転職

会社の人間関係に悩む方必見!悪化する原因と改善方法とは?

「会社の人間関係がうまくいかない」「改善させたいけど何をすればよいかわからない」と頭を抱えていませんか?

会社の人間関係にストレスを感じながら仕事に向かうのはつらいですよね。人間関係のもつれはストレスが溜まるだけでなく、仕事に集中できずに重大なミスにつながる場合もあります。

この記事では会社の人間関係が悪化する原因と改善方法を解説します。人間関係の悩みを感じながらも、前を向きたいと思う方に有益な内容です。是非最後までお読みください。

(アイキャッチ画像出典:https://pixabay.com/ja/photos/ミーティング-職場-チーム-5395615/)

会社の人間関係を改善させたい人は多い

出典:https://pixabay.com/ja/photos/ハンドシェーク-協力-3298455/

会社の人間関係に悩む方はあなただけではありません。それはデータからも明らかです。以下に示す厚生労働省の調査では「職場の人間関係」が離職理由の第4位となっています。

順位 離職理由 割合
1位 賃金が不満 44.3%
2位 仕事上のストレスが大きい 37.4%
3位 会社の経営理念・社風が合わない 25.3%
4位 職場の人間関係がつらい(職場でのいじめ、セクハラ・パワハラを含む) 24.4%
5位 自分のキャリアアップのため 22.2%
6位 仕事がおもしろくない 21.6%
7位 会社や自分のキャリアに将来性がない 21.0%
8位 労働時間が長い 18.9%
9位 肉体的・精神的に健康を損ねたため 17.3%
10位 結婚・出産・育児・介護のため 15.8%

(出典:https://www.mhlw.go.jp/chushoukigyou_kaizen/investigation/report.pdf)

職場の人間関係が悪い状態を放置し、大きくこじれると会社に行くことすら嫌になります。さらに人間関係の悩みが積み重なれば、会社を辞めたくなる人もいるでしょう。

会社の人間関係の改善を求めるなら、まずは人間関係が悪い原因を知ることです。その上で改善に向けた行動を起こす必要があります。

原因がわからない状態で闇雲に頑張っても、空回りになることもあるでしょう。次項から会社の人間関係が悪化する原因をご紹介します。

会社の人間関係が悪化する5つの原因

出典:https://pixabay.com/ja/photos/悲しい-動揺-うつ-不幸-4207079/

会社の人間関係が悪化する原因は様々です。以下に代表的な5つをご紹介します。ご自分にも当てはまるかどうか思い返してみましょう。

会社の人間関係が悪化する5つの原因
  • コミュニケーション不足
  • 仕事が忙しい
  • 仕事を押し付けてくる上司や同僚がいる
  • セクハラやパワハラまがいのことをされている
  • 価値観が合わない

コミュニケーション不足

コミュニケーション不足は人間関係が悪化する原因になります。普段からほとんど話さない。挨拶もあまりしない。そのような職場では雰囲気が悪くなるでしょう。

またコミュニケーションが不足すると意思疎通にズレが生じ、重大なミスを招くこともあります。

コミュニケーションとは会話のみを指すわけではありません。話す相手と目線を合わせる、相手の変化に気づいて声をかける、相手の発言に耳を傾けるなどの受容的な態度が大事です。

コミュニケーションが十分取れている会社では人間関係が円滑になりやすく、不足する会社ではギクシャクしやすいでしょう。

仕事が忙しい

仕事が忙しすぎることも人間関係を悪化させる原因になります。忙しいと自分のことで精一杯になり、相手を気にかける余裕がなくなります。

気持ちに余裕がなくなると態度に表れます。忙しさから優しく丁寧に接することができなくなると、周囲から「きつい人」「いつもイライラしている」と思われトラブルになりかねません。

それでは良好な人間関係を築くのは難しいでしょう。業務量や仕事内容がキャパオーバーになっているなら、心身が疲弊する前に対処が必要です。

仕事を押し付けてくる上司や同僚がいる

業務に慣れてくると少しでも楽をしたいと考えるのが人の常です。あなたは面倒な仕事や、自分がやるべきではない仕事を押し付けられた経験はありませんか?

相手の迷惑を省みず仕事を押し付けられる人は、自分さえ良ければ良いと考えている人です。それだけ自己中心的な人と良好な関係を築くのは難しいでしょう。

相手の立場に立って考えられない人は、コミュニケーションも上手く取れない場合があります。そんな上司や同僚に精神をすり減らされないように注意しましょう。

最低限のコミュニケーションは取りつつ、ある程度距離を取って接する意識が必要です。

セクハラやパワハラまがいのことをされている

ハラスメントが厳しくなった現在でも、未だにセクハラやパワハラは存在します。ハラスメントが横行する職場で人間関係を良好に保つことは困難でしょう。

だれしも不快な行為や言動をする人と、一緒に働くのは避けたいものです。セクハラ、パワハラは故意にしている場合もあれば、無意識に行われる場合もあります。

無意識に行われている場合は当人に自覚がないため防止は難しく、繰り返されることもあります。もしもあなたがセクハラ、パワハラの被害を受けているなら、転職も視野に入れたほうがよいでしょう。

価値観が合わない

価値観が合わない人が多いことも人間関係を悪化させる原因になります。とはいえともに働く上司や同僚は、会社の利益を上げるために集められた人々です。

会社の人間関係は仲が良いから集まる友人とは違います。そのため、価値観の合わない人とも良好な関係を築けなければなりません。

どんな会社でも価値観の違いに悩むことはあるでしょう。そんなときは自分とは違う価値観を受け入れる余裕が必要です。

以上が会社の人間関係を悪化させる原因です。次項からは会社の人間関係を改善させる5つの方法を解説します。

会社の人間関係を改善させる5つの方法
  • 意識的にあいさつをする
  • 笑顔を増やす
  • 報連相を徹底する
  • ネガティブ発言をひかえる
  • 相手を気にしすぎない

会社の人間関係を改善させる方法①意識的にあいさつをする

出典:https://pixabay.com/ja/illustrations/明日-おはようございます-795377/

人間関係を改善させる上であいさつは重要です。気持ちの良いあいさつは良好な関係を保ちやすくします。あいさつをされて嫌な気分になる人はいません。自分から意識して実践しましょう。

とはいえ親しい人とは挨拶できても、親しくない人や苦手な人にはあいさつしにくいものです。しかし、人間関係を円滑にするためには苦手な人とも関わらなければなりません。

苦手な人でもあいさつすることで、良い関係が築きやすくなります。またあいさつされた側は「相手に気にかけてもらっている」「存在を認めてもらっている」と思えるでしょう。

特に上司や先輩から後輩へのあいさつは、モチベーションを上げる大事な要素の一つです。だれにでもあいさつが自然とできるように習慣にしましょう。

会社の人間関係を改善させる方法②笑顔を増やす

出典:https://pixabay.com/ja/photos/プレートクイーン-サイン-4638368/

仕事中でも笑顔絶やさない人が多いと、職場の雰囲気がよくなります。笑顔を増やせば人間関係が円滑になりやすいでしょう。

仕事中に上司や先輩に相談する場合、忙しそうにイライラして仕事をしている人と、やるべきことをやりながらも笑顔で仕事する人のどちらと話したいですか?

私なら迷わず後者の笑顔の人に相談します。日々の業務に追われながらも笑顔で仕事できる人は、それだけで素敵に見えます。

無意識に笑顔を作るのが難しい人は、はじめは意識的でもよいです。意識して笑顔を作るうちに、自然な笑顔ができるようになるでしょう。

会社の人間関係を改善させる方法③報連相を徹底する

出典:https://pixabay.com/ja/photos/学生-タイピング-キーボード-849826/

報連相(報告・連絡・相談)は仕事の基本です。会社で良好な人間関係を築くためにも報連相の徹底は重要になります。

報連相が適切でない職場ではコミュニケーションが不足し、思わぬミスやトラブルに発展することもあるでしょう。

また職場内のトラブルだけでなく、クライアントの不利益につながることもあります。クライアントからの評価が下がるのは、会社全体の損失です。

報連相を徹底する職場ならミスを未然に防いだり、自分だけでは解決できないトラブルでも、上司や同僚がカバーしやすくなります。コミュニケーションが増え人間関係が円滑になるでしょう。

会社の人間関係を改善させる方法④ネガティブ発言をひかえる

出典:https://pixabay.com/ja/photos/会社-ボス-女性-オフィス-5064997/

職場の人間関係を改善させたいならネガティブな発言はひかえることが大事です。

あなたの職場に「もう嫌だ」「疲れた」「あのお客さんはおかしい」などと、ネガティブな発言を繰り返す人はいませんか?そのような発言は職場全体の雰囲気を悪化させます。

雰囲気の悪い職場で人間関係の改善は難しいでしょう。文句や人の悪口を言わないだけで職場の雰囲気が良くなり、働きやすい職場になっていきます。

どうしても愚痴を吐きたくなったら、家族や職場以外の友人など限られた人にしましょう。会社以外でネガティブな発言をしても、職場の人間関係に影響しません。適度にガス抜きは必要です。

会社の人間関係を改善させる方法⑤相手を気にしすぎない

出典:https://pixabay.com/ja/photos/受付係-電話の呼び出し-ホテル-5975962/

相手にどう思われているか気にしすぎると、コミュニケーションが取りづらくなります。相手が何をされて嬉しいか、どうすれば印象が悪くなるか想像はできても確証は得られません。

「悪い印象を持たれたくない」「不快に思われたらどうしよう」と心配になる気持ちも理解できます。しかし、それが原因でコミュニケーションが不足しては元も子もありません。

自分の行動が相手にどんな印象を与えるかは、判断しにくいでしょう。判断しにくいことに悩むよりも、積極的に話しかけコミュニケーションを図ることが、人間関係を円滑にするコツです。

会社の人間関係が改善しないときには割り切ることも大事

出典:https://pixabay.com/ja/photos/タイピング-コンピューター-男-849806/

自分なりに人間関係を改善させるための努力をしても、どうにもならない場合もあります。そんなときは仕事だからと割り切ることも大事です。

前述のように職場は仲の良い友人を作る場ではありません。人間関係が良い方が働きやすい面はありますが、合わない人との関わりを0にするのは難しいでしょう。

それなら仕事として割り切る気持ちを持ちましょう。他人は変えられなくても自分は変えられます。不快感を与えない程度にコミュニケーションをとりつつ、自分の業務に集中する姿勢も必要です。

会社の人間関係が改善しないなら転職も選択の一つ

出典:https://pixabay.com/ja/photos/チームワーク-協力-3213924/

良好な人間関係を築くために自分なりにできる行動をした。改善されないところは仕事だからと割り切ってもいる。それでも会社の人間関係の悩みが消えない場合は転職も選択の一つです。

会社に入ってから人間関係を変えるのは難しいでしょう。転職ならそれまでの人間関係をガラッと変えることも可能です。

とはいえ自分で会社の雰囲気を探るのは難しいのも事実です。そのため転職のプロに相談すると良いでしょう。

リクルートエージェントならあなたの条件にあった転職先を紹介し、徹底したサポートが受けられます。まずは公式サイトをチェックしてみましょう。

リクルートエージェント

まとめ 良好な人間関係は自己分析から

出典:https://pixabay.com/ja/photos/仕事-レディ-女性-若い女性-3560916/

会社の人間関係が悪化する原因と改善方法を解説しました。良好な人間関係を築くには原因の把握と、改善に向けた行動をとることが大事です。

それは自己の分析につながるため、引き続き今の会社で働く場合でも転職する場合でも重要な視点です。自己が理解できていない人に、クライアントを満足させることは難しいでしょう。

自己分析した結果、今の会社で働くモチベーションが上がればそれで良いでしょう。他の会社も経験してみたい方は転職がおすすめです。どうぞ公式サイトへお進みください。

リクルートエージェント