研修

Wi-Fiルーター選びの悩み解決!おすすめの選び方とは?

「Wi-Fiルーターを家で使いたい買い替えたい」「自宅で使うのであれば快適に使えるものが欲しい」しかしおすすめはどれなのか?どの位の予算がかかるのか?わからない事ばかりで大変ですよね。

そんな人におすすめの製品や自宅の環境にあったWi-Fiルーター選び、おすすめのWi-Fi規格などをご紹介していきたいと思います。

あなたにとっては「こんな情報では足らない」と思うかもしれませんが、あなたに合ったWi-Fiルーター選びの悩み解決にお役に立てれば幸いです。最後まで読んで頂きたいです。(アイキャッチ画像出展元:https://www.pexels.com/ja-jp/photo/4792712/)

目次
  1. Wi-Fiルーターにおすすめ「引っ越し機能」
  2. Wi-Fiルーター中継器のおすすめ人気メーカー
  3. Wi-Fiルーター中継器のおすすめモデル
  4. 自宅のWi-Fiが遅い原因とは?おすすめの解決法
  5. 最新規格「Wi-Fi6」がおすすめ
  6. 一戸建てにおすすめ、高速Wi-Fiルーター
  7. マンションにおすすめ、高速Wi-Fiルーター
  8. 一人暮らしにおすすめWi-Fiルーター
  9. Wi-Fiルーターの寿命と買い替えの時期とは?
  10. Wi-Fiルーター選び方 まとめ

Wi-Fiルーターにおすすめ「引っ越し機能」

出典元:https://www.pexels.com/ja-jp/photo/wi-fi-374110/

Wi-Fiルーターは24時間365日働き続けています。ネットワークの調子が悪い、前回より遅くなった、再起動しないと繋がらないなどの不調が続いたら買い替えがおすすめです。

引っ越し機能があるものを選びます。引っ越し機能があると次のWi-Fiルーターの買い替えの時に便利です。WPSを利用して無線の設定情報を引継ぐ機能がありデバイス側の設定も不要なのでおすすめです。

WPSはケイブル不要という大きなメリットがある一方で通信に使われている電波は傍受されると通信内容が外部に漏れてしまいます。そこでWi-Fiでは通信を暗号化して盗聴を防いでいます。

暗号化をする為に「鍵」となるのがパスワード設定です。スマホなどでWi-Fiを利用して接続する際、設定したパスワードを入力する。これがWi-Fi接続を難しくしている。そこで登場したのがWPSです。

WPS (Wi-Fi Protected Setup) このWPSに対応している機種同士の接続であればアクセスポイントのボタンを押す、または4桁、8桁の数字を入力するだけでパスワード入力なしでWi-Fiに接続できます。

Wi-Fiルーター中継器のおすすめ人気メーカー

Wi-Fiの電波が弱い時や部屋に電波が届きにくい時に使用すると便利な中継器は手軽にWi-Fi電波を補強できる便利なものです。ここではwi-Fi中継器のおすすめ人気メーカーをご紹介します。

Wi-Fi中継器のおすすめ人気メーカー
  • BUFFALO(バッファロー)
  • NEC(エヌイーシー)
  • ELECOM(エレコム)
  • TP-Link(ティーピーリンク)

BUFFALO(バッファロー)

バッファローは1975年に創業、パソコン周辺機器の開発、販売、製造をしている会社です。ボタン一つで無線接続可能なAOSSシステムを開発、Wi-Fiルーターを数多く取り扱っている事も有名です。

Wi-Fiルーターと一緒にバッファローの製品を使用すれば相性や使い勝手の違いを気にせずに使うことができます。

NEC(エヌイーシー)

NECは1899年に創立した電機メーカーで創業者の岩垂邦彦はゼネラル・エレクトリック社前身のひとつである、エジソン・マシン・ワークスでエジソンと一緒に働いていた数少ない日本人として有名です。

Wi-Fi中継器だけでなくWi-FiルーターやLTE対応ルーターなどの通信機器も数多く取り扱っているので安心して利用できるおすすめメーカーです。

ELLCOM(エレコム)

ELLCOM、こちらもパソコンやデジタル周辺機器の開発や製造、販売などをしている会社でWi-FiルーターやWi-Fiルーター中継器をはじめとするネットワーク製品の開発に力を入れている会社です。

Wi-Fiルーター中継器はコスパに優れているリーズナブルなモデルから高性能なモデルまで幅広く取り扱っています。快適なネットワーク環境の構築にきっと役立ってくれることでしょう。

TP-Link(ティーピーリンク)

TP-Linkは個人、法人向けまで幅広くネットワーク機器を取り扱っかている。製品に関しては低価格、高性能でコスパに優れた製品が多く、Wi-FiルーターだけでなくWi-Fi中継器が豊富なのも魅力です。

Wi-Fiルーター中継器のおすすめモデル

複雑な設定は必要なくコンセントに差し込むだけで簡単に使用できるのがWi-Fi中継器の魅力です。低価格な製品も多いので電波が弱くて悩んでいる人におすすめのモデルをご紹介します。

Wi-Fi5対応のWi-Fi中継器、通信帝域は5GHzと帯と2.4GHz帯に対応、接続端末を狙って電波を正確に飛ばしてくれるビームフォーミング機能にも対応、また有線機器を無線化できるのもポイントです。

部屋の隅々まで高速で安定した通信ができる。

11acにも対応、通信帝域のデュアルバンドで複数の機器も高速、安定した通信が可能です。ビームフォーミングで中継エリアを拡大、中継をさらに速く通信機器を狙って電波を届けるので安定した高速通信ができます。

プラグの位置に配慮した設計なので、コンセントを直挿しても上のポートを塞がないのでスッキリと設置が可能でGiga対応の有線ポートを搭載しているのでテレビなどの有線機器を高速無線化できます。

専用アプリStationRadarを使ってみよう。

バッファローが提供している専用アプリStationRadar(ステーションレーダー)をスマホでダウンロードすると「Wi-Fiリモコン」が使えるようになります。これは中継機の管理をするアプリです。

ネットワーク内のバッファロー製無線LAN親機や中継機を検出して状態を確認が可能で中継機の設定画面を表示する事ができます。ネット脅威ブロッカープレミアム、ベーシックに対応した機器も設定できます。

StationRadar(ステーションレーダー)の対応OSの最新情報はApp Store又はGoogle Playを参照してください。

通信帝域2.4GHz帯に対応、WSPボタン押すだけで接続可能で最大300Mbps通信速度を実現する。2台まで接続可能なので、もう1台購入すればさらに遠くまで電波を届ける事がでます。

高いセキュリティ機能でデータ流失を防ぐ

セキュリティ規格「WPA2-PSK」に対応しているので回線乗っ取りやデータ流失を防ぎ、スマホやタブレットをあらゆる脅威から守る事ができるので安心して無線LANを使うことができます。

Android版セキュリティソフト「イカロスモバイル,セキュリティアプリ」も利用可能で90日間無料でシリアルキーを提供、最大3台まで登録が可能です。Android OSをあらゆるウイルスから守ります。

他社製品のルーターと組み合わせて使える。

親機の接続時SSIDとパスワードを中継機に設定すれば他社の製品でも使うことができます。基本的に親機と中継器は別なので他社の製品でも接続が可能です。

自宅のWi-Fiが遅い原因とは?おすすめの解決法

出典元:https://www.pexels.com/ja-jp/photo/6953560/

ネットが繋がりにくい、遅い原因はWi-Fiルーターと端末の距離が離れている、壁や天井などの障害物が影響している。この状態では電波が届きにくいのでWi-Fiルーターの設置場所を見直すと改善されます。

新しい通信手段「Ipv6」で接続するという裏ワザもおすすめ。ネットユーザーが同時接続して混み合う時間帯に「Ipv6」という接続方法で混雑を迂回することでネットでの速度改善に期待できます。

Ipv6(アイピーブイロク)とはインターネットプロトコルバージョン6の略で約380潤個(潤は10の36乗)のアドレスを保有しています。Ipv4のアドレスは43億個も保有しています。

「Ipv6」を利用するにはプロバイダーや通信業者での申し込みが必要だが一度申し込みをすれば無料で利用できることもあるので一度試してはいかでしょうか。

Ipv6の申し込みはフレッツのフレッツ・V6オプション基本契約「次世代ネットワークを活用した通信サービス」は月額料金が無料なのでおすすめです。

最新規格「Wi-Fi6」がおすすめ

出典元:https://www.pexels.com/ja-jp/photo/5553076/

使用するW-iFiの規格によっては使い心地に影響があると言う事を認識している人は少ないと思います。ここでは「Wi-Fi6とは何か?なぜおすすめなのか?快適にネットにつなげたい」を解説していきます。

おすすめ通信規格とアンテナの形状や本数もポイント
  • 今、選ぶならWi-Fi6がおすすめ
  • つながりやすさはアンテナの形状や本数もポイント

今、選ぶならWi-Fi6がおすすめ

Wi-Fi6とは最新規格のこと。規格を決めているのはアメリカのアイ・トリプル・イーと言う学会で決めている。日本では米国,電気,電子,学会と呼ばれWiFi6の正式名は「IEEE 802,11aX]です。

Wi-Fi6を使用する事で高速通信が可能でWi-Fi5と比較すると約1.4倍も高速になます。その為8Kや4Kなどの高画質な映像を閲覧、複数台に端末に接続しても速度が落ちません。

Wi-Fi6では通信帝域をわける事により、通信の順番待ちをする必要性がなく複数の端末を接続しても回線が安定、Wi-Fi6にはTWTと言う技術が使われています。

TWTとは、通信の必要性がない時に端末の通信機能をスリーブ状態にして「消費電力を抑える技術でバッテリーを長持ちさせる効果がある」このように快適にネットが使用できるのでWi-Fi6がおすすめです。

つながりやすさはアンテナの形状や本数もポイント

Wi-Fiルーターのアンテナは外付けタイプと内蔵タイプがあり、電波はアンテナから円状に広がりアンテナを倒す事で上下方向、狙った方向に電波を飛ばす事が出来ます。

内蔵タイプはアンテナがない分サイズが小さく、置き方が選べるので設置場所に困りません。設置場所から距離がある場所に届かせたい場合は外部アンテナを利用するのが有効です。

WI-Fiの送受信はアンテナで行われる為、本数が多いほど高速通信が可能」より安定した高速通信を求めるのならアンテナが4本以上ある商品を選ぶようにしましょう。

商品パッケージにはアンテナ数が「ストリーム数」として4×4と表示されている場合この場合は、送受信用のアンテナが4本以上あることを指すので4×4と表示されているものを選ぶようにしましょう。

一戸建てにおすすめ、高速Wi-Fiルーター

「一戸建てをまるまるカバーできる」通信範囲が魅力なwi-Fiルーターつながりやすくて快適に使うことができるWi-Fiルーターを2つご紹介します。

OFDMA機能を備えているので多くのデバイスを接続してもスムーズに通信可能。バンドステアリングLite機能を搭載。デバイスとの電波強度に応じて周波数を切り替えるので部屋数の多い一戸建てにおすすめです。

死角のない内蔵アンテナ設計

5GHz4本、2.4GHz2本のハイパワーアンテナを内蔵で電波の死角をなくします。たくさん繋いでも速度が落ちにくいので複数の端末に同時通信を可能にする「MU-MIMO」に対応、快適な通信が可能です。

スマホを最大2台で同時接続する時の注意点
  • 端末の側も対応している必要がある。
  • 端末によって同時通信の最大接続数は異となる場合がある。

大容量、多台数、通信に強い

動画再生に強い5GHz帯が更に高速化でき高画質な動画配信サービスなど大きなデータを扱うコンテンツにも好きな場所、好きな時に楽しむことができます。

従来の規格では各端末に対して通信する為の順番待ち時間が必要でしたがWi-Fi6からの新機能OFDMAではたくさんの台数の端末に同時に通信できるようになり利用者が待つ事がなくなりました。

電波強度に応じて5GHzと2.4GHzを自動で切り替え、離れた場所でも接続が安定しているので、こちらも部屋数の多い家でも快適に使うことができます。

また、5GHz帝、8×8高性能アンテナを内蔵したWi-Fiルーターなので多くの機器に接続したいと言う人にもおすすめです。

次世代規格Wi-Fi6の8×4Wi-Fiルーター

次世代規格Wi-Fi6対応のWX6000HPは従来規格のWi-Fi5、5GHz帯、4ストリーム機の約4.1倍となり最大4804Mbpsの5GHz帯通信を実現,最大1147Mbpsの通信性能です。

Wi-Fi6通信には、接続する端末もWi-Fi6に対応している必要があります。デバイスがWiFi6で無い場合は接続端末のWi-Fi規格での接続になってしまいます。

360度電波が届くワイドレンジアンテナ

立体的で三方向にまんべんなく電波を放射する独自のワイドレンジアンテナを採用しています。360度、電波が届き安定した通信が可能です。外部にアンテナが出ていないのでお部屋の雰囲気を邪魔しません。

ワイドレンジアンテナ

アンテナ単位で3直交または2直交のため「多重偏波」となるので子機の角度を問わずしっかりと届きます。

マンションにおすすめ、高速Wi-Fiルーター

「部屋数の多いマンションの環境にも好適でつながりやすさを実感できる」高速通信にこだわらない人や色々な部屋で使いたい人におすすめしたいモデルを選んでみました。参考にしてみてください。

基本性能が充実した製品です。ビームフォーミング機能を備えているので、多くの部屋で快適にネットを使うことができます。Wi-Fi5の通信速度があれば十分と考えている人にもおすすめです。

たくさんつないでも速度が落ちない。

複数の端末に同時通信を可能にする「MU-MIMO」に対応しています。最大4台の端末に同時通信ができ快適な通信が可能です。但しスマホなどの端末もMU-MIMOに対応している必要があります。

4本のアンテナを効率的に配置しているので縦でSNS、横にして動画視聴とスマホを縦、横、斜めで使っても電波が途切れにくいのでゴロゴロしてながらでも快適に使うことができます。

従来機より強力な1.35GHzの高速デュアルコアCPUを搭載しているので従来機種に比べ大幅に最大スルーブット増加、CPUの強化により基礎力がUPしています。

使っている場所にWi-Fiビームで狙い撃ち

従来の無線LAN機器では距離や障害物によって電波がロスしていた為、スルーブットが出ていませんでした。子機側の位置や距離を判別、転送速度や安定性を向上させるビームフォーミング機能に対応しています。

中継器がセットになったWi-Fiルーターです。Wi-Fi6にも対応した高速モデルで「e-Mesh」技術を採用しているので3階建てや4LDKのマンションなどフロアや仕切りの多い家におすすめです。

高速安定通信を支える3つの技術

ここではWi-Fi6による高速通信を支える3つの技術によりWi-Fi6対応で更に安定した高速通信が実現していましたのでご紹介していきたいと思います。

Wi-Fi6高速通信を支える4つの技術
  • メッシュ技術のe-Mesh搭載
  • トレンドマイクロスマートホームネットワーク機能
  • イーサーネットコンバーター

メッシュ技術のe-Mesh搭載

メッシュ技術、e-Meshが搭載されています。ルーターから遠い位置にある3階の自室でテレワークやオンライン学習をしていると通信が不安定で作業に集中できないあなたにおすすめです。

1台のe-Meshルーターに繋げることができるe-Mesh専用中継器の接続台数は2までです。3台以上接続の場合は使用環境により通信が不安定になることがあります。

トレンドマイクロスマートホームネットワーク機能

業界トップクラスのトレイドマイクロ社との協業により悪質なウェブサイトブロック機能に加えC&Cサーバー経由の情報漏洩、ハッキングなどを防止します。

有害が疑われるサイトへのアクセスを簡単に制限していくので子どもの有害サイトの閲覧を防止して子どもの安全を守ります。あらかじめ用意された6種類のプリセットから選ぶだけで簡単に設定できます。

本機能はルーターモードのみで動作します。また悪意のある攻撃に対して絶対的に効果を発揮するものではないので「トレイドマイクロの使用規約」をよく確認してからの利用をおすすめします。

イーサーネットコンバーター

Wi-Fi6を搭載していないテレビやレコーダーゲーム機などe-Mesh専用中継器にLANケーブルで有線接続することで最大2台までをWi-Fi6で通信させることができます。

パソコンに接続した場合、安定した通信でのテレワークやオンライン学習はもちろん、付属のケーブルでテレビに接続すれば4K動画の視聴に最適です。

家中のスマート家電と快適につながる。

DXアンテナのノウハウにより配置や向きにこだわってアンテナ設計したことで死角のない全方向に対して感度の良い快適な通信を実現したことで家中散らばっていたスマート家電など快適に繋げる事ができます。

一人暮らしにおすすめWi-Fiルーター

出典元:https://www.pexels.com/ja-jp/photo/7620569

誰でも、安くて快適に使うことができるWi-Fiルーター欲しいですよね。特に一人暮らしだとお財布に優しい方がいいですよね。そんな人におすすめなルーターを2つ探してみたのでご紹介します。

created by Rinker
NEC
¥4,300
(2022/05/18 07:54:11時点 Amazon調べ-詳細)

安い価格Wi-Fiルーターを設置したい人におすすめWi-Fi5に対応しているので最大867Mbpsの高速通信ができます。Wi-Fi設置引っ越し機能を搭載、一人暮らしで引っ越しが多い人にもおすすめです。

買い替え前のルーターから端末の設定情報をお引越し

WPSを使った簡単な操作で買い替えの前のルーターから設定情報を引き継ぐ事ができるWi-Fi設定引越しを搭載しています。面倒なWi-Fi端の設定を一つ一つやり直す必要がありません。

無線LANを利用している場合、無線LANを交換したら同時にスマホやゲーム機などの設定もやり直さなければいけません。ボタン操作で簡単に既存の設定に引き継ぐ事ができるのでを省くことができます。

低価格の海外メーカーとも競合

価格的にはバファローの「WCR-1166DS」が一番安いですがこの製品は有線が100Mbpsなのでどちらかと言うと「Aterm WF1200CR」との競合となります。

有線LANがギガビットに対応した「Aterm WG1200CR」のライバルはどちらかというと、もうワンランク上のクラスになるでしょう。

ということで、こうした機能面や価格面からピックアップしたライバルがTP-Linkの「Archer C1200」ということなります。

こちらは接続の安定性が高いルーターでMU-MIMOに対応、複数のデバイスに接続してもストレスなく使用できる。自宅の中で移動しながら使用しても安定した通信が維持ができるので一人暮らしにピッタリです。

大容量を短時間で転送する高速規格

高速規格「11ac」は1GBを超えるHD動画、音楽のダウンロードや再生、同時作業などがWi-Fiでもスムーズにできます。11n/gの初期設定は144Mbpsで11n/aの理論上は300Mbpsです。

大容量データを高速で取り込みるGigaポート

全ポートが「Giga」だから転送速度に十分な余裕があり光インターネットのスピードを存分に活用できます。光ファイバーなどの自宅インターネットに繋ぐことでモバイル回線「Giga」を減らさずに済みます。

Wi-Fiルーターの寿命と買い替えの時期とは?

出典元:https://www.pexels.com/ja-jp/photo/9794713/

基本的にWi-Fiルーターの「寿命は3年~4年、故障がなければそのまま使う事が可能」パソコンなどのデバイスの性能は毎年向上しています。最新型の端末を購入しても規格が合わなければ意味がないのです。

やはりデバイスの性能に見合った速度を発揮させるには、最新型の端末にルーターが対応しているか確認するようにしましょう。通信速度や接続に不満を感じるようになったら買い替えを検討しても良いでしょう。

Wi-Fiルーターを購入する時は自宅の間取りや接続するデバイスの数など事前に確認する必要があり、よく確認しないで購入するとうまく接続できない、期待通りの通信速度がでないなどの問題が出てきます。

Wi-Fiルーター選び方 まとめ

出典元:https://www.pexels.com/ja-jp/photo/6589076/

ご紹介した製品はリーズナブルな価格の製品も多ので電波が弱くて悩んでいるあなたは本記事の内容も参考にしながら快適なネット環境を構築しましょう。Wi-Fiルーターは調べれば調べるほどたくさんあります。

あなたの使い方や自宅の環境に合った製品を使う事が大事です。製品に不具合が発生した場合は早めの交換をおすすめします。この記事で紹介していない製品もまだありますのでよく調べて購入を検討してみてください。