不動産投資

【これで解決!】不動産投資を勉強する際の知っておくべき知識と学習法

不動産投資を始めてみたいけど、「どんなことから勉強していいいか分からない」と感じたことはありませんか?

そんな初心者の方が不動産投資を始めるにあたって勉強すべき知識やどういった勉強手法があるのかについて、今回の記事ではご説明させていただきます。

また、記事の最後には資格自体は取る必要がないが、不動産投資を行う上で勉強しておきたい資格も1つご紹介させていただいてますので、ぜひ最後まで読んで見てください!

トップ画像出典:https://unsplash.com/photos/rgJ1J8SDEAY

不動産投資の種類

https://pixabay.com/photos/money-finance-mortgage-loan-2696229/#content

不動産投資と一口に言っても、種類がいくつかあるので最初にまとめてご紹介したいと思います。

不動産投資は大きく分けて3つの種類に分けることが出来ます。種類によってリスクの大きさや向き不向きなどが変わってきますので、自身にあったものを勉強していきましょう。

ワンルームマンション投資

ワンルームマンション投資は、不動産投資の中でも比較的に始めやすい不動産投資となっています。マンションの一室から購入可能のため、比較的少ない資金でも始めることが出来ます。

また、清掃や点検などの管理を管理会社に委託していることが多いため、管理する手間が少ないのも始めやすい理由の1つです。

ただ、建物の修繕などは管理組合によって決まることが多いため、自分自身の思うようにならないこともあるといったデメリットも存在します。

アパート投資

アパート投資は、土地を含めたアパート1棟を全て購入する不動産投資になります。そのためワンルームマンション投資と違い、建物の修繕や建て替えなどを全て自分自身の思うように決めることが出来ます。

また、部屋がいくつもあるため、空室による收入ゼロのリスクを小さく抑えることが出来ます。

しかし、土地を含めたアパート1棟を購入する投資となるため、最初に多額の資金が必要になります。また、木造建築は30年から40年ほどで大規模な修繕工事を行う必要があるというデメリットも存在します。

戸建投資

戸建投資は、一戸建てを貸し出す不動産投資です。戸建は子供がいる家族層から人気のある物件のため、一度入居されると他の物件に比べ入居期間が長くなる傾向にあります。

また、自分自身に家族ができた際に住むことが出来るのも魅力の1つです。

ただし、戸建の立地条件が悪いと長期間空室になるリスクも有るため、他の不動産投資に比べ良い物件を見つけるのが難しい投資先にもなります。

不動産投資で勉強すべき知識は?

https://pixabay.com/photos/books-bookstore-book-reading-1204029/#content

不動産投資で覚えておきたい知識は様々ありますが、その中でも特に大事な知識が3つあります。

それは、「不動産投資基礎知識」「税務知識」「マーケティング知識」の3つになります。これら3つの知識は、不動産投資を始める前にしっかりと勉強しておきたい知識です。

次の項目からは、それぞれの知識をなぜ勉強する必要があるのか、勉強するとどんなメリットが有るのかを1つずつ詳しくご説明させていただきます。

①不動産投資基礎知識

不動産投資投資を始めるにあたって、不動産の基礎知識は当たり前ですが最も重要な知識と言えます。

例えば、最初の項目でご説明した各不動産投資の違いや実際に運用する際のプロセス確認、不動産投資を行う上で付き合う必要のある業者などを最初にしっかりと把握しておきましょう。

こういった基礎的な知識を最初にしっかりと勉強することで、スムーズに不動産投資を始めることが出来ますし、失敗してしまうリスクも下げることが出来ます。

②税務知識

不動産投資で利益を得た際に必要になってくるのがこの税務知識になります。

税理士にお願いしてしまうことも出来ますが、税理士の顧問料が物件によって変わってきますが、年間20万から30万ほどかかってしまいます。そのため、費用面からもいきなりお願いするのは難しいかと思います。

だからこそ、最低限の税務知識を自身でも学んでおくことで、確定申告などを自身でもスムーズに行うことが出来ます。

③マーケティング知識

https://unsplash.com/photos/jrh5lAq-mIs

また、良い物件を購入するにあたっては、マーケティングの知識も必要になってきます。

自身の不動産購入時には、しっかりと市場の動向を見極め、狙っている物件の市場でも競合や環境面をしっかりと調査していく必要があります。

この調査を怠ってしまうと、市場価値の低い物件を購入してしまうことになりかねません。

だからこそ、最低限のマーケティング知識を学び知っておくことで、しっかりと資産として残るような不動産を購入することが出来ます。

不動産投資のおすすめ勉強法

不動産投資を始めるにあたって、おすすめの勉強方法が大きく分けて3つあります。

それは、「書籍を使った不動産投資勉強」「ネットを活用した不動産投資勉強」「現地に実際に行ってみる」という3つに分かれます。

  • 書籍 :基礎知識を学ぶのにおすすめ
  • ネット:他者のリアルな体験談などを知ることが出来る
  • 現地 :実際の物件を見ることで自身の体験として学べる

初心者が不動産投資の勉強を始める際には、「書籍」⇒「ネット」⇒「実際に現地に行く」といった流れで勉強をすることで、それぞれで学んだ知識を次のステップでより活かすことが出来ます。

①書籍を使った不動産投資勉強法

https://unsplash.com/photos/McX3XuJRsUM

これから不動産投資を始めていこう!と考えている方にまずおすすめの勉強方法が「書籍を使った勉強」になります。

初心者向けの不動産投資解説本などを読み込むことで、不動産投資を行う上で必要になる最低限の基礎知識を学ぶことが出来ます。

おすすめの書籍のリンクを下記に記載しますので、気になる一冊をぜひ読んでみてください。

書籍を読む際の注意点ですが、何冊も読むのも大事ですが、まずは一冊をしっかりと理解できるまで読み込んでいくことがおすすめです。

created by Rinker
¥1,738
(2022/01/26 22:38:21時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
明日香出版社
¥1,980
(2022/01/26 22:38:22時点 Amazon調べ-詳細)

②ネットを活用した不動産投資勉強法

https://pixabay.com/photos/african-american-computer-technology-869673/#content

ある程度書籍で基本知識を習得した方におすすめなのが、「ネットを活用した不動産投資勉強」になります。

ネット上で実際に不動産投資を行っている方のブログやコラムなどを読んでいくことで、よりリアルな情報を学ぶことが出来ます。

只中には、情報商材などを販売する目的で発信を行っている方もいるので、まず基礎知識を書籍でつけてからネットで学ぶやり方がおすすめになるのです。

また、実際に「SUUMO」や「オウチーノ」といった販売サイトを定期的に見ることで目利き力もつくので、そちらも合わせておすすめいたします。

③現地に行く不動産投資勉強法

ある程度知識がついた段階であれば、実際に現地に行き、対象物件を見に行くという勉強方法がおすすめです。

「SUUMO」「オウチーノ」で見つけた良さそうな物件などを実際に見に行くことで、ネットだと分からない物件そのものの情報だけではなく、周辺施設の情報なども知ることが出来ます。

また、すでに売れてしまった物件なども見に行くことで、なぜ売れたかなどの分析も行えますので、気になる物件だけではなく売れてしまった物件などの情報も取りに行くことをおすすめします。

不動産投資で勉強すべき資格はあるの?

結論から言うと、不動産投資を行う際に絶対に取らなければいけない資格はありません。

ただ、資格の内容によっては不動産投資を行う際の助けになる資格もあります。その中でも筆者オススメは「簿記」の資格になります。

簿記の勉強をすることで、投資家としての最低限必要な会計知識を学ぶことが出来ます。

今後不動産投資を行う上で税金などについても学ぶ必要があるので、簿記のような会計知識は資格を取らなくても学んでおくことをおすすめします。

初心者向け不動産投資知識のまとめ

今回の記事では、初心者の方が不動産投資を始めるにあたって、「勉強すべき知識」「不動産投資の勉強方法」「おすすめの資格」についてご紹介させていただきました。

最後の「簿記資格」に関しては試験は必ずも受ける必要はないですが、知識として知っておくことで不動産投資をよりスムーズに行うことが出来るようになると思います。

この記事があなたの不動産投資家への一歩を踏み出す手助けになれば筆者としてとても嬉しいです!最後まで読んでいただきありがとうございます!

ABOUT ME
まつきー
私の理想は、自身のビジネスを持つことです。 何事にもスピード感を持って、取り組むことを意識しています。 筋トレや語学学習が趣味です!どちらもまだまだですが(笑) 好きなことは、旅行や写真、人と飲みに行くことです! よろしくお願いします。