研修

迷ってる方必見!Wi-Fiルーターのおすすめ6選と選び方

Wi-Fiルーターは、インターネットを快適に利用するために必要です。いざWi-Fiを買おうとして調べると、色んなおすすめの商品が出てくると思います。そんな時、こんなお悩みはありませんか?

女性
女性
Wi-Fiルーターの種類多すぎる…どれを選べばいいのか分からない。

Wi-Fiルーターは、使用環境や用途によって様々な種類があるので、どの商品が自分に合うのか分からないですよね。そこで、今回は厳選したおすすめの商品を6つ紹介します。

この記事では、Wi-Fiルーターを選ぶ基準や使用環境・用途に応じた解説とおすすめの商品を載せています。最後まで読むと、自分に合った商品が見つかることでしょう。

アイキャッチ画像出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/1843423?title=wifi%20%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC&searchId=3755069353

Wi-Fiルーターを購入する際の3つのポイント

出典https://pixabay.com/ja/photos/%e9%9b%bb%e7%90%83-%e6%a6%82%e5%bf%b5-%e3%82%b3%e3%83%ab%e3%82%af-%e7%a0%94%e7%a9%b6%e7%b4%80%e8%a6%81-2692247/

必要なWi-Fiルーターは、使用する環境や使用目的によって変わってきます。以下の3つのポイントをふまえた上で選びましょう。

購入する際の3つのポイント
  • 接続可能な台数
  • 通信規格
  • 利用間取り目安

接続可能な台数

まず、家でWi-Fiを使用している機器の台数を把握しましょう。Wi-Fiルーターは同時に接続できる上限台数が決まっているので、購入前に確認が必要です。

また、実際に使う台数より数に余裕があるWi-Fiルーターを選びましょう。台数に余裕があると、通信速度が遅くなりにくいです。

通信規格

Wi-Fiは「IEEE 802.11ax」という国際的な基準規格があります。周波数帯・通信速度の違いにより、通信速度は新しい順に11ax、11ac、11n、11g、11a、11bの6種類です。

現在の最新の通信規格は「11ax」です。新規格なので送受信できるデータ量が多く、電波も遠くまで届き、また転送速度が速いです。そのため高速通信な上に電波も安定していて、動画もサクサク視聴できます。

通信規格の他にも周波数というものがあり、それによっても通信速度は変わります。「2.4GHz」と「5GHz」の2種類がありますので、それぞれの特徴を説明しますね。

2.4GHzの特徴
  • 対応製品が多く、障害物があっても比較的電波が届きやすい。
  • 色々な製品で使用されている周波数のため、電波が混雑して速度が遅くなりやすい。
  • アパートやマンションだと電波の影響を受けやすい。
5GHzの特徴
  • 電波が非常につながりやすい。
  • 2.4GHzに比較すると、壁や天井などの障害物に弱い。
  • 通信距離が長くなると電波が弱くなり、通信が不安定になる。
  • 古いWi-Fi端末の場合は対応してない場合がある。

このように、周波数によっても違いが出てきます。Wi-Fiルーターを選ぶ際は、11ax製品に対応していて、そのルーターに接続したい機器が接続可能な通信規格のものを選びましょう。

利用間取り目安

購入する際には、間取りや壁などの障害物を認識してから、Wi-Fiルーターの利用間取り目安を確認しましょう。

Wi-Fiルーターを選ぶ上で一番重要なのが電波強度で、電波が強いほどより遠くの機器と安定した通信が可能です。

必要な電波強度は、使用する部屋の広さや家具や壁などの障害物によって違います。多くのメーカーでは「2階建て向け」や「3LDK向け」などの利用間取り目安が提示されています。

その利用間取り目安を見て、そのルーターの電波が家のどこまで届くのかを確認しましょう。

Wi-Fiルーターの3つの選び方

実際に商品を購入する際には、次の内容に応じて選び方が違いますので、選ぶ際の参考にしてくださいね。

Wi-Fiルーターの選び方
  • 通信速度
  • 料金の安さ
  • 使用する人数と環境

通信速度

通信速度は、Wi-Fiルーターの「アンテナ数」と「通信規格」に影響されます。また、アンテナの本数が多いほど通信速度は速くなり、より遠くまで電波が届きます。

ルーターから離れた場所や、同時に多数の機器を接続する時に通信速度を保ちたい場合は、アンテナの数を意識して選びましょう。

通信規格は、従来の「11ac」より1.4倍速い「11ax」がオススメです。離れた場所や複数の使用時でも、強力な電波で安定した通信が可能になります。

料金の安さ

Wi-Fiルーターには、5千円以下の安いものから4万円以上の高いものまで様々な種類があり、主な値段の違いは通信速度です。

使用環境や求める速度、用途に応じて予算に合うものを選びましょう。

使用する人数と環境

家の間取りや、同時に使用する人数に応じた適切なWi-Fiルーターを選びましょう。

ワンルームような狭いスペースだと、広範囲に電波を届けなくてもいいので、安いWi-Fiルーターでも大丈夫です。

それに対し、一戸建ての場合は使用する部屋の数やスペースも広いので、広範囲で電波が強いWi-Fiルーターが必要です。

Wi-Fiルーターにあるとおすすめの3つの機能

出典:https://pixabay.com/ja/vectors/%e9%80%9a%e4%bf%a1%e7%b6%b2-%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%94%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%83%bc-5594779/

Wi-Fiルーターには付いているだけで通信速度が向上したり、安定した通信ができる機能があります。

途切れずに通信ができるので、ゲーマーの方や動画をスムーズに視聴したい方は、より快適にWi-Fiを利用できます。そんな、付いていると嬉しい機能を3つ紹介します。

便利な機能3選
  • ビームフォーミング
  • MU-MIMO(マルチユーザーマイモ)
  • ワンタッチ接続

ビームフォーミング

ビームフォーミングとは、特定の機器に向けて電波を飛ばす機能です。

通常のWi-Fiルーターはあらゆる方向に電波が放たれていますが、この機能が付くと電波干渉を受けにくく、通信速度が落ちずに安定した通信ができます。

特に、離れた場所や障害物が多い場所で効果を発揮します。特別な設定は不要ですが、Wi-Fiルーターを接続する両方の機器が、この機能に対応していないと利用できません。

なお、「iPhone6」以降や一部のAndroidのスマホなどがこの機能に対応しています。

MU-MIMO(マルチユーザーマイモ)

MU-MIMO(マルチユーザーマイモ)は、複数の端末を使用する際でも通信速度が安定する機能です。

これまでは、端末1台ごとに順番に切り替えながら通信する方式でした。それに対し、MU-MIMOは通信の順番待ちが発生しないので、安定した通信や速度が保てます。

ワンタッチ接続

ワンタッチ接続とは、端末でWi-Fiルーターにタッチするだけで接続ができ、初心者におすすめの機能です。

本来であれば、端末とWi-Fiルーターを接続する際に端末側で暗号キーを入力しなければいけません。その手間が省けるのは嬉しいですよね。

【爆速】通信速度でおすすめのWi-Fiルーター

出典:https://pixabay.com/ja/illustrations/%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%88-5g-%e6%8a%80%e8%a1%93-4899254/

ここでは、電波が途切れることなくスマホや動画を観たい方に、「BUFFALO WXR-6000AX12S」というWi-Fiルーターをご紹介します。

こちらの商品は802.11ax規格で、アンテナを特定の向きに変えると端末により強力な電波を送れます。

価格 34,196円
ワイヤレス規格 IEEE 802.11 b/g/a/n/ac/ax
対応周波数 5GHz・2.4GHz
アンテナの種類 外付けタイプ
サイズ 230×163×60mm
ワンタッチ接続機能の有無 AOSS
商品の重量 約1,580g

安いおすすめのWi-Fiルーター!バッファロー AX1800

Wi-Fiルーターを選ぶ時には、やはり値段も気になりますよね。ここでは、安さ重視で最低限の機能を求める方におすすめのWi-Fiルーターを紹介します。

バッファロー AX1800(WSR-1800AX4S)は、OFDMAという機能が付いています。

この機能により、同時接続を高速化してビデオ会議や動画視聴を途切れにくくし、安定した通信が利用できます。

価格 8,800円
ワイヤレス規格 IEEE 802.11ax/ac/n/a/g/b
対応周波数 2.4GHz/5GHz
メッシュ対応 ×
搭載ポート数
サイズ 160×36.5x160mm
商品の重量 約373g

【間取り別】使用環境でおすすめのWi-Fiルーター

家の部屋の数や障害物の有無、一戸建てなのかによって必要なWi-Fルーターは違います。ここでは、以下の3つの使用環境に適した商品を紹介します。

3つの使用環境
  • 一人暮らしのワンルーム
  • 一戸建ての広い家
  • マンション

一人暮らしのワンルーム【バッファロー AX5400】

ワンルームでおすすめなのがバッファロー AX5400(WSR-5400AX6S)という商品です。

こちらの商品はシンプルなモデルで、特別便利な機能は付いていないので、Wi-Fiルーターから離れると電波は不安定になりやすいです。

ですが、ワンルームに重要なのは通信速度です。ワンルームは、壁があったり遮断物が多い間取りではなく、便利な機能は必要ないので何の問題もありません。

価格 16,280円
ワイヤレス規格 IEEE 802.11ax/ac/n/a/g/b
対応周波数 2.4GHz/5GHz
メッシュ対応 ×
搭載ポート数
サイズ 175 x 59 x 177mm
商品の重量 約650g

一戸建ての広い家【TP-LINK Deco X20】

こちらは、安くて広範囲に電波が届くものが欲しい、という方におすすめの商品です。2ユニットセットで、2台同時に接続すると最大370平米をカバーできます。白い筒状で、インテリアにもなじみやすいです。

価格 18,909円
ワイヤレス規格 IEEE 802.11ax/ac/n/a/g/b
対応周波数 2.4GHz/5GHz
メッシュ対応
搭載ポート数
サイズ 110x114x110 mm
商品の重量 585g
created by Rinker
¥17,609
(2022/05/15 22:41:17時点 楽天市場調べ-詳細)

マンション 【ゲーミングルーター TUF-AX3000】

電波が強力なので、一戸建てや三階建て等のマンションや広い場所でも、安定した通信が可能です。

通信速度が速く、ネットワークの簡単セットアップ等もできる、高性能なWi-Fiルーターです。

価格 8,580円
ワイヤレス規格 IEEE 802.11 b/g/a/n/ac/ax
ワンタッチ接続機能の有無 WPS
アンテナの種類 外付けタイプ
サイズ 265×189×177mm
対応周波数 5GHz・2.4GHz
商品の重量4 675g

ゲーマーにおすすめ!:Archer AX11000

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%e3%83%93%e3%83%87%e3%82%aa-%e3%82%b2%e3%83%bc%e3%83%a0-%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%86%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%83%88-6578106/

この商品の最大の特徴は、「アクセラレーター」という機能が付いていることです。

アクセラレーターとは、加速器・加速装置などの意味を持つ英単語で、性能を増強させる機能のことを意味します。速い速度で安定した通信ができるので、ゲーマーの方にはぴったりな商品です。

価格 52,999円
ワイヤレス規格 IEEE 802.11ax/ac/n/a/g/b
対応周波数 2.4GHz/5GHz
メッシュ対応
搭載ポート数
サイズ 240×240×60mm
商品の重量 1717g

Wi-FiルーターのNGな4つの設置場所

どんなに性能のいいWi-Fiルーターでも、置く場所によって通信速度や安定した通信ができなくなります。今から紹介する4つの場所は置くのに適していないので、置く際は気をつけましょう。

Wi-Fiルーターの4つのNGな設置場所
  • 電波を放つ電化製品の近く
  • 床に直接置く
  • 水槽などの水回りの近く
  • 部屋の隅や壁際、本棚や棚の中

電波を放つ電化製品の近く

電波を放つ電化製品は、Wi-Fiルーター以外にもあります。特に、電子レンジを温めているときは電波が繋がりにくくなります。

対処法としては、電子レンジと同じ空間でWi-Fiルーターを利用しないことや、5GHzのWi-Fiルーターを利用する事などがあげられます。

床に直接置く

Wi-Fiルーターの電波は、丸く全体的に飛んでいます。床に直接置くと、下半分の電波が床に吸収されたり、床に反射して電波が薄まり弱くなります。

ですので、Wi-Fiルーターは床から1~2mほど離した場所に設置しましょう。

水槽などの水回りの近く

Wi-Fiルーターの電波は、水に弱い性質がありますので、水が近くだと電波が弱くなります。電波の強度を保つためにも、水槽などを近くに置くのは避けましょう。

部屋の隅や壁際、本棚や棚の中

周りに障害物がある所に設置すると、電波を遮ったり床や壁に反射して弱くなります。そのため、置くときは周りに電波を遮る物がないか確認しましょう。

まとめ:Wi-Fiルーターのおすすめは人それぞれ!

 出典:https://pixabay.com/ja/vectors/%e3%83%a2%e3%83%87%e3%83%a0-%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%83%bc-wi-fi-6183189/

今回の記事では、Wi-Fiルーターを選ぶ前の確認事や選ぶ基準、おすすめの商品や置く際の注意点を紹介しました。

Wi-Fiルーターを購入する際には家の間取り通信規格同時接続可能な台数を確認しましょう。

使用する人の環境や人数、求めている通信速度や用途、安さによって必要なWi-Fiルーターは変わってきます。今回紹介した商品を参考にして、自分に合ったWi-Fiルーターを見つけてくださいね。

ABOUT ME
はな
頑張ります ^^