の連絡がきた時には、ハッキリと希望職種や待遇面などを伝えられるようにしておきましょう。

電話連絡が多くて今の仕事に集中できない

ワークポートに限った話ではありませんが、仕事中に求人紹介の電話連絡が来ることは珍しくありません。

ですが、その頻度の多さで仕事に集中できなくなる可能性もあるのであらかじめ対策を打っておくことをおすすめします。

例えば、ワークポートに対応出来る時間を伝えておき、その時間以外は折り返しにする。逆に空いた時間にこちらからワークポートに状況確認の連絡をするとスムーズなやりとりができます。

以上ように、今の仕事と転職活動の両立をうまく図る一手間入れておきましょう。

実はワークポートのしつこい評判は年々改善

出典:
https://pixabay.com/ja/illustrations/%e7%b5%b1%e8%a8%88%e6%83%85%e5%a0%b1-%e5%9b%b3-%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%83%e3%82%af-227173/

実はワークポートが「しつこい」という評判は年々改善してきているんです。

2017年、2018年の評判をみると「しつこい」に加えて担当者の対応の悪さが目立つ評判が多く見られました。

2021年現在でも一定数よくないという評判はありますが、次のような評判も出てきています。

「担当者が自分にピッタリの求人を紹介してくれた」

「面談が丁寧で素早く対応してくれる」

みん評 みんなの評判ランキングより引用

評判だけを気にするのではなく、実際に登録をしてみることでわかることもあります。つぎにお伝えする良い口コミも参考に、登録をしてみましょう。

ワークポートはネガティブな評価だけじゃない

出典:
https://pixabay.com/ja/photos/%e3%83%ac%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bc-%e6%84%8f%e8%a6%8b-%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%83%e3%82%af-5207277/

ワークポートはしつこいというネガティブ面だけでなく、もちろん良い口コミもあります。

例えば「自分にピッタリの求人を紹介してくれた」と非常に高い評価をしている口コミがありますが、その口コミの裏には担当者との相性や求人内容との巡り合わせが重要なことも忘れてはいけません。

良い口コミにはどのような内容があるのか、詳しく見たい場合はみん評などのランキングサイトで情報を集めると参考になります。

ワークポートにはどんな強みがある?

画像出典:https://pixabay.com/ja/photos/%e4%b8%8a-%e6%88%90%e9%95%b7-%e6%88%90%e5%8a%9f-%e7%9f%a2%e5%8d%b0-2081170/

ここでは、ワークポートはどのような強みをもった会社なのかをご紹介します。

1番の特徴は、IT・WEB業界に強いことです。その証拠に、大手の転職サイトからの知名度はもちろん、企業からも求人情報が大量にきていることが強みを表しています。

外部からの評判に加え、元エンジニアの転職エージェントも在籍しているため、実際に働くに当たっての不安材料を事前に聞けるのも大きな強みです。

このように、ワークポートのIT・WEB業界への転職に関する力の入れ具合は他社を圧倒していると言っても過言ではないでしょう。

ワークポートに登録すべき人

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/22402715?title=%E4%BA%BA%E7%89%A9%E3%80%80%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%80%80%E3%83%91%E3%82%BD%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%80%80%E5%9C%A8%E5%AE%85&searchId=2633705093

これまでお伝えしてきた内容を踏まえ、ワークポートに登録すべき人に該当する3つのポイントをお伝えします。

ワークポートに登録すべき人
  • IT・WEB業界への転職を考えている。
  • 頻繁な電話連絡も自分でコントロールできる。
  • 出来るだけ多くの求人内容を見てみたい。

逆に3つのポイントの内、1つでも当てはまらないものがあるとワークポートを使った転職活動は辛いものになってしまうかも知れません。

ワークポートは良くも悪くも「しつこい」ことが特徴です。そのしつこさを上手く活かせるかどうかが、ワークポートを利用すべき判断基準と言えます。

ワークポートが合わない時の選択肢

出典:https://pixabay.com/ja/illustrations/e%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%83%ab-%e3%82%a2%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%88-%e5%a0%b1%e5%91%8a-%e8%b3%87%e6%96%99-4539382/

もしワークポートを利用してみて「やっぱり合わない」となった時の選択肢ですが、やはり大手転職サービスを利用することがオススメになります。

大手転職サービス
  • リクナビ
  • マイナビ
  • doda

大手転職サービスでは、扱う案件が多いことはもちろんですが、職種や地域も幅広く展開している場合がほとんどです。

ワークポートを使って、IT・WEB業界に挑戦しようと転職活動を始めたら「イメージと全然違った」という可能性もあります。

そのような時には、大手転職サービスに登録して転職活動の再スタートを切りましょう。

ワークポートはなぜしつこいのか?【まとめ】

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/22010648?title=CHECK%20%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%83%E3%82%AF%20%E7%A2%BA%E8%AA%8D&searchId=1493043138

ワークポートがなぜ「しつこい」と言われているのかをお伝えしてきました。

ワークポートはIT・WEB業界の転職に強いのが特徴です。その強みを活かした転職活動をしたい時にはワークポートは頼りになる存在です。

頻繁な電話連絡が来ること、自分が希望している求人とは違う紹介が来ることもあります。

そのような場合でも「しつこさ」を上手く使えば、多くの求人内容に触れることができるので、少しでも気になった場合には、ワークポートへ登録してみてはいかがでしょうか。

ABOUT ME
なおたけ
脱サラしたアラフォーパパです。これまで副業としてプログラミングや動画編集に挑戦しましたが挫折。文章で稼ぐ力をつけるべく、ブログ・アフィリエイトに2020年7月から挑戦中しており毎月の収益は1桁(涙) 内向型HSPのなので、面と向かってのコミュニケーションは不得意ですが、コツコツと仕事に取り組むのは得意です。 家族に胸を張れるライターになります。 よろしくお願い致します。