研修

【初心者厳禁】不動産投資のしくみと魅力とは?を解説中

みなさんは一度、「不動産投資」というを聞いたことありますよね?でも、「不動産投資とは?」と聞かれても、うまく言えないし、どういう仕組みかもわからない……

でも、不動産投資をして不労所得を得て、生活資金に余裕を持たせたい…

大丈夫!!この記事では「不動産投資のしくみとメリットとデメリット」について解説していきたいと思いますので、最後まで読んであなたの投資生活にお役立ててほしいです。

出典:https://www.photo-ac.com/main/search?q=%E4%B8%8D%E5%8B%95%E7%94%A3&sl=ja&qt=&qid=&creator=&ngcreator=&nq=&srt=dlrank&orientation=all&sizesec=all&color=all&model_count=-1&mdlrlrsec=all&pp=70&p=1&pt=B

不動産投資とは?

不動産投資とは、利益をもらう目的でマンションやアパート、建物などに投資をすることです、つまり、不動産を購入して、ほかの人に不動産を貸すことで、「家賃収入」を得ることができます。

実は「不動産投資」では、不動産の購入・売却は不動産投資をしている本人が行い、そのほかの経営のことは管理会社に任せるのが一般的です。

だから物件を購入し、物件が空室にならない限り安定した家賃収入が得ることができるので、老後資金やローン返済に使ったり、旅行費、資産運用として使ってたりしてもいいでしょう。

万が一、本業での給与が下がった場合にも、副業の不動産収入があれば生活費の助けになるでしょう。

不動産投資のしくみとは?

出典元:https://www.photo-ac.com/main/search?q=%E5%AE%B6%E8%B3%83%E5%8F%8E%E5%85%A5&sl=ja&qt=&qid=&creator=&ngcreator=&nq=&srt=dlrank&orientation=all&sizesec=all&color=all&model_count=-1&mdlrlrsec=all&pp=70&p=1&pt=B

前述で「不動産投資」について軽く触れてきたので、ここでは不動産の仕組みについて解説しようと思います。

実は、「不動産投資」で利益を得る方法には2つあります。これを今から下記のほうで伝えようと思います。

家賃収入(インカムゲイン)

「家賃収入」は不動産を購入して、その不動産をほかの人に貸すことで、収入を得ることができます。

「家賃収入」として収入をもらうことで、景気の動きに左右されることは少なく、コツコツと稼ぐことができます。

売却益(キャピタルゲイン)

売却益とは、不動産を購入したときよりも高い価格で売ることで得ることのできる利益のことです。

「バブル期」のときは、景気が良かったので、不動産の価値が上がり、高い価格で売却をして収入を多く得やすかった時期でした。

いまは、景気に左右されにくい、堅実で安定的な「家賃収入」で収入を得ることが一般的です。

不動産投資のメリット

出典元:https://www.photo-ac.com/main/search?q=%E4%B8%8D%E5%8B%95%E7%94%A3%E6%8A%95%E8%B3%87%E3%80%80%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88&sl=ja&qt=&qid=&creator=&ngcreator=&nq=&srt=dlrank&orientation=all&sizesec=all&color=all&model_count=-1&mdlrlrsec=all&pp=70&p=1&pt=B

昨今では、「家賃収入」が堅実的で安定的に収入を得ることができるよ!とお伝えしてきたのですが、ここではさらに「不動産投資のメリット」を深堀りしようと思います。

不動産投資のメリット
  • 毎月決まった「家賃収入」が得られる
  • 物価が上昇しても安心
  • 金融機関からの借入れで少額の自己資金で始められる
  • 所得税の節税ができる

毎月決まった「家賃収入」が得られる

不動産を購入し、入居者に不動産を貸しつけることで、「家賃収入」が毎月一定金額得ることができます。

継続的、長期的に収入を得られることで、老後資金のための準備や旅行資金の準備、資産運用の活用にはぴったりでしょう。

物価が上昇しても安心

「不動産投資」は「インフラに強い」と言われています。この「インフラに強い」とはつまり、物の価値が上がり続けてお金の価値が下がり続けても、もらう「家賃収入」に大きな影響はないでしょう。

金融機関からの借入れで少額の自己資金で始められる

「不動産投資」をする場合は。金融機関から資金を借入れするのが多いです。それも少ない資金でお金を増やすことができます。

条件次第で年収の7~10倍の資金を借りられ、ローンの返済は「家賃収入」でまかないますので、何年もかけてお金をためるより「効率よく・早く」資産を増やしていくことができます。

所得税の節税ができる

例えば、給与をもらっている人の場合は、不動産所得が赤字であれば、その赤字分を給与所得などの所得から差し引くことができます。

そして、税金で引かれる所得が減り、所得税や住民税で支払うお金を少なくすることができます。

不動産投資のデメリットとは?

「不動産投資」は株式やFXに比べ、安定的に収入が得られて、所得税の節税もできるいい金融商品だと思いますが、デメリット部分もあります。ここでは「不動産投資のデメリット」を解説します。

不動産投資のデメリット
  • 入居者なしリスク、お金の支払い滞納リスク
  • 設備故障、修理するリスク
  • 金利が上がるリスク

入居者なしリスク、お金の支払い滞納リスク

いくら不動産を購入したとしても、その不動産に住んでくれる人がいなかったら、「家賃収入」は入ってきません。

またこの事例はコロナ禍になって多いと思いますが、住んでくれる人がいたとしても、「実はお金が払えないんです…」となった場合も「家賃収入」を得ることができません。

設備故障、修理するリスク

不動産の設備、外壁、屋根など不動産に関する故障のことで住んでいる人が困ってしまう場合があります。そうなった場合の修理や再発防止のための定期的なメンテナンスに高額な費用がかかってしまいます。

金利が上がるリスク

たとえば、金融機関から2000万円借入れたとしても、あとで2000万円を返せばいいのかというと、そうではありません。返すときには「利息」が付きます。

当初は、利息の金利を1.5%で借入れができたとしても、実際に返すときには、金利が上がっていた!なんてこともあります。

不動産投資のタイプとは?

出典元:https://www.photo-ac.com/main/search?q=%E5%8C%BA%E5%88%86%E6%8A%95%E8%B3%87&sl=ja&qt=&qid=&creator=&ngcreator=&nq=&srt=dlrank&orientation=all&sizesec=all&color=all&model_count=-1&mdlrlrsec=all&pp=70&p=1&pt=B

不動産投資っていっても、どんな不動産のタイプに投資ができるのでしょうか?下記で解説します。

一棟投資

不動産投資での「一棟投資」とは、マンション、アパート、商業ビル、雑居ビルなどそこに住んでいる人がたくさんいたり、テナントが複数入っている建物一棟に対して投資をすることです。

「一棟投資」は、一度の投資で大きな資産を作ることができます。また、効率的に収入を得ることができます。

区分投資

1つの建物を1部屋ごとに区分けをして販売している「区分マンション」や「分譲マンション」を少額から購入できます。また、複数の地域に分散投資ができることで、リスク回避に備えることができます。

不動産投資で失敗しないためにできること

「不動産投資」をする中で迷うとしたら、実際に住んでいる人がいるのかどうかだと思います。でも、大都市部では、人口が多く、あまり悩む必要はないかと思います。

そこでお伝えしたいことがあります。実は「不動産投資」をするとき、狙うといいポイントがあります。

それは、交通の便や買い物環境が良いエリアや学校区が近い物件などは、より安定した入居者を見込むことができます。そこを意識すれば、「家賃収入」を安定してもらうことができるでしょう。

次の項目では、「不動産投資」をする上で、注意すべきことをお伝えしようと思いますので、最後まで一読お願いします。

「不動産投資」をする上で注意すべきこととは?

それは「確定申告」をすることです。確定申告とは、1年間の所得金額をまとめて所得税額を計算し、税務署に報告する手続きのことです。

給与所得をもらっているサラリーマンの場合、源泉徴収や年末調整によって、お金の調整を会社で行っていますが、給与所得と退職所得以外で所得が年間で20万円を超える場合は確定申告をしないといけません。

また、自営業者の場合、年間38万円以下の所得を得た場合に確定申告しなくていいとなります。

まとめ

出典元:https://www.photo-ac.com/main/search?q=%E4%B8%8D%E5%8B%95%E7%94%A3%E6%8A%95%E8%B3%87&sl=ja&qt=&qid=&creator=&ngcreator=&nq=&srt=dlrank&orientation=all&sizesec=all&color=all&model_count=-1&mdlrlrsec=all&pp=70&p=1&pt=B

きっとこの記事を読んでいく中で、「不動産投資」は難しくないと感じたのではないでしょうか?

また、「不動産投資」は堅実的にそして安定的に「家賃収入」を得ることができて、「インフラに強い」こともお伝えしてきました。実は「デフレ」にも強いのです。

今、新型コロナウイルスで騒いでるこの世の中ですが、さきの「狙うといいポイント」を意識すれば、安定した「家賃収入」を得ることができるでしょう。

ABOUT ME
Nao@ブラジル生まれ目指せ!フリーランス!
Naoです。 ブラジル生まれ、小中高を経て、 今、会社員として働いています。 人と接するのが好きです。 よろしくお願いします☆彡