転職

転職活動は5ステップ!逆算してスケジュールを組もう

転職活動は仕事の兼ね合いもあり、スケジュールを組むことが中々難しいですよね。

しかしスケジュールを組んでいないと、だらだらと転職活動を続けたり、なんとなく受けた会社に入ったり失敗の原因となってしまいます。

この記事では、スケジュールの組み方や転職活動の5ステップについて解説しており、あなたに最適なスケジュールを組むことができますので、是非チェックしてみて下さい。

(アイキャッチ画像出典:https://pixabay.com/ja/photos/%e5%a5%b3%e6%80%a7-%e3%83%a9%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%88%e3%83%83%e3%83%97-%e3%83%87%e3%82%b9%e3%82%af-1851464/)

転職スケジュールは逆算して考えよう

転職活動のスケジュールは一般的には3カ月ほどと言われており、ゴールから逆算して組むことが必要です。

まず初めにゴールである入社日や、それと付随して退社のタイミングを決めましょう。

その次に選考を受ける期間や会社選びをする期間、最後には情報収集や自己分析をする期間などを見積もる流れです。

3カ月というと短く感じるかもしれませんが、長引くほど焦りや不安が出てしまうため、一旦この期間でスケジュールを組むことをお勧めします。

なぜ転職活動のスケジュールを組むことが必要?

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%e3%82%ab%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%83%80%e3%83%bc-%e5%a3%81%e6%8e%9b%e3%81%91%e3%82%ab%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%83%80%e3%83%bc-1990453/

転職活動のスケジュールを組むことは適切な対応を取らずに転職活動で失敗してしまうリスクを防ぐために必要です。

具体例として、必要な段取りを取らずに勢いで会社を辞めてしまい、無収入で苦労してしまうことが挙げられます。

また、自己分析が不十分なままで、なんとなく受けた会社に入りすぐにやめてしまうなどのケースもあります。

短すぎず、長すぎず適切な期間で転職活動を進めることが出来ますので、必ずスケジュールを組むようにしましょう。

転職活動のスケジュールは5ステップ!

転職活動のスケジュールは基本的に下記の5つがステップとしてあります。

転職活動の5ステップ
  • 転職活動の、目標、目的、スケジュール決め
  • 情報収集や転職候補会社への応募
  • 転職候補が決めたスケジュールに基づく選考
  • 転職先の入社日から考えて退社スケジュールを決定
  • 必要書類の提出やスキルの習得

この5つのステップを踏むことで適切な準備を進めることができ、納得のいく会社を見つけることが出来るのです。

ただ例外として、友人からの紹介や他社からの引き抜きなどこの流れを踏まずに転職することも場合としてあります。

次の章からそれぞれ5つのステップを詳しく解説していきますので、下記のスケジュール表を参考に正しく流れを理解しましょう。

転職活動の5ステップ 期間
①転職活動の目標、目的スケジュール決め 2週間
②情報収集や転職候補会社への応募 2週間
③転職候補が決めたスケジュールに基づく選考 1カ月
④転職先の入社日から考えて退職スケジュールを決定 2週間
⑤必要書類の提出やスキルの習得 2週間

①転職活動の目標、目的、スケジュール決め

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%e8%b5%b7%e5%8b%95-%e3%83%9b%e3%83%af%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%89-%e9%83%a8%e5%b1%8b-3267505/

まず初めに行う事前準備として2週間ほどで転職活動の目的や目標を決めることが挙げられます。

給与アップやワークライフバランスなど、これらを作成することで後々会社を選ぶ際に迷うことを減らすことが出来ます。

目標と目的を明確にするためには自己分析が必要であり、またこの期間に合わせて全体のスケジュールも組みましょう。

全ての条件を満たす会社を探すことは難しいため、目的を明確にするだけでなく、転職する会社の条件の優先順位をつけておくことがおすすめです。

②情報収集や転職候補会社への応募

次に2週間ほどで情報収集を行い、転職先の会社候補を探して選考に応募しましょう。

この際に転職情報サイトや転職エージェントに登録を行って希望の条件を入力し、様々な会社の情報を収集しなければなりません。

また、この際に条件が厳しすぎて選考の会社が少ない場合には、他の転職サイトを活用するか、条件の範囲を広げる必要があります。

応募サイトではWeb上で、履歴書や職務経歴書を作成することになるため、この期間に情報を整理しておきましょう。

③転職候補が決めたスケジュールに基づく選考

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%e5%b0%b1%e8%81%b7%e3%81%ae%e9%9d%a2%e6%8e%a5-%e4%bc%81%e6%a5%ad-%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bc-4010991/

次は1カ月ほどで会社とのスケジュール調整して選考を受ける期間です。

この際に面接対策として、聞かれる質問に対してどのように答えるかを友人や家族などに協力してもらい練習を重ねておきましょう。

また、この際に①で準備した目的が明確であると、質問に対しても論理的に返答することが出来るようになります。

さらに、選考が無事に通り複数の会社から内定を得た場合は、①から振り返ってより自分の条件を満たす会社を選びましょう。

④転職先の入社日から考えて退社スケジュールの決定

次に行うのは2週間ほどで入社日が決まった後その日に間に合うようスケジュールを組み、退職準備を進めることです。

民法の規定では、2週間で退職の意思を伝えて辞めることが出来ますが、転職が決まった段階ですぐに伝えることが必要です。

引継ぎが必要な仕事を整理し、退職日に間に合うように自身の仕事をこなしながら引継ぎを行いましょう。

それと並行して、退職届の提出や各種税金や社会保険に関する対応などを完了しなければなりません。

⑤必要書類の準備やスキルの取得

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%e7%94%b7-%e6%9b%b8%e3%81%8d%e8%be%bc%e3%81%bf-%e3%83%a9%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%88%e3%83%83%e3%83%97-2562325/

最後に行うのが、2週間ほどで転職する会社に入社する準備を進めることです。

最終的に会社を退職する際は有給休暇を消化して最終出社日を決めますが、その期間にできることを行っておく必要があります。

入社時に必要書類を取得しておき、いつでも提出しておけるようにしましょう。

また、新たな分野の職業に就く場合は、前職の有給休暇などを利用して事前に知識やスキルを蓄えることをお勧めします。

転職スケジュールを組むときの注意点

転職活動のスケジュールを組む時の注意点は逆算して考えるだけではなく、ゴール(入社日)の設定にもあります。

例えば基本的には四半期の変わり目にゴールを設定した方がスムーズに準備を進めることが出来ます。

また、業種や行きたい会社によっては採用活動を行っていない時期もありますので、事前準備期間に必ずチェックしましょう。

もし、自分の転職したい時期に会社が採用していない場合は転職活動の時期自体を見直す必要があります。

スケジュールを組んでスムーズな転職をしよう!

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%e4%ba%ba-%e4%bb%95%e4%ba%8b-%e3%83%9f%e3%83%bc%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0-1979261/

このように転職活動はスケジュールとして3カ月ほどであり、5つのステップに分類することが出来ます。

転職活動の5ステップ
  • 転職活動の、目標、目的、スケジュール決め
  • 情報収集や転職候補会社への応募
  • 転職候補が決めたスケジュールに基づく選考
  • 転職先の入社日から考えて退社スケジュールを決定
  • 必要書類の提出やスキルの習得

スムーズに進めるためにも、それぞれの流れを理解した上でスケジュールを組んで転職活動を行いましょう。

逆算してスケジュールを組むことは転職活動が正しく進められているかどうかを判断する基準にすることが出来ます。

あなたにとって適切な条件を満たす会社が見つかり、転職活動がうまくいくことを願っています。

 

ABOUT ME
ゆうま
社会人1年目のWEBライターです。 転職やペット、通信など幅広いジャンル記事を執筆。 音楽が大好きで暇さえあれば歌ってます。 ジムで肉体改造挑戦中。