SIM

年間数万円節約!?超話題のmvnoとは何かを1から徹底解説!

mvnoとは一体何でしょうか?最近よく聞きますよね。だからこそ、今さら人には聞けないなんて人も多いのではないですか?

しかし、mvnoを知らないのは非常に損なのです。なぜなら、mvnoをよく知り、行動するだけで、スマホ代が年間数万円も節約できる可能性があるからです。

mvnoをよく知らない人もご安心ください。この記事ではmvnoの基本知識と、メリット/デメリットおよびおすすめのmvnoまで幅広く解説しています。

あなたもスマホ代を節約して、今よりもゆとりのある生活を送れるようにしましょう!

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/23524980#goog_rewarded

mvnoとは格安SIMを提供する事業者である

出典:https://pixabay.com/ja/photos/iphone6plus-%e5%9c%b0%e4%b8%8b%e9%89%84-538898/

mvnoとは「Mobile Virtual Network Operator」の略であり、日本語では「仮想移動体通信事業者」といいます。

mvnoは自社で回線網を持たず、ドコモなどの大手携帯電話会社から通信回線を借り受け、通信サービス料金の安い「格安SIM」を提供しています。

あなたも「格安SIM」という言葉を聞いたことあるのではないでしょうか?お金の節約には外せない固定費削減方法のひとつですよね。

mvnoがSIMを安く提供できる理由とは

出典:https://pixabay.com/ja/photos/iphone-%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b9-%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%83%ab-393080/

mvnoはなぜスマホ料金を安く提供出来るのでしょうか?その理由として以下の3つが挙げられます。

mvnoがスマホを安く提供できる理由3選
  • 大手キャリアの回線を使用している
  • 実店舗をほとんど持たない
  • キャリア専用の端末がない

大手キャリアの回線を使用している

mvnoは大手キャリア(ドコモなど)が持つ回線を一部借りて使用しているため、基地局のメンテナンスなどの費用がかかりません。

mvnoは自社回線を持たない分、私たちにスマホプランを安く提供できるのですね。

実店舗をほとんど持たない

大手キャリアでは全国各地に実店舗があるのが普通でした。しかし、そのおかげで、土地代や人件費、光熱費が多くかかっており、スマホ料金が高い原因の一つとなっていたのです。

それに比べ、mvnoは実店舗をほとんど持ちません。それによって、人件費や土地代を抑えることができ、その分スマホ料金が安くなっています。

キャリア専用の端末がない

大手キャリアはキャリア専用のスマホを開発しています。その開発には多くの開発費用が掛かり、その分スマホ料金が高くなるのです。

しかし、mvnoはキャリア専用の端末を開発していません。よって、端末の開発費が抑えられるため、スマホ料金が安くできています。

mvnoの格安SIMを使うメリット4選

mvnoの格安SIMを使うことには以下の4つのメリットがあります。メリットを理解すれば、mvnoがいかに消費者を考えてプランを提供しているかがわかるでしょう。

mvnoの格安SIMを使うメリット4選
  • 月額料金が安い
  • 自分に合ったプランを選べる
  • SIMフリー端末を使う
  • 解約料金が無料であることが多い

月額料金が安い

mvnoにすることの一番のメリットは「月額料金が安くなること」です。では、大手キャリアとmvnoではどの程度支払い料金が変わるのでしょうか?

今回は大手キャリアのソフトバンクからmvnoであるmineoに乗り換えたら、どのくらいお金が節約できるのか以下に表でまとめました。表を見比べて、どちらが自分に合っているのか考えてみてくださいね。

ソフトバンク(大手キャリア) mineo(mvno) 差額
月額料金(5GB使用できるプラン) 7,238円 1,265円 5,973円
年間料金(5GB使用できるプラン) 86,856円 15,180円 71,676円

例えば、ソフトバンクで5GBが使えるプランだと月額7,238円(メリハリ無制限プラン)です。それに比べ、mineoの5GBプランは月額1,265円なので、その差額は5,973円になります。

よって、あなたはソフトバンクからmineoに乗り換えると年間で71,676円節約することができるのです。すごい節約方法だと思いませんか?スマホ会社を乗り換えるだけですので、ぜひ試してみてください。

自分に合ったプランを選べる

ドコモなどの大手キャリアで契約しているあなた!今の契約プランに満足していますか?

10GBの契約しているのに、毎月7GBしか使っておらず、容量を損をしている人はいませんか?10GBより容量が少ないプランは6GBで容量が足りず、仕方なく10GBのプランを契約している人もいますよね。

たしかに大手キャリアのスマホプランを契約すると3GB、5GB、10GB、無制限のようにあまりプラン数が多くないキャリアが多いです。それだとあなたに適切なプランを選びにくいです。

しかし、mvnoでは1GBごとに契約プランが選べるなどあなたが毎月使う必要最低限の容量を契約できます。

いつでも乗り換えられる

SIMフリー端末とはどの会社のSIMでも使うことができる端末のことです。つまり、あなたの端末一台でスマホ会社を乗り換えることができます。

大手キャリアで購入した端末はSIMロックされた端末であることが多いです。つまり、契約したキャリアのSIMしか使えません。

また、購入から100日経過するまでSIMロックを解除できないなどのルールも存在するため、なかなか他会社に乗り換えることができなくなります。

SIMフリー端末を使うことで、いつでもスマホ会社を乗り換えることができるので、非常におすすめです。

解約料金が無料であることが多い

大手キャリアでは契約してから2年以内に解約すると違約金が発生したり、契約更新が自動であるため、更新時期を忘れ再度2年間高い月額料金を払うことになったりすることが多いです。

しかし、mvnoはいつ解約してもいいし、違約金も無料であることが多いので、いつでもスマホ会社を乗り換えることができます。

mvnoの格安SIMを使うデメリット4選

mvnoは月額料金が安いなどのメリットがたくさんありますが、その分デメリットもあります。今回はmvnoの格安SIMを使う上でのデメリットを4つご紹介します。

mvnoの格安SIMを使うデメリット4選
  • 通信速度が遅くなることがある
  • キャリアメールが使えなくなる
  • 実店舗が少なく相談しにくい
  • 格安SIMに対応している端末が限られる

通信速度が遅くなることがある

mvnoは大手キャリアの回線を一部借りて利用しています。したがって、回線の数自体は大手キャリアに比べて少なく、多くの人がスマホを使用する時間帯は通信速度が遅くなることがあります。

特に、朝の通勤時間帯、夕方の帰宅時間帯、お昼休みなどの時間は通信速度が遅くなることが多いので、時間をずらしてスマホを使用するなど工夫が必要になるかもしれません。

キャリアメールが使えなくなる

大手キャリアからmvnoへ乗り換えると、契約プランによっては今まで使用していたキャリアメールが使えなくなります。

今までキャリアメールをメインに使っていた人は無料で使えるGmailなどをメインに使用するといった対策が必要です。

実店舗が少なく相談しにくい

mvnoは人件費や土地代を抑えて私たちに安くスマホプランを提供しているため、実店舗が少ないです。

それに伴って、なにか悩みが出てきた場合にはWebのチャットや電話をしなければいけなくなります。

チャットはいつ返信があるかもわかりませんし、電話は混み合うことが予想されるため、つながりにくいでしょう。そうなるとなかなか悩みを解決することができません。

悩み相談しにくいのはちょっと困る…という人は実店舗があるmvnoを探してみるといいかもしれませんね。

格安SIMに対応している端末が限られる

SIMにはmicro SIMやnano SIMなど数種類あり、端末によって、どのSIMカードを使っているかが違ってきます。

mvnoはまだ大きい会社ではなく、全てのSIMに対応していない可能性があります。乗り換える際はあなたのスマホが契約予定のSIMに対応しているかを確認すべきです。

mvnoの選び方6選

mvnoにメリット/デメリットがあることはわかりました。では、どのようにしてあなたに適したmvnoを選べばよいのでしょうか?mvnoを選ぶ際に抑えるべきポイントを6つご紹介します。

あなたがmvnoを選ぶ際に抑えるべきポイント6選
  • 適切なプランが選べるか
  • 通信速度が遅くないか
  • 月額料金が安いか
  • あなたの端末が対応しているか
  • キャンペーンを確認
  • サポート体制が充実しているか

適切なプランが選べるか

まずはあなたが毎月使用しているデータ容量とmvnoの契約プランを見比べて、適切なプランがあるかを探しましょう。

あなたが毎月10GB使っているのに選んだプランが15GBプランだと5GBも損したことになりますよね。そうならないためにも、あなたに合う適切なプランを選ぶことが重要です。

また、音声通話をしない場合は音声通話のないプランを選んだり、余ったデータ容量を翌月に繰り越せるなどのサービスの充実さでプランを選んだりするとよいでしょう。

通信速度が遅くないか

通信速度が遅すぎると動画が止まったり、調べ事ができなかったりして非常にストレスが溜まりますよね。

mvnoのホームページに通信速度情報を掲載しているところもありますし、事前にSIMカードをレンタルしている会社もあるので、試しに使ってみてから契約するのもよいのではないでしょうか。

月額料金が安いか

あなたの支払う分は少なければ少ないだけいいですよね。その分お金が多く貯まります。もし、非常に安くてもあなたの条件に合う会社が見つかれば、そこを選ぶに越したことはないです。

あなたに適切なプランがあるmvnoを数社選んでおき、その中で料金が一番安いmvnoを選びましょう。

あなたの端末が対応しているか

さっきもお話しした通り、mvnoにはまだ大きな会社が多くはありません。そのため、全てのSIMに対応しているとは限りません。

せっかく契約したmvnoのSIMがあなたの端末に対応していなかったら悲しいですよね。契約する前にまずあなたの端末がSIMに対応しているか確認するようにしましょうね。

キャンペーンを確認

mvnoの中にはキャンペーンを実施している会社が多く、ただでさえ安いmvnoの格安SIMがキャンペーン次第ではさらに安くなることがあります。

キャンペーンで多いのが家族割や学割などでしょう。mvnoによって実施しているキャンペーンが違うのでホームページを確認してみてくださいね。

サポート体制が充実しているか

サポート体制は充実していた方がいいです。契約したmvnoはチャット上だけで相談を受け付けているのか、電話対応もしているのか、実店舗があるのかmvnoによって様々です。

一度mvnoのホームページを確認し、あなたに合ったmvnoを探してみてください。

mvnoでおすすめの格安SIMとは①:IIJmio

ここからはmvnoでおすすめの会社をご紹介していきます。なお、これから紹介するmvnoそれぞれについてSIMの種類とデータ容量プランの料金を表に記載しているので、SIM購入の参考にしてください!

まずは「IIJmio(アイアイジェイミオ)」です。IIJmioは契約期間がなく、解約料もありません。

余ったデータ容量は翌月に繰り越すことができますし、家族で契約するとデータ容量をシェアすることも可能となります。

また、回線についてはドコモとauを選ぶことができるため、地域によって通信速度が速い回線を選ぶことができるのも強みの一つですね。

2GBプラン 4GBプラン 8GBプラン 15GBプラン 20GBプラン
音声通話付きSIM 850円 990円 1500円 1800円 2000円
SMS付SIM 820円 970円 1470円 1780円 1980円
データ容量のみ 740円 900円 1400円 1730円 1950円
eSIM 440円 660円 1100円 1430円 1650円

【IIJmioの公式サイトはこちら】

mvnoでおすすめの格安SIMとは②:BIGLOBE

続いては「BIGLOBE(ビッグローブ)」です。BIGLOBEでは無料でBIGLOBE専用のメールを使用できたり、端末が壊れた場合に無料で交換機を届けてくれたりします。

また、月額料金+250円で全国にあるBIGLOBEのWifiを使用できるなどサービスが充実しているのもいいポイントですね。

さらに、エンタメフリーオプション(月額+308円※)をつけるとデータ容量をつかわずにYouTubeなどのエンタメを見ることができます。

※音声通話SIMの場合の追加料金。データ容量のみのSIMの場合は1,078円(税込)である。

1GBプラン 3GBプラン 6GBプラン 12GBプラン 20GBプラン 30GBプラン
音声通話付きSIM 1078円 1320円 1870円 なし なし なし
SMS付SIM なし 1122円 1727円 3102円 5082円 7557円
データ容量のみ なし 990円 1595円 2970円 4950円 7425円

【BIGLOBEの公式サイトはこちら】

mvnoでおすすめの格安SIMとは③:エキサイトモバイル

次に「エキサイトモバイル」です。ここはFitプランとFlatプランがあり、Fitプランは毎月使用した分だけ支払う段階性料金プランです。

Flatプランは毎月同じ料金で安心の定額制料金プランであり、毎月5GB以上データ容量をつかう人におすすめです。

段階性プランと定額制プラン両方あるため、自分に合ったプランを契約することができていいですよね。

~3GBプラン ~7GBプラン ~12GBプラン ~17GBプラン 20GBプラン 25GBプラン
Fitプラン 880円 1430円 1980円 2750円 3245円 3245円
Flatプラン 1210円 1650円 1650円 2068円 2068円 2970円

【エキサイトモバイルの公式サイトはこちら】

mvnoでおすすめの格安SIMとは④:OCNモバイルONE

次に「OCNモバイルONE」ご紹介します。こちらも解約金がなく、契約期間もないため、違約金も発生しません。

また、容量をシェアできるのもポイントで、家族間で数枚のSIMを使用することで、容量不足による通信速度の低下を防ぐことが可能です。

他のmvnoと違い、500MBなど少ないデータ容量から契約できるところもポイントです。

500MBプラン 1GBプラン 3GBプラン 6GBプラン 10GBプラン
音声通話付きSIM 550円 770円 990円 1200円 1600円
SMS付SIM なし なし 990円 1320円 1600円
データ容量のみ なし なし 780円 1080円 1480円

【OCNモバイルONEの公式サイトはこちら】

まとめ:mvnoを使ってもっと豊かな生活を

mvnoの格安SIMを使うことで年間数万円節約することができるなど大手キャリアから乗り換えることで得られる恩恵が非常に大きいです。

乗り換えるだけで勝手に節約できるなんて夢のようですよね。あなたもmvnoに乗り換えてもっと生活にゆとりを持ちませんか?年間数万円余裕ができるだけで大分生活が変わるでしょう。

行動あるのみですよ!あなたも一緒にmvnoに乗り換えてもっと生活を豊かにしませんか?

ABOUT ME
こーき
副業Webライターです! ブログ・Twitter・インスタもやっているので、気軽にご覧ください!