研修 PR

『迷ったらコレ!』おすすめのWi-Fiルーターの選び方4選!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

Wi-Fiルーターってどれも見た目が似ていてどれを購入すれば良いのかわからないですよね。そこで今回は皆さんに、おすすめのWi-Fiルーターの選び方をご紹介いたします!

皆さんは、スマホで動画視聴などをしていて通信制限をくらった経験はないでしょうか?筆者も何度も通信制限で苦い思いをしましたが、やはりWi-Fiルーターを利用することでそれらの悩みは解決しました!

しかし、そのWi-Fiルーターもお金がかかる商品です!できることなら自分に合った質の良いものを選びたいものですよね。

本記事を読めば、Wi-Fiルーターの購入基準を学ぶことができ、今後の快適なWi-Fiライフを送れるようになること間違いなしですので、ぜひ最後までご覧ください!

アイキャッチ画像:出典:https://pixabay.com/ja/illustrations/無線技術-三次元-形-1967494/

Wi-Fiルーターの4つのおすすめの選び方

出典:https://pixabay.com/ja/vectors/%e3%83%a9%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%88%e3%83%83%e3%83%97-%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%88-%e3%81%8a%e5%ba%97-5820171/

Wi-Fiルーターは以下の4つの観点から選ぶことをお勧めします。

4つの観点
  • 居住環境で選べ!
  • 同時接続台数で選べ!
  • 通信速度で選べ!
  • 価格で選べ!

どれも同じような見た目のWi-Fiルーターですが、その中身は千差万別!自分に合ったものを選ばないと毎月サービスに見合わない金額を支払うことにもつながってしまいます。

自分には一体どのルーターが合っているのかを上記の観点から見た選び方でしっかり吟味していきましょう!

では、それぞれの選び方について解説をしていきますので、自分はどのような特徴のあるルーターが合っているのかを判断していきましょう!

おすすめの選び方① 居住環境で選べ!

出典:https://unsplash.com/photos/v4IJJu1Qa0U

自宅でWi-Fiを利用する際に気をつけたいことは、Wi-Fiの繋がりやすさです。居住環境によって、Wi-Fiの繋がりやすさは変わってきます。

例えば、一人暮らしの場合、1Rや1Kの部屋に住んでいることが多いですので、高スペックなWi-Fiルーターを利用する必要性も低いでしょう。

対して、一戸建てや間取りの広いマンションの場合、部屋を分ける壁が障害となるので、できるだけ性能の良いWi-Fiルーターの方が良いでしょう。

このように、居住環境によって、選ぶWi-Fiルーターも変えなければなりません。

おすすめの選び方② 同時接続台数で選べ!

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%e6%90%ba%e5%b8%af%e9%9b%bb%e8%a9%b1-%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%b3-5507342/

Wi-Fiルーターの種類によって、同時に接続できる機器の数も違います。ですので、普段の利用状況によって柔軟に対応しましょう。

例えば、家族などの大人数で利用を考えているのであれば、できるだけ同時接続台数は多い方が良いです。

また、一人暮らしだとしても、パソコンやゲーム、スマホなどを同時に利用する方も今時は増えていますので、そのような方も同時接続台数は多い方が良いと言えるでしょう。

同時接続台数が多くなれば、通信が不安定になりやすいので、事前の確認が大切です。しかし、普段からそこまで多くの機器を利用しないような方は無理をして、同時接続台数の多いものを選ぶ必要もないでしょう。

おすすめの選び方③ 通信速度で選べ!

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%e4%b8%8a-%e6%88%90%e9%95%b7-%e6%88%90%e5%8a%9f-%e7%9f%a2%e5%8d%b0-2081170/

通信速度が速ければ、それだけ快適なWi-Fi生活を送ることができますよね。

通信速度の違いはWi-Fiの規格の違いによって生じてきます。例えば、通信規格には以下のようなものがあります。

通信規格の種類
  • Wi-Fi4
  • Wi-Fi5
  • Wi-Fi6

ちなみに現在の最新の規格はWi-Fi6となります。最新の規格なのでそれだけ通信速度は速く、ゲームなどを利用する際は、できるだけこのWi-Fi6を利用した方が良いでしょう。

ただし、通常の動画視聴やインターネットサーフィンでは、最新の規格であるWi-Fi6である必要はないため、自分の目的に合った通信速度が出せるものを選びましょう。

おすすめの選び方④ 価格で選べ!

出典:
https://pixabay.com/ja/photos/%e3%83%89%e3%83%ab-%e9%80%9a%e8%b2%a8-%e3%81%8a%e9%87%91-%e7%b1%b3%e3%83%89%e3%83%ab-499481/

これはWi-Fiルーターに限った話ではないのですが、同程度の性能であるのならば、できるだけ安いものを選びたいですよね。

しかし、安さを重視しすぎて、性能の良くないものや自分の生活に合っていない機器を購入してしまうと、快適なWi-Fiライフを送ることはできなくなるでしょう。

ここは、上記の居住環境、同時接続台数、通信速度を総合的に見て、本当に自分が求めるものの中から安いものを導き出しましょう。

さらに4つのおすすめのWi-Fiルーターを厳選!

ここまで4つの選び方のポイントを解説してきました。以下の通りですね。

  • 居住環境で選べ!
  • 同時接続台数で選べ!
  • 通信速度で選べ!
  • 価格で選べ!

そこで、これからは上記のポイントを踏まえた上で、それぞれの環境に合わせておすすめのWi-Fiルーターを紹介していこうと思います。

下記の方に合わせて4つのWi-Fiルーターを紹介しますので、自分に当てはまる箇所についてはぜひ参考にしてください!

おすすめする方
  • 一人暮らしの方
  • 使用人数が多い方
  • ゲームをよくする方
  • 外出先でもWi-Fiを使いたい方

一人暮らしの方はこのWi-Fiルーター

この商品の1番の特徴はコンパクトなサイズ感です。一人暮らしであればワンルームなどで生活することが多くなるでしょう。そのような部屋で大きなルーターだったら設置場所にも一苦労しますよね…

しかし、この商品であれば、小さなサイズなので、横向きに置くこともでき本棚などのちょっとしたスペースにも置けます。また、壁がけができることも大きな魅力でしょう。

一般的に無線LANルーター(Wi-Fi)は、アンテナの特性によって電波にムラが発生しますが、この商品では専用設計アンテナを搭載し、ムラのない電波の送信を実現する360コネクト技術に対応しています。

居住環境 ワンルーム向き
同時接続台数 4台
通信速度 5GHz・2.4GHz/300Mbps
価格 2,480円

 

使用人数が多い場合はこのWi-Fiルーター

この商品はシェアハウスをしている方やご家族みんなで同時にWi-Fiを利用したいという方におすすめです。

大容量を短時間で転送する高速規格である「Wi-Fi6」に対応しているので、たくさんの端末をつないでも速く、途切れにくいのが特徴です。

具体的には12台までの端末に同時接続をすることが可能で、一般的なご家庭でしたら十分なスペックなのではないでしょうか?

また、ビームフォーミング機能という、端末をめがけて電波を送信する技術も搭載しているため、安定感のある通信を実現できます。

居住環境 マンション・戸建向き
同時接続台数 12台
通信速度 5GHz/866Mbps・2.4GHz/300Mbps
価格 3,480円

ゲーム好きな方はこのWi-Fiルーター

この商品は特にゲームをよく利用する方におすすめのWi-Fiルーターです。ゲームを利用する際に最も重要なのは通信速度です。通信が低速であればゲームの操作すらままならないですからね。

そこで、この商品では、データが重くなってしまっても高速通信を実現するために高性能のCPUを搭載し、それらの問題を解決しました。また、Wi-Fi6のOFDMAにも対応しています。

OFDMAというのは複数端末通信時に時間あたりの通信効率を向上する技術のことです。

これによってWi-Fiの効率性をさらなるレベルへと押し上げることができます。

居住環境 様々な居住環境に対応
同時接続台数 120台
通信速度 5GHz/4804Mbps + 2.4GHz/1148Mbps
価格 38,000円

モバイルWi-Fiなら外出しても使える!

created by Rinker
HUAWEI(ファーウェイ)
¥8,980
(2024/07/24 17:42:16時点 Amazon調べ-詳細)

モバイルWi-Fを利用するのであれば、自宅だけでなく外出先でもWi-Fi環境を整えることができます。

この商品の魅力はなんといってもその携帯性です。スマホと変わらないほどのサイズなのでどこへでも持ち運ぶことができます。

また、3,000mAhのバッテリーを搭載しているため、約12時間連続駆動でき、スタンバイモードでは約600時間の待ち受け時間を実現しています。

通信速度も、最大300Mbpsの高速LTEに対応しているため、4G回線が75〜100Mbpsであることを考えても外出先でも快適な通信を行うことが可能です。

 

居住環境 外出先でも使いたい人向け
同時接続台数 16台
通信速度 5GHz・2.4GHz/300Mbps
価格 7,800円

まとめ:『Wi-Fiルーターのおすすめの選び方』

出典:https://www.pexels.com/ja-jp/photo/4474047/

ここまで解説してきたように、Wi-Fiルーターを選ぶ際は居住環境、同時接続台数、通信速度、価格を総合的に見て購入を検討することをお勧めします。

どの商品購入するのが好ましいかは、人によって異なります。いくら高い価格の商品だとしてもいらない機能が付いていたり、また、安さに釣られて購入すると快適な通信環境を手に入れることは難しいでしょう。

一番大事なことは自分に合った商品を見つけることなので、ぜひ本記事を参考にして自分にぴったりのWi-Fiルーターを探してみてください!